ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「信用金庫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「信用金庫」に関する情報が集まったページです。

為替振込業務の8割を自動化する信用金庫向けBPOサービス、NECとしんきん情報サービスが2021年1月から提供
NECとしんきん情報サービスは、為替振込業務を自動化する機能を備えた、信用金庫向けのBPOサービスの提供を開始する。バックオフィス業務で大きなウエイトを占める為替OCR帳票の作成、確認、発行を自動実行する仕組みを活用することで、従来人手で行っていた処理の約8割を削減する。(2020/7/6)

「第2波」見据え…日銀、持久戦の危機対応
 日本銀行は、政府が令和2年度の第2次補正予算で決めた実質無利子・無担保融資の拡充に合わせ、金融機関への新しい資金供給策を拡大する。政府と足並みをそろえる格好で企業の資金繰り支援を強化するが、迅速な融資拡大につなげられるかが課題となる。新型コロナウイルス感染拡大の“第2波”によって危機対応の長期化も懸念され、日銀が追加対策を迫られる可能性もある。(2020/6/17)

PR:アフターコロナを見据えたファイル運用とは? 生き残る企業に進化するための新世代ファイル管理クラウド
(2020/6/10)

「ブラックスワン」前提に経営を、第3波の金融危機を防げ
非常事態宣言が予定通り1カ月で解除されても、その先も相当の期間、日本と世界の経済活動は、生産と消費の両面で大きく抑制されるだろう。(2020/5/22)

小売・流通アナリストの視点:
中小企業が新型コロナ下を生き抜くカギは「借金嫌い」の克服 中には「起死回生」となる業界も?
新型コロナ対策でさまざまな支援制度が出てきている。その中には「破格の条件」ともいえる融資制度も。平時は「借金嫌い」でも、緊急時には借金をいとわず、とにかく生き抜くことを考えるべきだと小売・流通アナリストの中井彰人氏は指摘する。あらゆる業界が対応を迫られているが、中には「起死回生」のチャンスとなっている業界も?(2020/4/27)

スピン経済の歩き方:
コロナ不況を乗り切るために「コンビニバイトの時給アップ」が必要なワケ
新型コロナウイルスの感染拡大によって、「コロナ不況がやってくるのではないか」といった声が出てきた。そうした状況のなかで、筆者の窪田氏は「コンビニバイトの時給をあげるべき」と主張する。どういう意味かというと……。(2020/4/21)

フィンテックの今:
過疎化、高齢化……地方金融の課題をどう解決するか Fintech協会理事の神田潤一氏インタビュー
人口減少や少子高齢化など多くの課題を抱える日本の地方社会。金融に目を向けて見ても、地域を支えてきた地方銀行の経営は厳しさを増している。こうした地方の課題をフィンテックはどう解決していくことができるのか。(2020/3/25)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「セキュリティ・バイ・デザインは限界だ」――システム・サービス開発の多すぎる要求をどう扱うべきか
システムやサービス開発の初期設計段階からセキュリティを考慮する「セキュリティ・バイ・デザイン」(SbD)が脚光を浴びている。しかし「頑張っているのにインシデントが起きてしまう」なら、それは従来型のSbDに限界が訪れているためだ。自他のサービスやユーザーのユースケースを考慮し、個人保護や人権に配慮したエシカルな設計開発は「絵に描いた餅」なのだろうか?(2020/3/30)

コロナショック、安全資産のはずだった債券はなぜ下落したのか?
連日の株価乱高下に市場が揺れている。一般に、株価が下落するときは安全資産といわれる国債などの債券が買われる。いわゆる逆相関の関係だ。ところが、3月9日週に入ってから債券価格も下落。併せて金なども売られ、すべての資産価格が下がった。(2020/3/17)

新卒の5人に1人がネット銀行利用 開設理由は?
GMOあおぞらネット銀行が3月3日に発表した調査結果によると、全国の大学4年生と社会人1年生が使っている銀行について、選んだ理由は「家族が使っていたから」がトップだった。(2020/3/3)

Origami Pay、6月にサービス終了 メルペイとの統合で
Origami(東京都港区)が、スマートフォン決済サービス「Origami Pay」の終了スケジュールを発表した。4月28日に新規登録や支払い機能を止め、6月30日に全機能を終了する。(2020/2/28)

新型肺炎に暖冬、苦しい中小の資金繰りを支援 フィンテックベンチャー続々  
新型肺炎や暖冬の影響で、中小企業の間で資金が枯渇する懸念が高まっている。フィンテックを手掛けるベンチャー企業は、資金繰りに悩む企業向けに、オンラインで融資の可否が判断できるサービスなどを提供し、支援に向けた動きを活発化させている。(2020/2/25)

5月に期限が迫る銀行API 現状と課題をマネーツリーに聞く
家計簿アプリの裏側を支えるスクレイピング。これが銀行APIに置き換わる期限が5月末に迫っている。しかし、その進捗は思わしくない。銀行APIの背景から課題まで、アカウントアグリゲーションサービスを提供するマネーツリーに聞いた。(2020/2/25)

プロジェクトの1〜2割は金融機関から 地方金融機関との連携を強化するMakuake
「Makuakeの月間新規プロジェクトは250件以上だが、1割から2割は金融機関からの紹介になっている」。共同創業者の坊垣佳奈取締役は、こう話し、地域金融機関との連携強化を訴えた。(2020/2/21)

新型肺炎 中小の資金繰りを支援 フィンテックベンチャー続々  
 新型コロナウイルス感染の拡大や記録的な暖冬もあって、中小企業の間では、手元資金が枯渇する懸念が急速に高まっている。そのなかで、IT(情報技術)を活用した金融サービスを手がけるフィンテックベンチャー企業が、資金繰りに悩む中小企業に向けた新サービスに力を入れている。(2020/2/20)

ドコモとメルカリが提携する狙いとは? 背後に「ヤフーとLINE」「KDDIとローソン」の脅威
NTTドコモ、メルカリ、メルペイが業務提携を正式発表。5月に会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、以降はキャッシュレス決済とポイントサービスの分野で協業する。その狙いと背景とは?(2020/2/4)

「統合ではなく利便性の向上」 ドコモ×メルカリ/メルペイの提携で目指すもの
メルカリ、メルペイ、NTTドコモが業務提携を発表。2020年5月までにdアカウントとメルカリIDを連携させ、残高やポイントを相互に使えるようになる。両社の加盟店も共通化し、営業活動も共同で行っていく。ただしサービス自体を統合する予定はないという。(2020/2/4)

金融機関の1割はサイバー攻撃で大打撃 セキュリティ人材不足も浮き彫りに
日本銀行が金融機関を対象に行ったサイバーセキュリティに関するアンケートで、2017年以降、約1割の金融機関がサイバー攻撃により業務や経営に大きな影響を受けていたことが分かった。約6割はセキュリティ人材が不足している実態も明らかになっている。(2020/2/3)

メルペイ、「Origami Pay」提供元を買収 スマホ決済サービスを統合
メルペイがOrigamiを買収する。Origami Payのサービスとブランドは、メルペイに統合する方針。大企業のチェーン店に限らず、地域の中小事業者にもキャッシュレス決済の導入を促していく考えだ。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ
中小企業を中心に導入を推進するとのこと。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収
メルカリ子会社でスマホ決済事業を営むメルペイは、スマホ決済「Origami Pay」を営むOrigamiを買収すると発表した。買収金額は非公開、株式の譲渡は2月25日を予定している。(2020/1/23)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

日本年金機構、財産調査務の電子化による業務効率化の検証を開始 預貯金照会の電子化サービス「pipitLINQ」を活用
日本年金機構は、財産(預貯金状況)調査業務にNTTデータの「pipitLINQ」を導入し、預貯金などの照会業務を電子化する実務検証を実施する。財産調査業務に関わる一連の流れを電子データで行い、作業時間の削減効果、口座の特定結果、照会結果などを検証する。(2020/1/17)

京都信用金庫が情報系システムをAzureに移行、日立がシステム構築
京都信用金庫は、情報系システムをMicrosoft Azureのクラウド環境に全面移行させる。日立製作所がシステムを構築する。西日本リージョンにシステムを構築し、東日本リージョンにバックアップデータを保管する。(2019/12/24)

スマホで支払えるコンビニ収納サービス「マイペイメント」、セブン-イレブンに導入へ
NTTインターネットのコンビニ収納サービス「マイペイメント」が、セブン-イレブンに導入される。2020年2月開始を目標とし、セイコーマートや他のコンビニでも取り扱いに向けて調整を行っている。(2019/12/11)

メルペイ、全国の信用金庫244社と口座連携 残高へのチャージが可能に
メルペイが全国の信用金庫244社との口座連携に対応した。メルペイに口座を登録したユーザーは、メルペイ残高へのチャージが可能になる。連携する信用金庫は、北海道信用金庫、愛知信用金庫、大阪信用金庫、福岡信用金庫など。(2019/12/9)

天皇陛下御即位を記念した500円貨幣の引き換えが開始 Twitterで「良い記念になりそう」「素敵なデザイン」の声
銀行などで引き換えできます。(2019/10/19)

令和時代のアウトソーシング:
地方中小企業の人材難を救うのは「副業人材」? 千葉県銚子市の挑戦
(2019/10/15)

「Origami Wallet」も始動:
Origamiの決済プラットフォーム開放が進化 簡単に“○○Pay”が提供可能に
Origamiが新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表。決済や顧客管理の機能をパッケージ化したもので、外部企業が簡単に「○○Pay」を導入できる。資金移動業の登録完了に伴い、11月には「Origami Wallet」もスタートさせる。(2019/9/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「起業家のように企業で働く」それは、いまや常識になった
社員には自律的に働いてもらいたいし、そのような人材の出現を経営者は熱望している。(2019/9/19)

自然エネルギー:
横浜信金が本店の電力を100%再エネに、みんな電力のトラッキングを活用
横浜信用金庫が関内本店において再生可能エネルギー100%の電力の使用開始。みんな電力が提供しているブロックチェーン技術を利用した電源特定サービスにより、主に青森県横浜町の「横浜町雲雀平風力発電所」で発電された電力を利用する。(2019/8/28)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(8):
借り入れ依存度9割弱 金融機関の支援で「延命」されていた長野県有数の中小企業がたどった末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/17)

“AIカメラ×音声検知”でATMでの振り込め詐欺を防止――横浜信金とNTT東日本、共同実証へ
横浜信用金庫とNTT東日本は、AIを活用してATMでの振り込め詐欺を防止する実証実験を開始。AIカメラと音声検知技術で、ATM利用客の行動と発話内容を収集・解析し、振り込め詐欺の可能性を判定する。(2019/8/1)

京アニ、支援金の受付口座を開設 「再建を目指して最善の力を尽くす」
京都アニメーションが、支援金を受け付ける専用口座を開設。放火事件の負傷者、犠牲者、遺族らへの補償、同社の再建などに充てる。(2019/7/24)

京都アニメーション、支援金の受け付け口座を発表
「再建を目指して最善の力を尽くしていく所存」としています。(2019/7/24)

東京五輪・パラリンピック記念の100円硬貨、6種類の引き換えが始まる まばゆい輝き
記念金貨などと違い、金融機関で気軽に引き換えられます。(2019/7/24)

地銀や信金は、なぜクラウドファンディングMakuakeと提携するのか?
地方の技術を生かした製品は従来の商流のまま、地方に埋もれたままになっていることが多い。一方で、クラウドファンディングを運営するマクアケは、優れた製品のプロジェクト化を進めたい。その架け橋となったのが、各地の地銀や信金だった。(2019/7/10)

“東京で生きる”男子の迷いと変化 「東京独身男子」最終回、あえて結婚しない男子たちが辿り着いた答えとは?
結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり。(2019/6/10)

14年分の「情報セキュリティ10大脅威」を振り返り “変わらない”5つの対策
情報処理推進機構(IPA)が毎年発表する「10大脅威」。過去14年分をまとめて振り返ると、脅威と対策の中で「変わったこと」と「変わらないこと」が見えてくる。(2019/5/29)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
マイナンバーカードはどうやって認証してる? 意外と知らない「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回は「所有物認証」について。(2019/5/17)

クラウドデータで与信 マネーフォワードがオンライン融資開始
マネーフォワード子会社のマネーフォワードファインが中小企業向け短期融資を開始する。担保や保証人などを使わない、データによる融資サービスだ。与信には、マネーフォワードが提供するクラウド会計サービスのデータを使う。(2019/5/8)

銀行口座から直接払える「Bank Pay」19年秋スタート デビットカードの利便性がスマホに
1000以上の銀行が対応する「オールバンク」。(2019/4/23)

10連休、金融機関やATMはどうなる? 改めておさらい 特に連休前後は要注意
連休前日は大行列? かも。(2019/4/22)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

束田光陽の不動産投資の教室:
不動産投資の、金利を下げる3つの方法
不動産投資のポイントは融資を使って利益を増幅させることでした。融資では金利が違うと支払額が大きく変わってきます。この金利、どうやって決まるのでしょう? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/4/4)

ソーラーシェアリング入門(12):
ソーラーシェアリング関係者は必見! 農水省の最新資料とデータを読み解く
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農林水産省が公開した最新の資料・データを読み解きながら、近年のソーラーシェアリングの動向と今後の見通しについて解説します。(2019/3/13)

金融被害が減少し、不正アクセスが増加傾向:
警察庁がサイバー犯罪の統計公開、ポート1024以上への探索行為やWordの標的メールが増加
警察庁は、2018年のサイバー関連の攻撃や犯罪に関する統計データを公開した。探索行為は、1024番以上のポートへのアクセスが増加傾向にある。標的型メール攻撃では、WordやExcelのファイルを添付したものが増えている。不正送金先口座の名義人の国籍は、ベトナムが最も多かった。(2019/3/11)

全国の信用金庫の口座を“通帳レス化”する新システム 2019年8月に実用化へ――しんきん共同センター、NTTデータが共同開発
しんきん共同センターは、加盟信用金庫を“通帳レス化”するシステムをNTTデータと共同開発し、2019年8月に提供を開始する。加盟信用金庫の口座保有者は、スマートフォンなどで容易に通帳レスに切り替えられるようになる。(2019/2/25)

みずほ銀行など約60社が参加――デジタル通貨プラットフォーム「J-Coin Pay」始動 3月サービス開始
みずほ銀行がコード決済機能や送金機能を備えるデジタル通貨プラットフォームを開発。同行の他、約60の金融機関が3月から順次サービスを開始する。【追記】(2019/2/20)

ソーラーシェアリング入門(11):
自治体の動きに要注目、FITだけじゃないソーラーシェアリングの支援制度
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は「FIT制度以外に、ソーラーシェアリングの導入を支援するような補助制度はあるのだろうか?」というテーマについて考えます。(2019/2/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。