ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「牧ノブユキの「ワークアラウンド」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牧ノブユキの「ワークアラウンド」」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ビールだったら回収騒ぎ? PC周辺機器メーカーがパッケージの誤記を気にしない理由
外注先による製造ミスが発覚した場合、検収を拒否して、仕様通りの製品をあらためて作らせるのが一般的だ。しかしPCの周辺機器やアクセサリーの業界では、最終的にこうした「B級品」を、メーカーが買い取ることが多い。どのような事情によるものだろうか。(2021/1/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
不具合品の交換用にメーカーがキープしている「ウラ在庫」とは?
PC周辺機器に何らかの不具合が発生し、メーカーに連絡した場合、修理対応ではなく交換になることが多い。「新品になって戻ってきた」と無邪気に喜ぶユーザーもいるが、原因が全く究明されないまま、同じ不具合を持つ可能性のある個体と入れ替わっただけかもしれず、あまり歓迎できる話ではない。(2020/12/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れなくなった”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
PCやスマホの周辺機器およびアクセサリーが売れなくなる原因のほとんどは、本体機器の終息だが、中には規格の変更やトレンドの移り変わりによって、複数の製品で利用できた周辺機器やアクセサリーが、突如パタリと売れなくなることがある。メーカーにとって予測できずダメージが大きいこうした事例についてみていこう。(2020/12/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れ始めた”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
本体機器の動向によって売れ行きが大きく変わるのはPCやスマホのアクセサリーおよび周辺機器では日常茶飯事だが、中には本体機器とは無関係な要因によって、爆発的に売れ始めることがある。この四半世紀の間に起こった、こうした事例を3つ紹介する。(2020/11/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
キャラクターグッズのスマホアクセサリーにつまらない製品が多い理由 「お布施」に見合った価値はある?
ファンならつい買ってしまうアイドルやアニメのキャラクターグッズ。最近はPCやスマホ関連のアクセサリーも増えつつあるが、モノ自体は平凡で、家電量販店で売られている最新製品と比較すると、面白みに欠けることが多い。なぜ、そうしたことが起こるのか。(2020/11/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
爆死したはずのPC周辺機器が忘れたころに「再デビュー」してくる裏事情
どこかで見たことのあるPC周辺機器とそっくりの品が、なぜか他メーカーから「再デビュー」を果たしているケースは、この業界を長年ウォッチしていると度々目にする。この現象はどのようにして発生するのだろうか。(2020/9/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PCアクセサリーのパッケージ裏事情 店で売るには細かな変更が必須 ブランディング目的の刷新はコケる
PCアクセサリー・パーツの業界では、対応機種の追加や変更によって、パッケージはまめに変更せざるを得ない。地道で手間が掛かる作業だが、これができるか否かが、そのまま大手メーカーと弱小メーカーとの差につながっていく。一方でブランディング目的でのパッケージリニューアルは、失敗に至ることが多い。(2020/8/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器の公称スペックと実物が同じにならないメーカー裏事情
PC周辺機器では、公称値と実機とでスペックがズレているケースはよく発生する。中でも「製品重量のズレ」と「ケーブルの長さ違い」はありがちだ。これらはどのようなプロセスで発生するのだろうか。(2020/8/12)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「故障品の破壊動画を送って新品交換」 過激なメーカーサポートが生まれて消えるまで
初期不良もしくは保証期間内に故障したハードウェアを、メーカー宛に着払いで送ってもらうのではなく、ユーザーー自身に物理的に破壊してもらい、その動画を送ってもらうことで新品交換を行うメーカーの手法が話題になった。一部で批判もあるこの手法、どのような経緯で実現に至ったのだろうか。そしてその是非は。(2020/7/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店からコンビニまで 店頭に在庫が並ぶタイミングは?
大型量販店や小規模なショップ、さらにはコンビニなど、世の中にはさまざまな業態の販売店があるが、メーカーから出荷された製品が店頭に並ぶタイミングは、その業態ごとに大きく異なる。これらの傾向について、業態ごとの違いの他、曜日や時間帯ごとの傾向をまとめて紹介する。(2020/5/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新製品の的外れな口コミにメーカーはWeb直販で対抗する
メーカーを何かと悩ませるのがネットの悪評だ。中でも知識のないユーザーによるトンデモな理由による低評価がレビューの点数に反映されてしまうのは、メーカーとしては避けたいところ。これらを回避するために多用されるのがメーカーによるネット直販だ。これに付随する幾つかの手法と合わせてみていこう。(2020/4/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーがWeb直販に舵を切りつつあるワケ
最近は周辺機器メーカーなどで、既存の販売店を通さず、メーカー直販でのみ製品を売るケースが増えつつある。特に最近では、一部製品だけでなく、あるシリーズやカテゴリーを丸ごと直販にするといった事例もみられる。こうした販売スタイルが増え始めた裏には、一体どのような事情があるのだろうか。(2020/3/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットで否定派が目立っても、PCに「Office」がバンドルされ続ける理由
ネットでは「いらない」という声が多いのに、製品を買うと必ず付いてくるものがある。例えば、PCにバンドルされる「Office」もそう言われがちだ。こうしたミスマッチはどのように起こるのか。販売店とメーカー、それぞれの事情をみていこう。(2020/2/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「パチモン」はこうして生まれる 誤ってゲットしないためには?
通販サイトで売られている製品の中には、いわゆる「パチモン」が多数存在している。それらはどのようなプロセスで生まれるのだろうか。また利用者として、それらを見抜いて回避するにはどのようにすればいいのだろうか。(2020/1/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「ラインアップで最も高額なモデル」が意外に売れるワケ
PCのBTOモデルの中には、「これって一体誰が買うんだろう?」と疑問に思うようなハイエンドなモデルが設定されていることがある。実際にはこうしたモデルもきちんと売れているわけだが、一体どのような人が、どのような状況下で購入しているのだろうか。(2019/12/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
“多少おトク”ではなく“超おトク”なセール情報はどこに流れているのか
特価品のセール情報は、あまり広い範囲に拡散しすぎると、思わぬトラブルを招くことになりかねない。それ故、最近では、チラシやTwitterなどで告知される「表向きの“多少はおトク”なセール」とは別に「登録ユーザー向けの“超おトク”なセール」が行われる機会が増えつつある。(2019/11/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「明治 ザ・チョコレート」にみる競合排除のパッケージ戦略 PCやスマホ関連製品の場合は?
製品の特徴的なパッケージが売場のイメージを一新させるだけでなく、競合製品を駆逐し、かつ参入までも防ぐという、二重三重の効果をもたらすことがある。近年それに成功した「明治 ザ・チョコレート」の事例をもとに、PCやスマホのアクセサリー売場にも通ずる、メーカーのパッケージ戦略を読み解いていく。(2019/11/10)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
脇役だった製品がいきなり売れ筋に PC用品コーナーの裏事情
売り場が違えば、製品の回転率や利益率といった常識もまた異なる。ある売り場では脇役だった商材が別の売り場ではスポットライトを浴びたり、また低粗利であることを生かして別の売り場へ参入したりと、さまざまな可能性がある。PC用品コーナーとそのメーカーによる「薄利ビジネス」について見ていこう。(2019/9/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の閉店セールで激安になるPC周辺機器が“要注意”なワケ
家電量販店の閉店に伴うセールでは、それほど大幅な値引きが行われることはない。特にPCやスマホの周辺機器やアクセサリーはその傾向が顕著だ。それはなぜだろうか。また仮に大幅値引きされている品があったとして、それはどのような理由によるものだろうか。(2019/8/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
オリジナル製品の夢を開発担当者が諦めるまで
PC周辺機器やアクセサリーメーカーの開発担当者の中には、取り売りビジネス中心の現状に嫌気が差し、オリジナルの製品を手掛けるために転職したり、ベンチャーを立ち上げたりする人も少なくない。しかしこれらの試みは往々にして失敗し、彼らは夢を諦めていく。(2019/8/12)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
そのクラウドファンディング製品が納期通りに届かない理由
PCやスマホの周辺機器は、海外製品を買いつけてきて自社製品として販売する手法が当たり前。昨今はこうした取り売りビジネスがクラウドファンディングで行われるケースも増えつつあるが、納期通りに届かなかったり、品質がボロボロだったりといった問題が生じることも少なくない。こうした問題の背景をみていこう。(2019/6/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新スマホのケースや保護シートが“ぴったり”作れる理由、作れない理由
スマホのアクセサリーメーカーが製造販売しているケースや保護フィルムなどは、どうやって寸法情報を入手しているのか、不思議に思ったことはないだろうか。実物を購入してチェックするのが基本だが、中には当てずっぽうだったり、あるいはユーザーから現物を借用して寸法を測っていたりする場合まである。(2019/5/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
スマホやPCの周辺機器はこうして「突然死」する
PC、スマホ、タブレットの周辺機器やアクセサリーは、それまで絶好調で販売されていたにもかかわらず、本体機器のモデルチェンジによって終息を迎えることが日常茶飯事。しかし中には、製品のモデルチェンジなどとは異なるイレギュラーな理由によって、販売を打ち切らざるを得ないケースも出てくる。(2019/4/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「この製品がダメだから、このメーカーはダメだ」という考えが危ない理由
PCやスマホの周辺製品に不具合が発覚した場合、ユーザーからは「あのメーカーは信頼できる」「信頼できない」などと、製品の評価をメーカーそのものの評価へと繰り上げる傾向がよく見られる。しかし周辺機器の場合、こうした考え方はやや短絡的で、逆に選択肢の幅を狭めてしまう危険がある。(2019/2/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「Amazon限定」がガジェット周辺で増えつつある理由
最近はノートPCやディスプレイ、HDD、メモリカードなど、PC周辺機器においても「Amazon.co.jp限定」の製品は増えつつある。オリジナルの製品と仕様がほぼ変わらないこうした製品が増えるのはなぜか。メーカー、そしてユーザーにはどんなメリットがあるのだろうか。(2019/2/10)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新デバイスが「売れている」「売れていない」の情報は何を信じればいい?
全く同じ製品でありながら、ある方面からは「売れている」という情報が、また別の方面からは「売れていない」という情報が出てくることはよくある。今回はそうした情報の出どころをチェックすることで、それらの真贋を見抜くコツについてみていこう。(2019/1/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
“見せ球”の製品に引っ掛からないために知っておきたいこと
メーカーが用意する製品ラインアップの末席には、ニュースリリースなどで見出しとなるためだけに追加された、実用性無視・価格重視のローエンドモデルが存在することがある。こうした「見せ球」を見抜けずに買ってしまう人は、実は少なくない。どのようにすればこれらを見抜き、回避できるのだろうか。(2018/11/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーが正式発表前の新製品を「チラ見せ」する裏事情
新製品の正式発表前に行われる断片的な予告は、見てワクワクすることもしばしばだが、あまり早くに新製品の手の内を競合他社に明かすのも考えもの。ではそれらは何のために行われるのだろうか。新製品予告の背後にあるさまざまな理由、そして思惑について見ていこう。(2018/10/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「トータルソリューション」を名乗る“寄せ集め”にご用心
PC周辺機器メーカーやアクセサリーメーカーが大量の製品をシリーズで投入してくる際に使われることがある「トータルソリューション」なるワード。実はこの言葉、ユーザーにとっては疑って掛かった方がいい。(2018/9/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
受注しなければよかった? 大口案件で消えていくPCアクセサリー
季節ごとの売上数の変動があまりないPCアクセサリー業界にとって、法人などの大口案件は魅力的だが、それらはときとして製品の終息を早めることにもつながる。一体どのような事情によるものだろうか。(2018/9/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
国内クラウドファンディングで広がる海外ガジェット販売 そのリスクを考える
国内のクラウドファンディングサイトで行われているガジェット類の出資募集は、海外クラウドファンディングのそれと異なり、既に海外で販売中のガジェットを国内で売るための、実質的な「予約販売プラットフォーム」となりつつある。こうした奇妙なビジネスモデルが広まりつつある理由は何だろうか。(2018/7/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「白い製品」に「白いケーブル」を添付できないメーカーの裏事情
機器本体と、ケーブルやACアダプターの色が一致していないことはよくある話。ユーザーから見ると「なぜそんな簡単なことができないのか」と不思議に思ったりもするが、企画担当や開発担当などからすると、そう簡単な話ではない。(2018/6/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器・アクセサリー選びで迷ったらバリエーションの多さに注目すべき理由
他社との差異化を図るためにカラーバリエーションが後から投入されるということは、オリジナルの製品が「当たり」であり、メーカーが寿命を延ばしたがっていると考えられる。つまりバリエーションが多い製品は、ユーザーにとってハズレを引かないための安全牌でもあるのだ(例外もあるが……)。(2018/6/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
せっかく著名デザイナーを起用したのに長続きしない製品の裏事情
社内にデザイナーがいるにもかかわらず、わざわざ社外のデザイナーを起用した製品が企画されることがある。もちろん著名なデザイナーであれば起用自体が話題になり、他社と差異化できるなどの利点はあるが、にもかかわらずこうした製品が長続きせずにフェードアウトしていくことが多いのはなぜか。そして一般に明かされることはない、社内のデザイナーに依頼しない理由とは?(2018/5/9)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
貸出機の破損がまかり通る、メーカーと量販店の行き違い
量販店は製品を売るために店頭に試用機材を置きたがり、またメーカーもユーザーに製品のよさを伝えるためには試用してもらう機会は必要であることを認める。もっとも、実際に店頭に試用機材を置くとなると、さまざまな問題が噴出しがちだ。話題になった量販店における破損した試用機材の返品事件を例に、その裏事情を見ていくことにしよう。(2018/3/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「肉の隣にタレ」商法はPC売り場でも通用するのか
家電量販店のPC売り場に足を運ぶと、陳列されているデモ機の横に、そのPCと組み合わせて使うアクセサリーが陳列されていることがある。あまり売れているようには見えないが、PC本体の横への陳列は、メーカーにとっても、また量販店にとってもさまざまなメリットがある。その裏事情を見ていこう。(2018/3/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の「プライベートブランド家電」は買いなのか
家電量販店が近年注力している「プライベートブランド家電」は、業界で1つのトレンドとなりつつある。家電量販店にとってこうしたプライベートブランド家電はどのような位置付けなのかを意識しつつ、これらメリットとデメリットをチェックしていこう。(2018/1/20)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
買いたい人が多数、在庫もある、それでも出荷されない製品の裏事情
メーカーが何らかの事情で、限られた人にしか製品を売りたくないケースは少なくない。現在で言うと「Amazon Echo」がその典型例だろう。具体的にどのようなパターンが考えられるか、過去の失敗例なども挙げながら見ていこう。(2017/12/29)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットで買った製品に開封した形跡が……あなたならどうする?
ネットで製品を注文したところ、パッケージに開封した形跡のある製品や、パッケージが汚れていたり、退色していたりする製品が届いた。そんなことはないだろうか。最近になってよく耳にするようになったこの問題は、スルーしても構わない場合と、今後そこからの購入は止めたほうがよい場合、両方のケースがある。(2017/11/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新規参入が「モノはいいけどサポートは残念」になる理由
あるジャンルでは名の知れたメーカーがいきなり新ジャンルに進出したり、未知のメーカーがある日突然ラインアップを一斉投入し、驚かされることがある。こうしたケースではたとえ製品そのものがよくできていても、思わぬところで足をすくわれることも多い。(2017/10/31)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
購入者が知らない、店頭サンプル品をめぐる醜い争い
量販店店頭における製品のサンプル展示は、通販サイトへの対抗策という意味もあり注力する店が増えつつある。そこで用いられるサンプル製品は基本的にメーカーが負担するわけだが、現場ではその伝票処理を巡ってさまざまなせめぎ合いがある。(2017/9/23)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
認証テストよりグッドデザイン賞を気にする開発担当者たち
IT関連製品の拡販にあたり、第三者機関による認証は、製品の信頼性を高めるうえで効果的なのは言うまでもない。しかしメーカーの開発担当者の中には、これらにあまり注力することなく、全く畑違いとも言える賞にこだわる人々がいる。(2017/8/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気モデルの「世界○カ国で先行販売」に日本が入らない理由
人気のスマホやゲーム機では、まずある国や地域で発売し、そこが一段落したら別の国や地域で発売するという、いわゆる先行販売のシステムがよく用いられる。これは生産数の限界ゆえにやむを得ずそうなっているように見えるが、実際にはさまざまな事情が関係していることもしばしばだ。(2017/8/5)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気の激安モデル終息にみる「売れすぎると製品寿命が縮む」法則
自社で製品を製造・販売しているメーカーでは、自社ブランドの製品、いわゆるリテール製品を扱う事業部とは別に、OEMビジネスを専門に行っている事業部が存在することが多い。この種のOEMビジネスでは、売れすぎたことが製品の寿命を縮めることがある。(2017/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホ、ゲーム機……発売日に潤沢な在庫がないのはなぜ?
人気の高いスマホやゲーム機では、発売直後に必ずと言っていいほど品薄が発生する。なぜメーカーは発売日に潤沢な在庫を用意できないのだろうか。(2017/6/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「仕様書と違うから作り直せ」は通用しない? メーカーが語らないOEMビジネスの実情
OEMやODMのビジネスでは、要求した本来の仕様とは異なる製品が外注先からメーカーへと納品されてきても、メーカー側が泥をかぶらざるを得ないケースが多い。契約に従って外注先に責任を取らせるのが難しい理由とは?(2017/5/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「外注したら仕様と違う製品が送られてきた」 メーカーの悲劇はなぜ繰り返される?
OEMやODMのビジネスを手掛けるメーカーにとって、要求した本来の仕様とは異なる製品が外注先から納品されてくるのは日常茶飯事だ。なぜそのようなミスが起こるのか、そしてなぜ繰り返されるのか、その裏事情について見ていこう。(2017/5/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店の売り場ごとに「電源タップ」が違っていたら要注意?
電源タップのように、量販店の複数の売り場で販売される製品は、その売り場によって異なるメーカーの製品を取り扱っていることが多い。最も優秀なメーカーの製品を全店統一で扱った方が効率的に思えるが、なぜそうしないのだろうか。(2017/5/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
リスキーな製品にあえて手を出すメーカーの事情とは?
既存の製品カテゴリーだけで売り上げの維持や上昇が見込めないメーカーにとって、新規カテゴリーへの参入は特効薬だ。しかし、ブルーオーシャンな市場がそうそうあるわけではなく、リスクがある製品カテゴリーを選ばざるを得ない場合もある。(2017/4/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店のアクセサリー棚はさながら売れ筋ランキング?
PCやスマホのアクセサリーを作っている、俗にサードパーティーと呼ばれるメーカーは、本体機器の販売動向をかなり正確に把握しており、それはラインアップに反映されている。つまり量販店の売場を見れば、あまりメジャーではない製品の販売動向や規格の浸透状況も一目瞭然だったりするのだ。(2017/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。