ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「参考書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参考書」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「知っている方がいたら教えてください」―― カラオケで一瞬流れた「正体不明のアニメ」、Twitterユーザーの呼びかけで正体が明らかに
代々木アニメーション学院への取材でも同校で作られたものと確認され、ビデオソフトとして流通していたことも明らかになりました。(2019/7/24)

PR:Python、Git、機械学習──最先端IT技術を学べる人気オンラインコースが【最大95%OFF】
(2019/6/5)

ノートにスペースを継ぎ足せるコクヨの「ノートふせん」が便利そう あと数行足りないときに
キャンパスノートと共通のけい線が入っていてなじみやすい。(2019/5/30)

ITの教室:
【WSL入門】第4回 bashの展開機能と正規表現の基礎
WSLのメリットには、さまざまなコマンドで利用できる「正規表現」とシェルのbashの展開機能がある。この2つを理解することで、WSLの利用価値が大きく向上する。WSL入門の最終回として、この2つの機能を紹介しよう。(2019/5/24)

よくわかる人工知能の基礎知識:
文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説
よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。機械学習にはどのような種類があって、どのようなことができるのか。(2019/5/23)

AIが学生の質問に答える
近畿大学が導入した「バーチャルTA」とは? 多忙な教員やTAを楽に
近畿大学は、JIECの問い合わせ返答サービス「manaBrain」を使ったバーチャルティーチングアシスタント(V-TA)を導入した。講師とTAの業務負担軽減や、時間を問わない受講生の疑問解決に効果が見られたという。(2019/5/16)

ITの教室:
【WSL入門】第1回 Windows 10標準Linux環境WSLを始めよう
Windows 10 Fall Creators Updateから標準搭載されているWSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組み。上手に活用することで、文書処理などを格段に効率よくできる。まず、インストールから始めてみよう。(2019/3/18)

今の小学生ってすげー PCいらずでプログラミングが勉強できる小学生向けドリルの誕生秘話を聞いた
こくご、さんすう、プログラミング……!(2019/3/18)

無料RPAで「ソリティア」に挑んでみた 業務自動化でゲームも自動化できるか
カードゲーム「ソリティア」を業務ソフトに見立て、RPAによる自動化でクリアできるか試してみた。(2019/3/3)

ボカロ曲で学べる参考書シリーズに待望の高校版登場 みきとPによる日本史の“年代暗記ソング”が先行公開中
歌で歴史や英単語を覚える!(2019/1/13)

「ボカロで覚える」参考書、高校版発売 日本史・世界史・英単語をボカロ曲に乗せて
初音ミクなどが歌うVOCALOID曲で勉強できる参考書「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える」シリーズに、「高校英単語」「高校日本史」「高校世界史」が追加。(2019/1/9)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【後編】
東京大学の合格経験から見えた、教育にITを使うメリットと課題は?
ある現役教員がITを活用した受験勉強に挑戦し、見事、東京大学合格を果たした。その教員の話から、受験勉強や普段の学習にITを活用するメリットは何か、そこから教育はどう変わるべきかを探る。(2018/10/22)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

「Amazon Alexa」が新入生を助ける
AIが家庭教師や参考書の役割を果たす 教育機関でのAI活用の実態は?
AI技術の教育機関での利用が進みつつある。その用途は学習メニューの提供から入学プロセスの自動化まで多岐にわたる。技術は教師と生徒にどのような効果をもたらしたのか。(2018/9/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
忙しいビジネスパーソンのための「ルーティンづくり」の勧め
私たちの毎日は、簡単には思い通りにならないもの。どうしたらコントロールのレベルを上げることができるのだろうか?(2018/8/16)

あの宮崎駿も最初はうまくいかなかった:
“世渡り力”だけでは生き残れない ダメ人間のための「フリーランス入門」 
フリーランスには「40歳の壁」がある――。こんな指摘をしたフリーの編集者である竹熊健太郎氏の書籍が話題を集めている。どうすればフリーランスは40歳以降も生き残っていけるのだろうか。39歳のフリーライターが、竹熊氏に聞いてみた。(2018/7/23)

分子構造って美しい 持ってるだけで賢くなれそうな数研出版のオリジナルグッズが登場
多分テストには持ち込めないやつ。(2018/6/21)

もふもふのパンダ写真と一緒に、ことわざ・慣用句を学べる! 参考書「パンダでおぼえる ことわざ慣用句」登場
ゆる〜く学ぶ。(2018/6/12)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第1回】
マップで分かる 小中学校の授業に役立つIT製品はこれだ
小中学校が授業で有効活用できるIT製品には、どのような種類があるのか。選定の第一歩として、主要な製品分野を整理しよう。(2018/6/11)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(8):
「東ロボ」を主導した数学者が「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」と主張する理由
2020年度から小学生のプログラミング教育が始まる。官庁や教育機関、企業を巻き込んだ教材開発やデモ授業などが進む中、国立情報学研究所の新井紀子教授は、AIや全国の子どもを対象にした研究活動の成果から「プログラミング教育以前に、学校は子どもの『読解力』を伸ばすべき」と主張する。その理由とは。(2018/4/26)

「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法
「ネットで見つからない情報なんてないよ」(2018/3/21)

杜氏の経験や勘をデータ化:
日本酒造りにディープラーニング 岩手の銘酒「南部美人」の挑戦
人工知能を活用した酒造り。岩手県にある「南部美人」は、そんな“おいしい”取り組みに挑戦している。5代目蔵元がその背景と狙いを語った。(2018/3/5)

ニーチェもカントもイケメンに 倫理のノートに自分でさし絵を描き込む受験勉強法が楽しそう
時間をかけてていねいに取り組んだ結果うまく頭に入り、センター試験の結果も上々だったそうです。(2018/2/16)

中学受験をする理由は「良い大学に入るため」だけじゃない 漫画『二月の勝者』の東大卒編集者が語る“名門校に入る意味”
スピリッツで連載中の受験漫画『二月の勝者』担当編集とその妹さん(現役東大生)に受験をめぐるあれこれを聞きました。(2018/2/13)

「うんこ漢字ドリル」など人気も:
「紙の本」の売り上げ、13年連続で低下 電子書籍は好調も
2017年の出版市場はどのように推移したのか?――全国出版協会調べ。(2018/1/26)

2017年の出版市場 前年比4.2%減と13年連続でマイナス 電子は16%増となるも伸び率緩やかに
紙のコミックスは13%と大幅に減少。(2018/1/26)

16世紀から続く名作「物理」の攻略Wikiが誕生 “魔導書”購入のためのAmazonリンク集付き
極めればプロフェッサーや伝道師になれるぞ。(2018/1/21)

「凄まじいオーラを放っている」 センター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書がひと目見てわかるすごさ
試験に挑む受験生の努力。(2018/1/17)

俺たちの情シス 第10回 レポート:
情シスが働き方を変えていく! LT大会でヒントやアイデア続々の「俺情2017年大忘年会」
ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第10回は、7人が登壇してライトニングトークを繰り広げ、「情シスとしての成長」を語りあいました。(2017/12/31)

「ついで買い」増やす売り場へ:
紀伊國屋書店「新宿本店」リニューアル 連携を強化
紀伊國屋書店の新宿本店がリニューアル。海外客を中心に利便性の向上を目指し、周辺施設や店内のコーナーの連携を強化する。(2017/12/4)

Deep Insiderオピニオン:吉崎亮介:
第2回 機械学習に必要なスキルセット
機械学習は全員が同じことを学べばよいわけではない。ビジネスサイドとエンジニアサイドに分けて、それぞれどういう目的で、どのようなスキルセットが必要なのかを説明する。(2017/11/27)

ボーカロイドキーボード開発秘話インタビュー:
「私にもできる」から「声のコスプレ」まで ボカロキーボードの可能性
12月に発売されるボーカロイドキーボードの開発者インタビュー後半。多様化するVOCALOIDの世界に、ボーカロイドキーボードはどんな変化をもたらすのか。(2017/11/18)

黒い服に吸収された光はどこへいく?
吸収っていうくらいだし、どこかにあるはず。(2017/11/6)

『バカ売れ法則大全』発売:
「バカ売れ」誕生を予感させる“熱”とは
「バカ売れ」商品を生み出すには何が必要なのか。コピーライターの川上徹也氏によると、商品を売りたい、良さを伝えたい、という「熱」だという。どういうことか。ヒット商品の事例からポイントを聞いた。(2017/11/6)

Deep Insiderオピニオン:吉崎亮介:
第1回 人工知能・機械学習・ディープラーニングとは? 基礎概念まとめ
Microsoft・Preferred Networks公認のデータサイエンス人材養成トレーナーであるキカガク吉崎氏による「機械学習」コラム連載がスタート。ビジネス視点も踏まえつつエンジニア向けにAI・ディープラーニングを実践で活用する方法を紹介していく。まずは基礎概念から理解しよう。(2017/9/29)

「教育ITソリューションEXPO」から探る
「AIロボット」や「VR」が学校の教材に? 広がる教育市場の最新技術活用
ビジネスへの応用が進む人工知能やドローン、VRなど新しい技術の活用が、教育分野でも広がる可能性がある。「教育ITソリューションEXPO」の展示内容から、教育機関向けIT製品の最新動向を追う。(2017/7/31)

中高生向け勉強動画、8000本を完全無料で……新サイト「MANAVIE」の勝算
中学・高校生向けに勉強を教える動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」が登場。3月に閉鎖したサイト「manavee」に似ているが……。(2017/7/10)

「勉強しないと世界滅亡」 スマホゲームと連動した中学参考書が登場 人気声優起用、ゲームは課金なし
「勉強しないと、世界滅亡!?」――無料のスマートフォンゲームと連動した中学生向け参考書が学研から。参考書で勉強し、連携ゲームアプリで問題を解くと、ゲームのストーリーが進む。(2017/6/30)

「勉強しないと世界滅亡!?」:
ゲームも勉強も同時攻略 学研のスマホゲーム連動参考書
学研プラスがスマホゲームと連動して学習できる中学生向け参考書を発売。豪華声優陣を起用したゲームアプリ「エターナル・スターダスト」と連動し、勉強することでゲームのストーリーの続きが読める仕組みになっている。(2017/6/23)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

「中二病」って病気なの? 治し方を精神科医に聞いてみた
くそっ鎮まれ……俺の疑問よ……!(2017/4/28)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(1):
「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。この「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。初回は、「データベーススペシャリスト試験の基礎」を解説します。(2017/4/18)

ボカロ曲の歌詞を通じて英語・数学を学習 「ボカロで覚える参考書」第2弾発売
中学3年間分の要点を、関連した歌詞から覚えられる。(2017/2/21)

「ボカロで覚える参考書」に続編 「中学数学」「英単語」発売
「ハッピーシンセサイザー」の英語カバー曲や「一触即発☆禅ガール」の替え歌で学べる「ボカロで覚える 中学英単語/中学数学」を、学研プラスが発売。(2017/2/21)

「EW-M660FT」モニター企画:
PR:使って実感! エコタンク方式インクジェットプリンタの魅力――10カ月間エプソン「EW-M660FT」を利用した読者モニターの声
ケタ違いの大容量インクタンクを搭載する、エプソンのエコタンク方式インクジェットプリンタ。読者モニター企画の実施から約10カ月が経過した現在を聞いた。(2017/2/8)

「目指せ100点」深田恭子、エプロン姿でキュートな笑顔 ファン「ため息が出るほどの可愛さ」「笑顔に100点」
1月14日・15日はセンター試験。受験生も励みになる?(2017/1/13)

いざという時の実践的な参考書「完全実用版 おんなのこの服の脱がせ方」発売 実用書なので買うしかない
スマートさを求める紳士向け。(2016/12/13)

プロエンジニアインタビュー(2):
教えて! キラキラお兄さん「プログラミングは視覚障害者にオススメの職業って本当ですか?」
視覚障害者こそ、PCを使いこなしていろいろな仕事についてもらいたい――全盲のセキュリティエンジニアは、画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)を駆使して、人の役にたつモノ作りを続けている。(2016/12/5)

過去問のPDF化は「著作権法違反の恐れ」 指摘受け、旺文社が全データを削除 紙のまま保管へ
過去問のPDF化が著作権法違反に当たる可能性があったとし、旺文社がの全データを削除した。今後はPDF化せず、紙のまま保管するという。(2016/11/11)

プログラミングや大学受験のライブ授業をアプリで体験 「N予備校」カドカワが公開
カドカワは、ライブ動画授業を視聴できるスマートフォン向け双方向学習アプリ「N予備校」を一般公開した。N高生でなくてもプログラミングと大学受験の授業を利用できる。(2016/7/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。