ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Prius」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Prius」に関する情報が集まったページです。

小型ハッチバックのコンパクトプリウス、着々と開発中
トヨタ自動車は、開催中の北米国際自動車ショーで、コンパクトサイズのコンセプトモデル「Prius c Concept」を展示した。(2011/1/13)

日立「Prius」生産停止 家庭用PCから撤退
日立は「Prius」のブランドで販売していた家庭用PCの生産を停止した。法人向けPCはシンクライアント端末のみ自社開発を続ける。(2007/10/23)

PCもTVも美しい画面で:
PR:これがVista時代のホームPC決定版だ!――日立製作所「Prius One type W」
ここ最近、液晶一体型PCの人気が高いという。ここでは、読者アンケートから見えてきたホームPCの実態を分析しつつ、キレイな液晶ディスプレイを搭載した注目の1台をピックアップしよう。(2007/6/11)

2007年夏 Vista搭載PC特集:
全モデルでHome Premiumを採用しラインアップを整理――日立Priusシリーズ
5月9日、日立製作所のPriusシリーズがラインアップを一新し、全モデルでHome Premiumの採用を果たした。(2007/5/9)

2007年夏 Vista搭載PC特集:
低価格モデルのスペックアップを図る――Prius Note type Kシリーズ
日立製作所のノートPC「Prius Note type K」シリーズは、基本スペックの底上げが中心の全3モデルで構成される。(2007/5/9)

Vista搭載新モデル徹底レビュー:
Vista搭載で一段と家電ライクに進化――日立「Prius One type W」
日立製作所の液晶一体型PC「Prius One type W」が、Windows Vista Home Premiumの採用にあわせて、ハードウェアとソフトウェアの両面で大幅なてこ入れを行った。その全容を見ていこう。(2007/2/14)

2007年春 Vista搭載PC特集:
徹底してコストダウンを図ったセパレート型PC――Prius Air type R
セパレート型デスクトップPCのPrius Air type Rシリーズでは、TV機能を省いたシンプルなモデルが追加された。(2007/1/15)

2007年春 Vista搭載PC特集:
アーキテクチャを一新した17インチ液晶一体型PC――Prius One type S
17インチのスクエア液晶を採用した液晶一体型PCのPrius One type Sシリーズは、アーキテクチャを一新して低価格化を実現している。(2007/1/15)

2007年春 Vista搭載PC特集:
WSXGA+解像度を実現した20.1インチワイド液晶一体型PC――Prius One type W
日立製作所のPrius One type Wシリーズは、アーキテクチャの一新と液晶ディスプレイの高解像度化がトピックだ。(2007/1/15)

2007年春 Vista搭載PC特集:
手ごろな価格のラインアップを拡充したノートPC――Prius Note type K
日立製作所は、Windows Vistaを搭載したPrius TシリーズのノートPCを4モデル発表した。(2007/1/15)

2007年春 Vista搭載PC特集:
徹底的なコストダウンを図ってVistaモデルの普及を図る――日立製作所
1月15日、日立製作所のPriusシリーズがラインアップを一新し、全10モデルで構成されるVista搭載PCを発表した。ここではシリーズ全体を見ていこう。(2007/1/15)

日立、TV視聴向けスリムPC「PriusAir typeR」に17インチ液晶モデルを追加
日立製作所は、スリム筐体採用のデスクトップPC「PriusAir typeR」の新モデル「AR13R1S」を発売する。チューナーはアナログTVのみ対応、17インチ液晶ディスプレイが同梱される。(2006/12/6)

日立、「Prius」もVistaアップグレードキャンペーン
日立製作所は、「Prius」を対象とするWindows Vistaへのアップグレードキャンペーンを実施する。(2006/10/26)

青山祐介のデザインなしでは語れない:
「デザインは生活を変えられる」――日立Priusシリーズの挑戦
製品レビューもいいけど、それだけじゃ物足りない……。語られるようでいて実は語られていない、PC・周辺機器のデザインにフォーカスした本連載。PCメーカー編の第1回を飾るのは日立製作所の「Priusシリーズ」だ。(2006/9/20)

2006年・秋冬モデル:
日立製“PC付き地デジTV”のできばえは?──「Prius One type W/AW35W1S」
日立製作所のPriusシリーズがラインアップを一新した。まずは省スペース性に優れた液晶一体型PCの「Prius One type W」をチェックしよう。(2006/9/6)

日立、Core 2 Duoモデルも用意する「Prius Note」2006年秋冬モデル
日立製作所は、2006年秋冬モデルの「Prius S」シリーズとなるノートPC「Prius Note type K」3製品を発表した。(2006/9/6)

日立、2006年秋冬モデル「Prius S」シリーズ発表――ViiV対応モデルも用意
日立製作所は、地上デジタル放送対応のデスクトップPC「Prius Air」「Prius One」の計5製品を発表した。(2006/9/6)

日立、液晶一体型PC「Prius One」のチューナーレス廉価モデル発表
日立製作所は、17インチ液晶ディスプレイ一体型PC「Prius One type S(AW31S1R)」を発表した。AW33S1Rの下位モデル製品で、チューナーは未搭載となる。価格は16〜17万円前後。(2006/7/6)

レビュー:
「いいとこ観」を装備したダブルハイビジョン録画「Wooo」(前編)
日立の「Wooo」に新モデルが投入された。「TSX」モードがなくなった代わりに予約録画機能に手がくわえられ、ハイビジョン2番組同時録画をより高度に使いこなすことができそう。また、「Prius」シリーズで好評の「いいとこ観」も追加されている。(2006/5/2)

2006年・PC夏モデル特集:
“ワタシ専用”の簡単コンパクトな地デジPC──日立「Prius One type S」
省スペース性やセッティングの容易さにメリットがある液晶一体型モデル「Prius One」シリーズ。日立製作所の2006年PC夏モデルでは従来の20インチワイド液晶一体型モデルに続き、17インチSXGA液晶搭載のモデルにも地上デジタルチューナーが標準で搭載される。今回はこの、“より安価に/よりコンパクトに/より簡単に”をテーマとする17インチモデル「Prius One type S」を紹介しよう。(2006/4/28)

2006年PC夏モデル:
日立、電源投入直後に地デジ視聴を可能とした液晶一体型PC「Prius One」
日立製作所は、2006年PC夏モデル「Prius One」シリーズを発表した。地上デジタルチューナーを備え、家庭用液晶テレビのような華麗なデザインの採用を特徴とする液晶一体型モデルで、20インチワイド液晶ないし17インチ液晶搭載モデルを用意する。(2006/4/12)

2006年PC夏モデル:
10万円台の地デジモデルも──日立、2006年PC夏モデル「Prius R」シリーズを発表
日立製作所はオール地デジ対応となる2006年PC夏モデル「Prius R」シリーズを発表、4月22日より順次発売する。ディスプレイ分離タイプとなるPrius Airシリーズは26インチワイド液晶を付属するモデルのほか、実売16万円前後から用意する“ディスプレイレス”モデルが新たに加わった。(2006/4/12)

日立、「いいとこ観」搭載のハイビジョンレコーダー「Wooo」
日立製作所はデジタルハイビジョンレコーダー「Wooo」の新製品4機種を5月下旬に発売する。同社のパソコン「Prius」に搭載しているダイジェスト再生機能「いいとこ観」を新たに採用した。(2006/4/4)

2006年春の地デジ対応モデル連続レビュー:
地デジ+Viiv+スマートデザインは理想のAVセンターPCか──日立「Prius Deck DH75P2」
地デジチューナー、Viiv、Pentium D、HDMIなど、最近のPCでトレンドとなる機能をもらさず盛り込んだハイパフォーマンスなリビングルームPCが「Prius Deck」だ。今回はリビングルームへの設置を想定しながら、地デジとViivを中心にその使い勝手と機能をチェックしてみよう。(2006/3/29)

2006年春の地デジ対応モデル連続レビュー:
ハイビジョン地デジに対応する“家電メーカーならでは”の分離型デスクトップ──「Prius Air AR75P」
26インチワイドの大型液晶ディスプレイが付属する地デジ対応のスリムタワーPC、それが「Prius Air AR75P」だ。地デジ+アナのダブルチューナー搭載にて、デジ+アナの2番組同時録画や、独自手法で実現した外部ディスプレイでハイビジョン再生に対応することなどが特徴となっている。(2006/3/7)

レビュー:
プライベートルームにぴったりの、こだわり“液晶一体型”──日立「Prius One AW33P」
日立製作所による2006年春モデルPC「Prius P」シリーズに、液晶一体型が復活した。まるで家庭用液晶テレビのようなパーソナル・プライベート用途に特化した17インチ液晶モデル「Prius One AW33P」を試用した。(2006/2/7)

2006年PC春モデル:
「今年は本当のハイビジョン元年」──日立、大幅強化したハイビジョンPrius Pシリーズ発表
日立製作所は、地デジ対応機種大幅増加/Viiv対応/デザイン性に優れる一体型モデル復活など、2006年PC春モデル「Prius P」シリーズ全4モデル9機種を発表、14日より順次発売する。(2006/1/6)

2006年PC春モデル:
日立、基本性能向上が図られた15インチ液晶ノート「Prius Note」
日立製作所は、15インチ液晶搭載ノートPC「Prius Note」シリーズ最新モデルとして、色補正機能付き高画質チューナー搭載モデル「PN37PT」、ワイヤレスLAN搭載モデル「PN33P」の2製品を発表、1月14日より発売する。価格は16〜17万円から。(2006/1/6)

2006年PC春モデル:
日立、地デジ対応を強化した「Prius Air」/地デジ搭載の一体型モデル「Prius One」
日立製作所は、地デジチューナー標準搭載とした「Prius Air」、および新設計の薄型筐体を採用/地デジチューナー搭載モデルも用意するディスプレイ一体型モデル「Prius One」の計2モデル5製品を発表、1月14日より順次発売する。(2006/1/6)

2006年PC春モデル:
日立、Viiv搭載/地デジ録画対応のハイビジョンリビングPC「Prius Deck」新モデル
日立製作所は2006年PC春モデルとして、Viivテクノロジによるハイビジョンコンテンツ視聴対応、Pentium D 920+地デジ+HDMI搭載のデスクトップPC「Prius Deck」新モデル2製品を発表、1月14日より順次発売する。(2006/1/6)

HDMI端子搭載/静音性も魅力の日立流リビング・ハイビジョンPC──「Prius Deck N」
日立製作所からリビング利用も強く意識したデスクトップPC「Prius Deck N」シリーズ。TV・ビデオ機能にも注力した、いまどきの「リビングPC」だが、組み合わされるディスプレイは、PCとしての使い勝手も配慮した20インチワイド。かわりにHDMI端子を備え、大画面は別途PDPやプロジェクターで、という日立のポリシーを具現化したモデルとなっている。(2005/11/15)

華麗なホワイト筐体をまとう、地デジ対応デスクトップ──「Prius Air AR37N」
日立による2005年秋冬モデル Prius Nシリーズにおいて、地デジ視聴/録画が行える新モデル「Prius Air AR37N」が登場した。地デジ対応で19インチワイド液晶搭載、大画面TVへの出力も可能なD端子も備えながら、コストパフォーマンスも高いとされる本機を早速試してみた。(2005/10/11)

ハイビジョン全面展開へ──日立、デジタル家電融合化PC「Prius N」シリーズ発表
日立製作所は、コンシューマ向けPC 2005年秋冬モデル「Prius」Nシリーズ9モデルを発表した。「Prius」デスクトップシリーズは、リビング向けデジタル機器「Wooo」シリーズとを融合させた使用スタイルを提案するデジタル家電融合化PCとして展開していく。(2005/8/31)

日立、新高画質化機能搭載の「Prius Note」2005年秋冬モデル
日立製作所は、色補正機能付き高画質チューナー搭載のノートモデル「PN37NT」など、「Prius Note」シリーズの2005年秋冬モデルを発表した。(2005/8/31)

日立、地デジチューナー搭載の「Prius Air/Air One」2005年秋冬モデル発表
日立製作所は、「Prius Air」「Prius Air One」シリーズの2005年冬モデルとして、地上デジタル放送対応チューナーを搭載するモデル含めて、計4製品を発表した。(2005/8/31)

新コンセプト「Prius」登場──家電と融合するリビングルームPC「Prius Deck」新シリーズ
日立製作所は、幅59ミリの薄型筐体を採用し、デザインと高機能さ、そしてデジタル家電との親和性が高められた、同社新コンセプトのハイエンドデスクトップPC「Prius Deck」シリーズの新モデル2機種を発表した。(2005/8/31)

日立、Priusノート2005年夏モデル発表
日立製作所は、Priusシリーズの2005年夏モデル「Prius M」シリーズのノート新モデル7製品を発表した。TVチューナー内蔵モデルも存在する「Prius Note」、Celeron M搭載モデル追加でやや安価になった「PriusGear」の2シリーズが投入される。(2005/4/20)

「いいとこ観」強化で“観る楽しさ”をより追求した、日立Priusデスクトップ夏モデル
日立製作所は、Priusシリーズの2005年夏モデルとなる「Prius M」シリーズのデスクトップPC計7製品を発表した。サッカー・野球に加え、相撲・音楽番組も「いいとこ観」に対応し、ハイエンドの「Wooo」+Wチューナーモデルを頂点に多彩なニーズに対応するラインアップとなっている。(2005/4/20)

「いいとこ観」機能でスポーツ番組を短縮再生──日立製作所「Prius Deck DS75L」
もはや「PCで録画する」では違いを出せない日の丸PC。そこでメーカーは家電で培った技に活路を見出だす。高画質エンジンを実装するPCあれば、定番ディスプレイブランドを組み合わせるPCあり。先日取り上げた「AQUOS」PCに続いて今回は「Wooo」PCを紹介しよう。(2005/2/2)

液晶背面に背負う、日立製ノートPC向け燃料電池公開
FC EXPO 2005会場で、日立は同社ノートPC「Prius」に搭載する燃料電池試作機が展示された。静音性に優れるパッシブ型システムを採用し、25ccカートリッジで2時間駆動が可能だという。(2005/1/20)

「いいとこ観」でAV関連機能を向上させたPrius春モデル発表
日立製作所は1月7日、Priusの2005年春モデル「Prius L」シリーズを発表した。今回登場するのは新登場となる液晶一体型をはじめとしたデスクトップPCが3シリーズ5モデル、ノートPCが3シリーズ5モデル。価格はオープンで出荷開始は一部を除いて1月15日から。(2005/1/7)

日立、「Prius K」シリーズに6機種を追加
日立製作所は10月12日、コンシューマ向けPC「Prius K」シリーズの製品ラインアップに、新デザインの筐体を採用したAV PC「Prius Air K」や「Prius Air Note K」など6機種を追加した。(2004/10/12)

日立、Priusの2004年秋モデル「Prius K」4シリーズ6機種を発表
日立製作所は9月10日、Priusの2004年秋モデル「Prius K」を発表した。デスクトップ、ノートともに、2シリーズ3機種をラインアップする。価格はいずれもオープン。(2004/9/10)

日立、20V型液晶TVのACアダプタに不具合
「Wooo」1機種と、「Prius Deck」4機種付属のTVが対象。ACアダプターの無償交換で対応する。(2004/8/23)

日立、Prius GearとPrius Air Noteの夏モデルを発表
日立製作所は5月13日、A4ジャストサイズのノートPC「Prius Gear」と、エントリーユーザー向けノートPC「Prius Air Note」の2004年夏モデルラインアップを発表した。(2004/5/13)

日立、AVノートPCの新シリーズ「Prius Deck Note Style」を発表
日立製作所は5月13日、コンシューマー向けノートPCの新シリーズ「Prius Deck Note Style」4モデルを発表した。推定市場価格は21万円前後からで、発売は5月26日の予定。(2004/5/13)

日立、Prius Deck、Prius Airの夏モデルを発表――TV機能をさらに強化
日立製作所は5月13日、コンシューマー向け液晶デスクトップPCの「Prius Deck」と「Prius Air」の2004年夏モデルラインアップを発表した。全モデルにDVDスーパーマルチドライブを標準装備したほか、液晶TV「Wooo」とのコラボレーションモデルの拡充や、2番組同時録画が可能なダブルTVチューナー搭載モデルを用意するなど、TV機能をより強化したのが特徴だ。(2004/5/13)

日立製作所、ノートPCの新ラインアップを発表
1月15日、日立製作所はノートPC「Prius Note」「Prius Air Note」の新ラインアップを発表した。全てのモデルは1月29日発売。(2004/1/15)

日立製作所、Prius Deckなどデスクトップの春モデルラインアップを発表
 日立製作所は日立製作所は1月15日、デスクトップPCの「Prius Deck」、「Prius Air」の春モデルラインアップを発表した。液晶ディスプレイをリニューアルしたモデルを多く用意しているのが特徴だ。(2004/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。