ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パワーハラスメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パワーハラスメント」に関する情報が集まったページです。

仕事が「つまんない」ままでいいの?(53):
新入社員が退職代行サービスを使うと失うもの
「退職代行サービス」が流行っているそうです。でも、簡単に辞められるからといって、サービスを使って失うものはないのでしょうか。(2019/5/22)

AIで企業の“パワハラ発生”を予測 SBアットワークが2020年前半に提供開始
人事サービスを手掛けるSBアットワークが、統計解析やAIを活用してパワハラ発生リスクを予測するサービスを開発した。(2019/5/20)

辞める同僚につらく当たっていませんか?:
「退職予定者をいじめる」会社には重いツケが回ってくる、意外な理由
退職を表明した途端、上司などがつらく当たる問題。実はひどい対応を取った会社側に深刻なデメリットが発生するケースも。誰も不幸にならない「退職の作法」とは?(2019/5/20)

アニメ会社マッドハウス、労基から是正勧告 スタッフが月393時間労働や37連勤など労働実態を証言
マッドハウスは問題を一部認めていますが……。(2019/5/17)

就活シーズン:
ブラック企業を意識する、就活生の姿
6月の選考解禁を控え、就活シーズンが佳境を迎えています。今回は労働環境に敏感といわれる若い世代の企業選びに焦点をあててみましょう。働き方改革がクローズアップされる中、学生の就職先選びも働きやすさを意識したものへと変化しています。(2019/5/14)

スピン経済の歩き方:
「10連休」が日本のためにならない、やっぱりの理由
10連休が終わった――。ある調査によると、連休明けに「会社に行きたくない」と答えたのは、8割にも上った。「働きすぎ」「もっと休まなければいけない」といわれている中で、なぜ10連休に批判の声が多いのか。(2019/5/7)

原因は:
ビジネスパーソンの約8割が「ストレス」 過去3年間で最高
勤め先で、どの程度ストレスを感じていますか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ、76.1%の人が「ストレスを感じてる」と回答した。チューリッヒ生命調べ。(2019/5/2)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

シシド・カフカの必要以上の真面目さに激しく共感 吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」が丁寧に描いた、仕事旧世代の「定時で帰れない」問題
悪質なパワハラでひとは壊れます、壊れたあとの働き方が勝負。(2019/4/23)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

マネできるかっ! 新歓あるある「一発芸の強要」対策漫画が壮絶すぎて何の参考にもならない
パワハラ、ダメ、絶対。(2019/4/12)

VTuberグループ「ゲーム部」活動継続へ 運営は同様の問題を起こさないことに合意
大丈夫なのかな……。(2019/4/11)

Vtuberグループ「ゲーム部」運営元、解散騒動にコメント 「声優と待遇など検討協議」
演者が過酷な労働環境やパワハラを告発したとして話題になっていました。(2019/4/8)

「アルバイトにも残業代や有給休暇はつく」 岡山県が若者向け啓発動画でブラックバイトに注意喚起
県が展開しているドラマ仕立てのシリーズ。(2019/3/28)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
レガシーは必ずしも「悪」ではない――ホテル VS. 鉄道、既存産業でデジタル変革の壁を超えるには?
さまざまな業界でデジタル変革が叫ばれていますが、従来アナログだった業界における変化は目を見張るものがあります。そこで、ホテルと鉄道というアナログなインフラを扱う業界に身を置きながら、IT化を進める2人を招き、レガシーな業界で変革を進めるポイントを話してもらいました。(2019/3/27)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

「どのツラ下げて来てんのか」「(会社に)謝るんだよ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”訴訟 原告側が職場復帰時のパワハラ問題を追加提訴
職場復帰初日には「どのツラ下げて来てんのか見に行ってやろうぜ」と言われていたと聞いた他、先輩からは「謝った方がいい。謝るんだよ」と言われたと訴えています。(2019/3/26)

「本日は貴重なお話をありがとうございました!」 会社説明会のあの独特な雰囲気って何なんだろう
「○○大学の××と申します!」(2019/3/22)

パワハラな飼い主に捨てられた子猫ちゃんは…… 新しい飼い主と子猫、どちらも行動がかわいすぎて悶える
なんて尊い飼い主と猫ちゃんなんでしょう!(2019/3/13)

スピン経済の歩き方:
「バイトは教育で真人間にしろ」が、ブラック企業につながる理由
バイトテロ騒動で、コンビニや外食産業が揺れている。こうした事態を受けて、「バイトも研修を受けさせるべきだ」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/3/12)

なぜあなたは「LINEを既読スルーする男」に惹かれてしまうのか?
あなたの心理は“ハック”されています。(2019/2/20)

精神的な攻撃:
「パワハラを受けたことがある」82%、被害内容は?
あなたはパワハラを受けたことがありますか? 転職サイトを利用している35歳以上の男女に聞いたところ、82%が「ある」と回答していることが、エン・ジャパンの調査で分かった。(2019/2/20)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
海外ピッチコンテストを席巻! 「声で感情を丸裸にする」技術の使い道って?――Empath CSO 山崎はずむさん(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、音声感情解析技術で海外ピッチコンテストを席巻している「Empath」の共同創設者、山崎はずむさんです。(2019/2/15)

「パワハラだ」「イベント廃止にしてほしい」 義理チョコ文化はいつ生まれ、なぜ嫌われるようになったのか?
誰が望んでいるのか。(2019/2/14)

スピン経済の歩き方:
「バイトテロ」は訴えても抑止できない、3つの理由
アルバイトが不適切な動画をSNSにアップしたことを受け、くらコーポレーションが法的措置をとると宣言した。ネット上では「よくやった」「当然だ」といった声が多いなかで、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/2/12)

全作完結済み! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2019 
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第96回は、毎年恒例の特別企画。2018年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト5を紹介。(2019/2/10)

リーディングマーク飯田代表に聞く:
「高学歴新卒」は本当に優秀? 活躍しているの?  識者が語る“リアル”
世間では「高学歴だからといって、仕事ができるとは限らない」などとやゆする声が散見される。企業が上位校学生への採用を重視することを批判的に捉える声もある。時として批判を集めてしまう上位校学生だが、実際はどんな能力を持っており、社会で活躍できているのか。“優秀層特化型”の就活サービスを手掛ける、リーディングマーク代表取締役の飯田悠司氏に意見を聞いた。(2019/2/1)

読者のために:
解雇通知後も自主発行 社員11人の宮古新報に支援続々
沖縄県の宮古新報社が全社員に解雇通知を出した後も、社員が独自で新聞発行を継続していることを受け、新聞事業を第三者に売却する契約を結んだ。新たな経営者の下で再出発する。(2019/1/31)

転職バーのハルカさん(12):
PR:感化しちゃうぞ☆――ブラックもホワイトもあっという間に慣れるもの
「ブラックだ」とウワサの「クロクロソフトサービス」にお試し就業した「シュウヘイ」。毎日竹刀で脅かされて、営業ノルマを課せられて――「エンジニアの転職」がテーマの連載なのに、妙な方向に爆走中!!!(2019/1/31)

ただのパワハラか「市民の安全のため」か 明石市長の暴言に賛否分かれるネット
兵庫県明石市の泉房穂市長が市職員に対し暴言を浴びせていた問題で、ネットは批判的ながらも、市長に同情する声も少なくありません。(2019/1/31)

無自覚な「クラッシャー上司」!?:
パワハラと「指導」の線引きはどこ? 企業の7割が困惑
パワハラと指導の線引きがどこにあるのか分からないと悩む企業が約7割を占めている。(2019/1/30)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)

「私服可」でもスーツで行くべき?:
「スタバでバイト」「手書きのES」は本当に有利? “就活都市伝説”の真偽を採用のプロに聞く
「スターバックスコーヒーでのアルバイト経験があると就職活動で有利になる」という説がささやかれるようになって久しい。「エントリーシートや履歴書を手書きすると、誠意が伝わって書類選考を通過しやすくなる」「体育会出身の学生は高評価」といったうわさも出回っている。これらの“都市伝説”は真実なのか。「リクナビ」の元編集局長の山崎淳氏に意見を聞いた。(2019/1/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
ゴーン妻の“人質司法”批判を「ざまあみろ」と笑っていられない理由
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕・勾留に関して、キャロル夫人がいわゆる「人質司法」を批判した書簡を人権団体に送った。刑事司法制度において「自白偏重主義」を貫いてきた日本は、海外からどんな国であると認識されているのか。(2019/1/17)

スピン経済の歩き方:
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると、「日本の未来に不安を感じる」という。どういう意味かというと……。(2019/1/8)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「ジジイの当たり年」だった2018年 権力の壁を壊す“見えないモノサシ”を持とう
2018年はスポーツ界でパワハラが相次ぎ問題になるなど「ジジイの当たり年」。さまざまな業界で「ジジイの壁」の高さとその末路の悲惨さを痛感した。今なお権力に溺れるジジイの高い壁をぶち壊すために、私たちはどのように行動するべきだろうか。(2018/12/27)

2018年のブラック企業大賞、三菱電機に ジャパンビバレッジ東京は「有給ちゃんと取らせろ賞」
一般投票による「市民投票賞」は財務省。(2018/12/23)

「市民投票賞」はセクハラ問題の財務省:
18年版「ブラック企業大賞」発表 大賞は三菱電機 長時間労働が常態化、過労自殺が2件発生
ブラック企業大賞企画委員会が「ブラック企業大賞2018」を発表。大賞は、過労自殺が相次いで発生した三菱電機が受賞した。「特別賞」は日立製作所と日立プラントサービス、「市民投票賞」は財務省、「有給ちゃんと取らせま賞」はジャパンビバレッジ東京だった。(2018/12/23)

スピン経済の歩き方:
「専業主婦バッシング」が、日本社会のブラック化につながってしまう理由
朝の情報番組『スッキリ』で、MCの加藤浩次さんが「専業主婦であることに罪悪感なんて持たなくてもいい」とコメントしたところ、ちょっとした騒動に。労働者不足や働く女性が増えたこともあって、専業主婦に対するバッシングが厳しくなっているが、筆者の窪田氏はこうした風潮に違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/12/18)

怒りを抑えるメンタル術:
仕事中に「マジ切れ」する日本人が増えている、ちょっと意外な理由
一般社団法人 日本アンガ―マネジメント協会の安藤俊介理事長によると、現代の日本では仕事中にイライラするビジネスパーソンが増えているという。その理由と、怒りを抑えるための技術を聞いた。イライラを防ぐコツは「他者との違いを受け入れる」ことだという。(2018/12/16)

2位以下の漢字は:
2018年版「今年の漢字」は「災」に決定 その理由は?
2018年の「今年の漢字」は「災」に決定。19万3214票の応募の中で最多となる2万858票(10.8%)を獲得した。その理由は……?(2018/12/12)

今年の漢字は「災」に決定
(2018/12/12)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
ガンバレ、荒木ちゃん! アシカのラブちゃんと今日も奮闘中
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/12/11)

「ブラック企業大賞2018」ノミネート企業発表 「有給取得クイズ」メールのジャパンビバレッジやスルガ銀行など
事務次官による女性記者へのセクハラが大きく報じられた財務省もノミネートされました。(2018/12/5)

“有給チャンス問題”のジャパンビバレッジも:
18年版「ブラック企業大賞」9社ノミネート 野村不動産、スルガ銀、財務省など
「第7回ブラック企業大賞」のノミネート企業が発表された。今年は野村不動産、スルガ銀行、財務省など9社が挙がった。「大賞」「業界賞」などの各賞は12月23日に発表される。(2018/12/5)

スピン経済の歩き方:
結局のところ、水道はどうすればいいのか 公も民もダメダメな理由
「水道法改正」が通過しようとしている。改正案のポイントは、「コンセッション方式」の導入だ。老朽化した水道管を取り替えるのに莫大な資金が必要になるので、このような案が出てきたわけだが、本当に民営化してもよいのだろうか。いや、公営化のままでも問題があって……。(2018/12/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・自動車メーカーの下請けいじめ
「大手自動車メーカーは悪」「中小企業の下請けは正義」みたいな決めつけを止めないと、この国の経済は良くならない。サプライヤーがしかるべき原価低減も行わず、新技術の開発もせずに現状を維持していたら、それでこの国が幸せになれるのかをちゃんと考えてみた方が良い。(2018/12/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“パワハラ放置”社会が「子どものいじめ」を増長? 「見て見ぬふり」の大きな代償
「パワハラ防止措置」の法制化がようやく進められることになった。だが、それだけでなく「自分たちの問題」として考えることが必要だ。大人のパワハラ、あるいは「見て見ぬふり」という行動が、子どもたちの振る舞いにも影を落としている。(2018/11/30)

転職バーのハルカさん(11):
PR:白黒はっきりしなきゃダメ?――天国と地獄の境目
ハルカさんの弟の過去を知ってしまった「シュウヘイ」(転職活動中)は、彼女の幼なじみの「サディスティック・ミミ」に提案されて、彼が働いていた会社の人に会いに行く――あの、御社ってブラック企業なんですか?(2018/11/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。