ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Shanghai」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

45nmプロセスで製造されるOpteron

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

元麻布春男のWatchTower:
“Magny-Cours”Opteronで4ソケットサーバに価格破壊を!
インテルとAMDが新世代のサーバ向けCPUを続けて発表した。しかし、両社が新製品で目指すのは逆方向。まずはAMDが“12コア”CPUに託したメッセージを読み解こう。(2010/5/7)

イマドキのイタモノ:
TDP125ワットのPhenom II X4 965 Black Editionで何がどう変わった?
Phenom II最上位モデル“965”が登場。「あれっ、もう売っているよ」と思いきや、TDPが125ワットになったという。そのシステム消費電力と性能をチェックした。(2009/11/4)

イマドキのイタモノ:
「Phenom II X4 965 Black Edition」でNehalemに挑む
日本の風習なんか関係ないぜ、とお盆に合わせてAMDがPhenom II X4の最高クロックモデルを発表。こちらも「お盆なんか関係ないぜ」とベンチマークにいそしんだ。(2009/8/13)

“TWKR”なPhenom IIの6GHzオーバーデモを“kwsk”解説
日本AMDは、「Phenom II X4 42 Black Editon TWKR」のライブデモを公開。“1トライ約1000円”の液体窒素をふんだんに使った冷却で6GHzオーバーに挑んだ。(2009/6/30)

イマドキのイタモノ:
省電力モデルにX2──選択の幅が広がった「AM3」CPUを一挙に試す
COMPUTEX TAIPEI 2009にあわせたように、AM3対応CPUが一度に登場。今回発表された低消費電力版や3コア、2コア版、そしてAthlon II X2を一気に試してみる。(2009/6/2)

イマドキのイタモノ:
TDP下がって使い勝手向上──TDP95ワットの「Phenom II X4 945」
Phenom II X4 955の125ワットというTDPにおじけづいていたユーザーにAMDが贈るTDP95ワット版のPhenom II X4 945が登場した。気になる消費電力はどうなった?(2009/6/2)

イマドキのイタモノ:
AM3を選ぶ「理由」がそろった──Phenom II X4 955のパフォーマンスをチェックする
高クロックモデルが不在だった“AM3”に3.2GHzの「Phenom II X4 955 Black Edition」が登場した。AM2+版Phenom IIの最高クロックを超える本命Phenom II X4の性能を検証する。(2009/4/23)

Nehalem登場前夜:
プロセッサとともに進化するブレードサーバのラインアップ
インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。(2009/3/24)

本格的な普及期を迎える?:
この春、ブレードサーバのトレンドを読む
厳しい経済情勢の中、多くの企業がITコストの削減に躍起になっている。だが、いくら景気が悪くとも企業が扱う情報量は否応なく増え、それに対処するためのITへの投資は欠かせない。最も効率のよいITへの投資は何か。その解としてさらに注目されているのが、ブレードサーバだ。(2009/3/18)

イマドキのイタモノ:
早くも登場AM3──DDR3対応“Deneb”は自作PCユーザーの“本命”なのか?
“DDR2”Phenom IIから1カ月。DDR3に対応したPhenom IIが登場する。しかも自作PC向けには「810」「720」「710」のみ。その微妙なパフォーマンスを検証しよう。(2009/2/9)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

AMD、省電力の新Opteronをリリース
新しい「Quad-Core AMD Opteron HE」はACP 55ワットの省電力設計。HPが搭載機を発売している。(2009/1/27)

イマドキのイタモノ:
“45ナノ”でPhenomが飛翔する──“Denebコア”Phenom II X4の性能に迫る
登板イニングが予定より長かった65ナノ版Phenomに、ようやく45ナノプロセスが加わった。消費電力やパフォーマンスがいかに改善されたか検証する。(2009/1/8)

プロセッサ競争や経営環境の激変が話題に:
ハードウェアとITインフラをめぐる2008年の10大ニュース
ハードウェア市場とインフラ市場でも経済が重要な役割を演じ、多くの調査会社がIT支出予測をさらに下方修正した。AMDの分割や、同社とIntelの新チップ、ネットブックの登場などがITインフラをめぐる2008年のビッグニュースとなった。(2008/12/15)

AdminIT Daily News:
日本IBM、Shanghai搭載ブレードサーバを出荷
日本IBMはブレードサーバ製品「BladeCenter」にコードネーム“Shanghai”で知られるAMDのクアッドコアプロセッサ搭載モデルを追加。本日より出荷開始する。(2008/12/3)

AdminIT Daily News:
日本HP、Shanghai搭載2Uラックマウント型サーバを発表――既存製品にもAMDクアッドコアモデルを追加
日本HPは12月1日、AMDの新型クアッドコアプロセッサおよび16のメモリスロットを備えた2Uラックマウント型サーバを発表した。(2008/12/1)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

AMD、超軽量・低価格ノートPC市場への参入を表明
AMDはハイエンドサーバ用45ナノメートルOpteronとHPC向けの新しいグラフィックスチップを発表。「Yukon」でNetbook市場に参入する計画も明らかにした。(2008/11/14)

元麻布春男のWatchTower:
AMD、45ナノ“Shanghai”Opteron発表──Denebは「Phenom II」に
AMDのCPUがようやく45ナノプロセスルール世代に到達した。“Shanghai”世代Opteronの特徴とこの先のロードマップを紹介する。(2008/11/13)

AMDとRed Hat、IntelサーバからAMDサーバへのVMライブマイグレーションをデモ
AMDプロセッサ搭載サーバとIntelプロセッサ搭載サーバ間で、稼働中の仮想マシンを移行することに成功した。(2008/11/8)

Intel、Nehalemプロセッサを段階的に投入
Intelは、ハイエンドデスクトップ向けNehalemを第4四半期に、2ソケットおよび4ソケットサーバ向けを2009年後半までに投入する計画だ。(2008/8/22)

「Nehalem? もちろんウェルカムだ」――IDF目前にAMDが優位性をアピール
8月19日(米国時間)に始まるIDFを目前にした15〜18日にかけて、AMDは関係者向けのブリーフィングを行い、45ナノプロセスルールに関する最新情報でライバルを“けん制”した。(2008/8/20)

AMD、低価格ノートPC用プロセッサは当面なし
AMDの最高マーケティング責任者が、超低価格ノートPC向け市場への取り組みや、Opteronの新版Shanghaiについて語った。(2008/7/24)

選択と集中:
プロセッサ事業を見直すAMD
AMDのヘクター・ルイズCEOが退任し、ダーク・マイヤー社長が同社の舵取りを引き継ぐ。それに伴い、AMDはサーバとPC向けのチップ、低価格ノートPC市場向けのプロセッサにフォーカスした堅実な目標を目指す。(2008/7/22)

AMD、2009年に6コアプロセッサ投入
AMDは2009年後半に6コアプロセッサ「Istanbul」を、2010年前半に12コアプロセッサ「Magny Cours」を提供する。(2008/5/8)

2008年の新製品にカムバックの希望を託すAMD
AMDはPCとサーバ向けに一連の新製品を投入し、年内の黒字転換を目指す。(2008/4/21)

見えてきたAMDの45nmプロセッサ
AMDはクアッドコアOpteronで起きたような問題を避けるため、コードネームで「Shanghai」「Deneb」と呼ばれる45nmプロセッサを早めにサンプル出荷している。(2008/3/5)

AMDの“沈黙”が呼ぶ疑念
AMD経営陣は、2008年の製品ロードマップや「アセットライト」戦略についてはほとんど語らなかった。業界関係者にはいら立ちも。(2008/1/21)

クアッドコアOpteronの失敗からAMDが学んだ教訓
2008年、AMD幹部はプロセッサ製造の失敗を教訓として前進したい意向だ。(2007/12/21)

AMD、2009年に8コアCPUや「CPU+GPU」チップを投入
AMDが8コアプロセッサ「Montreal」やGPUとCPUを同じチップに載せた「Swift」など、今後のロードマップを明らかにした。(2007/12/14)

「ユーザーに負担をかけないクアッドコア」──“Barcelona”Opteronに実装された機能
9月10日に発表された“Barcelona”クアッドコアOpteron。ここでは、リリース資料に含まれなかった“Barcelona”の機能について紹介したい。(2007/9/11)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst DayでチェックするAMDの最新ロードマップ
7月27日、AMDはTechnology Analyst Dayを開催し、将来の製品計画の概要に関する情報を公開した。ここではその中から、今後登場する主要なプラットフォームの情報を紹介する。(2007/8/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。