ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新潮社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新潮社」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
中国出張でPCは“肌身離さず”でなければいけない、なぜ?
昨年、中央省庁の職員3人が中国出張中、PCに不審なマルウェアを埋め込まれていたことが分かった。わずかな時間でホテルの部屋に侵入されたという。特に海外出張では、PCを常に携行するなど、警戒を強めて行動することが必要だ。(2024/2/23)

吉村昭『雪の花』が小泉堯史監督により映画化 江戸時代末期に天然痘と闘った実在の町医者役に松坂桃李
共演に役所広司さんと芳根京子さん。2025年1月24日に全国公開。(2024/2/22)

アニメ「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」、大塚剛央&鬼頭明里&ファイルーズあいがキャスティング
特報映像も公開。(2024/2/5)

関東の私鉄沿線格差:
沿線住民の「高齢化」が著しい路線はどこか
首都圏では全地域で高齢化が進んでいる。沿線住民の高齢化が著しい路線は……。(2024/2/5)

「ChatGPTを駆使した」芥川賞作品を読む “ポリコレ的にOKな表現”が支配する未来とは
芥川賞を受賞した『東京都同情塔』は、「一部がChatGPTなどの生成AIで書かれた」という話題が一人歩きしているが、実際に読んでみて、「なんだこれは」と衝撃を覚えた。(2024/1/19)

芥川賞作「ChatGPTなど駆使」「5%は生成AIの文章そのまま」 九段理江さん「東京都同情塔」
芥川賞作品「東京都同情塔」は、ChatGPTなど生成AIを駆使して書いた――著者である九段理江さんが受賞会見でこう打ち明けた。(2024/1/18)

ヴィレバンの福袋は? 文豪グッズが詰まっている
複合型書店ヴィレッジヴァンガードを運営するヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、文豪グッズを詰め込んだ3種類の福袋をオンラインストアにて販売開始した。(2023/12/28)

帰ってきた「絶対BL」、犬飼貴丈主演でコミックス最新巻を配信ドラマ化 新たにイケメン20人以上をキャスティング
新たにイケメン20人以上をキャスティング。(2023/12/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
サッカー、ゴルフ、F1…… 「アラブの盟主」サウジが進める巨額投資の狙いとは
(2023/12/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アラフィフ世代が感じるさみしさと孤独感の正体
40代から50歳前後の年代は、能力、体力的に、人生の大きな分岐点。これからは、これまで蓄積した知のリソースを活かして人生を生きていくことが求められる。(2023/10/5)

朝のウォーキングで見かけた橋、その名は…… 「夜のピクニックで来るべきだったな」センス光るコメントに「グッときた」の声
おんだりっきょう。(2023/9/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
米カジノ運営元が「ランサムウェア」被害 20億円の身代金を支払って“しまった”理由
9月に入って、米ラスベガスのカジノ運営元が、相次ぎ「ランサムウェア」の被害を受けた。このうち、1社は身代金を支払ってしまったという。「身代金を支払わない」が基本対応にも関わらず、支払った背景には企業なりの理由があった。(2023/9/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)

マンガの原画保存を推進 集英社、講談社など協力「マンガアーカイブ機構」本格始動
(2023/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
新興SNS「スレッズ」は「X」に勝ち目なし? ブームはなぜ沈静化したのか
新興SNS「スレッズ」の利用数が伸び悩んでいる。その背景要因を考察する。(2023/8/24)

家電トレンド解説:
コードレス掃除機の新トレンド 水拭きタイプは日本でも定着するか
従来のキャニスター掃除機から、コードレススティック掃除機への置き換えが進んでいる。こうしたなか、吸引力や駆動時間といった基本性能の競争に加えて、新たな付加機能がトレンドとなりつつあるのをご存じだろうか。(2023/7/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
激化するサイバー攻撃への切り札 「脅威インテリジェンス」が抱える課題
近年、企業などへのサイバー攻撃の数は見過ごせないレベルにある。そんな状況から、近年、通常のセキュリティ対策だけでなく「脅威インテリジェンス」と呼ばれるセキュリティ対策が注目されるようになった。(2023/7/27)

新潮文庫のデザインがトートバッグに! 「新潮文庫 くるんとーと」がカプセルトイで登場
書は捨てずにトートバッグにして町に出よう。(2023/7/14)

新潮社、女子小学生向け雑誌『ニコ☆プチ』少年が無理やりキス迫る漫画に批判 編集部「重く受け止めている」と謝罪
公式サイトで謝罪しました。(2023/7/4)

つんく♂×AI研究者【後編】:
つんく♂に聞く 名曲「ズルい女」が生成AIに生み出せない理由
つんく♂氏と、AI研究者で、音楽生成AIを使ったアプリを制作するDataPOP社長の酒巻隆治氏に、「AIと音楽ビジネスの未来」をテーマに対談してもらった。(2023/7/1)

つんく♂×AI研究者【前編】:
つんく♂に聞く「生成AIと音楽ビジネス」の未来 ヒット曲を生むための3つのヒント
作曲家、作詞家、音楽プロデューサーでありTNX社長のつんく♂氏と、AI研究者で、音楽生成AIを使ったアプリを制作するDataPOP社長の酒巻隆治氏に、「AIと生成AIと音楽ビジネスの未来」をテーマに対談してもらった。(2023/6/30)

「8億円売れているどんでん返し!」ミステリー小説の帯が物議 「雰囲気が台無し」「ネタバレでは」 出版社の意図は
版元の新潮社に意図を聞きました。(2023/6/28)

家電トレンド解説:
「ほったらかし調理家電」戦国時代 タイガー魔法瓶は20年ぶりに参戦、勝ち残るのは……?
(2023/6/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
ローカル5G「安全神話」に異議あり 広がる導入に潜む誤解とリスク
再びよく目にするようになった「5G」。今では一般ユーザーのスマホも5Gで通信できるのが当たり前になっているが、5Gの本当の恩恵を実感できない人が多いのではないだろうか。5Gの通信は、もっと小規模なエリアで効果的に利用されているのだ。(2023/6/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
ザッカーバーグ、メタバースの次は「ブラジリアン柔術」? 経営者が体を鍛えたがるワケ
世界の注目を集めるIT系起業家のイーロン・マスク。一方、主役の座を奪われ、苦戦続きのフェイスブック(現・メタ)創業者のマーク・ザッカーバーグ。彼が心のよりどころにしている意外なものが「ブラジリアン柔術」だ。(2023/6/8)

家電トレンド解説:
「まる・ちょき・ぱー」で操作可能! 「扇風機」に並々ならぬ情熱を注ぐシロカ社長が語った“こだわり”
手の形でオンオフや首振りを操作できるシロカの「めくばりファン」。実は、シロカは「扇風機」に並々ならぬ情熱を注ぐ企業として知られる。金井まり社長に、「めくばりファン」のこだわりを聞いた。(2023/5/23)

“上田晋也は神”と崇める櫻坂46・大沼晶保、カルトすぎる“上田クイズ”で本人と激突 爆速解答に「ガチのファン」「ボタン強打すぎ」
3月に上田さんとの共演を果たしたばかり。(2023/5/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
年間売上1億、ギョーザで起死回生の東スポ 次に狙う“鉱脈”とは?
購読者数の大幅減少が続くスポーツ紙。多くは一般紙の系列で、存続が危ういところまでは来ていない。後ろ盾がない「独立系」として奮闘する東スポが、起死回生の一手として打ち出したのが「ギョーザ」だった。(2023/5/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
マスク氏から「世界1位の大富豪」の座を奪った、アルノー氏とは何者なのか?
2023年版の長者番付で、イーロン・マスク氏から「世界1位の大富豪」の座を奪ったベルナール・アルノー氏とは何者なのか?(2023/4/20)

スピン経済の歩き方:
「ディズニー誘致」の歴史に“地上の星”がいた! 何者か
ディズニーランドが開業40周年を迎えたことで、誘致成功に導いた人々があらためて注目されている。オリエンタルランドの初代社長など、さまざまな人物にスポットが当たっているが、筆者の窪田氏はある人物に注目している。何者かというと……。(2023/4/18)

家電トレンド解説:
シャープの消臭・除菌ができる靴箱 普及の壁は「価格」と「大きさ」?
シャープが消臭・除菌ができる靴箱を発売。シューズボックスと一体化した製品はかなり珍しい。開発の経緯を聞いた。(2023/4/14)

乃木坂46・賀喜遥香、“ノーバン始球式”の舞台裏公開 ヤクルト・サイスニード投手も「スーパーピッチャー!」
勝利の女神となった賀喜さん。(2023/4/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
ChatGPTの可能性と脅威、ビル・ゲイツ氏も持論展開 AI議論で注意すべき3点とは?
ここ最近の人々の話題の中心にいる「ChatGPT」だが、利用を制限しようとする動きも出ている。そんな中、開発元のOpenAIに出資するマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は「ChatGPTの可能性と脅威」を記したブログを公開した。AI議論で注意すべき3点とは?(2023/4/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
甲子園の「ペッパーミル騒動」に批判の声 日本のネガティブイメージが経済に与えうる影響
センバツ高校野球に出場した高校球児の「ペッパーミル・パフォーマンス」が注意を受けた。このニュースは海外でも報じられ、批判コメントが数多く寄せられた。このようなネガティブイメージが日本経済にどのような影響を与えうるか、考察してみたい。(2023/3/23)

家電トレンド解説:
まるで「噴水」 タイガーが挑戦的なコーヒーメーカーを開発した理由
6万6000円のコーヒーメーカー「Siphonysta(サイフォニスタ)」を投入したタイガー魔法瓶。まるで噴水のようにコーヒーが吹き上がり、見た目にもこだわる。なぜ、高級コーヒーメーカーの市場に挑戦したのか。(2023/3/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
「スマホ依存症」への警鐘はあまり意味がない、なるほどの理由
「スマホ依存」はしばしば話題になるテーマの一つだと思う。デジタルデトックスなどという言葉もあるが、筆者はそこまで大事にする必要はないのではないかと考えている。そのワケはというと……(2023/3/9)

画像生成AIで描かれた『サイバーパンク桃太郎』、実験的な漫画制作から見えたこと Rootportインタビュー
『サイバーパンク桃太郎』誕生秘話。(2023/3/9)

宮田愛萌、アイドル時代からの髪色をイメチェン 念願の“派手髪に”、本人大満足
きれいな色!(2023/3/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
台湾の「海底ケーブル切断事件」は対岸の火事ではない 経済・ビジネスにどんな打撃が?
台湾メディアが、2月2日の夜に「台湾の本島と離島の馬祖列島を結ぶ通信用の海底ケーブルが切断された」と報じた。海底ケーブル切断は経済・ビジネスに多大な影響を与える可能性が高い。どういうことかというと……(2023/2/24)

「優先席に座って怒られた」 日向坂46卒業の宮田愛萌、体調不良で苦しみ“おばあちゃんに抜かされる”歩行速度になった過去を回顧
小説家としても歩み始めている宮田さん。(2023/2/15)

600億円の市場:
バンナムが『アイマス』でWeb3.0型の戦略 顧客同士が横展開するマーケティング
『アイマス』の売上推定総額は100社以上のパートナー企業も含め、2019年度で600億円以上にのぼるとされる。長年、研究をつづけた筆者がビジネス的に解説する。(2023/2/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「サイバー攻撃対策」が、政府・企業の最重要課題になり得るワケ
2023年、サイバー攻撃対策が政府や民間の最重要課題の一つとなることは間違いないだろう。サイバーセキュリティを専門に扱う筆者が、そのワケを解説。(2023/2/9)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
EV旅の秘訣は“満タン主義“との決別 テスラで「往復3000kmドライブ」(前編)
Tesla Model 3で横浜から長崎の往復3000kmの旅を敢行。前後編の2回に分けてバッテリーや充電など、EV旅で気になるポイントをお伝えしていく。(2023/2/3)

新潮社が発表:
村上春樹の新作長編が4月刊行 電子書籍も配信
新潮社は2月1日、村上春樹さんの新作長編を4月13日に刊行すると発表した。(2023/2/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
高まる「中国リスク」に日本はどう対処すべきか ジャック・マー氏の見せしめにビザ停止の追い打ち
1月7日、ジャック・マー氏が当局のプレッシャーによってアント・グループの支配権を手放したというニュースが飛び込んできた。1月10日には日本国民へのビザ発給が一時停止された。2023年も「中国リスク」は高まり続けるだろう。日本はビジネス相手として中国とどう付き合っていくべきか?(2023/1/12)

AI「Midjourney」で作った漫画が単行本に 「サイバーパンク桃太郎」
「サイバーパンク桃太郎」の単行本発売へ。画像生成AI「Midjourney」を駆使して作られたフルカラーコミックだ。(2023/1/5)

“文豪”をテーマにしたグッズの福袋が2023年も登場! 太宰治『人間失格』Tシャツなどがランダムに封入
毎年完売という人気の福袋。(2022/12/21)

“ZIP!婚”にわみきほ、結婚記念日に第2子妊娠発表 2歳長男がふっくらおなかに手を添えたマタニティーフォト公開
夫は「ZIP!」で共演した日本テレビの田中毅アナウンサー。(2022/11/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
メタバースは「次のインターネット」にあらず 吉本と米エンタメ業界が攻める「マルチバース」に商機あり
社名を「フェイスブック」から「メタ」に変更までしたマーク・ザッカーバーグCEOは、「メタバースは、次のインターネットになると考えている」と自信を見せる。しかし、実は「次のインターネット」になるのは現時点では難しいと懐疑的に見る向きもある。「次のインターネット」候補として名が挙がる「マルチバース」とは?(2022/11/25)

KADOKAWAのラノベで他小説との本文一致が発覚、回収へ アイデアメモの出典併記を失念
KADOKAWAはライトノベルレーベルであるMF文庫Jの書籍「恋と呪いとセカイを滅ぼす怪獣の話」で、別の小説と一部本文が一致しているとして謝罪した。この件を受け、KADOKAWAは書籍の回収を行うという。(2022/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。