ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宇宙旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宇宙旅行」に関する情報が集まったページです。

高度33kmの成層圏へ気球を放出、通信に成功 「宇宙遊覧飛行」目指す
気球を使った「宇宙遊覧飛行」の実現を目指すベンチャー企業がある。岩谷技研は5月、無人の気球で高度33kmからの通信に成功。早ければ2023年の有人遊覧飛行実現に向けて取り組みを加速させている。(2022/5/25)

東京ディズニーランドの「スペース・マウンテン」24年に一旦閉鎖 約560億円かけリニューアル
オリエンタルランドは27日、「スペース・マウンテン」と周辺を一新するリニューアル工事を発表した。工事のため24年から一時閉鎖する。(2022/4/27)

東京ディズニーランド、「スペース・マウンテン」と周辺環境を2027年に一新 現在の「スペース・マウンテン」は2024年にクローズ
アトラクションの外観も一新されます。(2022/4/27)

米経済誌「フォーブス」が発表:
「世界長者番付2022」 3位「ベルナール・アルノー」、2位「ジェフ・ベゾス」、世界一のお金持ちは?
米経済誌フォーブスが「世界長者番付2022」を発表した。その結果、1位は米テスラのイーロン・マスクCEOが2190億ドル(約27兆1560億円)だった。マスクCEOの1位は、1987年の調査開始以来初めて。(2022/4/6)

政府も11億円支援:
エアアジア・ジャパン元CEOが、北海道大樹町で挑む「宇宙版シリコンバレー」構想
全日本空輸の元社員で元エアアジア・ジャパン社長なども歴任してきたSPACE COTAN(スペースコタン)の小田切義憲社長。観光産業ではなく、北海道の強みを生かした産業の復活を目指す「宇宙版シリコンバレー」構想を聞いた。(2022/4/6)

レトルト大好き! K記者がフカぼった【番外編】:
カップヌードルは宇宙飛行士の“胃袋”もつかむ! 宇宙と地球で食感は変わるのか?
「レトルト食品特集」の最終回は、身近で手軽なレトルト食品から一転、飲食シーンが特徴的な「宇宙食」にスポットを当ててみた。現在、JAXAから承認されている宇宙日本食は48品目。その中で最多の認証数を獲得する日清食品HDに話を聞いた。宇宙で食べるカップヌードルと地球で食べるカップヌードル、食感は変わるの?(2022/3/31)

第一生命保険調べ:
「大人になったらなりたいもの」 小学生女子は「パティシエ」、男子のトップは?
第一生命保険が、全国の小・中・高校生を対象にした第33回「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果を発表した。(2022/3/16)

北海道から宇宙へ:
山崎直子さんに聞く日本のスペースポートの展望 アジアの宇宙輸送のハブを目指す
日本各地のスペースポートは、将来的にはアジアにおける宇宙旅行も含めた宇宙輸送のハブになることを目指す。この動きをバックアップするのが一般社団法人Space Port Japanだ。山崎直子代表理事に日本のスペースポートへの期待や課題を聞いた。(2022/3/16)

Inspiration4のリーダー、初の商用船外活動を含むミッション「Polaris Dawn」を年内実施へ
SpaceXは、初の民間人だけによる宇宙旅行「Inspiration4」を成功させたジャレド・アイザックマン氏の新たな宇宙旅行「Polaris Program」を発表。まず年内の打ち上げで地球の軌道に5日滞在し、船外活動も行う計画だ。(2022/2/15)

「イーロン・マスクになる可能性がある」:
サイバーエージェント藤田晋社長が、ホリエモンの宇宙ビジネスに出資した理由
サイバーエージェントがインターステラテクノロジズに出資を決めた理由を藤田晋社長がホリエモンに明かす。(2022/2/15)

3年でメンバーは4倍に:
宇宙ベンチャーISTが直面した組織における「50人の壁」 ロケット打ち上げ2回連続成功を支えたマネジメントとは?
ロケットの開発から打ち上げまでを一貫して自社で担い、大樹町のまちづくりにも関わるインターステラテクノロジズは22年も大きく成長しようとしている。稲川社長にISTのロケット打ち上げ成功の背後にあった「50人の壁」と、それをどんなマネジメントによって乗り越えているか、そして今後の展望を聞いた。(2022/2/4)

アマプラ見放題で2月に「劇場版ポケモン」全作品一挙配信 「JUNK HEAD」「スパイダーバース」も
「ミュウツーの逆襲」から「ココ」まで。(2022/1/31)

「宇宙にいる時になんとも光栄です」 前澤友作、YouTubeチャンネル登録者数100万人を“宇宙”で達成する
宇宙系YouTuber爆誕……?(2021/12/18)

前澤友作、記念すべき“宇宙”からの初ツイート 「宇宙なう」に対抗してSNS上は「こちらは地球なう」「日本なう」
前澤フィーバーは続く。(2021/12/10)

前澤友作、宇宙旅行を実現! ロケット打ち上げの瞬間を生中継「一生忘れないと思う」「感動しました」と絶賛
12日間滞在。(2021/12/9)

「世界一の大富豪」イーロン・マスクって何をした人? 「最強アイマスP」の噂が有名な起業家を漫画で紹介
ただTwitterで大暴れしている人じゃないんです。(2021/12/8)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

医療技術ニュース:
宇宙では腎臓の遺伝子発現が変動し、血圧や骨の厚みが変化する
東北大学は、1カ月間の宇宙旅行から帰還したマウスの腎臓で、血圧と骨の厚さを調節する遺伝子の働きが変動していることを発見した。また、宇宙旅行で血液中の脂質が増加し、腎臓で脂質代謝に関係する遺伝子の発現が増加することも分かった。(2021/12/6)

今後は採用を強化:
インターステラテクノロジズ稲川貴大社長が語る「小型の人工衛星で起こるパラダイムシフト」
民間企業で商用ロケット開発を目指す宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長が、「これからの宇宙ビジネス」と題して日本記者クラブで講演した。(2021/12/3)

宇宙が身近になる時代:
JAXAがまもなく13年ぶりの宇宙飛行士募集 宇宙コミュニティー「そらビ」の“宇宙飛行士部”とは?
宇宙を気軽に楽しむコミュニティーとして、7月に誕生したのが「そらビ」だ。宇宙キャスターとして活動するフリーアナウンサーの榎本麗美氏が代表、宇宙飛行士の山崎直子氏がアドバイザーに就任して、宇宙を身近に感じてもらう活動を展開している。(2021/11/16)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
テスラも仲間入り 「1兆ドルクラブ」の華麗なる面々
膨らむ株式市場の期待は、テック企業の先輩を凌ぐスピード。(2021/11/8)

「スタートレック」船長ウィリアム・シャトナー、90歳の史上最高齢で宇宙から無事帰還し感涙 自身を「少年のよう」
まさかカーク船長が宇宙旅行に感動する姿が見られるとは。(2021/10/14)

「ファイト一発!」水しぶき 「リポD」のアトラクション、よみうりランドに新登場
「よみうりランド」に11月12日、リポDのアトラクション「ファイト イッパーツ!」が登場。「リポビタンD」を握った手が高いタワーの上にかたどられた乗り物で、「ファイト イッパーツ!」の決めゼリフとともに瓶から水しぶきが上がる。(2021/10/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国人に「印象が良い」日本企業は? イメージランキングの結果が興味深い
米国のニュースサイト「Axios(アクシオス)」と米調査会社ハリス・ポール(HarrisPole)が発表した「Axios Harris Poll 100」の結果が興味深い。米国民の間で良い印象を受けているのはどんな企業なのか。上記企業に共通するのは……?(2021/9/23)

SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還
民間人だけでは初の宇宙旅行「Inpiration4」の4人が無事に地球に帰還した。9月15日に打ち上げられた宇宙船「Crew Dragon」は3日間の軌道周回後、18日午後7時6分にケネディスペースセンター沖に着水した。(2021/9/19)

SpaceX、初の「民間人だけの宇宙旅行」打ち上げ成功 地球を3日間周回予定
SpaceXが、民間人4人を乗せた宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功した。世界初の民間人だけの宇宙旅行ミッションで、3日間地球を周回する予定。(2021/9/16)

もし日本に“宇宙船の港”ができたら――各地域の宇宙開発の構想を地図状イラストで紹介
もし日本に“宇宙船の港”ができたらどんな宇宙ビジネスが発展するか――各地域で進む宇宙開発を基に今後の都市構想を紹介した地図状のイラストを、宇宙港の開港を目指すスペースポートジャパンが公開した。(2021/9/3)

宇宙開発:
乾坤一擲の賭けに勝った観測ロケット「MOMO」、2年ぶり打ち上げ成功にみる実力
ロケットベンチャーのインターステラテクノロジズは2021年7月、観測ロケット「MOMO」の打ち上げを約1年ぶりに実施した。7月3日の7号機、同月31日の6号機と2機連続での打ち上げ成功という成果は、同社にとって乾坤一擲の賭けともいえる機体の全面改良という決断によるところが大きい。(2021/8/24)

Netflix、SpaceXが9月に予定する初民間人宇宙旅行をドキュメンタリーに
Netflixが、SpaceXの初民間人宇宙旅行をドキュメンタリーにし、配信する。訓練の様子から9月中に予定されているCrew Dragonによる軌道周回までを「ほぼ同時進行で」配信するとしている。(2021/8/4)

うな重、宇宙へ 老舗うなぎ屋と高校生による「うなぎを宇宙に飛ばすプロジェクト」が始動
NASAも注目するプロジェクトです。(2021/7/30)

宇宙旅行にオンライン参加? JAXAとANAグループが「遠隔宇宙旅行」の開発に着手
JAXAとavatarinが、ロボットの遠隔操作技術を使った宇宙ビジネスの実現に向けて活動を始めた。国際宇宙ステーション(ISS)にあるロボットを地上から遠隔操作させることで、宇宙空間に滞在しているような体験を提供する。(2021/7/19)

Virgin Galactic、創業者の初宇宙飛行成功 搭乗券懸賞スタート
Virgin Galacticは創業者のサー・リチャード・ブランソン氏搭乗の初宇宙飛行を成功させた。ブランソン氏は帰還後、2人分のVSS Unity搭乗券をかけた懸賞を発表した。(2021/7/12)

Virgin Galactic、ブランソン氏の初宇宙旅行をライブ配信 カリードも歌うイベントに
Virgin Galacticの創業者、サー・リチャード・ブランソン氏が参加する宇宙旅行が日本時間の7月11日午後10時からライブ配信される。ライブイベントはスティーブン・コルバートが司会し、R&Bアーティストのカリードが未発表新曲を歌う予定だ。(2021/7/11)

リチャード・ブランソン氏、ベゾス氏より9日早く宇宙へ
Vergin Galacticの創業者、サー・リチャード・ブランソン氏が、7月11日の同社宇宙船のテストフライトに参加すると発表した。Blue Originのジェフ・ベゾスCEOのフライトは7月20日の予定。ブランソン氏が世界で初の宇宙飛行億万長者になる。(2021/7/2)

ベゾス兄弟との宇宙旅行オークション、2800万ドルで落札
宇宙企業Blue Originがオークションにかけた宇宙船「Blue Shepard」による初有人飛行の座席権は2800万ドル(約31億円)で落札された。開始価格は480万ドルだった。宇宙旅行実施はアポロ11号月面着陸記念日の7月20日だ。(2021/6/13)

ジェフ・ベゾス氏、Blue Originの初有人宇宙飛行に弟と搭乗へ
米宇宙企業Blue Originは、7月20日に予定している同社としての初の有人宇宙旅行に、ジェフ・ベゾスCEOと同氏の弟、マーク・ベゾス氏が搭乗すると発表した。同社の宇宙船「New Shepard」は6人乗りで、1座席は現在オークション中だ。(2021/6/7)

週末に「へえ」な話:
インドの占い師・ラブさんが大人気 HISの「オンライン体験ツアー」舞台裏
新型コロナの感染拡大を受けて、海外旅行の需要はほぼ消滅した。そんな中で、オンラインツアーに参加している人が増えているという。各社参入している中で、存在感を示しているHISの「オンライン体験ツアー」を取材したところ……。(2021/5/22)

ベゾス氏のBlue Origin、初の民間人宇宙旅行を7月20日に 1座席をオークション
ジェフ・ベゾス氏の宇宙企業Blue Originが、宇宙船「New Shepard」での初の民間時宇宙飛行を7月20日に実施すると発表した。6人乗りで、そのうちの1座席をオークションにかける。(2021/5/6)

2歳の息子が「こわい」と思っているあるものって? 家族の会話を描いた漫画のまさかのオチにクスッとする
大人でも怖いと思っている人、たくさんいそう。(2021/4/3)

SpaceX、初の民間人の宇宙旅行を実施へ 2人の乗組員公募
イーロン・マスクCEO率いるSpaceXは、初の民間人のみの宇宙旅行を年内に実施すると発表した。4人の飛行士が「Crew Dragon」で数日間、地球の軌道を周回する計画だ。(2021/2/2)

完成車メーカーとして確立したテスラ:
テスラに続くのは、果たしてどのEVベンチャーか?
クルマの電動化が加速している。既存メーカーのハイブリッドやEVへの転向はもちろん、テスラを始めとするEVベンチャーも多数立ち上がっている。ここでは、イーロン・マスクが採ったテスラの成長戦略を思い起こしつつ、数あるEVベンチャーの現状と今後の可能性を見ていく。(2020/12/29)

最高速度マッハ3! デルタ翼の超音速旅客機、米ヴァージン・ギャラクティックが発表
エンジンにはロールスロイス製の物を使用します。(2020/8/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ベールに包まれた宇宙ビジネス、夢見る起業家の勝機はどこに?
米スペースXの「クルードラゴン」が5月31日に、民間企業としては初の有人宇宙飛行を成功させた。同社を率いるイーロンマスク氏をはじめとして、AmazonCEOのジェフ・ベゾス氏や、国内では堀江貴文氏といった著名な起業家が、宇宙を次のビジネス機会と捉えている。宇宙ビジネスのいかなる点にチャンスがあるのだろうか。(2020/6/12)

「なでなで最高……(ニッコニコ)」 飼い主さんになでられて、思わず笑顔になるフクロウがかわいい
ニッコニコ!(2020/4/16)

MONOist 2020年展望:
2020年は空前の火星探査イヤーに、はやぶさ2が帰還しH3ロケットの開発も着々
2020年の宇宙開発で最も注目を集めそうなのが「火星探査」だ。この他「月・小惑星探査」「新型ロケット」「多様化する人工衛星」をテーマに、注目すべき話題をピックアップして紹介する。(2020/3/2)

SpaceXの「Crew Dragon」での民間人宇宙旅行、早ければ2021年にも実現
宇宙旅行会社Space Adventuresが、イーロン・マスク氏のSpaceXとの契約により、宇宙船「Crew Dragon」による民間人の宇宙旅行を早ければ2021年初頭にも実施すると発表した。乗船できるのは4人で、最長5日間宇宙で過ごせる。(2020/2/19)

アマゾンを超越し続ける「ザッポス」という存在
今から10年ほど前に『ザッポスの奇跡』という本を書いた。当時、アメリカのビジネス界に旋風を巻き起こしていた「ザッポス」という靴のネット通販会社の「企業文化戦略」についての本だ。ザッポスはどのようにして、あのアマゾンに「負け」を認めさせるに至ったのか。(2020/2/19)

宇宙開発:
変貌する月面探査の勢力図――国家から民間、そして個人の時代へ
アポロ11号による人類初の月面着陸から50年。長らく進展のなかった月面探査に大きな動きが生まれつつある。2007年にスタートした「Google Lunar XPRIZE」をきっかけに国家と民間による月面探査が活況を呈し、新たなフェーズに入りつつあるのだ。大塚実氏が、月面探査の最新状況について報告する。(2019/12/24)

アニメ「ジュエルペット」新作映画のあらすじが混沌の極み ラムネス/ダ・サイダーにしか見えないキャラと四川省を目指すストーリー 監督は「NG騎士ラムネ&40」のねぎしひろし
ちょっとまって。(2019/12/7)

Virgin GalacticがUnder Armourと共同開発した宇宙服を披露
Virgin Galacticが宇宙服開発でUnder Armourと提携したと発表した。2020年に開始予定の民間宇宙旅行向け。創業者のリチャード・ブランソン氏が宇宙服を着て披露した。(2019/10/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。