ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「信用金庫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「信用金庫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

猛威振るうフィッシング詐欺 SNS上で「ツール」ばら売りか 警察当局は資金洗浄対策強化
インターネットバンキングの不正送金やクレジットカードの不正使用被害が令和5年に過去最多を更新したことが、警察庁や業界団体のまとめで分かった。偽サイトに誘導しIDやパスワードを盗み取るフィッシング詐欺が主な要因とみられ、交流サイト(SNS)上で「詐欺ツール」が売買され、手軽に犯行が可能になっているとの指摘もある。犯人グループは得た犯罪収益を暗号資産に換えて追及を逃れているとみられ、警察当局は対策に乗り出している。(2024/5/7)

「ワイヤードカフェ原宿」からスタート:
はっきり言おう 「カフェ」の運営は難しい
カフェを運営するにあたって、どういったことが必要になってくるのか。飲食業をやるつもりではダメで……。(2024/3/30)

小寺信良のIT大作戦:
社会制度のバグ? 本人確認の穴を突いたマイナンバー過信の新手口とは
いわゆる振り込め詐欺の手口は、いつの時代にも手を替え品を替え新しい手法が開発され続けてきているが、今年3月にはこれまで聞いたことがない手口の詐欺事件が発覚した。女性のマイナンバーカードの情報を元にネットバンキング口座を無断で作り、そこに本人に現金1400万円を振り込ませたという。(2024/3/25)

研究開発の最前線:
東芝が研究開発新棟を公開、島田社長「光輝く東芝を目指すための拠点」
東芝は、小向事業所(川崎市幸区)内に開設した研究開発新棟「イノベーション・パレット」のオープンニングセレモニーを開催するとともに、同所を報道陣に公開した。(2024/2/27)

万博で世界へ羽ばたく「金の卵」探しが活発化 スタートアップ後押しも見え隠れする閉幕後の課題
2025年大阪・関西万博に向けて、万博のテーマと合致した健康・医療分野を中心に、スタートアップ(新興企業)や中小企業の参画を促す動きが活発化している。(2024/2/26)

ゆうちょ銀が「ことら送金」に対応 手数料無料で銀行間送金
ゆうちょ銀行は、手数料無料で銀行間送金を行える「ことら送金」に、2月21日から対応した。(2024/2/22)

信用金庫の“金”を狙う謎の影…… “予想外の正体”に1.9万超の「いいね」
触ったら変な鳴き声あげそう。(2024/2/22)

産業動向:
助太刀、しずおか焼津信用金庫のグループ会社と提携 信金顧客の工事会社にマッチングサービス紹介
助太刀は、建設業向けマッチングサービスをしずおか焼津信用金庫の取引先工事会社に紹介することを目的に、信金グループの静岡焼津マネジメントと業務提携を締結した。(2024/1/10)

Amazon初売りセール:
エレコムのキーボードやマウス、トラックボールが最大2割引で買える! 福袋のセットも用意
2024年のAmazon初売りセールがスタートした。PC周辺機器を提供するエレコムも、多数の入力デバイスをセールに出品している。福袋は20%オフとの触れ込みだが、発売当初価格よりかなりお得な模様だ。(2024/1/3)

小寺信良のIT大作戦:
骨伝導じゃない「軟骨伝導」 耳をふさがないイヤフォンの新顔は、“寝ホン”にもピッタリだった
いわゆる「耳を塞がない系」のイヤホン・ヘッドホンが幅広い層に注目され始めたのは、コロナ禍が始まった2020年の夏以降ではなかったかと思う。骨伝導タイプなどさまざまな機種が登場したが、最近新たに登場し始めたのが「軟骨伝導」タイプである。一体どういうものなのか。(2023/8/11)

「重たい」を払拭する組織改革とモダナイズの提案を推進――NEC 金融ソリューション事業部門長 岩井孝夫氏
FinTech企業の登場や顧客体験のニーズの変化を前に、金融機関のIT施策にも変化が見られる。この春、NECの金融ソリューション事業部門のリーダーに就任した岩井氏はこの状況をどう見ているのだろうか。(2023/6/30)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(前編):
公共分野は面白い! スタートアップと自治体は共に未来を開拓できる
スタートアップ企業が自治体とビジネスをするのは無理なのか。決してそうではない。 関係者が集ったパネルディスカッションでは、どちらの側にも協力により自治体の未来を開拓する心意気が見て取れた。この議論をレポートする。(2023/5/23)

金融庁と日本銀行の調査で明らかに 498の金融機関におけるサイバーセキュリティの現状と課題
金融庁と日本銀行は地域金融機関のサイバーセキュリティ対策に関する自己評価調査結果を公開した。多くの金融機関が対策を進めている一方で課題が浮き彫りとなった。(2023/5/2)

みんなの銀行など18の地銀、「ことら送金」に対応 対応銀行は49に
みんなの銀行など地銀18行は4月19日から「ことら送金」に対応したと発表した。ネット専業銀行の対応は初。(2023/4/19)

ダイバーシティ推進:
変わる「企業の制服」 ジェンダーレス化や廃止の波、各社の対応は?
企業の制服が、変化を続けている。ダイバーシティ推進を受け、ジェンダーレス化や廃止の動きも目立つ。本記事では、制服を巡る各社の動向をまとめた。(2023/3/23)

新入社員、男女1089人に聞いた:
新入社員の8割、育成や指導に「対面」を希望 その理由は?
スタディストは新入社員に「育成」に関する調査を実施した。約8割が育成や指導に「対面」を希望していることがわかった。その理由は?(2023/3/7)

米国財務省、金融機関のクラウド採用に関するレポートを初公開 透明性の欠如、少数の事業者への集中など課題を指摘
米国財務省が、中小規模の金融機関がクラウドを採用するにあたって直面する利点や課題についてまとめたレポートを公開した。障害時などにおけるさらなる情報の透明性の確保、専門家によるサポートなどに課題があると指摘している。(2023/2/14)

累計損失総額は推計約334億超に:
「コロナ融資」を受けた企業の倒産が2.3倍に なぜ?
帝国データバンクは、「コロナ融資」を受けた企業の過剰債務問題が顕在化していると警鐘を鳴らした。「コロナ融資」を受けた企業の倒産数は、2021年の2.3倍に上る。(2023/2/6)

ネット銀行のシェア拡大続く 10年前から6倍に
帝国データバンクは、「2022年 全国企業『メインバンク』動向調査」の結果を発表した。全国メインバンク社数トップは14年連続で「三菱UFJ銀行」だったものの、都市銀行は減少傾向が続いている。(2022/12/20)

“ブラックな働き方”への不満が多い業種ランキング 2位は「社会保険・社会福祉・介護事業」、1位は?
「2022年度上半期 ブラックな働き方への不満が多い業種ランキング」を発表。SNS等に投稿された16万8192件の不満を抽出し、ランキングを作成した。(2022/11/4)

オープンワークが口コミを調査:
愛知県で社員・元社員からの総合評価が高い企業ランキング トヨタを抑えた1位は?
(2022/11/1)

取り組みを進めている企業は約3割:
「省エネ機器導入の補助金」がカギ? 企業の脱炭素化への取り組み調査
大阪信用金庫は、カーボンニュートラル(脱炭素化)に対する意識調査の結果を発表した。それによると脱炭素化の課題を解決するための支援策として「省エネ機器導入の補助金」を求める企業が多いことが分かった。(2022/10/13)

ランサムウェア対策、従業員データの保管、運用効率化……どうしている?:
PR:Microsoft 365データバックアップの最適解は 3社の事例
Microsoft 365データのバックアップ方法を選定するに当たり、検討すべき項目は事業継続性やランサムウェア攻撃対策、IT部門の業務効率化など多岐にわたる。福岡ひびき信用金庫、東急建設、富士経済グループ本社の事例を紹介する。(2022/9/30)

金融機関「紙まみれ」の実態 法人営業のアナログ作業が明らかに
nCinoの調査によると、地域金融機関の法人営業担当者は、顧客との対話よりも行内事務に多くの時間を費やしており、データの有効活用ができず機会損失の恐れがあることが浮き彫りになった。課題解決のためにまず何をすべきか?(2022/8/29)

東京商工リサーチ調べ:
りそなHDがみずほFGを抜いた! 2022年企業のメインバンク調査
東京商工リサーチが「2022年企業のメインバンク」調査を実施した。(2022/8/16)

楽天Edy、キャッシュカードからのチャージが可能に 多機能チャージ機で
楽天Edyは、多機能チャージ機で銀行や信用金庫などのJ-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージできる機能を追加。7月中旬から順次利用可能になる。(2022/7/7)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

ウェルスナビ、預り資産7000億円突破
 ロボアドバイザーサービスWealthNaviを提供するウェルスナビ(東京都新宿区)は、6月9日時点での預り資産が7000億円を突破したと発表した。2016年7月の正式リリースより、約5年10カ月での達成となる。(2022/6/14)

産業動向:
住宅ローンは変動金利型が7割、前年度から6.9ポイント増加
国土交通省が行った令和3年度の民間住宅ローンの供給状況の実態調査によると、個人向け住宅ローン新規貸出額の金利タイプ別割合は、「変動金利型」が前年度より6.9ポイント増の70%と最も多かった。(2022/5/19)

「量子コンピュータ」実用化へ【第4回】
「量子コンピュータ」で資金調達に成功している“勝ち組企業”とは?
比較的新しい市場である量子コンピュータ市場でベンダーが勝ち抜くには、資金力が重要だ。これまでのところ、ベンダーが順調に信金を調達できている分野があるという。それは何なのか。(2022/5/18)

23卒の志望業種も調査:
企業選びで最も重視するポイント、「社員の人間関係」「給与」を抑えた1位は?
マイナビが23卒を対象に就活に関するアンケート調査を実施した。企業選びで最も重視するポイントでは「社員の人間関係」「コロナ対策」などがあった。23卒が志望する業種についても聞いた。(2022/4/27)

ソーラーシェアリング入門(54):
金融視点で考えるソーラーシェアリングの現状と課題、「融資と保険」の最新動向
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省で開催されている有識者会議の内容について解説します。テーマはソーラーシェアリングにおける「融資と保険」です。(2022/4/6)

京都銀行など地銀がチャットボット向けFAQをAIで共有化 6行がタッグを組んだ理由
京都銀行や十六銀行など地銀6行が、社内外向けのFAQデータを共有化する。AIを使ったチャットボットでFAQを活用することで、業務の効率化を図る。複数行のFAQデータから、地銀の汎用的なFAQをAI技術を用いて作り上げるのは、AIチャットボットサービスなどを提供するPKSHAだ。(2022/3/16)

借金の金額は?:
借金をする理由、2位は「車を購入」 1位は?
「借金に関する調査」を実施した。普段からお金が足りておらず、借金に至るケースが多い。金額は1万円未満〜50万円未満が約7割を占める。(2022/3/12)

城南信用金庫、デザイン思考で“顧客に寄り添った”バンキングアプリの提供へ
城南信用金庫は、2023年1月提供をめどに、通帳レス、証書レス、郵送レスを支援する「城南バンキングアプリ(仮)」を開発する。IBM iXのデザイン思考を取り入れ、「顧客本位の使いやすいアプリ」を目指す。(2022/2/3)

全国メインバンク社数ランキング 1位「三菱UFJ銀行」、地銀トップは?
帝国データバンクは、2021年の全国金融機関ランキングを発表した。全国メインバンク社数トップは、2009年の調査開始以降13年連続のトップとなった「三菱UFJ銀行」だった。(2022/1/5)

見過ごせない「事件」とは:
風雲急の新生銀行TOB 金融庁は「モラル欠如」のSBIを認めてよいのか
SBIホールディングスが開始した、新生銀行へのTOB。地銀再編を巡る大きな動きだが、SBI側が引き起こした「事件」に筆者は着目する。果たしてモラルが欠如した企業に、銀行運営を任せてよいのか。(2021/9/24)

メルペイ、JAバンクの口座からチャージ可能に
メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」がJAバンクとの連携を始めた。メルペイにJAバンク口座を登録することで、同口座からリアルタイムでメルペイにチャージできるようになる。(2021/9/21)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
パフォーマンスと拡張性を両立、金融機関のシンクライアントシステム更改事例
導入から時間が経過したITインフラは、パフォーマンスに課題が生じるケースがある。本資料では、シンクライアントシステム更改に際してこれらの課題を解決した金融機関を事例として、新たなソリューション選定のポイントを解説する。(2021/9/10)

地域経済の底力:
50億円を投じてでも、新施設で「うなぎパイ」の思いを春華堂が再現したかった理由
今年4月、春華堂が浜松市内にオープンした複合施設「SWEETS BANK」は、コロナ禍にもかかわらず連日のようににぎわいを見せている。ユニークな外観などに目が行きがちだが、この施設には同社の並々ならぬ思いが込められている。(2021/8/6)

70歳の働く場【中編】:
ホンダ「アシモ」の開発者がハサミメーカーを支援 定年後に「新天地」で挑戦する高齢者
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。「70歳の働く場」後編では、シニア人材を信用金庫や信用組合など地域の金融機関の取引先企業に紹介してきた一般社団法人新現役交流会サポートの活動を中心にレポートする。(2021/7/31)

預り資産5000億円到達のWealthNavi、次のマイルストーン1兆円の意味とは?
ウェルスナビが運営するロボアドバイザーサービス「WealthNavi」の預かり資産残高が、7月14日に5000億円を超えた。次のマイルストーンは、預かり資産1兆円だ。この1兆円とは、WealthNaviにとってどんな意味を持ち、何が変わるのか。柴山和久CEOに聞いた。(2021/7/15)

トヨタキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」 Bank Pay搭載開始
トヨタが提供するキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」は、銀行口座から直接支払うデビット型サービス「Bank Pay」(バンクペイ)の搭載を7月12日より開始した。(2021/7/13)

ゆうちょ銀行は後日対応:
LINEMOが「口座振替」での支払いに対応 サービス申し込み時のみ受け付け
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の月額料金が、口座振替でも支払えるようになった。ただし、サービスの申し込み時のみ選択可能で、契約後に選択することはできない。また、ゆうちょ銀行への対応は後日となる。(2021/7/6)

2021年夏季賞与:
大阪の中小企業、夏のボーナスはいくら?
大阪に拠点を置く中小企業は、夏のボーナスをどのくらい支給するのだろうか。「支給する」と答えた企業は……。(2021/6/23)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)

出前館、銀行や信用金庫と提携 地元飲食事業者向けの支援を開始
出前サービスを提供する出前館は、銀行や信用金庫と業務提携を締結したことを発表した。飲食事業者と強固な関係にある地銀、信用金庫に、出前館を紹介してもらうことによるビジネスマッチングを目的としている。(2021/5/24)

市場は拡大:
元女性サッカー選手がエンディングビジネスで起業 墓選びで最適なプランを提案
実業団のサッカーチームで活躍を夢見た選手が、身内の死をきっかけに「終活」に目覚め、起業して「貴方にふさわしいお墓の在り方」を提案するコンサルタントビジネスを展開している。納得のいく墓選びをするためのビジネスを「供養のカタチ」というブランドで始めた石原千晶代表に狙いを聞いた。(2021/4/20)

まるで巨人の襲来! 本物そっくりな「電柱のミニチュア」写真に頭がバグる
広告まで凝ってる。(2021/4/15)

働き方の「今」を知る:
育休判明でローン融資拒否! 高飛車な銀行は、これから滅ぶと思えるワケ
男性が育休であることが判明し、ローンを断られた事例が話題に。いまだに金融機関の審査では、硬直的な審査が続いている。しかし、今後はこうした高飛車な銀行は、滅んでいくのではないだろうか。(2021/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。