ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天スーパーポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天スーパーポイント」に関する情報が集まったページです。

新スタイル:
楽天生命パーク、球場内キャッシュレス化に賛否両論
東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では今シーズンから、球場内での物販購入の際にクレジットカードや決済アプリなどを通じたキャッシュレスでの会計が導入されている。「小銭を出す手間が省ける」といった意見がある一方、「現金が使えるようになった方がいい」といった意見も出るなど、賛否両論がわき起こっている。(2019/6/18)

コード決済はなぜ使わない? ユーザーの声から見えた課題
PayPayの100億円キャンペーンを皮切りに、コード決済が日本でも盛り上がっている。そんな中でも、まだコード決済を使わない人も当然多い。なぜか? MMD研究所が開催したユーザーの座談会から、コード決済の課題が見えてきた。(2019/6/17)

携帯キャリアや主要MVNOのユーザーが最もよく使うポイントは? MMDが調査
MMD研究所は、6月6日に「通信会社と利用ポイントに関する調査」の結果を発表した。通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスであり、満足度が最も高かったのは「楽天スーパーポイント」。通信会社の継続理由へのポイントの影響は、平均で68.4%となった。(2019/6/6)

JR東と楽天が提携 楽天決済アプリでスイカ発行可能に
JR東日本と楽天は5日、交通系ICカード「Suica(スイカ)」を楽天のスマートフォン決済アプリ「楽天ペイ」内で来春から発行できるようにするなど、キャッシュレス分野で提携すると発表した。(2019/6/6)

2020年春から:
「楽天ペイ」アプリからSuicaの発行、チャージが可能に 楽天とJR東日本の狙いは?
楽天ペイメントとJR東日本が提携し、2020年春から「楽天ペイ」アプリでSuicaの発行やチャージが可能になる。2社が提携することで、Suicaの裾野が広がり、モバイル利用率の増加が期待される。発表会で明かされた、JR東日本と楽天の狙いを整理する。(2019/6/5)

楽天ペイ、アプリで「Suica」の発行・チャージに対応 楽天ポイントも付与 来春から
楽天ペイメントとJR東日本が提携。「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行とチャージができるサービスを2020年春に始める。楽天ペイのユーザーは、Suicaのチャージ額に応じて「楽天スーパーポイント」がたまる。(2019/6/5)

楽天とJR東日本、キャッシュレス化で連携 楽天ペイ内でSuica発行・チャージ、鉄道・バスに乗れる
楽天ペイだけでSuicaを利用できるようになります。(2019/6/5)

楽天とJR東がキャッシュレスで連携 楽天ペイアプリからSuica発行
楽天とJR東日本は提携し、楽天ペイアプリから新規にSuicaを発行できるほかSuicaへのチャージを行えるようにする。(2019/6/5)

モバイル決済の裏側を聞く:
楽天の強みは「決済のパーツがそろっていること」 楽天ペイメント中村社長に聞く
コード決済を中心に、モバイル決済サービスは乱立の様相を呈している。こうした中、モバイル決済業界では古参に当たる楽天は、どんな戦略を描いているのか。2019年4月1日に誕生した楽天ペイメントの中村晃一社長にお話を聞いた。(2019/5/27)

ぐるなびが一時ストップ高 提携強化で楽天が筆頭株主に
提携強化で、楽天のノウハウをぐるなびの飲食店への送客力向上に活用します。(2019/5/23)

「ファミマTカード」、店頭発行を終了 「ファミペイ」導入で
11月からdポイントと楽天ポイントも導入。(2019/5/7)

MNOへの準備着々? 「楽天モバイル」大尾嘉常務が近況報告
2019年10月にMNOサービスを開始する予定の楽天モバイル。店舗拡大も急ピッチで、4月末には500店舗を達成する。大規模店「池袋東口店」のオープンに合わせて、同社の大尾嘉宏人常務が近況を報告した。(2019/4/25)

「ポイント戦略どうしますか?」大手コンビニ3社に聞いてみた!
乱立するキャッシュレス決済と共通ポイント戦争の主戦場となるコンビニで、ファミリーマートが動いた。これまでの「Tポイント」のみから、複数の共通ポイントを利用可能にするとし、Tポイント運営会社の株も手放すと正式発表した。セブン−イレブンやローソンはどうするのか。大手3社を直撃すると、戦略の違いが浮き彫りになってきた。(2019/4/23)

相次ぐキャンペーン なぜ決済ビジネスに各社は必死なのか?
各社は何を目指して決済ビジネスを必死に推進するのか。LINE、KDDI、ソフトバンクの各金融ビジネス担当者が、金融庁のイベントに登壇し、狙いを話した。(2019/4/22)

ドトールとスタバ、分かれる「モバイル決済」戦略 “自前主義”か“オープン主義”か
ドトールコーヒーが、プリペイドカード「ドトールバリューカード」の機能を搭載したスマホアプリを提供する。モバイル決済とポイントサービスで“自前主義”を貫くドトールに対し、スターバックスは「LINE Pay」とも協業。(2019/4/18)

ゼンショーHD、すき家などに「楽天/Ponta/dポイント」導入 他社を受け入れて多様化へ
ゼンショーホールディングスが「すき家」などで「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」「dポイント」を7月から順次導入する。(2019/4/16)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」を導入 「Tポイントのみ」から「オープン主義」へ
ファミリーマートが「dポイント」「楽天スーパーポイント」を11月から導入。従来はTポイントのみだったが、今後は「オープン主義のもと、さまざまなポイントプログラムとの連携を検討する」という。(2019/4/10)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」導入 「Tポイント」運営会社株式は売却
「オープン主義」に。(2019/4/10)

石野純也のMobile Eye:
後発だが勝機あり? スマホ決済「au PAY」の狙いと課題
4月9日にスタートする「au PAY」は、キャリアとして最後発になるQRコード決済。FeliCaなどの非接触決済と比べ、導入が容易なことから、キャリア以外からもさまざまなプレーヤーが参画している。あえてKDDIがau PAYを開始する勝算はどこにあるのか?(2019/4/6)

楽天モバイルがPRONTO店内に出店 第1弾は岐阜市に3月22日オープン
楽天モバイルが「CAFFE & BAR PRONTO 名鉄岐阜駅店」の店内にショップをオープンする。PRONTO店内への出店は初で、全国のPRONTO店舗と同様に「楽天スーパーポイント」の利用や獲得もできる。(2019/3/20)

「楽天ペイ」アプリで個人間送金が可能に、最大20%還元キャンペーンも
楽天が、「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリを大幅更新。同社が手がけるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を使った個人間送金機能を実装した他、Android版アプリでは「楽天Edy」アプリへのショートカットも追加した。(2019/3/18)

店舗向け決済サービス「ぐるなびPay」に「楽天ペイ」を導入
ぐるなびは、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」へ「楽天ペイ(アプリ決済)」の導入を決定。既に各種カード決済や中国のQRコード決済「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」にも対応し、国内QRコード決済は初となる。これにより、ぐるなびネット予約などで貯めた楽天スーパーポイントを飲食店の支払いで利用することが可能となる。(2019/3/13)

創業52年・年間100万食を販売「あづま給食センター」:
PR:オフィスのランチ難民を救え 老舗のオフィス向け宅配弁当メーカー、ITで起こす配達革命
慢性化する都心のオフィス街での「ランチ難民」。老舗企業向け弁当メーカー「あづま給食センター」がITを活用した弁当宅配サービスに取り組む。職場の総務担当を通さずキャッシュレスでも決済できるのが特徴。(2019/3/1)

スマホ決済、人気1位は「交通系」:
PayPayの「100億円」ばらまきは効果あったのか? 驚きの調査結果
近接通信ソリューションなどを提供するスマート・ソリューション・テクノロジーがスマホ済に関する調査を実施。スマホ決済で最も利用されているサービスは、SuicaやPASMOなどの交通系サービスだった。“100億円キャンペーン”の効果はあったのか……?(2019/2/28)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「値下げ」 ライバルはどう対抗?/モバイル(スマホ)決済のメリットとデメリット
NTTドコモは2019年4〜6月に料金プランの抜本的な見直しをする予定です。これに対し、KDDI(au)とソフトバンクは、どのように対応していくのでしょうか……?(2019/2/19)

松屋が「QRコード決済」に対応 「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」など5種類
松屋フーズが、同社が運営する「松屋」を始めとする飲食店においてQRコード決済に対応。QRコードの読み取り機の付いた自動券売機を設置してある店舗で利用できる。(2019/2/19)

エディオンがスマホ決済拡充 「d払い」と「LINE Pay」は20%還元も
エディオンが、全国の約1200店舗でコード決済を導入する。2月19日から「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」での支払いが可能になる。「Alipay」と「WeChatPay」の導入店舗も拡大する。(2019/2/19)

iPhoneでもEdyが使えるようになる? 新「楽天ペイ」アプリで変わること
楽天が、2019年3月18日に「楽天ペイ」アプリをバージョンアップする。これにより、楽天ペイ、楽天Edy、楽天スーパーポイントを1つのアプリで管理できるようになる。具体的に何が変わるのか? 現時点で分かっていることを整理する。(2019/2/15)

Edyと楽天ポイントを統合した新「楽天ペイ」アプリ、2019年3月に提供
楽天が、新たな「楽天ペイ」アプリを2019年3月18日に提供する。楽天ペイと楽天Edy、楽天スーパーポイントを一元管理できる。従来の楽天ペイアプリをアップデートする形。(2019/2/12)

モバイル決済Q&A:
ポイント2重取りでお得 クレカと連携できるモバイル決済サービス
モバイル決済では支払い時にポイントがたまるものが多いが、クレジットカードを連携させることで、クレカのポイントをためられる場合もある。今回はクレジットカードでお得にポイントもたまるモバイル決済サービスを紹介しよう。(2019/2/11)

モバイル決済Q&A:
モバイル決済はどんなサービスがある? 大きく分けると「3種類」
サービスが増加しているモバイル決済を、Q&A形式で解説する連載がスタート。多くの人が感じる素朴な疑問から、お得で便利な活用法までを解説する。今回現在提供されている、主要なモバイル決済サービスを紹介する。(2019/2/8)

実店舗で購入した顧客にポイントを付与できる:
楽天、レシート画像を活用した成果報酬型O2O広告サービス「Rakuten Pasha」の提供を開始
メーカーが実店舗での購入に楽天スーパーポイントを直接付与できるサービス。(2019/2/6)

CCC、Tカード情報は「令状がある場合のみ提供」 新方針確定まで
CCCは「Tカード」の顧客データについて、捜査当局から情報提供を求められた際の扱いを見直すと発表。新たな方針が決まるまでは、裁判書の令状がある場合のみ情報提供する。(2019/2/6)

ポイントカードはいつから始まった? 国内初導入したのはあの有名企業
ポイントの話をよく聞くタイプのお店。(2019/2/5)

楽天モバイルのキャンペーン スマホが5980円、光回線とのセット契約で最大2万2000円相当還元も
楽天モバイルは、1月30日に「春だ!新生活まるごと応援キャンペーン」をスタート。通話SIMを新規契約すると人気スマホを5980円(税別)から購入できるほか、光回線とのセット契約で最大2万2000円相当が還元される。また、1月31日から月額500円(税別)で多彩なクーポンが受け取れるオプションサービス「楽天モバイルお得生活」も開始する。(2019/1/30)

ITりてらしぃのすゝめ:
Tカード情報の“令状なし提供”、本当に監視すべき相手は?
「Tカード」会員の情報が、令状なしで捜査機関に提供されていることが話題になった。この問題から、私たちはどんなことに気を付ければいいのだろうか。(2019/1/30)

キャッシュレスも推進:
幸楽苑がAIを本格活用へ 何をどう役立てるのか
異物混入事件で業績が低迷していた幸楽苑HDが、矢継ぎ早に改革を打ち出し、客足が戻りつつある。1月28日の記者会見で新たにAIを活用すると発表したが、どのような戦略なのだろうか。(2019/1/28)

Tカード、「個人情報を令状なしで警察に提供」に批判 個人情報保護委員会に問題ないか聞いてみた
個人情報保護法を所管する国の機関に聞いてみました。(2019/1/24)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

楽天、ホームスタジアムでの決済を完全キャッシュレス化
楽天グループは、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムを完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」について発表。2019年の開幕戦から、チケットや飲食などの決済をすべて現金からQRコード決済や各種クレジットカード決済などに順次対応していく。(2019/1/10)

楽天が「スマートスタジアム構想」を発表 チケットや飲食代を完全キャッシュレスに
来場者へのサポート施策やビール半額などのサービスも予定。(2019/1/14)

楽天のスタジアム、原則「現金不可」に 完全キャッシュレス化、19年開幕戦から
「楽天生命パーク宮城」「ノエビアスタジアム神戸」での買い物時、現金決済ではなくキャッシュレス決済が原則に。2019年開幕戦から順次適用する。(2019/1/10)

スマートスタジアム構想を打ち出す楽天:
現金利用不可「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」が完全キャッシュレスへ
楽天グループのプロ野球、プロサッカーチームのホームスタジアム2カ所が、完全キャッシュレス化に対応。現金決済の取りやめ、QRコード決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」、各種クレジットカードとデビットカードだけに対応する。(2019/1/10)

5G、楽天、ドコモ値下げ――2019年のモバイル業界注目トピック
2019年は、モバイル業界にとってターニングポイントの一つといわれる年になりそうだ。特に注目すべき3つのトピックを紹介したい。9月に「5G」のプレサービスが始まり、10月には楽天がMNOとして参入予定。ドコモが料金プランを変えることも見逃せない。(2019/1/9)

総務省、ふるさと納税のAmazonギフト券還元を規制
総務省が、ふるさと納税の寄付額の一部を、アマゾンジャパンの買い物に利用できるギフト券で還元している自治体を規制することが分かった。(2018/12/21)

ミニストップ、12月17日から「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」に対応
ミニストップは、12月17日からスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」「PayPay」「LINE Pay」に対応。これに合わせ、各種サービスでポイントプレゼントや決済金額還元などのキャンペーンも実施する。(2018/12/3)

楽天ペイとローソンスマホペイが連携 セルフ決済がさらに便利に
「楽天ペイ(アプリ決済)」と「ローソンスマホペイ」が連携を開始。「ローソンスマホペイ」の支払い方法として「楽天ペイ(アプリ決済)」を選択すると自動的に支払い画面が開くため、商品の読み取りから決済の完了までのプロセスが簡素化された。(2018/11/26)

楽天とすかいらーくが「楽天ペイ」導入で合意、宅配サービスから
楽天とすかいらーくホールディングスは、宅配サービスと飲食店へのスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」導入について基本合意書を締結。11月29日に宅配サービスで導入を開始し、2019年中頃に試験導入予定のセルフオーダー端末でも利用できるようにする。(2018/11/13)

カード、FeliCa、QRもOK:
Android搭載、LTE対応のマルチ決済端末「PAYGATE Station」登場 何が便利なのか?
大和ハウスグループのロイヤルゲートが、12月7日にモバイル型マルチ決済端末「PAYGATE Station」を発売する。クレジットカード、FeliCa、NFC、QRコードなどの決済サービスに対応するのが特徴。店舗の負担がさらに軽減されることが期待される。(2018/11/5)

モバイル決済サービスの使い方:
「楽天Edy」は対応店舗の多さが魅力 ただしiPhoneで使うには工夫が必要
「楽天Edy」は老舗のモバイル決済サービス。コンビニから飲食店まで幅広い店舗で使えるのが魅力だが、iPhoneで使うには工夫が必要だ。楽天Edyの使い方や、メリット、デメリットを解説する。(2018/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。