ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポイズンピル(毒薬条項)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポイズンピル(毒薬条項)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
ハゲタカ流、“デキる先輩っぽく見える”後輩の怒り方
投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』。入社から1カ月、会社にも少し慣れてきた新入社員のつばめちゃん。そんな彼女にハゲタカが喝を入れたのですが……。(2012/5/5)

“アンチセフト”は国境を越えてPCを守る:
“Sandy Bridge世代”のvProで日本ビジネスの継続性と省電力を
インテルは、5月10日に第2世代 Coreプロセッサー・ファミリーに実装されたvProを訴求する説明会をおこない、強化された“アンチセフト”などがデモで紹介された。(2011/5/10)

インテル筑波本社で夏期講習を受けてきた(ただしテストなし)
インテルは8月20日に、筑波本社において最新技術を“おさらい”する報道関係者向けのセミナーとラボの見学ツアーを行った。(2009/8/21)

ノートPC対策が本格化:
Lenovo、ThinkPadにIntelの盗難対策技術を採用
Lenovoの「ThinkPad T400」シリーズは、Intelの新しい盗難対策技術「Anti-Theft PC Protection」を採用した最初の製品。。この技術はチップセットに組み込まれ、ThinkPadに搭載したCentrino 2プラットフォームとvPro技術と連携する。(2008/12/3)

Intel Developer Forum 2008:
Nehalem世代のモバイルプラットフォーム「Capella」が動いたっ!
MIDやNetbookなどの新カテゴリーで盛り上がるノートPCプラットフォームで、Intelはいかにして自分たちの技術を訴求していくのだろうか。(2008/8/22)

Microsoftが2009年に再びYahoo!買収を試みる理由とは
Yahoo!と関係が深いエリック・ジャクソン氏によると、これまでの展開は、Yahoo!復活に向けた“第2イニング”にすぎないという。Microsoftが2009年に、新たなYahoo!合併提案を携えて戻ってくると同氏は考えている。Microsoftは依然として、オンラインサービスの分野で「手助け」を必要としているからだ。(2008/8/6)

MicrosoftはYahoo!へ戻ってくる?
FacebookでもAOLでもAsk.comでもなく、MicrosoftはYahoo!買収へと戻ってくるかもしれないとアナリストらは主張している。(2008/6/19)

アイカーン氏、Yahoo!に「1株34.375ドルでMSに売却」を提案――Yahoo!は拒否
Microsoftによる買収提案の取り扱いをめぐり、Yahoo!と応酬を続けているアイカーン氏が、再度Microsoftへの身売りを提案した。(2008/6/7)

Yahoo!からアイカーン氏への書簡――「MSはYahoo!全社買収に興味なし」
ボストック会長は、アイカーン氏がYahoo!の退職金プランについて誤解していると反論。またMicrosoftがYahoo!全体を買収することはないとしている。(2008/6/6)

MicrosoftのYahoo!買収断念が意味するもの
MicrosoftとYahoo!の攻防は当面、終わった。両社と顧客、業界にとってそれは何を意味するのか。(2008/5/12)

EA、Take-Two株式のTOB期限を延期
Take-Twoの敵対的買収対抗策を受けて、Electronic ArtsがTOB期限を延長。ポイズンピルを無効にするよう求めている。(2008/3/29)

Take-Two取締役会、EAの敵対的TOB阻止へ
Electronic Artsによる1株26ドルでの公開買い付けを、Take-Twoの取締役会は「過小評価」と結論付け、株主に対して買い付けに応じないよう呼び掛けている。(2008/3/27)

Googleの本当の狙いはMicrosoftの妨害?
もしかすると読者の皆さんの中には、米Googleが本当にYahoo!を助けたがっていると思っている人もいるかもしれない。だがGoogleが本当に望んでいるのは、Microsoftの計画を邪魔することだ。(2008/2/5)

ロサンゼルスMBA留学日記:
ついに「アッカ獲り」に動いたイー・アクセス、成算は?
イー・アクセスがアッカ・ネットワークの筆頭株主に躍り出た。イー・アクセスは「純投資目的」としているが、“会社乗っ取り”の可能性が高い。今後、アッカはどういった動きに出るのか? 目が離せない展開になりそうだ。(2008/1/21)

ロサンゼルスMBA留学日記:
エージェンシー問題とイー・アクセス千本会長の矜持
ファイナンスの世界では「会社は株主のもの」――。資本主義のルールかもしれませんが、受け入れるのはなかなか難しいものです。今回は株価上昇を目指す株主の思惑と、それに反する経営者の存在について取り上げてみます。(2007/5/30)

ロサンゼルスMBA留学日記:
買収“する側”の視点でポイズンピルを考える
MBAで学ぶ内容のうち、重要な柱の一つがファイナンス。中でも大きなトピックがM&A関連です。「ポイズンピル」という言葉を多くの人が耳にしていると思いますが、今回はなぜポイズンピルが威力があるのか、企業を買収するファンドの立場で考えてみます。(2007/5/14)

最新GPL3ドラフト、特許条項に批判の声
最新のGPL3ドラフトに対し、「リチャード・ストールマン氏が気に入らない企業やビジネスモデルを罰するためのものになっている」と批判する声が一部で上がっている。(2007/3/30)

丸山満彦の「内部統制」講座:
内部統制は情報システムにどうかかわるのか?
米国における粉飾決算を契機に、企業に内部統制を求めるSOX法が成立した。日本でも日本版SOX法と呼ばれる同様の法制化が進められている。情報システム部門に与える影響と重要性について検証する。(2006/1/6)

イー・アクセスが「ポイズンピル」を導入した理由
業績好調のイー・アクセスが、買収対策としてポイズンピルを導入した。会場では「ライブドア対策か」と勘ぐる報道陣も多かったが……。(2005/5/12)

「ひと皮むけた」──そんな2004年だったかな
衝撃だったり、参入したり、立ち上がったり──前年とはうってかわって多彩な話題に注目が集まった2004年を振り返ろう。(2004/12/29)

PeopleSoft買収決着、その背景にあるものは?
急転決着したPeopleSoftへの敵対買収は、業界再編の潮流の中にあり、「完璧なインフラ」「一貫性のあるコンピューティング」を望む顧客の声にこたえるものだとOracle幹部は主張する。(2004/12/14)

Oracle OpenWorld 2004 San Francisco Report
PeopleSoft買収はお預けだが「11i.10」の新機能を売り込むウォール執行副社長
Oracle OpenWorld 2004 San FranciscoでPeopleSoft買収合意のビッグニュースが期待されたが、再び足踏み。それでもウォール氏は11i.10の新機能を売り込んだ。(2004/12/7)

Oracle、PeopleSoftに再度受け入れ迫る
PeopleSoft株主の過半数から支持を得て勢いづくOracleは、PeopleSoft取締役会に向け、受け入れを迫る書簡を再度送付し、ポイズンピル取り下げを迫った。(2004/11/23)

Oracle、PeopleSoft買収への障害をまた1つクリア
過半数株を獲得したOracleの次なる障害はポイズンピルだ。それを解除できなかった場合、PeopleSoft取締役会メンバーを入れ替えるため、委任状争奪戦を展開することになる。(IDG)(2004/11/22)

Oracle、PeopleSoft株の過半数を獲得。残るはポイズンピルのみ
OracleのPeopleSoft買収提案に、株主はゴーサインを出した。Oracleの1株24ドルの買収提案に賛成した株主は60%を超え、Oracleは買収への大きな一歩を踏み出した。(2004/11/20)

OracleがPeopleSoft買収の最終提案。不調なら計画撤回
OracleはPeopleSoft株式の公開買い付け価格を1株当たり21ドルから24ドルに引き上げた。これが「最善かつ最終」の提案だという。(2004/11/2)

「PeopleSoft買収提示額引き下げも」とエリソン氏
OracleのエリソンCEOは、PeopleSoft買収提示額引引き下げる可能性を示唆した。(IDG)(2004/10/9)

PeopleSoft一転、Oracleとの交渉に前向き
PeopleSoftの取締役会は、Oracleによる買収に応じる構えだ。適正な価格での買収なら進んで交渉に応じる意向を見せている。(IDG)(2004/10/6)

Oracleが司法省に勝利、PeopleSoft買収へ前進
司法省敗訴により、OracleのPeopleSoft買収に向けた大きな障害が1つ取り除かれることになるが、「ポイズンピル」という最大の障害がまだ残っている。(IDG)(2004/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。