ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「科学誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「科学誌」に関する情報が集まったページです。

GDPで日本を抜いたが、物価高に悩むドイツの国内事情
2023年の日本のドル建ての国内総生産(GDP)がドイツに抜かれて4位に転落したことは大きな話題になった。「ドイツ経済の強さの秘密」を特集するメディアもあったが、ドイツ在住の医師でジャーナリスト、村中璃子氏は「庶民には実感がない」と指摘する。物価高がのしかかるドイツ経済の現状をリポートする。(2024/2/24)

太陽の“500兆倍”明るい天体、オーストラリアの研究チームが発見 「これまでで最も光度の高い天体」
オーストラリア国立大学(ANU)は、太陽の500兆倍明るい天体を発見したと発表した。これは、宇宙で最も明るい天体といわれる「クエーサー」の一種で、これまでに確認している天体で最も光度が高いという。(2024/2/21)

“ロボットを食べた”とき、人間は何を感じるか? 電通大らが検証 罪悪感の有無など調査
電気通信大学などの研究チームは、食べられるロボットを作り、実食した人の心理的な影響を調べる実験の結果を発表した。ゼラチンと砂糖などを素材にロボットを作り、食べたときに罪悪感などが生じるか調べた。(2024/2/15)

量子コンピュータの課題 「訂正」する画期的技術を開発 東大教授ら起業へ
光を使った量子コンピュータの実現に向け、東京大の古沢明教授らのグループが9月にも会社を設立する方針であることを明らかにした。量子コンピュータで課題となっていた、計算エラーを訂正する画期的な技術を開発し、18日(日本時間19日)に米科学誌サイエンスに論文が掲載された。この成果により、必要な技術開発に目途が立ったため、起業するという。(2024/1/19)

量子コンピューターの課題 「訂正」する画期的技術を開発
光を使った量子コンピューターの実現に向け、東京大の古沢明教授らのグループが9月にも会社を設立する方針であることを明らかにした。(2024/1/19)

量子コンピューターの課題 「訂正」する画期的技術を開発 東大教授ら起業へ
光を使った量子コンピューターの実現に向け、東京大の古沢明教授らのグループが9月にも会社を設立する方針であることを明らかにした。(2024/1/19)

研究開発の最前線:
省エネオンチップ量子光メモリ素子に向け、電子と超音波のハイブリッド状態を実現
NTTと日本大学は、通信波長の光に共鳴する希土類元素のEr(エルビウム)を添加した超音波素子を作製することにより、数msの長い寿命を持つ光励起電子とGHzレベルの超音波が混ざった状態(ハイブリッド状態)を生成することに成功したと発表した。(2024/1/19)

AIドリームチーム「Sakana.ai」が人材募集 AWS・GCPや日本産HPCインフラの利用経験があるエンジニアなど 設立者は元Googleトップ研究者ら
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏らが東京で立ち上げたAI企業Sakana.ai(東京都港区)が、ITエンジニアやビジネスアナリストといった人材の募集を始めた(2024/1/18)

出社を促すオフィスデザイン【後編】
「隠れたメッセージ」でやる気を引き出す、オフィスデザインの現実解
「出社したくなるオフィス」を設計する上で、自然とのつながりを感じられる「バイオフィリックデザイン」は有効なアイデアだが、実現は容易ではない。手の届く範囲で工夫できる「帰属意識を高めるデザイン」とは。(2024/1/12)

「子供の科学」で生成AI特集 「星新一賞」入選作家による“AI利用小説”の書き方解説も
「子供の科学」が、1月10日発売の「2024年2月号」で生成AIを特集している。執筆にAIを取り入れた小説で文学賞「星新一賞」の優秀賞を受賞した葦沢かもめさんも協力した。(2024/1/10)

出社を促すオフィスデザイン【前編】
「明るい職場」で社員呼び戻し? 注目の「バイオフィリックデザイン」
自然素材や採光などの環境要素は、従業員の健康と生産性にどこまで寄与するのか。キーワードとなる「バイオフィリックデザイン」について説明する。(2024/1/5)

生成AIは高等教育の流れを変えるか【後編】
“生成AIのわな”は承知済みの大学生 「良い付き合い方」のヒントとは?
「学生が生成AIを使うと学びが深まらないのではないか」という懸念が根強く残る一方で、当の大学生はどう考えているのか。調査結果と共に、イーストアングリア大学のIT責任者の考察を紹介する。(2023/12/22)

研究開発の最前線:
1000兆分の1アンペアレベルの微小電流標準の確立へ、産総研とNTTが前進
産総研とNTTは、シリコン量子ドットを用いて電子を1粒ずつ精密に制御して大きさの決まったpA単位の微小電流を発生させることに成功したと発表した。fA(1fAは1000兆分の1A)までを含めた、nA以下の微小な電流を正確に発生、測定するための“微小電流標準”の開発につながる成果となる。(2023/12/21)

東大でIBM製127量子ビット量子コンピュータが稼働開始 「従来不可能だった大規模・複雑な計算可能に」
東京大学と日本IBMが、127量子ビットのプロセッサを搭載した量子コンピュータ「IBM Quantum System One with Eagleプロセッサー」の稼働を始めた。従来のスーパーコンピュータでは不可能だった大規模で複雑な計算が可能になるとしている。(2023/11/28)

雷2.4兆回分か、高エネルギーの宇宙線検出 「アマテラス粒子」と命名 大阪公立大など
宇宙から陽子などの微粒子が高エネルギーで降り注ぐ「宇宙線」の観測に取り組む大阪公立大などの国際研究グループが、過去最大規模のエネルギーを持つ宇宙線の検出に成功した。到来した方向には発生源となりうる天体が見当たらず、未知の天体現象に由来した可能性がある。グループは「アマテラス粒子」と名付けて粒子の種類や発生源を調べる。(2023/11/24)

雷2.4兆回分か、高エネルギーの宇宙線検出 「アマテラス粒子」と命名 大阪公立大など
宇宙から陽子などの微粒子が高エネルギーで降り注ぐ「宇宙線」の観測に取り組む大阪公立大などの国際研究グループが、過去最大規模のエネルギーを持つ宇宙線の検出に成功した。(2023/11/24)

逃げる際に“走る”カタツムリ発見 最大で秒速1.35mm 京大「野外で効果あるかは不明」
京都大学は、カタツムリの一種「エゾマイマイ」が天敵に襲われた際、走って逃げる行動を取ることを示したと発表した。(2023/11/21)

Google DeepMindのAI気象予測モデル「GraphCast」、従来予報を大きく上回る性能との研究結果
Google DeepMindは、「Graph Neural Network」(GNN)採用の気象AIモデル「GraphCast」をオープンソースで公開した。欧州中期天気予報センターのデータでトレーニングされており、向こう10日間の気象予測を約1分で生成する。(2023/11/15)

Innovative Tech:
「GPT-4」は論文の査読ができるか? 米スタンフォード大らが検証 参加者の80%以上「AI査読は有益」
米スタンフォード大学、米ノースウェスタン大学、米コーネル大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)が研究論文の査読を行えるかを調査した研究報告を発表した。(2023/10/20)

新鉱物「桐生石」と「群馬石」を発見 ネット上の地質図への“違和感”がきっかけに
東京大学物性研究所と名古屋大学大学院工学研究科は、群馬県桐生市の山中で2種類の新鉱物「桐生石」(学名:Kiryuite)」と「群馬石」(Gunmaite)を発見したと発表した。(2023/10/13)

朝日新聞出版、Newtonを子会社化 事業再生完了、サービス拡大へ
朝日新聞出版は10月5日、科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスの全株式を取得し、子会社化したと発表した。(2023/10/6)

「反重力」存在せず 国際チームが証明
重力と反対方向に働く「反重力」は存在しないことをカナダや欧米などの国際研究チームが実験で突き止めた。反重力は50年以上前から物理学やSFで存在の可能性が議論されてきたが、精密な実験によって存在しないことを初めて証明した。(2023/9/28)

オリジナルアニメ「月刊モー想科学」、2024年1月放送決定 白井悠介は犬役「一生懸命吠えてます」
編集部の日常系かと思ったらがっつり異世界転生系……か?(2023/9/19)

「赤ちゃんの顔は上下逆さまでもかわいいと知覚できる」 四天王寺大と阪大が研究
大人の顔は逆さまだと認識が難しくなるけれど……。(2023/9/11)

Innovative Tech:
論文PDFを数式込みで全文読み取るモデル 米Metaが「Nougat」開発 スキャンした古書の画像もOK
米Meta AIに所属する研究者らは、論文を記録したPDF内のテキストや数式を正確に読み取るモデルを提案した研究報告を発表した。(2023/9/7)

仕事の在り方が変わる:
ChatGPTを会社経営にいかにして導入するか? 入山章栄教授が語る「知の探索」理論
早稲田大学ビジネススクール経営学博士・入山章栄教授が、生成系AIと人間それぞれが得意な仕事の分野、会社のリソースの振り分けを提言した。企業が生成AIを活用するためのヒントをお届けする。(2023/9/4)

ZOZOスーツで思春期に多い脊柱側湾症を検知 セルフ診断ツール開発へ
ZOZOと東京大学は31日、採寸ボディスーツ「ZOZOSUIT」を使い、脊柱側湾症を検知できたと発表した。「脊柱変形に由来する体表の変形を検知する、これまでにない画期的な方法」という。(2023/8/31)

「LK-99は超電導体ではない」 Nature誌が掲載 世界中の科学者の追試結果を紹介
LK-99は超電導体ではない──英学術誌「Nature」は、そんなタイトルの記事を公開した。韓国チームは7月、「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする査読前論文を公開していたが、Natureはこれを否定する研究者たちの証言を紹介した。(2023/8/17)

ブランドの極意:
「ジョブズ超えしませんか?」 ホリエモン口説いた近畿大学の「広報戦略」
近畿大学の独自のブランド戦略の狙いについて、経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に聞いた。(2023/8/3)

シベリアの永久凍土の線虫、4万6000年の眠りから覚醒 露・独の研究チームが発表
約4万6000年間、シベリアの永久凍土で休眠していた生物が目覚めた──ロシアとドイツの研究チームは、そんな研究成果を発表した。目覚めた生物は線虫の一種で、凍っていた状態から解凍したところ再び動き出したという。(2023/7/28)

常識破りの“常温常圧超電導体”発見か? Science誌「事実ならノーベル賞モノの大発見」
「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする論文が公開された。同論文は査読前だが、科学雑誌「Science」も「事実なら即ノーベル賞モノの大発見」と期待感を示している。(2023/7/28)

Innovative Tech:
母語が“英語じゃない研究者”のデメリットはどのくらいある? 900人以上の科学者を調査
オーストラリアのクイーンズランド大学などに所属する研究者らは、英語を母語としない研究者のキャリア形成における言語障壁の影響を定量化した研究報告を発表した。(2023/7/28)

“異論レビュー”ほど役立つ 東大、Amazonレビュー1000万件を分析 同調圧力も影響か
多数派による高評価レビューより、異論レビューの方が中立的で質が高く、商品購買の役に立つ――東大などの研究グループが、米Amazon.comのレビュー1000万件以上を分析。(2023/6/28)

スタートアップシティーつくばの可能性(2):
筑波大発スタートアップQoloの挑戦にみる、今つくばに足りないもの
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第2回は、筑波大発スタートアップであるQoloへのインタビューを通して、行政によるスタートアップ支援の取り組みの成果と課題を検討する。(2023/6/28)

量子スーパーコンピュータに向けたロードマップを設定:
Microsoft、量子コンピューティングサービス「Azure Quantum」の新たな進化を発表
Microsoftは、クラウド量子コンピューティングサービス「Azure Quantum」の新たな進化として、「Azure Quantum Elements」「Azure QuantumのCopilot」「量子スーパーコンピュータに向けたロードマップ」を発表した。(2023/6/27)

中央大学の研究グループがイヌ用人工血液(人工血漿)の開発に成功 安全性と有効性も確認、市場は世界規模
動物医療への貢献が期待されます。(2023/6/14)

AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方:
「生成AI」の登場で仕事はどうなる? 教師・編集者など4職種
「生成AI」の登場によって、人間の仕事の構造や働き方はどう変わっていくのか。教師、研究者、編集者、ライターの仕事を考えた。(2023/6/7)

緑茶はグラスの“厚さ”で味が変わる? 中央大らが発表 飲み口が厚いと甘く、薄いと苦くなる
緑茶の味はグラスの厚みが影響する──中央大学と北海道大学、東京大学の共同研究チームは、そんな研究成果を発表した。飲み口が厚ければ緑茶の甘味が増え、薄いと苦みが増えると分かったという。(2023/6/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人生とは今日1日のことである。「今ここ」に集中できる人が成功も幸福も手にするワケ
今日という1日、この24時間は、あらゆる人に平等に与えられている唯一のものだが、「24時間をどう使うのか」という問いは、人類にとって永遠の課題である。(2023/6/1)

輝くブラックホールのペア、世界初発見 千葉大などが成果 銀河の成長過程を捉えた貴重な例
千葉大学などが参加する国際共同研究チームは、光り輝くブラックホールのペアを遠方宇宙で発見したと発表した。ブラックホールの周りにある2つの銀河が合体する様子や巨大な質量を持つブラックホールが成長する模様を捉えた、世界初の成果という。(2023/4/6)

深海生物「オオグソクムシ」、1度の食事が6年分のエネルギーに? 長崎大などが代謝量を調査
長崎大学と信州大学、琉球大学の研究チームは、深海生物「オオグソクムシ」は自身の体重の45%のえさを1度に食べ、約6年分のエネルギーを獲得できると発表した。(2023/3/20)

量子コンピュータ:
100GHz100コアの「スーパー量子コンピュータ」実現へ、光通信技術が道を開く
NTTと東京大学、理化学研究所、JSTは、最先端の商用光通信技術を光量子コンピュータに応用することで、世界最速となる43GHzのリアルタイム量子信号の測定に成功したと発表した。(2023/3/6)

次世代電池の開発に貢献:
マグネシウム酸化物の合成/構造解明に成功
東京理科大学は2023年2月15日、高い放電容量を持ち、蓄電池の正極材料として使用可能なマグネシウム酸化物の合成および結晶構造、電子状態の解明に成功したと発表した。(2023/2/24)

太陽光:
効率22.7%のペロブスカイト太陽電池を実現、耐久性も両立する新たな表面処理手法
京都大学と理化学研究所の研究グループが、ペロブスカイト太陽電池の発電効率と耐久性を向上させる表面修飾手法の開発に成功した。(2023/1/30)

組み込み開発ニュース:
見える、見えるぞハイパースペクトルが! パナソニックが世界最高感度技術を開発
パナソニックHDは、人間が知覚できない連続的な色変化(スペクトル情報)を持つハイパースペクトル画像を世界最高感度で撮影する技術を開発した。(2023/1/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Aaron Bramson(後):
今日の気分を“スコアリング”できたらいいのに
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き、GAテクノロジーズのAaron Bramson(アーロン・ブラムソン)さんにお話を伺う。同氏が語る「サイエンス」と「エンジニアリング」との違いとは。(2023/1/6)

60年にわたる“三毛猫の謎”を解明したい――ニャンコ好き研究者のロマンあふれる遺伝子解明プロジェクトが支援募集中・九大
ドキドキ&ワクワクを感じる研究が進んでいます。(2022/12/25)

「自分で動く不思議な豆」を入手→実は無許可で輸入してはいけないやつだった 知らず買ってしまった人に詳細を聞いた
その正体はガの幼虫が寄生した「メキシコトビマメ」。植物防疫所に連絡し、無事引き取ってもらえたそうです。(2022/12/12)

湯之上隆のナノフォーカス(55):
半導体の微細化は2035年まで続く 〜先端ロジックのトランジスタと配線の行方
2022年6月に開催された「VLSIシンポジウム」の講演のうち、最先端ロジック半導体に焦点を当てて解説する。ASMLが2023年から本格的に開発を始める次世代EUV(極端紫外線)露光装置「High NA」が実用化されれば、半導体の微細化は2035年まで続くと見られる。(2022/10/28)

「イグ・ノーベル賞の世界展」10月に大阪で
これまでにイグ・ノーベル賞を受賞したユニークな研究の数々を紹介する「イグ・ノーベル賞の世界展」が大阪の「心斎橋PARCO」で10月1日に始まる。(2022/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。