ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PSE法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

電気用品安全法

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
スマホやPCの周辺機器はこうして「突然死」する
PC、スマホ、タブレットの周辺機器やアクセサリーは、それまで絶好調で販売されていたにもかかわらず、本体機器のモデルチェンジによって終息を迎えることが日常茶飯事。しかし中には、製品のモデルチェンジなどとは異なるイレギュラーな理由によって、販売を打ち切らざるを得ないケースも出てくる。(2019/4/28)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
「携帯性」「実用性」「大容量」 目的別で選ぶ、おすすめモバイルバッテリー9選
モバイルバッテリーは多数の製品があり、選ぶだけで一苦労。今回は「Anker」「Cheero」「RAVPower」の製品をピックアップ。出力2A以上、残量インジケーターありという実用的な商品に絞り、用途ごとに適した製品を紹介する。(2019/3/30)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
モバイルバッテリー選びで重視したい「3つのポイント」
モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要だ。今回は、購入前にチェックすべき事柄について、大きく3つのポイントに分けて紹介する。「容量」「出力」「使いやすさ」を考えたい。(2019/3/21)

アンカー製窒化ガリウム急速充電器の実力
アンカー・ジャパンが、窒化ガリウムを採用した超コンパクト30W USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」を販売開始している。(2019/2/19)

モバイルバッテリーがPSEマーク必須に マークがあれば安心なのか
2月1日からモバイルバッテリーへのPSEマーク表示が義務化された。マークのある製品なら安心して使えるのだろうか。表示に必要な試験や検査について、モバイルバッテリーブランド「Anker」と「Cheero」に聞いてみた。(2019/2/12)

NuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」発売 PSE法に適合済み
トリニティは、2月1日にNuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」を発売。電気用品安全法(PSE法)への適合やAppleの認定プログラム「MFi」にも認定され、より安全性を向上させている。また、USB Type-C対応モデルも後日発売する予定だ。(2019/2/1)

週末アキバ特価レポート:
アキバでモバイルバッテリーの放出特価 法規制の影響で
電気街ではPSEマークのないモバイルバッテリーの放出特価がみられ、1万mAhのモデルが税込み1000円切りするなど人気を集めている。(2019/1/26)

モバイルバッテリーの事故が5年で2倍以上に PSEマークの確認を
どこで製造されたのか分からない商品も出回っているようです。(2019/1/25)

何が起きた? モバイルバッテリーがめちゃくちゃ安くなっていると話題に 法改正が背景に
(2019/1/25)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(22):
接点部品(1)―― スイッチの基本と安全規格
今回からは接点を有する部品を取り上げます。まずはスイッチ(SW)から簡単に説明するとともにその使い方について説明します。(2018/9/4)

MVNOの深イイ話:
iPhoneを扱えない事情も MVNOとSIMフリースマホの関係
MVNOの多くは、通信サービスとセットでスマートフォンの本体も販売しています。そのスマホのほとんどは「SIMロックフリー」です。今回はSIMロックフリースマホにまつわるあれこれを取り上げてみたいと思います。(2018/8/22)

mineo、海外版SIMフリー「iPhone 6s」をWeb限定発売 メーカー認定整備済品
ケイ・オプティコムは、5月14日にMVNOサービス「mineo」でメーカー認定整備済品(CPO)の海外版SIMロックフリー「iPhone 6s(16GB)」をWeb限定で販売開始。カラーはローズゴールドのみで、一括価格は4万9800円(税別)、分割払いは2075円(税別)×24回となる。(2018/5/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echo Dotを完全無線化するバッテリー「SmaCup Plus」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はEcho Dotを持ち歩き可能にするバッテリーパック「SmaCup Plus」を購入したので、そのレビューをお届けする。(2018/4/11)

過酷すぎ? モバイルバッテリーを釘刺し、火あぶりに Cheeroの「安全性試験」がガチすぎる理由
モバイルバッテリーブランド「Cheero」が、同社製品向けに実施している「安全性耐火試験」の動画を公開。ティ・アール・エイ東 享社長に、モバイルバッテリー利用の注意点などを聞いた。(2018/3/15)

モバイルバッテリー、PSEマーク必須に
経済産業省は、モバイルバッテリーに対し、電気用品安全法(PSE法)の規制対象とすると発表した。(2018/2/2)

CES 2018:
Wi-Fiモデルは“技適”あり――Lenovoの「Daydreamカメラ」、日本上陸なるか?
Lenovoが米国で2018年第2四半期(4〜6月)の発売を目指している180度VRカメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」。日本での発売は「検討中」だが、その可能性はゼロではない。(2018/1/15)

CES 2018:
スマホレスでDaydream! Lenovoが“スタンドアロン”Daydreamヘッドセットを発表
Lenovoが、スマホ不要でGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を楽しめるヘッドマウントディスプレイを発売する。合わせて、単体で通信できる180度カメラも発売する。(2018/1/10)

麻倉怜士がナビゲート 2017年、注目のオーディオはコレだ!(後編)
2017年秋のオーディオ新製品を紹介する今回の「デジタル閻魔帳」。コンポーネントを紹介した前編に続き、後編ではスピーカーとアクセサリーにスポットライトを当てる。(2017/12/19)

Wired, Weird:
面白回路にも出会えた! 壊れた扇風機の制御回路を考察
15年ほど前に購入した扇風機がついに動かなくなった。そこで、回路や構造を勉強しようと分解することにした。すると思いがけず、ユニークな回路に出会うことができた。今回は、この壊れた扇風機の制御回路をじっくり考察していく。(2017/7/14)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
解説 モバイルバッテリーの危険性と選び方
「スマホのバッテリーがすぐに切れるので、モバイルバッテリーを持ち歩いている」人が増えてきた。ただし、注意が必要である。家電量販店などで安いモノを購入したら、とんでもない事態になるかも。どういうことかというと……。(2016/12/13)

新連載・“中の人”が明かすパソコン裏話:
どれも同じ? とんでもない! 「ACアダプター」に込めた開発者のこだわり
「ACアダプターなんてどれも同じでしょ?」と思い込んでいたら大間違い! メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かす新連載。1回目は、ACアダプターのローカライズに秘めたこだわりについて紹介します。(2016/9/27)

R25スマホ情報局:
修理に出すと犯罪に? 未登録スマホ修理店の実態
スマホの修理業者が登録修理業者でないと、ユーザーが電波法違反になる恐れ。(2016/6/14)

司書メイドの同人誌レビューノート:
フィンランドで「スイッチ」を買ってきた ニッチすぎる旅行記に同人誌の可能性を感じる
今週はサークル「レトロピリカ」さんの同人誌「Finland TravelII」をご紹介。(2015/12/13)

キーワード解説:
感電や火災の危険を防止する「電気用品安全法」
電気に関する重要な法律の1つ「電気用品安全法」が改正されて、2014年1月1日に施行する。家電製品をはじめ、コンセントや分電盤、小規模な発電・配電・蓄電設備を含めて、電気機器の安全性を確保するための法律である。改正によって技術基準が簡素化されて、最新技術に対応しやすくなる。(2013/12/13)

【一人メーカーことはじめ】LEDフロアスタンドを作ろう(2):
一人メーカー流お買いもの! LEDや電源を選ぼう
今回は、自作LEDフロアスタンドの部品選定と買い物の仕方。Digikeyや秋月電子など部品ネット通販は“一人メーカー”にとって強い味方だ。(2013/10/4)

ワイヤレスジャパン2013:
「ワイヤレス充電」、スマホはもちろんPCでも
ノートPCにも適用可能というワイヤレス電力伝送技術「WiPower」。50ワットほどまでの供給が可能で、サイズやコストも低く抑えられる特長がある。(2013/5/29)

家電製品の安全性、信頼できるのは?――日本、北欧、カナダの順
テュフズードジャパンの「家電製品の安全性に関する世界的な認知度調査結果」によると、安全性の高い家電製品を輸出・生産しているという認識の国は日本。次いで北欧、カナダの順になった。(2013/3/8)

“数字”で選ぶLED照明(2):
コストパフォーマンスを意識しよう
連載の第2回はカタログから得られる「定格光束」の値と製品の価格から、LED照明のコストパフォーマンスを評価する方法を解説する。(2013/2/26)

2000mAhに:
RocketOn、「Xperia AX/VL」向け増量バッテリーを発売
RocketOnの運営する「eXt-Power Japan」は、ドコモとauで販売するスマートフォン「Xperia AX」「Xperia VL」の増量バッテリーを発売する。(2012/11/21)

D89クリップ(54):
手軽に家電が作れる時代に小さな会社だからできること
プログラマなのにハードウェアを作った鳥人間の久川さん、1人家電メーカーのBsize八木さん、クラウドファンディングを興したCerevoの岩佐さんが手軽になったモノづくりを語った。「おばかアイデアを形にする方法」や「ものづくりの新しい形」とは?(2012/10/16)

電動折りたたみベビーカー「4moms Stroller」に(息子が)乗ってみた!
アメリカで発売され話題となっていた電動折りたたみベビーカー「Origami」が、「4moms Stroller」として日本に上陸! 日本で発売される製品と同等品のサンプルに乗ってまいりました(息子が)。(2012/10/10)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
なぜ情報開示が重要になったのか
最近、官僚が周到に準備して法案提出した案件について、事前の情報開示が不足していたため、後から問題化するケースが増えています。ちきりんさんは、もはや情報開示が必要でなかった時代とは状況が違うと主張します。(2011/10/31)

「IDEOS」のACアダプターに表記の不備――無償交換も
日本通信のAndroid端末「IDEOS」のACアダプターに表記の不備があることが判明した。安全性には問題ないが、無償で交換できる。(2011/1/27)

小寺信良の現象試考:
うっかりしてると懲役刑? 拡がるワイヤレス通信機器と法のギャップ
一般的に利用される「ワイヤレス」は無線LANに限った話ではない。AV機器の無線化は着実に進みつつあるし、無線のヘッドセットやマウスなど珍しいものではない。ただ、手元のワイヤレス機器をウッカリ使ったら懲役刑ということもあり得るのだ。(2010/3/1)

「このままではPSE法の二の舞」 医薬品ネット販売継続求め国会議員と有識者らアピール
「医薬品ネット販売規制は過剰、国会で議論を」――自民・民主の若手議員や浅野史郎さん、國領二郎さんなど有識者、消費者が集まり、ネット販売継続を強く訴えた。(2009/5/21)

「JEITAはゼロ回答」「経産省とやり合うことに」――権利者団体、補償金問題で8回目の会見
権利者団体が録音録画補償金をめぐってまた会見。椎名和夫さんは「JEITAは時間稼ぎをして補償金の自然死を待っている」「経産省とやり合うことになる」などと主張した。(2008/7/24)

NEWS
ラリタン、8カ所の温湿度計測が可能なインテリジェントPDUの新ファームウェアをリリース
「Dominion PX」のファームウェアバージョン1.1をリリース。オプションのセンサーを取り付けることでDominion PX周囲の温度/湿度計測が可能になった。(2008/5/23)

改正PSE法が施行 PSEマークなしでも中古品の販売が可能に
ようやく改正PSE法が施行された。旧法に適合していれば、PSEマークなしでも中古の家電機器やゲーム機などを販売できるようになった。(2007/12/21)

対談:小寺信良×椎名和夫(最終回)
ダビング10の向こうに光は見えるのか
小寺信良氏と椎名和夫氏が津田大介氏を司会に激論を交わす対談も最終回。話題は議論の表舞台に姿を見せない放送局やB-CASまで広がっていく。果たして、ダビング10の向こうに光は見えるのか。(2007/11/8)

100% DESIGN TOKYO:
テクノロジーが変える照明デザイン
テレビの薄型化が示したように、技術の進歩はインテリアに変革をもたらすものだ。室内を演出する“灯り”も例外ではない。100% DESIGN TOKYOの特設テント「100% LIGHT」では、最新技術とデザイナーのセンスがもたらした新しい“灯り”を感じとることができる。(2007/11/2)

経産省、PSE問題で幹部5人を厳重注意
甘利経産相は、AV機器などの中古販売に大混乱をもたらしたいわゆる「PSE問題」で周知を怠ったとして、幹部など5人を口頭で厳重注意処分にしたと発表した。(2007/9/12)

「PSEで失ったもの、戻らない」――国のミスに振り回された中古店
「50年以上続けていた仕事を、なぜ突然奪われなくてはならないのか」──PSE法の本格施行が中古AV機器などの販売に大混乱を引き起こしてから1年以上がたった。経産省は法と運用のミスを認めて謝罪し、改正を急ぐ。だがこの間、中古店は売り上げが大幅に減るなどの経済的損失をこうむった。国に振り回された中古店が失ったものは大きい。(2007/7/18)

PSE問題で経産省がミス認め謝罪 「立法時、中古品想定せず」
AV機器などの中古品販売に大混乱を起こしたPSE法について、経産省は「立法時、本格施行時にそれぞれミスをしてしまった」と認め、「多くの事業者に迷惑をかけたことを深くお詫びする」と謝罪した。秋にも改正法案を提出する予定だ。(2007/7/17)

「PSEマーク」なし中古家電の販売検討
「PSEマーク」なしで中古家電が販売できない問題について「PSEマークなしでも販売できるよう検討する」という内容が、経産省の小委員会の中間報告に盛り込まれた。(2007/7/4)

週末アキバPickUp!:
苦節2年、ようやく登場した、のございます
静音でよく冷える水冷キットの金字塔「Reserator」の新モデルがようやく登場。CPUはAthlon 64 X2に価格改定が入り、6000+が20日に入荷するとの噂が囁かれている。(2007/2/19)

対談 小寺信良×津田大介(最終回):
私的複製のポジティブ面
私的録音録画補償金問題について、利用者と権利者がWin-Winの関係となる世界を築くためには、どういった視点をもって議論することが必要なのだろうか。津田氏は「私的複製のポジティブ面」にも着目すべきと提言する。(2006/6/20)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ココナッツ・ビーチの開放感「アウトラン」
今回は「アウトラン」(セガ)を取り上げてみました。1986年のゲームですが、ゲームセンターでかなり長期間稼動していたこともあって、それほど古い作品には思えません。「アウトラン」っぽい風景を、伊豆で探してみました。(2006/5/18)

先細りしていく中古ゲーム機市場を改めてPSE法が照らし出す
中古家電業界を大混乱に陥れてた法律に、「電気用品安全法」−俗に言うPSE法−がある。連日、どこかのニュースで取り上げられるほど大騒ぎになったのだが、これはゲームユーザの観点から見た場合、どのような影響があるのだろうか。独自に調査した結果をまとめたので、ここで簡単に報告しておこう。(2006/4/12)

経産省「販売店からもらったリスト、そのまま出した」
PSEマークなしの家電が売れなくなる「電気用品安全法」の本格施行が始まった。直前に経産省が出した“PSEマークなしでも販売できる製品リスト”はミスだらけ。あわてて作ったため、チェックする暇がなかったようだ。(2006/4/3)

ここが変だよ、“国家認定ビンテージ”
「これが入って、なんであれは除外なの?」「同じ機種が2度出てくる」――経済産業省が公開した、PSEマークなしで中古販売できるビンテージ機器リストが「あまりにお粗末」とネット上で波紋を呼んでいる。(2006/3/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。