ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天スーパーポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天スーパーポイント」に関する情報が集まったページです。

楽天・三木谷浩史会長兼社長の「年頭挨拶」――「これまでにないようなモバイルサービスを消費者に届けたい」
帯電話キャリア各社の社長が恒例の「年頭あいさつ」を公表した。子会社がキャリアデビューした楽天の三木谷浩史社長は、念頭所感でどのようなことを述べたのだろうか。(2020/1/17)

楽天スーパーポイント、仮想通貨へ交換可能に ビットコインやイーサリアムなど3種
楽天ウォレットが、「楽天スーパーポイント」を仮想通貨に交換するサービスを開始。交換可能な仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ。1ポイント1円相当で、100ポイント以上1ポイント単位で交換できる。(2019/12/24)

楽天スーパーポイントでビットコインなどが購入可能に
楽天子会社で仮想通貨交換業を営む楽天ウォレットは、12月24日から楽天スーパーポイントを使って仮想通貨を購入できるサービスを開始した。100ポイント以上から、1ポイント1円相当として交換できる。(2019/12/24)

たまった楽天ポイントを仮想通貨に交換できる 楽天ウォレットが新サービス開始
気軽に仮想通貨の運用ができる?(2019/12/24)

石野純也のMobile Eye:
互いの弱点を解消するau WALLET ポイントとPontaの統合 “キャリアのポイント競争”が変わる
KDDIが、Pontaを運営するロイヤリティ マーケティングと業務提携を結び、au WALLET ポイントをPontaへ統合する。その狙いは、お互いの弱点をカバーすることにある。この提携で、“キャリアのポイント競争”の構図が大きく変わりそうだ。(2019/12/21)

若者の「投資」事情 ハードルをこえるきっかけは「学びと自信」
2019年は若年層の投資への関心が高まった年だ。一方で、実際に投資に踏み出す人は少なく、特に若年層の足が止まっている。「投資するだけの資金がない」という理由は減少しており、「何をすればいいのか分からない」「いろいろ勉強しなくてはならないから」という理由が増加中。では、投資に踏み切った人は何がきっかけだったのだろうか。(2019/12/19)

KDDIとローソンが提携 「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」に、1億人超の会員基盤が誕生
KDDIとローソンが資本業務提携契約を発表。2020年5月以降に両社のポイントサービスを「Ponta」に統一する考えを明らかにした。オンラインとオフラインを融合した「次世代型コンビニ」向けのサービス開発にも取り組む。(2019/12/16)

「ファミペイ」が400万ダウンロード達成、回数券サービスも提供へ
ファミリーマートのバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」が、累計400万ダウンロードを達成。2020年1月中旬からは、さらに買い物がお得になる「回数券」サービスを行い、第1弾はファミマカフェでの展開を予定している。(2019/12/9)

PR:楽天だからこそ活かせるスタートアップマインドとは? 「ラクマ」に聞く
楽天の「ラクマ」は、年率で2ケタ以上の成長を続けているフリマサービスだ。ラクマは3年前に楽天が買収したフリルと統合したことで、その存在感をより強く示してきた。ラクマの開発チームは、スタートアップのカルチャーと、楽天の社風をどう組み合わせて、最適なパフォーマンスを生み出す組織を作り上げたのか。優秀な人材が活躍できる風土とはどんなものなのか。(2019/12/11)

PR:キャッシュレスも使いこなせる! 「arrows RX」でおトクにスマホデビューしよう!
「キャッシュレス」が話題の昨今ですが、「難しい」「面倒」「不安」と思っている人もいると思います。しかし一度使い始めれば、「便利さ」と「おトクさ」で手放せないものになるはずです。楽天モバイルの「arrows RX」で、キャッシュレスデビューしてみませんか?(2019/11/26)

4キャリアの「ポイント/決済サービスのクロスユース率」調査 楽天モバイルが上位に
MM総研は、キャリア4社がそれぞれ自社グループで提供するポイント/決済サービスの「クロスユース率」について調査結果を発表。ポイントサービス・クレジットカード決済は楽天モバイル、QRコード決済はソフトバンクがクロスユース率トップとなった。(2019/11/21)

楽天、11月末からブラックフライデーセール開催 家電やカメラなど“黒い”商品が割安に
楽天が19年もブラックフライデーセールを行うと発表。「楽天市場」「Rebates」が対象。“黒い”商品などを割安で販売する他、ポイント付与率が上がるキャンペーンも行う。(2019/11/21)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

ファミリーマートで「dポイント」「楽天スーパーポイント」が11月26日から利用可能に 「Tポイント」と合わせて「ファミペイ」との連携サービスも開始
ファミリーマートで、11月26日から「dポイント」「楽天スーパーポイント」が利用可能となる。合わせて、既存の「Tポイント」を含む3つのポイントプログラムと「ファミペイ」を連携する「マルチポイントサービス」も開始する。(2019/11/11)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」導入へ ファミペイ連携も
全国のファミリマートで、11月26日から「dポイント」「楽天ポイント」が導入される。同店舗では「Tポイント」を導入済。同日から、各ポイントサービスとモバイル決済サービス「ファミペイ」の連携機能を提供する。(2019/11/11)

「Tポイントのみ」から脱却:
ファミマが「dポイント」と「楽天スーパーポイント」導入 ファミペイとも連携可能に
(2019/11/11)

スマホ決済 11月開催のキャンペーンまとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗でキャッシュレス決済をすると、5%か2%の還元を受けられる。そんな中でも、決済サービス事業者は、独自のキャンペーンを提供しているところが多い。今回は11月の主なキャンペーンや還元施策を紹介する。(2019/11/7)

残高の確認や受け取りに対応 「楽天Edy」を読み取るiPhoneアプリ登場
iPhone 7以降のiPhoneで、カードタイプの「楽天Edy」の残高を確認できるアプリが登場。Edyギフトの受け取りにも対応している。(2019/10/28)

楽天モバイルの「無料サポータープログラム」、1人5回線まで申し込める仕様だった 現在は修正
楽天モバイルのMNO試験サービス「無料サポータープログラム」で、1人で5回線まで申し込めた件がネット上で話題になっている。5回線まで申し込めたのは運用上のミス。現在は1人1回線までしか申し込めないようになっている。(2019/10/21)

ヤフーはスパコン導入:
Amazonが偽造品対策のプログラム開始 楽天やヤフー、メルカリの取り組みは?
右肩上がりで成長を続けるEC業界。B2CのECは直近2018年におよそ18兆円の市場規模を誇る。前年比で8.96%の成長だ。物販分野に限ってみると9兆2992億円で、前年から7.45%の成長をしている。また、フリマアプリなどを含むC2CのECでは、6392億円で前年比32.2%と急成長。そんな中で、偽造品対策を各社はどう行っているのか(2019/10/18)

楽天モバイルが「無料サポータープログラム」参加者に最大1万6000ポイント進呈 エリアマップも公開
楽天モバイルが10月1日から7日まで募集する「無料サポータープログラム」。その参加者に「楽天スーパーポイント」を最大で1万6000ポイントプレゼントすることが明らかとなった。簡単なエリアマップも公開されている。(2019/9/30)

セブン-イレブンで「楽天ペイ」導入キャンペーン、711円以上(税込)の購入で150ポイント還元
楽天ペイメントは、10月1日から「『セブン‐イレブン』で楽天ペイを使おう!導入記念キャンペーン」を開催。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用してセブン‐イレブンで711円(税込)支払うと、漏れなく「楽天スーパーポイント」を150ポイント付与する。【画像差し替え】(2019/9/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
愚直に“便利とお得”を追求 ファミリーマートが「FamiPay」を始めた理由
「ファミペイ」アプリが、開始1カ月で300万ダウンロードを突破するなど好調だ。ファミリーマートは既に他社の決済サービスを提供しているが、なぜ自社で新たな決済サービスを提供することにしたのか。競合他社のキャンペーン施策にはどのように対抗していくのか。(2019/9/27)

楽天モバイル、9月24日に「Galaxy A7」「AQUOS sense3 lite」など7機種を発売 台数限定キャンペーンも
楽天モバイルは、9月24日から新製品7機種を発売。新製品の発売を記念し、台数限定で「OPPO Reno A 128GB」「AQUOS sense3 lite」「arrows RX」を2000円〜3000円割引するキャンペーンや「楽天スーパーポイント」のプレゼントも実施する。(2019/9/24)

楽天ペイ、10月1日から導入全店舗でポイント5%還元キャンペーン実施
「楽天ペイ(アプリ決済)」は、10月1日から導入全店舗でポイント5%還元するキャンペーンを実施。「キャッシュレス・消費者還元制度」を活用し、対象外の店舗でも「楽天ポイント」を合計5%還元する。(2019/9/12)

MVNOに聞く:
DMM mobile買収の衝撃 “MVNOの楽天モバイル”はどこに向かうのか?
楽天モバイルのMNO事業開始から3カ月を切ったタイミングでのDMM mobile買収は、業界に大きな衝撃を与えた。楽天モバイルは買収の理由として「顧客基盤の強化」を挙げている。MNOへの新規参入を控えたこの時期に、なぜあえて他のMVNOを買収したのか?(2019/8/30)

「SIREN」のキャラクターくじ発売へ 「ほぼ等身大パネル」などどうあがいても絶望なグッズ
オンラインで購入できます。(2019/8/4)

Rakuten Optimism:
キャッシュレス化の本質は“消費行動のデータ分析”にあり 楽天ペイメント中村社長が語る
楽天は話題のコード決済だけなく、多種多様な決済手段をそろえている。楽天ペイメントの中村社長は「来店促進から決済、マーケティングまで一気通貫でサービスを提供できるのが私どもの強み」と話す。キャッシュレスの本質は、決済情報、消費行動のデータ化にあるという。(2019/8/1)

Google Payに楽天カードが登録可能に QUICPay対応店舗での決済に対応
楽天カードは、Google Payに楽天カードが登録できるようになったと発表した。QUICPay対応店舗でスマートフォンを使った楽天カード決済ができる。(2019/7/23)

楽天カードが「Google Pay」に対応 AndroidスマホでもQUICPayを利用可能に
楽天カードが「Google Pay」の非接触ICカード決済機能に対応。全国の「QUICPay」「QUICPay+」加盟店で利用できるようになった。(2019/7/23)

コンビニのコード決済はどこがお得? 独自サービスやキャンペーンまとめ
スマートフォンのコード決済は、コンビニエンスストアでの採用が増えている。独自のコード決済サービスを提供するところも出てきた。現在実施しているキャンペーンも含め、どこがお得なのかを見ていこう。(2019/7/19)

石野純也のMobile Eye:
DMM mobile買収で契約増の楽天モバイル ただしMNOとMVNOの両立は不可に? ドコモ吉澤社長は不快感
楽天モバイルが、DMM.comのMVNO事業であるDMM mobileを買収する。事業の移管は9月1日を予定しているが、不透明な部分も大きい。一方、MVNOとMNOの両方を展開することについて、ドコモの吉澤社長は「MVNOは解消してもらいたい」と不快感をあらわにした。(2019/7/13)

東北地方最大の「楽天モバイル 仙台一番町店」オープン 同店限定のキャッシュレスキャンペーンも実施
楽天モバイルが仙台市青葉区に東北地方最大の店舗をオープン。これを記念し、同店限定で公式マスコットなどが参加するじゃんけん大会や「楽天ペイ(アプリ決済)」「楽天Edyアプリ」新規利用者へポイントを付与するキャンペーンを行う。(2019/7/12)

楽天モバイル、DMM.comのMVNO事業を買収
楽天モバイルがDMM.comのMVNO事業とインターネット事業を9月1日付けで買収する。(2019/7/9)

楽天モバイルがDMM.comから「DMM mobile」「DMM光」を譲受 9月1日付で
MNO事業への参入準備を進める楽天モバイルが、DMM.comからMVNO事業とインターネット接続事業を承継する。基本的には承継後も同じサービスを受けられるが、ポイントサービスは変更される予定だ。(2019/7/9)

MVNOの深イイ話:
“通信と端末の分離”で何が起こる? キャリア、MVNO、端末メーカーへの影響を考える
5月17日に国会で可決された電気通信事業法改正は、「端末と回線の分離」「行き過ぎた囲い込みの禁止」「代理店届出制度の導入」の3つが主な柱です。これらの法改正により何が変わるのか? MVNOはどうなるのか? 端末と回線の分離と行き過ぎた囲い込みの禁止が与える影響をお伝えします。(2019/7/5)

吉野家で「iD」と「楽天Edy」 きょうから利用可能に
吉野家が電子マネー「iD(アイディ)」と「楽天Edy(エディ)」を7月4日から導入。吉野家の国内店舗1161店(同日時点)で利用できるようになった。(2019/7/4)

SBI証券、Tポイントで投資信託購入可能に
SBI証券がポイント投資に乗り出す。Tポイントを使って投資信託が購入できる。併せて、Tポイントが貯まるサービスも拡充する。(2019/7/3)

ファミリーマート、「ファミペイ/FamiPay」7月1日スタート アプリ1つで支払いやポイント、クーポンも
アプリは「ファミペイ」、決済は「FamiPay」。(2019/6/27)

楽天ペイ、実質最大5%を還元するキャンペーン第2弾を開催 7月1日〜9月30日
楽天ペイメントは、「楽天ペイ」の支払いの実質最大5%を還元するキャンペーン第2弾を開催する。エントリーしてクレジットカード「楽天カード」を支払元として設定して支払うと、ポイント付与率が通常の0.5%から4%にアップする。期間は7月1日〜9月30日。(2019/6/27)

ファミマ、モバイル決済「FamiPay」を7月から提供 クーポン、レシートもアプリで「財布いらず」目指す
ファミリーマートは、独自のモバイル決済サービス「FamiPay」を7月1日から提供する。決済機能に加え、クーポンや回数券なども使えるスマートフォンアプリ「ファミペイ」を公開する。(2019/6/27)

ファミペイで「お財布レス」目指すファミマ 88億円還元キャンペーンも実施
ファミリーマートは、バーコード決済「FamiPay」を7月1日から展開する。スマートフォンアプリ「ファミペイ」にはポイントカード機能やクーポン機能も盛り込み、「お財布レス」コンビニを目指す。(2019/6/27)

“楽天の5G”と“完全キャッシュレス”を体験できる「Rakuten Optimism 2019」 今夏開催
楽天が、2019年7月31日〜8月3日にイベント「Rakuten Optimism 2019」を開催する。イベントのテーマは「5G時代を、先取りしよう」であり、同社が思い描く5Gサービスを体験できる。会場での物販や飲食の決済を全てキャッシュレスにするのも特徴だ。(2019/6/26)

「楽天ペイ」がビックカメラ、コジマ、ソフマップ全店舗で利用可能に
楽天の「楽天ペイ(アプリ決済)」が、6月20日から全国のビックカメラグループ全店舗に対応。利用者は「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」の対象店舗で会計の際、QRコードを店員に読み取ってもらえれば支払いができる。(2019/6/19)

コード決済はなぜ使わない? ユーザーの声から見えた課題
PayPayの100億円キャンペーンを皮切りに、コード決済が日本でも盛り上がっている。そんな中でも、まだコード決済を使わない人も当然多い。なぜか? MMD研究所が開催したユーザーの座談会から、コード決済の課題が見えてきた。(2019/6/17)

携帯キャリアや主要MVNOのユーザーが最もよく使うポイントは? MMDが調査
MMD研究所は、6月6日に「通信会社と利用ポイントに関する調査」の結果を発表した。通信大手6サービス利用者が最もよく使うポイントサービスであり、満足度が最も高かったのは「楽天スーパーポイント」。通信会社の継続理由へのポイントの影響は、平均で68.4%となった。(2019/6/6)

2020年春から:
「楽天ペイ」アプリからSuicaの発行、チャージが可能に 楽天とJR東日本の狙いは?
楽天ペイメントとJR東日本が提携し、2020年春から「楽天ペイ」アプリでSuicaの発行やチャージが可能になる。2社が提携することで、Suicaの裾野が広がり、モバイル利用率の増加が期待される。発表会で明かされた、JR東日本と楽天の狙いを整理する。(2019/6/5)

楽天ペイ、アプリで「Suica」の発行・チャージに対応 楽天ポイントも付与 来春から
楽天ペイメントとJR東日本が提携。「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行とチャージができるサービスを2020年春に始める。楽天ペイのユーザーは、Suicaのチャージ額に応じて「楽天スーパーポイント」がたまる。(2019/6/5)

楽天とJR東日本、キャッシュレス化で連携 楽天ペイ内でSuica発行・チャージ、鉄道・バスに乗れる
楽天ペイだけでSuicaを利用できるようになります。(2019/6/5)

楽天とJR東がキャッシュレスで連携 楽天ペイアプリからSuica発行
楽天とJR東日本は提携し、楽天ペイアプリから新規にSuicaを発行できるほかSuicaへのチャージを行えるようにする。(2019/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。