ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パワーハラスメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パワーハラスメント」に関する情報が集まったページです。

Q&A 総務・人事の相談所:
週1の出社を“強要”するのは、パワハラなのか?
オフィスで週1のミーティングを実施することにしたら、部下から「出社を強要するのはパワハラだ」といわれてしまった──。そんな悩みに対し、人事のプロが教える対処法は?(2022/5/17)

身近なネタから法律相談:
ドラマ『正直不動産』、上司の叱責やライバル企業の嫌がらせは違法じゃないの? 弁護士に聞いてみた
NHKで放送中の『正直不動産』は、“ウソだらけ”で“売り上げ第一主義”な不動産業界の裏側をコミカルに描くドラマだ。作中には数々の“売り上げ第一主義”な言動が登場するが、どこまで現実に許されるのだろうか? 上司の叱責やライバル企業の嫌がらせなど、気になる言動について弁護士に質問してみた。(2022/5/10)

若者の働き方はこう変わった:
「仕事終わっていないけど、定時で上がります」 中年社員は新卒との”ジェネレーションギャップ”をどう解消すべきか?
上司や先輩は、4月に入社した新入社員に新鮮さを感じるとともに、ジェネレーションギャップに悩みはじめるタイミングだろう。最近の若者は働くにあたってどのような意識を持っているのか? また、ジェネレーションギャップを解消するために中年社員はどのような働きがけをすべきだろうか?(2022/5/6)

河瀬直美監督、「朝が来る」撮影助手へのパワハラ疑惑報道に声明 「既に当事者間で解決をしていることであります」
元撮影助手・Aさんとともに声明文を発表。(2022/4/28)

企業の上司・部下1000人に聞く:
部下が「こんな上司はいやだ」と思うタイプは? 言われたい褒め言葉は「信頼して任せられるよ」
龍谷大学が、企業の上司・部下1000人を対象に、その関係性や世代間ギャップについての調査を実施した。(2022/4/28)

厚労省でも検討開始:
タブー視されがちな「解雇無効時の金銭解決ルール」 働き手にとってもメリットがありそうなワケ
これまで立場の弱いとされる働き手を保護する観点から、なかなか整備が進まなかった「解雇の金銭解決」。ここに来て厚労省で整備の動きが出てきている。タブー視されがちな制度がなぜ、今?(2022/4/27)

「不利益不安」を上回る1位は:
パワハラを受けても40%以上が「何もしなかった」 なぜ?
直近6カ月以内にパワハラを被害を経験した人のうち44%が「何もしなかった」──。このような結果が、アスマーク(東京都渋谷区)の調査で判明した。(2022/4/25)

くら寿司“あぶりネタ”宣伝ツイートに批判集まる 「このタイミングであぶりって…」「二度と行きません」
記事掲載の前日のツイートでしたが……。(2022/4/21)

セクハラ被害は25.4%:
「パワハラを受けた」女性は46.6%、加害者は?
職場でセクハラやパワハラを受けたことがある人は、どのくらいいるのだろうか。全国の女性に聞いたところ……。(2022/4/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
上司ガチャって関係ある? 40歳からは「愛をケチらず、上司を出世させよ」
会社員にとって、上司は重要な存在だ。どんな上司と出会うかで、その後の会社人生が決まると言っても過言ではない。一方で、40歳になったら、どんな人が上司であろうと、上司との向き合い方を変える必要があると筆者は解説する。40歳以降の会社員生活で、重要なこととは──?(2022/4/8)

異常な仕事量:
「パワハラの被害を受けた」60%、具体的には?
この4月から中小企業でも「パワハラ防止対策」が導入されたが、パワハラを経験したことがある人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の男女に聞いたところ……。(2022/4/7)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「効率が悪い」新入社員にいら立っても、“ハラスメントにならずに”指導する4つのポイント
ただでさえ新生活に緊張している新入社員。残業が続いたり、厳しい指導を受け続けたりすると、中には追い込まれてしまう人も出てきます。指導がハラスメントにならないよう、何を気を付ければ良いのでしょうか。(2022/4/5)

40歳以上のベテラン社員がやる気をなくす“春の出来事”とは?
養命酒製造は40〜69歳のビジネスパーソンに対し、春の不調について調査を行った。その中で「仕事のモチベーションを低下させる」と思う春の出来事として挙がったのは?(2022/4/4)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
飲酒状態で出社した新人を叱った翌日、新人は自殺 上司の責任は?
ミスを繰り返す新人が、ついには飲酒が疑われる状態で出勤。上司が強く叱責した翌日に、自殺してしまったら──。叱責した上司は、その責任を問われるのでしょうか。(2022/4/4)

転職した人も:
ハラスメント被害、5人に1人が「ほぼ毎日」 2021年から増えたハラスメントは?
ライボは、605人の社会人男女を対象に「2022年 ハラスメント実態調査」を実施した。コロナ禍にともなう働き方の変化を受けて「リモハラ」「コロハラ」が急増したことが分かった。(2022/3/31)

キャリアニュース:
「パワハラ対策」実態調査、対策上の課題は「管理職や経営層の理解の低さ」
人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」が、「パワハラ対策」についての調査結果を発表した。「パワハラ防止法」の認知度が前回調査から上昇しており、パワハラ対策上の課題として「管理職や経営層の理解の低さ」「基準が曖昧」が挙がった。(2022/3/31)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「テレワークなんだから、土日にもメールを返せ」 部長の要求はパワハラ?
当社の部長が、部下に対して「テレワークなんだから、定時後や土日もメールを返せ」と要求したことが問題になっています。部下が休日に受け取ったメールに返信しなかったところ、部長が叱責しました。これはパワハラにあたりますか?(2022/3/31)

「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見
「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判、争点は――。(2022/3/29)

「ババアはいらねぇ」「どのツラ下げて来てんのか」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”訴訟に判決 オリエンタルランド社に88万の支払い命令
2018年7月の提訴から約3年半でついに判決。(2022/3/29)

人事総務部長にインタビュー:
経産省が太鼓判! あのワタミが「健康経営優良法人」に認定されたワケ
さまざまな逆風に直面してきたワタミが、経済産業省が認定する「健康経営優良法人」に選ばれた。同社の総務人事部長に、同社での取り組みを聞いた。(2022/3/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの快眠が組織を変える 65000人の睡眠を改善してきて分かった睡眠と組織の関係性〜
リーダーが睡眠を犠牲にして、仕事をしているとチーム全体がギスギスして心理的安全性も確保されず、チャレンジする風土も育まれにくくなるが、リーダーがしっかり睡眠を取れているとコミュニケーションも良好になり、ヘルプも十分、失敗を恐れずにチャレンジできるようになりやすい。(2022/3/24)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
「発令がないから、これは休職ではない」──退職ぎりぎりまで休んだ社員の主張に、どう対応すべきか?
持病で退職ぎりぎりの日数まで休んだ社員に、もうすぐ休職期間満了になる旨を通知したところ「休職を発令されていない。休職という認識がなかった」との返事がありました。どう対応すべきでしょうか?(2022/3/22)

泣き寝入りも多数:
職場でパワハラ経験66% 「精神的な攻撃」が最多
職場でパワハラ被害を受けたことがある人は7割弱――。そんな結果が、転職エージェントのワークポートの調査で分かった。(2022/3/17)

4月にパワハラ防止法施工:
働く意欲はどこから湧いてくる? 管理職の1位は「人間的に成長する」、若手の回答は?
働くモチベーションには世代ごとに大きく異なる。若手の1位は「プライベートを充実させる」だった。上司は若者の価値観を受け入れ、理解を深めていく必要がある。(2022/3/16)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
「働かないおじさん」と本気で向き合い、解決するには
自社のミドルシニアが「働かないおじさん」となってしまっている――そんな場合、どのような対策ができるでしょうか。行動変容を促すための、5つのポイントを紹介します。(2022/3/14)

「お風呂入ってるみたい」「サイズ感ピッタリ」 フワッフワの子猫がティッシュケースでくつろぐ姿がかわいい
指定席になってる!(2022/3/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

顧客から「漏えいでは」と指摘:
退職者が機密情報を持ち出し 「勉強のためだった」なら処分を甘くすべきか?
退職者が機密情報を持ち出していたことが発覚。「勉強のためだった」というが、どのように処分するべきか?(2022/3/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男研究 春闘編
春闘は、これまで豊田社長が戦ってきたさまざまな問題の中で最も手強いのではないか? そこで豊田社長がやったことが面白い。トヨタイムズを使って、労使交渉を公衆の面前に引っ張り出した。「全員ひとりも欠かさず○%のベースアップをお願いします」。それをサプライヤーもユーザーも見られる動画で公開したのだ。それでも言えるのか? 「言うな!」ではない。世の中のオープンな場で言えるのならいくらでも言っていい。(2022/2/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(1):
定年がうっすら見えてきたエンジニアが突き付けられた「お金がない」という現実
今回のテーマは、すばり「お金」です。定年が射程に入ってきた私が、あらためて気づいたのは、「お金がない」という現実でした。2019年には「老後2000万円問題」が物議をかもし、基礎年金問題への根本的な解決も見いだせない中、もはや最後に頼れるのは「自分」しかいません。正直、“英語に愛され”なくても生きていくことはできますが、“お金に愛されない”ことは命に関わります。本シリーズでは、“英語に愛されないエンジニア”が、本気でお金と向き合い、“お金に愛されるエンジニア”を目指します。(2022/2/28)

元保護猫の甘えん坊、おんぶされてすやぁ…… あまりにもなじむ姿に「羨ましいしかない」「尊い」の声
背中に乗ってくる愛くるしい生き物。(2022/2/23)

約7割が「転職後に後悔」:
求人情報で「怪しい」と感じたワード 3位「ノルマなし」、2位と1位は?
従業員向け研修などを展開する識学が、「中途採用に関する調査」を行った結果、転職後に「こんなはずではなかった」と感じている人が約7割いることが分かった。(2022/2/21)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
実は真面目? 現代的な「働かないおじさん」5つのパターン
「働かないおじさん」という言葉を目にする機会が増えた。「窓際族」と呼ばれた時代とは違い、現在は「本人としては、真面目にコツコツやっている」人が多いと、筆者は解説する。現代的な「働かないおじさん」5つのパターンとは?(2022/2/21)

テレビ朝日の亀山慶二社長が辞任 会食・ゴルフなどに経費を私的利用
テレビ朝日は、亀山慶二社長が辞任したと発表した。社内調査で経費の私的流用が発覚したため。亀山社長は親会社テレビ朝日ホールディングスの取締役も同日付で辞任した。当面の間、早河洋会長が社長を兼務する。(2022/2/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転職は裏切り」と考えるザンネンな企業が、知るべき真実
「お前はどこに行っても通用しない」「転職は裏切りだ」──会社を去ろうとする若手社員に、そんな言葉を投げかける企業がいまだに存在する。そうした時代遅れな企業が知らない「新入社員の3割が辞めてしまう理由」や、「成長企業できる企業の退職者との向き合い方」とは?(2022/2/10)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
「コロナが不安で、保育園を休ませたい」 特別に在宅勤務を認めるべきか?
従業員から、「子どもの保育園で新型コロナの感染者が出た。しばらく休ませたいので、在宅勤務にできないか」と相談があった企業。在宅勤務は実施していないが、このような場合は特別に在宅勤務を認めなければならないのだろうか? 弁護士が対応や気を付けるべき点について、解説する。(2022/2/9)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
部下が不正経理、それでも厳しい叱責はパワハラか? どこまでが“妥当”か、判決は
部下のミスや不正に対して厳しく叱責した場合、パワハラに当たるのか? 「ミスを繰り返す部下に対し、強い口調で注意を繰り返したケース」と「部下の不正経理が発覚し、厳しく叱責したケース」の2つの実際の裁判例もとに解説します。(2022/2/7)

後輩が育ってきたからそろそろ会社辞めよう →後輩に先に辞められる “あるある”漫画に「わかる」「全く同じ経験した」
作者「10回は経験してます」(2022/2/3)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第3回 自分に合った学びテーマを見つける6つの方法
ここで取り組んでほしいのは、学びの対象とする「気になる仕事」の目星を付けること。肩に力を入れ過ぎず、夢を膨らませるイメージでリラックスして考えてみよう。(2022/1/31)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「弱い酒でいいから飲め」 お酒に強いが「飲まない主義」の部下に言うのはアルハラか?
アルコールには強いが、匂いや味が苦手で飲酒しないという社員A。飲み会の席で「飲めるんだから飲め」と社員Aに対して言い、飲酒を強要したB課長の言動は、ハラスメントにあたるのでしょうか。(2022/1/28)

富士通、NTTも導入:
すぐにクビ? 休暇が充実? 日立も本格導入の「ジョブ型」 よくある誤解を「採用」「異動」「解雇」で整理する
何かと話題に上がるジョブ型雇用。過日、日立製作所が本格導入をぶち上げニュースとなった。さまざまなイメージが語られ、「すぐクビになる」といった悪評や、一方で「過重労働から解放される」「ワークライフバランスが充実する」といった声も聞く。いまいち実態のつかめないジョブ型を、よくある誤解とともに解説していく。(2022/1/21)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
パワハラ被害者からの「労災請求」に協力しない会社側は不利になる? 会社が取るべき対応を解説
ハラスメントなど、会社の業務によってメンタルヘルスに不調をきたした場合、従業員が労災保険給付の手続きをすることや、会社に対して安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。(2022/1/19)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
営業部長の“社内ダブル不倫”を、部下が密告──人事はどう対応すべき?
営業部員から人事部に「部長が部内でダブル不倫をしている。彼らと一緒に仕事をしたくないし、相手の女性が部内で優遇されている」と相談が──人事はどう対応すべきなのか? 弁護士が解説する。(2022/1/18)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
休職と復職を繰り返す社員を“解雇”できる? メンタル不調に対し、会社が取るべき対応は
「メンタル面の不調を理由に休職の申し出があったが、認めるべきか」「復職の申し出があったが、今すぐ復帰させて良いのか」「休職と復職を繰り返す従業員がいるが、仕事にならない。辞めさせることはできないのか」──ハラスメント報告を受けた企業が直面するさまざまな問題について、検討します。(2022/1/18)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第2回 学び直しを楽しむ極意
ミドルが第二の職業人生を目指して学ぼうと思ったら、まず自己分析をする必要がある。素直な気持ちで自分に向き合い、ありのままの自分をとらえ直す。(2022/1/17)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「ウソみたいな被害」を訴えるパワハラ被害者 メンタル不調が疑われるが、会社はどう対応すべき?
会社がハラスメントの相談を受けたところ、相談者が「通常起こり得ない、現実にあったとは思い難い内容の被害」や「客観的事実と食い違った被害」を訴えており、どのように対処したらよいか担当者が戸惑うケースがあります。(2022/1/14)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第1回 なぜ今「学び」が求められているのか
キャリアのオーナーシップを会社から自分に取り戻し、本当にやりたい仕事に取り組もう。(2022/1/5)

2021年のニュース振り返り:
米国が直面する「大退職時代」――若手人材を中心に、日本企業にも到来しそうなワケ
今、米国では多くの労働者が退職し、新たなキャリアを歩み始める「大退職時代」を迎えている。2021年のニュースを振り返るに、この波は日本にも到来しそうだ。特に、若手人材を中心に……(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。