ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パワーハラスメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パワーハラスメント」に関する情報が集まったページです。

マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
混迷を極めてきた。(2021/4/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
厚労省「パワハラ相談員がパワハラ」──防止法に隠された逃げ道と、10年かけて体質改善した企業の結論
「死ねといったら死ぬのか」──厚労省のパワハラ対策相談員が部下の男性にパワハラをしていたことと、給与の1カ月間1割減額という加害者への軽すぎる対処が明らかになった。いったいなぜ、このようなことが起きたのか。昨年6月から「パワハラ防止法」が施行されたが、厚労省は制定にあたり、たたき台にはなかった「ある文言」を追加していた。(2021/4/9)

スピン経済の歩き方:
こんなに頑張っているのに、なぜ日本だけGDPが回復しないのか
日本経済の復活がうかがえるような、データがなかなか出てこない。先進国と比べて、GDP増加率は低く、賃金も低い。多くのビジネスパーソンは懸命に働いているのに、なぜパッとしないのか。筆者の窪田氏は「日本社会のシステムがブラック企業化しているから」と見ていて……。(2021/4/6)

2位は「家庭の事情」:
アルバイトを辞める際「うその理由を伝えた」人は4割 どんな言い訳をした?
アルバイト先にうその理由を伝えた伝えた人は約4割。どのような言い訳をしたのだろうか。(2021/4/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分で考えて動く部下が育つすごい質問
コミュニケーションの様式には、指示、命令、説明、激励、期待、共感、指摘、質問、示唆、叱責などがあり、部下のタイプ、育成場面に応じてどれがもっとも効果的かを判断する必要がある。(2021/4/1)

東京五輪内定の空手・植草歩、師範のパワハラ告発 竹刀で左目を突かれるなど危険な指導も「謝罪の言葉は無く」
精神的・肉体的なパワーハラスメントを告発しています。(2021/3/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

働き方の「今」を知る:
不祥事・炎上はなぜ絶えない? スタートアップ企業のトラブル事案から考える、危機管理広報の在り方
企業の不祥事や炎上は、後を絶たない。最近でも、スタートアップ企業で薬機法や景表法に関するトラブルが起こった。どうすれば、こうしたトラブルをなくせるのか。今の時代に、あるべき危機管理の姿を探る。(2021/3/12)

PR:サイバー攻撃対策の意外な盲点 AIで送信メールの異常を即検知する「matriXinsight」の強み
(2021/3/11)

混乱の理由:
パワハラと指導の境界線はどこにあるのか 旭川医大問題を考える
2020年6月、パワハラ防止法こと「改正労働施策総合推進法」施行された。パワハラケーススタディとして、話題となっている旭川医大を例に対応を考えてみる。(2021/2/9)

春闘にも限界:
「一律賃上げは非現実的」 経団連が弱音を吐き、かつての「勝ちパターン」も崩壊した今、働き手はどうするべきか
春闘が開始も、経団連は「一律賃上げは非現実的」と方針を示した。過去には終身雇用の維持にも厳しい姿勢を見せて波紋を呼んだ。過去の標準的勝ちパターンが崩壊しつつある今、働き手は希望を叶えるためにどうするべきか。(2021/2/8)

調査で判明:
「パワハラ防止法」施行から半年 「リモハラ」や「テレハラ」が出現?
メンタルヘルス関連事業を手掛けるメンタルヘルステクノロジーズ(東京都港区)は、「パワハラ防止法」の施行からから約半年が経過したことを機に「企業のハラスメント」に関する調査を実施。その結果を発表した。(2021/2/6)

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与
「ゲーム部」の炎上や、さらに過去には「マジカルストーン」問題でも話題になった“れそ”こと上西恒輔氏が関与していたことが明らかに。(2021/2/8)

TKO木下隆行、相方・木本武宏と久々のコンビショット公開 「まだ見ぬステージへの為……」とネタ合わせに励む
木本さん「おっさんとおっさん」(2021/1/29)

定時で帰ろうとする部下、終わらない仕事を「俺がやっておこう」はパワハラ? 時代に適応したい“恐竜部長”の漫画が物悲しい
時代の変化にとまどう部長のはがゆさ。(2021/1/29)

職場・待遇に不満:
30代の転職で失敗したことランキング、1位は?
転職経験がある30代の男女に、転職で失敗したことを聞いた。1位は……。(2021/1/27)

「30代の転職理由・失敗したこと」ランキング 過重労働・給料への不満目立つ
求人情報サイトを運営するビズヒッツが「30代の転職理由」を発表。1位は「待遇や職場への不満」だった。(2021/1/21)

見落としがちな“心のエアポケット”:
パワハラは減らないどころか増えている――加害者の典型的な言い訳と、決定的な「2つの見落とし」とは
社会的な認知度が上がっても減らないパワハラ。厚労省の発表によれば、職場でのいじめや嫌がらせは、年々増えてきている。中には被害者が自ら命を絶ってしまうケースもあるが、そんな中、被害を拡大しないために見落としてはいけない“心のエアポケット”とは?(2021/1/20)

恐ろしい悪魔と契約した社畜OL その末路を描いた漫画に読者から「ナンテオソロシインダー」の声
魂の契約とかするもんじゃないですね(すっとぼけ)。(2021/1/17)

対処法は?:
「仕事に行きたくない理由」ランキング 「やりたくない仕事がある」や「起きるのがつらい」を抑えて1位になったのは?
「仕事に行きたくない」と思うのはどんな時か。働く人はそんな時にどう乗り切っているのか。500人に聞きました(2021/1/15)

オンラインクレーンゲーム「トレバ」、従業員が証言 「景品獲得されぬよう裏操作した」「1000回やっても獲れない」
【動画】複数の関係者が「トレバ」の実情を告発しました。(2021/1/3)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

ufotableが「鬼滅の刃」バーチャル背景公開 →「これはいいものだ」「パワハラ会議するときに使います!」など喜びの声
パワハラWeb会議が横行してしまう……。(2020/12/29)

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備
オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。(2021/1/4)

上司は「ネットの知識を得て欲しい」:
リモート会議での顔出し強要はパワハラ? 会社員1000人に調査
ハラスメント対策の研修を専門に行うダイヤモンド・コンサルティングオフィス(東京都港区)が「世代間におけるハラスメントに対する感じ方、認識の実態調査」を実施。世代間での認識の差が明らかになった。(2020/12/25)

Googleさん:
新型コロナウイルスに覆われた2020年をGoogleさんと振り返る
Appleと協力した新型コロナ曝露通知APIから「Pixel 5」まで、Googleの2020年を振り返ります。(2020/12/25)

辞めない理由は:
「会社を辞めたいなあ」と思った瞬間ランキング
どんなときに会社を辞めたいですか? 現在、会社で働いている人に聞いたところ……。(2020/12/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
『50歳からの幸せな独立戦略』で定年後は「ひとり社長」を目指せ
「やっぱり大企業にいたほうが安心―」。これはもはや幻想にすぎない。すでに多くの人が頭では理解しているように、終身雇用や年功序列を前提とした日本型雇用は崩壊しつつあり、会社はいつまでもあなたを守ってはくれない。(2020/12/17)

トム・クルーズ、新型コロナ対策怠ったスタッフに激怒 ブチギレ音声流出も、ネットでは支持する声多数
「ミッションイン:ポッシブル」最新作撮影現場で。(2020/12/16)

「総務」から会社を変える:
法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。(2020/12/16)

「ネット流行語100」大賞は「鬼舞辻無惨」に決定 pixiv賞「ツイステ」、ニコニコ賞「たべるんごのうた」
無惨様ブラック企業大賞おめでとう! ってあれ?(2020/12/15)

Googleさん:
Googleを解雇されたAI倫理研究者が指摘していた「大規模言語モデル」の危険性
AI界隈で一目置かれているGoogleの倫理的AIチームリーダー、ティムニット・ゲブルさんが突然解雇されたとツイート。ゲブルさんは黒人女性ですが、発表しようとしていた言語モデルの問題点についての論文が原因のようです。(2020/12/7)

上司のパワハラ:
ブラック企業、何をきっかけに辞めたのか
ブラック企業で働いていて、何をきっかけに辞める決心がついたのだろうか。ブラック企業で働いていた人に聞いたところ……。(2020/12/6)

コロナ以前からの課題:
鉄道会社の終電繰り上げは「必然」、これだけの理由
コロナ禍で利用者が減少し、鉄道各社の決算見通しが悪化している。10月下旬以降、各社が来春のダイヤを公表し始めたが、揃って「終電繰り上げ」を表明。原因として、コロナ禍による利用減少が浮かぶかもしれないが、実はそれはきっかけに過ぎない。鉄道業界では、以前から終電繰り上げが検討されていたのだ。(2020/11/27)

なぜ急ぐ:
リサーチ不足で転職後に後悔する声も “慌てて転職する”20代、理由1位は?
「転職先のリサーチが足りなかった」「もっとほかの会社と比較検討すればよかった」──ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が初めて転職を経験した20代に対して行った調査によると、そのような後悔を抱く人が多いことが判明した。なぜ、彼らは転職を望んだのか。(2020/11/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リモートワークの広がりで問われる『本物の「上司力」』
多くの企業が急きょリモートワークを取り入れることになったが、十分な環境整備も心の準備もない中での導入に、マネジメントに悩む上司が急増している。(2020/11/26)

サイボウズ調査:
テレワーク中の職場の人との雑談やランチ、4割が「1日0分」
テレワークでコミュニケーションが希薄に。職場の人との業務に関係しない話、4割が「1日0分」。サイボウズが調査。(2020/11/17)

恐怖政治を全力で否定する:
日本中に“隠れ無惨”上司がいる! 鬼舞辻無惨のパワハラを笑えないワケ
人気漫画『鬼滅の刃』で、鬼たちの「パワハラ会議」が話題となった。ネタとして消費されているが、日本企業も笑っていられないのではないだろうか。(2020/11/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

スピン経済の歩き方:
「70歳まで会社にしがみつく人」が結局、会社を弱体化させてしまうワケ
定年を引き上げるニュースが相次いでる。現行の60歳から65歳にする企業が増えてきているわけだが、筆者の窪田氏はこの動きに懸念を抱いている。「長く働くことができていいじゃないか」と思われたかもしれないが……。(2020/11/10)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

人生の悩み事ランキング、上位は「貯金がない」「老後が不安」「給料が低い」 お金と将来の切実な悩みがあふれる
みんなお金で悩んでいる……!(2020/11/2)

アップリンク、ハラスメント告発の元従業員らと和解 原告側は「全て解決とは考えていない」映画業界の沈黙についても批判
原告側は不満をにじませています。(2020/10/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
コロナ氷河期は青黒さとマネジメント力を鍛えて乗り越えよ
就職氷河期世代を含む40代前後の中堅世代は、この脅威をいかに乗り越えていけばいいのだろうか? そのポイントを紹介しよう。(2020/10/29)

ハラスメント専門研修講師が解説:
「上司の監視が度を過ぎている」 急増する「リモハラ」とその対策
リモートワークが普及しつつありますが、それに伴ってリモートワーク中に受けるハラスメントも急増しています。リモートワークならではのハラスメントについて、発生の要因と防止策を考えます。(2020/9/23)

労働者の「見捨てられ不安」:
「生産性という呪い」から逃れた先に待つ、新たな地獄とは
「生産性」に縛られる現代の労働者。そこには一種の「見捨てられ不安」があると筆者は指摘。この「呪い」から逃れた先に待つものとは。(2020/9/16)

リモート時代の落とし穴:
Zoomにも上席? 遠隔時代のハラスメント防止
新型コロナ感染拡大を受けて、オンライン会議を導入した企業も多いはず。爆発的に普及した「Zoom」に新機能が搭載され、リモート会議でも「上席設定」ができる。新しい生活様式に伴い、新たなビジネスマナーも生まれるのだろうか?(2020/9/10)

ゲーム企画コンテスト「PERACON」炎上で謝罪 応募作品に「沈没するクソ会社に出すアプリ企画」など暴言
「モラハラ・パワハラではないか」といった批判を浴びていました。(※追記あり)(2020/9/8)

働き方の「今」を知る:
最近よく聞く「ジョブ型雇用」の掛け声がどこか空疎に思える、これだけの理由
注目が集まるジョブ型雇用。やや言葉だけが独り歩きしている感もあるが、大手でも導入が進み「ジョブディスクリプション」の整備も進む。しかし、筆者の新田氏はジョブディスクリプションの整備だけでジョブ型の定着には不十分だと指摘する。(2020/9/3)

スピン経済の歩き方:
『半沢直樹』が人気なのは、「パワハラの被害者が増えているから」は本当か
ドラマ「半沢直樹」が高視聴率を叩き出している。人気の背景に、「庶民の留飲を下げるような勧善懲悪のストーリーであることが大きい」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。