ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「就職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!就職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で就職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

26卒採用のインターンシップ、6割近くの企業が「前倒し」 就活の早期化進む
就活情報サイトを運営する学情(東京都中央区)は、企業・団体の人事担当者を対象に、「2026年卒対象のインターンシップ/オープン・カンパニー」に関する調査を実施した。(2024/6/19)

「回答例教えて」就活で3人に1人が生成AIを活用 面接官に見立てるケースも
「ニュースに対する見解を求められたときの回答例を教えて」──企業による採用選考活動が6月に解禁され、勝負の時期を迎えた大学生らの就職活動。最近はChatGPTなど生成AIを活用する学生が目立っており、5月末時点の民間調査で3人に1人が就活に活用済みであることが分かった。(2024/6/13)

キャリアニュース:
就職活動中の20代の75%が「GX分野の仕事に興味がない」と回答
UZUZは、就職活動中の20代を対象とした「GX関連への就職、転職」に関する意識調査の結果を発表した。「GX」という言葉を約93%が「知らない」と回答し、約75%が「GX分野の仕事に興味がない」と答えた。(2024/6/13)

業界・職種未経験者の採用で重視するポイント 2位は「成長意欲」、1位は?
就活情報サイトを運営する学情(東京都中央区)は、企業・団体の人事担当者を対象として、「業界・職種未経験者の採用」に関する調査を実施した。他業界・他職種出身者の採用において、企業が重視するポイントとは。(2024/6/12)

製造業のシン・新卒採用戦略(4):
複数の製造業で就活前の学生にアプローチ 具体例で知る「青田創り」の考え方
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下傾向にある。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第4回は、学生に製造業の魅力を伝える青田創りの実践例を紹介していく。(2024/6/19)

夏の就活、6割が「スーツを着たくない」 企業側の服装指定状況は?
i-plugが調査結果を発表した。(2024/6/8)

内定獲得後、就活を続ける学生は約8割 一体なぜ?
ジェイックが調査結果を発表した。(2024/6/7)

25卒学生、生成AI「活用経験あり」が6割 どんな場面で活用する?
新卒採用のダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」を運営するi-plugは、2025年卒業予定学生を対象に、ChatGPTなどの生成系AIを搭載したサービスの活用に関する調査を実施した。その結果、生成AIを使用したことがある学生は6割、特に「就職活動」で活用している学生が多いことが分かった。(2024/6/6)

上位校の「2026卒」から就活人気が高い企業 3位「三菱商事」、2位「ボストンコンサル」、1位は?
ハウテレビジョンが調査結果を発表した。(2024/6/5)

基本給30%増でも「転勤受け入れられない」 総合職正社員の約4割弱
転勤がある会社への応募・入社を回避する就活生・社会人は約半数――。そんな実態が、パーソル総合研究所(東京都港区)が就活生・社会人を対象に実施した調査で分かった。(2024/6/4)

「みにみにぴにぴに」? 渋谷駅に謎の広告、込められた意図とは
就活支援サービス「OfferBox」を手掛けるi-plug(大阪市)が渋谷駅にユニークな広告を掲出した。就活生向けだという広告には、「みにみにぴにぴに」という言葉が大きく打ち出されている。(2024/5/29)

製造業のシン・新卒採用戦略(3):
学生にモノづくりの面白さを伝えるには 「製造業の魅力」をプレゼンするコツ
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下傾向にある。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第3回は、学生に製造業の魅力を伝えるための方法について解説していく。(2024/5/29)

旧帝大早慶の2025年卒学生に人気の企業 3位「三井物産」、2位「伊藤忠商事」、1位は?
2025年卒業予定の旧帝大・早慶の大学生や大学院生に人気の就職先はどこか。リーディングマークが発表した、就職人気企業ランキングで1位を獲得したのは前年に引き続き「三菱商事」だった。(2024/5/23)

学生500人に聞いた:
ITエンジニア志望が選ぶ、人気の就職先 「ソニー」「Google」を超えた1位は?
paiza(東京都港区)が、ITエンジニアを志望する学生を対象に調査を実施し、「就職人気企業ランキング」を発表した。ITエンジニア志望学生が選ぶ就職人気企業の1位とは。(2024/5/22)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
働き方大改革でコロナ禍を乗り越え、社内の空気が一変し多くの社員がDX推進にかかわるように――キッツ CIO・IT統括センター長 石島貴司氏
就職するまでコンピュータにまったく興味がなく、触ったこともなかったIT担当執行役員は、なぜキッツのDXを実現させることができたのか。従来から大事にしてきたのは、何事も試してみる精神だった。(2024/5/22)

2023〜24年に就活した人のうち、入社後ギャップを感じた人は6割超 何があればギャップを防げたのか
ナイルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

ITエンジニア志望の学生529人が選ぶ、就職人気企業ランキング 2位「グーグル」を抑えた国内企業は? paiza調べ
ITエンジニア志望の学生が選ぶ、就職人気の高い企業はどこか。ITエンジニア向け転職支援サービスを提供するpaizaは、そんな調査結果を発表した。(2024/5/20)

25卒に人気の就職先、「公務員」がワンツーフィニッシュ 民間企業の人気1位は?
リスクモンスターが調査結果を発表した。(2024/5/17)

人事担当者に聞いた「優秀だと感じる新入社員」の特徴 どんな項目が上位に?
若年層向けの就職支援事業を展開するジェイックが調査を実施した。(2024/5/16)

428人に聞いた:
5割が「転勤」に否定的 「会社に振り回されたくない」……就活生の本音は?
就活生のうち、転勤を「否定的」に捉えた人は48.1%――。そのような結果が就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリア(東京都渋谷区)の調査で分かった。なぜ転勤に否定的なのか。2025年卒業予定の学生たちの本音は?(2024/5/16)

就活生が企業選びで重視すること 2位「ワークライフバランス」、1位は?
就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリアは、2025年卒の学生向けに就活に関する調査を実施した。就活生が企業選びで重視することの1位は「企業内の雰囲気がいい」だった。(2024/5/16)

「2025年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング」、旧楽天みん就が発表 1位の企業は15年連続首位に
就活生向け口コミサイト「みん就」を手掛けるみん就社は、「みん就 2025年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表した。(2024/5/15)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

2025年卒大学生の6割超が「地元就職希望」、その理由は?
マイナビは2025年3月卒業予定の大学生、大学院生を対象に「2025年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査」を実施した。その結果、25年卒の学生が地元就職を希望する割合は6割超、その理由として最も多いのが「両親や祖父母の近くで生活したい」であることが分かった。(2024/5/13)

就活生25万人が利用:
逆求人の「OfferBox」はなぜ伸びているのか 人気の秘密は反「数打ちゃ当たる理論」
就職活動の日々を送る大学生も多いだろうが、学生はどのようなサービスを利用しているのか。その昔、学生が企業にエントリーして内定を得るという流れが多かったが、いまは違うようで……。(2024/5/13)

新興のベンチャー企業にエントリー2万人超 就活生が注目する「実践型」インターンシップ
2025年4月入社の新卒採用に向けた企業の活動が本格化する中、就職活動を行う大学生が重視するのが、企業で就業を体験する「インターンシップ」(インターン)だ。企業の事業内容などを知ることに加え、社会人としての予備知識を学ぶことができることから、大学生にはより重視される傾向にある。(2024/5/10)

平日休みの正社員、約半数が「有給休暇を取得する際に暗黙のルールが存在する」
フリーター・既卒・第二新卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」を運営するレバレジーズは、平日に休みをとって勤務している正社員436人を対象に「休日に関する実態調査」を実施した。シフト制で勤務している正社員のうち8割以上の人は希望休を取れているが、「繁忙期に有給休暇は取れない」などの暗黙のルールがあることが分かった。(2024/5/8)

大学生の2割弱「SNSで怪しい求人勧誘受けた」 バイト選びに親が関与する割合も増加
SNSを通じてアルバイトを探した際に怪しい求人の勧誘を受けた大学生が16.6%いることが、就職やアルバイト情報の支援サービス事業などを行う「マイナビ」による「大学生アルバイト調査(2024年)」で分かった。(2024/5/5)

20代の昇給分の使い道 3位「趣味」、2位「生活費」、1位は?
 就職情報サイトを運営する学情は、20代社会人を対象に「給与・初任給」に関する調査を実施した。その結果、「昇給した給与」「初任給」の使い道について、どちらも「預貯金」と考えている人が最多であることが分かった。(2024/5/3)

「配属ガチャ」意識調査、配属先告知が遅いと「内定辞退を検討」する学生は6割超
インタツアーは、2025〜27卒の学生を対象に、「配属ガチャ」についての意識調査を実施した。配属先の告知が希望の時期よりも遅い場合、辞退などを検討する要因となるか聞いたところ、6割以上の学生が「志望度の影響を受ける」と回答したことが分かった。(2024/5/3)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

大学で使う「鉄100キロ」が手違いで自宅に…… 就活面接で語った失敗談が豪快すぎる 本人「運搬後に全身に強烈な筋肉痛が……」
とっぴすぎて面接官に聞き直されたという、失敗談の詳細を聞きました。(2024/4/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転勤はイヤ、配属ガチャもイヤ」――若手の待遇改善のウラで失われるもの
若年層が昭和的な人事制度に「ノー」を突き付けるアンケート結果が明らかになりました。電通の調査によると「転勤はイヤ」「希望通りの配属先を確約してほしい」とする就活生は双方約9割にのぼります。若手社員の待遇が改善され「あれもイヤ、これもイヤ」と言える環境になった背後で、失われているものもあります。それはどんなものかというと……。(2024/4/26)

桃月なしこ、“就活中”なリクルートスーツ姿を披露 「女子大生にしか見えない」「ガン見しちゃう」と反響
似合ってる〜!(2024/4/23)

第一志望ではない企業から志望順位を聞かれたら Z世代は何と答える?
学情は、2025年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動についてのインターネットアンケートを実施した。第一志望ではない企業から志望順位を聞かれても「第一志望だと伝える」と回答した人は52.5%だった。(2024/4/22)

就活生の大手企業志向、3年ぶりに半数越え 物価高や賃上げといった経済的な動向が影響か
マイナビは、約4万人の学生を対象に行った「マイナビ 2025年卒大学生就職意識調査」の結果を発表した。大手企業志向が3年ぶりに半数を超えたことが分かった。(2024/4/17)

就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念 企業選びで重視することは?
就職活動に対してZ世代の学生はどんなことを意識しているのか。電通が実施した調査によると、就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念していることが分かった。また、企業を選ぶ際にポイントとなるのは「給料がいい」(46.7%)だった。(2024/4/17)

約4万人に調査:
25年卒・文系に人気の就職先 3位「伊藤忠商事」、2位「みずほ」、1位は?
マイナビ(東京都千代田区)が日本経済新聞社(東京都千代田区)と共同で「マイナビ・日経2025年卒大学生就職企業人気ランキング」を実施し、その結果を発表した。25年卒に人気の就職先とは。(2024/4/13)

「めっちゃ良い会社」「気遣いが染みる」 就活生に自社製品を贈るカゴメの取り組みが好評、その理由は
商品を受け取った人からは「気遣いが染みる」「めっちゃ良い会社」などの声が。(2024/4/13)

「カメ止め!」上田監督が新作「逆面接」公開 「企業が就活生に選ばれる時代」風刺し1200万表示の反響
バブル期の就職事情が思い出される……。(2024/4/9)

学生と保護者に調査:
エンジニアに持つイメージ 「高収入」「長時間労働」を抑えた1位は?
学生は「エンジニア」についてどのようなイメージを抱いているのか。レバテックが運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェント「レバテックルーキー」が調査を実施した。(2024/4/9)

25卒の3人に1人が就活でチャットAI活用 普段利用も含めると6割に マイナビ調査
マイナビが2025年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した調査で、学生の3人に1人が就職活動においてChatGPT等の対話型生成AIを利用したことがあることが分かった。(2024/4/8)

就活生の情報収集手段としてのSNS、「X」「YouTube」より使うものは?
人材を活用したセールスプロモーションなどを手掛けるマーキュリーは、2024年の新入社員を対象に、就職活動についてのアンケート調査を実施した。就職活動に活用していたSNSツールの1位は「Instagram」だった。(2024/4/8)

LINE上でAIが、自己PRや志望動機を作成 添削もしてくれる「就活Craft」が登場
6つの質問に回答すると、プロフィールを作成してくれ、会話を基に自己PRや志望動機をAIが作成する。(2024/4/8)

就職・転職などに向けた資格取得、8割超が「役に立った」 月の勉強代はどれくらいかかった?
NEXERと宅建学院が、資格取得に関する調査結果を発表した。勉強法や予算などが明らかになった。(2024/4/3)

25卒に人気の企業 3位「大和証券グループ」、2位「日本生命保険」、1位は?
文化放送キャリアパートナーズが、学生を対象に調査した「就職ブランド」のランキングを発表した。(2024/4/3)

製造業のシン・新卒採用戦略(2):
製造業が優秀な人材を獲得しづらい根本的な理由とは?
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下している。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第2回は、優秀な学生獲得における製造業各社の連携の重要性を伝えたい。(2024/4/3)

Z世代学生の「理想の働き方」 魅力を感じる制度は?
グローアップ(東京都港区)が運営する新卒向けダイレクトリクルーティングシステム「キミスカ」が「Z世代就活生のキャリアや働き方に対する考え方調査」の結果を発表した。Z世代の学生が考える理想の働き方とは。(2024/3/28)

蔵出しブックレット
「年収1000万円」の高収入エンジニアになれる、お薦めのクラウド資格とは
就職や転職の成否を左右する可能性があるのが、資格の有無です。本ブックレットはクラウドエンジニアとして成功したい人にお薦めの、高収入を狙える資格を紹介します。(2024/3/29)

小寺信良のIT大作戦:
就活の自己アピールにも生成AIの影 “就活ハック”はどこまで許されるのか?
企業の新卒採用者に対する調査によれば、履歴書やエントリーシートだけでは学生の個性やスキルの程度が分かりにくいということが課題になっているという。昨今はプレゼンスライドや自己PRビデオといった、デジタルポートフォリオの提出も好意的に受け止められている。しかし就活にも生成AIが浸透してくる可能性がある。(2024/3/19)

製造業のシン・新卒採用戦略(1):
学生が製造業を選ばなくなったワケ 「青田買い」から「青田創り」に発想の転換を
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下している。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第1回は、製造業における新卒採用の現状と課題を見る。(2024/3/27)

建設業の人材動向レポート(53):
「建設業に就職した大学新卒者、10年で3割増加」大学/大学院新卒の就職動向を調査
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、文部科学省の「学校基本調査」から、2023年3月の大学/大学院新卒の建設業への就職動向を探った。(2024/3/15)

覚悟はキマっているかにゃ?:
お悩みその26 スタートアップと大企業、どちらに就職すべきか(21歳 男性 大学生)
サイバーチベットからお答えするにゃ!(2024/3/18)

転職の理由、約6割が「企業風土・カルチャーが要因」 ミスマッチを防止するには?
Uniposが調査結果を発表した。転職や就職における、企業風土の影響を調べた。(2024/3/14)

“お祈り”された企業を「嫌いになった」、就活生の8割 人事はどうすべき?
志望度の高い企業から不採用通知を受け取った後「その企業を嫌いになった」とした就活生は8割に上った──。そのような結果がABABAによる調査で明らかとなった。(2024/3/11)

都市部か地方か テレワークか出社か 20代の働き方の希望は?
就職情報サイトを運営する学情は、20代社会人を対象に「住む場所と働き方に関しての調査」を実施した。「住む場所」と「働き方」に関する希望で最も多かったのは「都市部に住む×出社とテレワークのハイブリッド」だった。(2024/3/7)

株式会社LabBase:
PR:理系学生719人の調査で見えた就職活動動向、人材獲得で押さえたいポイントとは
あらゆる業界で人材難が深刻化する今、学生の応募の動機となる自社への興味を、企業はどのように喚起すればよいのか。2025年卒業予定の理系大学院生を対象とした調査から、就職活動の傾向や、現場社員が知るべきポイントを探る。(2024/3/6)

2025年卒業予定の学生、文系・理系いずれもトップの志望業界は?
エン・ジャパンが運営する新卒学生向けスカウトサービス「iroots」は、2025年卒業予定の大学生・大学院生を対象に就職状況について調査を実施した。その結果、25卒学生の志望業界のトップは、文系・理系どちらも「メーカー」であり、理系学生の半数が希望していることが分かった。(2024/3/5)

就活生の企業イメージに影響を与える情報源 「公式サイト」を抑えた1位は?
ブランドクラウドは、就活生の企業情報収集に関する調査を実施した。その結果、就活生の企業イメージに影響を与えるものの1位は「就職サイト」(56.0%)で、2位は「検索エンジン上の予測候補ワード」(44.7%)、3位は「企業の公式Webサイト」(31.7%)だった。(2024/3/4)

不採用通知した企業「嫌いになった」、落とされた就活生85%が回答
志望度の高い企業から不採用通知を受け取った就活生の85%が、その企業を「嫌いになった」と回答ー。そんな調査結果を新卒採用支援、ABABAの研究機関「ABABA総研」が1日、公表した。(2024/3/2)

求職者が知りたい採用情報を知りたいタイミングで発信:
LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。(2024/2/29)

新卒からも中途からも、満足度が高い日系大手企業はどこか
転職・就職のための情報プラットフォームを運営するオープンワークは、「新卒入社 vs 中途入社 評価がフラットな日系大手企業ランキング」を発表した。評価が高かったのは……。(2024/2/29)

生成AIで新卒採用はどう変わる? 2024年以降に訪れる「3つのフェーズ」
3割の学生が、就職活動で生成AIを利用している──こんな調査結果がある一方で、企業の人事担当者の対応は必ずしも十分ではないようです。学生が生成AIをエントリーシート(ES)作成に活用した場合にどう対応すべきかなど、担当者が検討すべきトピックは複数あります。今後見込まれる3つのフェーズごとに、企業がどう対応すべきかを考えます。(2024/2/27)

マイナビが調査:
学生は「インターン」にもタイパを求めるのか? 加速する就活準備の前倒し
25年卒の9割がインターンシップ・仕事体験に参加した経験があるーー。そのような結果が、マイナビ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。就活準備の前倒しが進んでいる中、25年卒の就活の実態とは。(2024/2/24)

大学生のインターンシップ参加率、過去最高85.7% マイナビ調査
大学生のインターンシップ・仕事体験の参加率が過去最高となったことが、就職情報会社マイナビの調査で分かった。(2024/2/23)

2人に1人が転職活動中に「社員クチコミを見る」 選考・内定辞退への影響は?
エン・ジャパンが転職時のクチコミに関する調査結果を発表した。社員クチコミは転職者にどのような影響を与えているのだろうか。(2024/2/22)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドルの転職、内定後の「懇親会」は必ず行った方がいい?
お酒の場が得意な人、得意でない人もいる。懇親会のお誘いはどうすべきか?(2024/2/19)

「オヤカク」5割が経験 Z世代と親の就職観ギャップは?
「オヤカク」とは、内定学生の保護者に対して同意の確認を行うことを言う。「内定確認の連絡」いわゆる「オヤカク」を受けたという人は52.4%と半数以上を占めたことが、マイナビによる調査で明らかとなった。(2024/2/16)

学生に人気の就職先 10年連続トップ10入りした唯一の企業は?
「就職人気企業ランキング」は過去10年でどのような変化があったのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/2/8)

Go AbekawaのGo Global!〜日立造船の張さん from 中国(後編):
エンジニアはきっと、皆、同じ夢を見ている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も日立造船のIT担当である張 冬堯(チョウ・トウギョウ)さんにお話を伺う。短期留学をきっかけに日本への興味を深め、日本企業への就職を果たした張さんの現在の目標とは。(2024/4/16)

楽天、「みん就」を譲渡 約22億円で
楽天グループは、就活クチコミサイト「楽天みん就」を22億5000万円で譲渡する。(2024/2/1)

25卒文系に聞いた就職人気企業 「住友商事」「三菱商事」を抑えた1位は?
学生が就職したい企業とは。産経新聞社とワークス・ジャパンが調査を実施した。(2024/2/1)

「社会人になることに不安」24卒の8割 どんなサポートが欲しい?
社会人になることが「不安」と回答した24卒内定者は8割に上ったことが、ALL DIFFERENT(東京都千代田区)とラーニングイノベーション総合研究所による調査で明らかとなった。具体的にどのような不安を抱えているのか。(2024/1/30)

「就活に生成AI」7割の企業が肯定 学生にどんな使い方を期待している?
学生が就活で生成AIを利用することについて、約7割の企業が肯定的であることが、ベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社、ベネッセ i-キャリア(東京都新宿区)が運営する「doda新卒エージェント」「dodaキャンパス」による調査で明らかとなった。企業はどのような使い方を望んでいるのか。(2024/1/30)

大学生に人気の就職先、どう変化してきた? コロナ禍前後を比較
学情が、コロナ禍前後に大学生を対象に調査した、就職先として人気の企業について結果を発表した。(2024/1/30)

データに隠された真実:
県外に出た高卒生はどこへ行くのか 毎年「社会現象」が起きている
高校を卒業して県外に進学、就職する若者たちは、どこへ向かっているのでしょうか。(2024/1/27)

彼氏がしてくれた「私をディズニーに連れて行く方法」が新しすぎ “本人の代わり”に連れて行かれたものがツッコミどころしかない
就職活動用じゃないかっ。(2024/1/26)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:職種の確約は必須? 調査から見えた理系学生の獲得競争を勝ち抜くヒント
さまざまな業界で人材不足が叫ばれる中、理系学生の獲得競争が特に激化している。企業が理系学生を求める中、どのように採用活動を進めていけばよいか。2024年卒・25年卒の理系学生を対象に行った就活動向調査を基に考えていく。(2024/1/25)

就活の情報収集いつから始めた? 25年卒730人に聞いた
学生は就職活動の準備やインターンシップについて、どのように考えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/25)

データに隠された真実:
地域差ってあるの? 高卒生の「現役進学率」「就職率」を探ってみた
2022年度の大学への現役進学率を可視化してみました。高校所在地の都道府県別にまとめましたが、地域差はあるのでしょうか。(2024/1/25)

IT企業が企画:
保護者が会社訪問? イマドキ「親子就活」の実態は
「親子就活」が知られるようになって久しい。東京のIT企業は内定者の保護者を会社に招待しオフィス見学ツアーを開催した。今どきの親子就活の実態とは?(2024/1/22)

2025年卒の就職人気企業ランキング 文系1位「伊藤忠商事」、理系1位は?
学情調べ(2024/1/13)

「運動部は就活に有利」と考える学生は7割 なぜそう思うの?
運動部学生のうち、就職活動に運動部が有利だと考えているのは7割――そんな調査結果が明らかになった。具体的に、どんな点で有利だと考えているのか。(2024/1/12)

Q&A 45歳からのIT転職:
内定後にパートナーが反対したら……トラブルを防ぐたった1つの方法
「嫁ブロック」ともいわれるこの問題。どう解決する?(2024/1/10)

ジェンダーギャップを感じる場面 男女で異なる主張
第二新卒として就職・転職活動中のZ世代はジェンダーギャップをどのように捉えているのか。UZUZ(東京都新宿区)が調査を実施した。(2024/1/8)

Q&A 45歳からのIT転職:
転職先から内定をもらった後、“必ず”やっておくべきこと
転職活動は内定をもらって終わりではない。確認しておくとあとで助かることとは――。(2024/1/5)

旧帝大・早慶に人気の就職先 3位「伊藤忠商事」、2位「三井物産」、1位は?
「高学歴」の学生から就職先として人気の企業はどこか。リーディングマークが2025年卒を対象に実施した調査結果を発表した。(2023/12/28)

2023年3月卒新社会人の「社会人生活を表す漢字」 2位「学」「忙」、1位は?
マイナビは23年卒業予定として就職活動を行った727人に対し、入社半年後調査を実施した。(2023/12/26)

自身の成長と働きやすさ:
「ゆるブラック企業」の逆は、どのような特徴があるの? データで見えてきた上位30社
「成長と働きやすさ」を感じる会社は、どのような特徴があるのでしょうか。転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」に寄せられた投稿を見ると……。(2023/12/25)

25卒が「キャリアは自分で決めたい」と思うワケ 変化する就労観
就職活動を控える2025年卒の学生は、「自律的なキャリア形成」にどの程度関心を持っているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/18)

25年卒の就職人気企業ランキング 3位「集英社」、2位「講談社」、1位は?
2025年卒の学生に人気の企業はどこか。学情(東京都千代田区)が「就職人気企業ランキング」を発表した。(2023/12/15)

25卒学生に人気の企業、総合1位は「伊藤忠商事」 業界別のランキングは?
2025年春に卒業予定の学生が、就職したいと考えている企業はどこか。文化放送キャリアパートナーズが調査結果を発表した。(2023/12/14)

25年卒の就職人気企業 男性3位「アサヒ飲料」、2位「任天堂」、1位は?
25年卒に人気の企業とは。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/11)

25年卒に聞いた:
成長できそうな企業の特徴 「資格支援制度あり」「研修が充実」を超えた1位は?
就職活動を控える2025年卒の学生は、仕事における「自身の成長」をどのように捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/8)

25卒が就職したい企業 文系男子1位は「伊藤忠商事」、理系男子は?
2025年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生はどの企業に就職したいのか? 文系男子1位は「伊藤忠商事」だった。理系男子や文系・理系女子の結果は?(2023/12/1)

セキュリティニュースアラート:
脅威アクターが就職活動? 2つの巧妙すぎるサイバーキャンペーンに注意
Palo Alto Networksは脅威アクターによる2つのサイバーキャンペーンを報告した。(2023/11/29)

社会人に聞いた:
20代の半数以上「FIRE」に興味あり 資産形成の動き
就活情報サイトを運営する学情は、20代の社会人181人を対象に「資産形成」に関するアンケートを実施した。(2023/11/22)

大学1・2年生が選ぶ「就職したい企業」 「地方・国家公務員」を抑えた1位は?
大学1、2年生が就職したいと思う企業について、リスクモンスター(東京都中央区)が調査を実施した。(2023/11/18)

ITエンジニアがよく見る企業の求人は? 2位「アマゾンジャパン」 1位は? OpenWork調べ
ITエンジニア職経験者がよく見る求人は何か。就職・転職口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワークが調査結果を発表した。(2023/11/16)

24卒採用を「終われない」企業が増加 担当者は学生の何に不満?
マイナビ(東京都千代田区)が実施した「マイナビ 2024年卒企業新卒内定状況調査」によると、24年卒の採用充足率は8割を下回り、過去最低となったことが明らかになった。採用業務における課題とは。(2023/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。