ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「体罰」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「体罰」に関する情報が集まったページです。

麹町中学・工藤勇一校長の提言【後編】:
学級担任を廃止して「学年担任制」に――公立中学校長の改革
なぜ麹町中学は学級担任を廃止したのだろうか――。真相に迫る。(2019/5/10)

スピン経済の歩き方:
人手不足は本当に「悪」なのか 騙され続ける日本人
人手不足が原因で倒産する企業が増えているようだ。東京商工リサーチのデータをみると、前年度から28.6%も増えて、過去最高を更新している。数字をみると、「人手不足=悪」のように感じるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/9)

平成日本の最期:
働き方改革は「平成の戦艦大和」になるのか
「平成最後の月」となる2019年4月、いよいよ高度プロフェッショナル制度(高プロ)が施行される――。(2019/3/29)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「しつけで体罰」禁止? 褒める子育て? “美徳”に潜む現実
東京都が「しつけでの体罰」を禁止する条例案を提出した。さまざまな反応があるが、法制化しただけでは「体罰を容認する空気」はなくならない。啓発活動とともに、子育てをする親が追い詰められない社会にすることが必要だ。(2019/2/22)

スピン経済の歩き方:
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると、「日本の未来に不安を感じる」という。どういう意味かというと……。(2019/1/8)

スピン経済の歩き方:
数の帳尻合わせが、日本のお家芸になってしまう根本的な原因
また、同じようなニュースで企業が揺れている。油圧機器メーカー「KYB」が、オイルダンパーの検査データを改ざんしていたのである。この1年を振り返ってみても、そうそうたる名門企業でデータ改ざん問題が起きているが、なぜ同じようなことが繰り返されるのか。その背景には……。(2018/10/23)

ゲームの主人公は本当に「絶対的な正義」なのか? 「MOTHER2/3」のポーキーが問う”善悪の彼岸”
最高に意地悪で、最高に優しいRPG。(2018/10/4)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)

スピン経済の歩き方:
塚原夫妻と谷岡学長に共通する、組織を混乱させる言動
マスコミの定番コンテンツ化している「スポーツとパワハラ」が、またまた新シリーズに突入した。女子体操選手が日本体操協会の塚原夫婦に対して、パワハラを受けたと訴えたのだ。報道対策アドバイザーを務める筆者は、この問題をどのように見ているのかというと……。(2018/9/4)

不安を取り除けば、開花する:
売り手市場時代の「受け身の新人」をやる気にさせる「伝え方」のワザ
毎年聞こえてくる、「今年の新人は使えない」との指摘はなぜ生まれるのか。新人はどうすれば育つのか。新入社員の育成ノウハウに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズを取材した。(2018/6/12)

米国の「Yaoiでお尻ペンペン」ブームはなぜ終わったのか いろいろな意味で人類には早過ぎた「やおいパドル」
「Yuri」バージョンなども登場するほど人気だったのに、なぜ。(2018/5/24)

読むのがつらくなる「ダメな文章」の特徴とは? マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」
数々のダメ文に出会ってきた筆者が解説。(2018/4/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(20):
忖度する人工知能 〜権力にすり寄る計算高い“政治家”
今回取り上げるのは「強化学習」です。実はこの強化学習とは、権力者(あるいは将来、権力者になりそうな者)を“忖度(そんたく)”する能力に長けた、政治家のようなAI技術なのです。(2018/3/27)

6歳児とチンパンジー 「正義の執行」見たがる
ヒトはいつから「正義の執行」を見たがるようになるのか。これが6歳からであるとする論文が発表された。(2017/12/19)

「友だちが写っている画像を無断でSNSに投稿」と規範意識の低い中高生の30%以上が回答 警視庁の調査
「年齢を偽って成人用のサイトにアクセスする」は20%強。(2017/6/19)

減る体罰、変わる教育:
大人に「ぶたれた」経験のある子どもの数、過去最低に
1970年からの20年間で、大人たちによる教育方法と子どもたちの価値観はどう変わったのだろうか――博報堂生活総合研究所調べ。(2017/6/12)

顔にスパイク受けた部員「体罰との認識ない」 大阪府立今宮工科高校・バレー部の体罰疑惑、府教委は「事実であれば厳正な対応」
生徒のことを思うと、以後の過度な拡散は慎むべきという考え方も。(2017/5/15)

大阪府立今宮工科高校・バレー部で顔面にスパイクの体罰? 動画拡散に校長は「現在調査中」
指導なのか、体罰なのかで意見が分かれています。(2017/5/15)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

再現度が高すぎてファン歓喜! 舞台「こどものおもちゃ」の舞台裏をちょっとだけ覗いてみた
まろちゃんもいる! ちちくりマンボも踊る! 都庁で羽山とキスもする! 羽山の下半身丸出しスッポン写真も舞台で再現されるぞおおおおおお!!!!(2015/8/21)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第51回:
部活動に打ち込むということ、何かに一生懸命になるということ――「その娘、武蔵」田中相先生インタビュー
前回に続いて、今回もインタビュー企画です。「千年万年りんごの子」でも紹介した、田中相先生にお会いしてきました!(2015/8/8)

虚構新聞「ウィキペディア書籍化」記事でお詫び 「虚構記事が現実化してしまった」
2012年に掲載した「ウィペディアが書籍化 全2万3千巻で出版へ」という記事が原因で。(2015/6/22)

仕事ができない人ほど信じる3つの「きれいごと」
(2015/5/26)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

子どもの人生を台無しにする「毒親」5つのタイプ
毒親カウンセラーとして活躍する影宮竜也さんによる、毒親の5つのタイプを紹介。(2014/10/21)

今もっとも過酷な仕事? 「教師」が身につけるべき心構えとは?
求められる要素が多くなった今、教師とはどうあるべきなのか? 「教師のあり方」を探る『「プロ教師」の流儀―キレイゴトぬきの教育入門』を紹介します。(2014/9/25)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ巨人の原監督は“プラス思考”でいられるのか
なんだかんだと言われながら、やっぱり今年の巨人は強い。常勝軍団の指揮官を務める原監督は、各方面から叩かれてきたが、なぜ“プラス思考”でいられるのか。その理由は……。(2014/7/10)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
年収二極化、体罰問題、就職難――2013年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
2013年ももう終わり。東京オリンピック開催決定、半沢直樹、PC遠隔操作事件などさまざまな話題がありましたが、Business Media 誠で最も反響があった記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2013/12/26)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
鉄拳制裁はなくなった? 楽天・星野監督の人心掌握術
楽天イーグルスを球団創設9年目で日本一に導いた闘将・星野仙一。一部メディアで「最近の星野さんは怒ることがほとんどなくなって、好々爺になった」と指摘されるが……。(2013/11/14)

YouTubeに投稿された動画で体罰発覚、浜松日体高校が謝罪
体罰はいかなる理由があっても許されないとコメントしている。(2013/9/18)

メディアとWebと人材と:
ブラック「企業」という捉え方で、ブラック「業界」問題から目を背けないで
8月11日に「ブラック企業大賞2013」が開催されました。大賞を受賞したワタミフードサービスにとっては不名誉な賞だったと思います。今回はブラックな「企業」ではなく、「業界」という単位で考えてみたいと思います。(2013/8/20)

メディアとWebと人材と:
あなたの言う「ブラック企業」は、本当にブラックなのか
ここ最近、ブラック企業問題について報道されるようになりましたが、そもそも“ブラック企業”って何でしょう? 自分を成長させてくれる“ハードワーク企業”と一緒にしないためにも、問題提起しようと思います。(2013/8/14)

藤沢とおる「仮面ティーチャー」が藤ヶ谷太輔主演でドラマ化
『GTO』で知られる藤沢とおるの人気マンガ『仮面ティーチャー』がKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演で連続ドラマ化される。(2013/5/27)

「砂の栄冠」三田紀房さんインタビュー:
「人格者を探す方が難しい」高校野球監督の実態
ベストセラーズインタビュー。今回は『砂の栄冠』を連載中の三田紀房さんにお話を伺いました。(2013/5/14)

ニコニコ超会議2:
「やばいと思っても性欲を抑えられればOK」 生主討論会で「今のニコ生は出会い系か?」など大激論
生主ならではの過激な意見も次々と飛び出しました。(2013/4/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/24)

無慈悲:
北朝鮮の無慈悲な「事実上勝利宣言」で虚構新聞が無慈悲に謝罪
虚構がまた現実になってしまう事案が発生。(2013/4/16)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜプロ野球選手は「タバコ」がやめられないのか?
WBC3連覇に向けて2次ラウンド進出を決めた侍ジャパン。代表という重圧をどのように緩和しているのか。今大会で選手や首脳陣、そしてスタッフに取材して見ると、意外にも多かった答えが「タバコ」だった。(2013/3/7)

月刊エンジニアライフ(55):
「いつやるの? 今でしょ!」が流行ったワケ
(2013/3/6)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
いじめ報道とパワハラの共通点
職場などで問題となるパワハラと、昨今の「いじめ事件」の報道には根本的なところで重なる部分が少なくない。それは一体なにか――。(2013/3/1)

小倉智昭氏が自身のなりすましに憤慨 髪型についても発言
小倉智昭氏の「着てる髪」という言い間違いにネット騒然。(2013/2/21)

体罰事件から企業が学ぶべきこと
大阪の桜宮高校バスケットボール部や女子柔道など、体罰問題が世間をにぎわせている。企業は体罰問題から、どんな教訓を得ればいいのだろうか。(2013/2/20)

虚構新聞「体罰.in」記事で“丸刈り”謝罪 「虚構が現実になってしまった」
社主「UKのことは嫌いになっても、虚構新聞のことは嫌いにならないでください」(2013/2/19)

虚構新聞がまた現実に 体罰通報サイト「体罰.in」公開
「虚構新聞」がまた1つ現実に──矢野さとるさんが体罰被害の収集・告発サイト「体罰.in」を公開した。(2013/2/19)

体罰情報を匿名で報告できるサイト「体罰.in」がオープン 虚構新聞の嘘ニュースが現実に
虚構新聞「嘘ニュースを現実にされた。ひどい!」(2013/2/18)

ビジネスパーソンの半数超、「不祥事を知ったら内部告発する」
組織内の人間が組織の不正などについて通報する内部告発。不祥事を知った時、ビジネスパーソンの半数超には通報する意思があるようだ。共同ピーアール調べ。(2013/2/14)

AKB48・峯岸みなみさんの謝罪動画が削除 「ファンの要望」で
ファンから、丸刈り姿で謝罪した峯岸みなみさんの動画を「取り下げてほしい」と要望があったという。(2013/2/3)

研究生に降格:
お泊まり報道のAKB48・峯岸みなみ 「丸刈り」頭でファンに謝罪
坊主頭については「週刊誌を見て居ても立ってもいられず、メンバーにも事務所にも相談せず、自分で決めた」とのこと。(2013/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。