ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学割」に関する情報が集まったページです。

「家族割プラス」「制限時速度アップ」「原則容量無制限」――auの新プランの特徴を再チェック
auが「ピタットプラン」を見直し、フラットプランに「7GB+SNS放題」なメニューを追加。さらには「原則容量無制限」なプランも新規投入することになった。新プランの特徴を簡単に解説していく。(2019/5/14)

auが新料金プラン発表 5G時代を見据えた「原則無制限プラン」も
auが新料金プランを発表。「ピタットプラン」の内容を改訂した他、「フラットプラン」に「7GB+特定SNSフリー」の選択肢を導入し、5G時代を見据えた「原則データ無制限」なプランも用意する。これらの新プランでは家族割(複数回線割引)も導入される。【追記】(2019/5/13)

ソフトバンク、ケータイからスマホへの移行で端末代1万800円引きのキャンペーン
ソフトバンクは、3月1日に「スマホスタート割」を提供開始。各種フィーチャーフォンからスマートフォンへ機種変更またはMNP時に「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」へ加入すると機種代金が1万800円割引となる。終了時期は未定で、学割放題との同時加入はできない。(2019/2/25)

販売チャネル、キャンペーンも強化:
LINEモバイル、au回線を提供へ 3キャリア対応と“料金の分かりやすさ”で攻める
LINEモバイルが今夏までにau(KDDI)回線の提供を始めると発表。既にNTTドコモ回線とソフトバンク回線には対応済みで、大手キャリア3社を網羅する。複雑な条件を廃したキャンペーンなども提供し、ユーザー増を目指す。(2019/2/20)

平成最後の“カオスMV”爆誕 アパ社長、青山テルマ、アントニオ猪木らのダンスユニットという悪魔的発想
大変なことになっています。(2019/2/15)

「混雑してないから遊び放題」 志摩スペイン村の自虐サイト話題に 広報「自虐のつもりはなかった(笑)」
映り込む人がいないからインスタ映えもしやすい――三重県志摩市のテーマパークのキャンペーンが「振り切っている」と話題に。(2019/2/14)

Mobile Weekly Top10:
料金プラン改定を見越して? ドコモがオンラインショップで“攻勢”/PayPayキャンペーン第2弾
NTTドコモが、自社のオンラインショップにおいて価格攻勢を仕掛けています。期限が5月31日までということを鑑みると、単に「学割」需要をあてこんだキャンペーンというだけではないような気もして……。(2019/2/12)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの値下げでauとソフトバンクはどう動く? 3社の決算会見で語られたこと
3社とも決算の数字だけを見ると好調と総括できるが、来期には官邸の意向を受けた“料金値下げ”が待ち構えている。仕掛けたのはドコモだが、KDDIやソフトバンクもこれに追随する方針。決算説明会で見えてきた3社の現状と今後の見通しをまとめた。(2019/2/9)

イオンモバイルが「3年学割」提供 50万回線突破で次は「100万回線」を目指す
イオンモバイルが「3年学割」を2月15日から提供する。3〜9GBのプランでデータ容量1GBを増量する。契約数は50万を突破した。今後は新たな属性のユーザー増を狙う。(2019/2/6)

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年学割を比較 大容量、小容量プランで安いのは?
携帯電話キャリア各社から、毎年恒例の「学割」が提供中。今回はドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の学割の内容を比較。大容量プランと小容量プランで計算してみた。(2019/1/30)

2019年の学割、Y!mobileとUQ mobileはどちらがお得?
2019年も学割シーズンが到来した。3キャリアはもちろんだが、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも学割を実施している。結論から言うと、UQ mobileの方がお得だと感じた。(2019/1/27)

石野純也のMobile Eye:
UQが“WiMAX 2+と格安SIMのセット割”に踏み込んだ理由 野坂章雄社長が語る
UQコミュニケーションズが、UQ mobileとWiMAX 2+対応Wi-Fiルーターのセット割「ギガMAX月割」を開始する。UQコミュニケーションズの野坂章雄社長は、金額ではなく「割引があることが重要」だと話す。ユーザー層も変わってきているという。(2019/1/26)

Y!mobile、UQ mobile、BIGLOBEモバイルの「iPhone 7」はどれがお得?
Y!mobile(ソフトバンク)、UQ mobile、BIGLOBEモバイルが「iPhone 7」を発売した。3社のiPhone 7はどれがお得なのか? iPhone 7の特徴をおさらいしつつ見ていこう。(2019/1/26)

au「三太郎シリーズ」に中川大志、細杉くんの先祖役で細かすぎる副会長に 謎ポーズで「0.000円改革です!」
アドリブも見せたようで。(2019/1/14)

「うまい・安い・早い」頼みから脱却:
「値上げはしない」苦境の吉野家が挑む“初めてのマーケティング”
コスト高にあえぐ吉野家が“初めてのマーケティング”に挑戦。新型店舗で女性客を取り込み多彩なクーポンも発行。今後は単価を高くするメニュー提案も。(2018/12/20)

家族の機種変更も対象に――auが2019年シーズンの「学割」を一部改定 機種変更キャンペーンも開始
12月1日から始まったauの2019年シーズンの「学割」。今日(12月18日)から、キャンペーン内容を一部改定し、家族の機種変更も対象とすることになった。12月1日から17日までに新しい条件を満たしたユーザーについても、さかのぼってキャンペーンを適用する。(2018/12/18)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

Y!mobileの「学割」12月5日スタート 契約から13カ月間の月額料金を1000円引き
Y!mobileが2019年シーズンの学割を12月5日から提供。対象ユーザーは、契約から13カ月間のスマホプランM/Lの月額料金が1000円引きとなる。(2018/12/4)

ソフトバンクが12月21日から「学割放題」を提供 25歳以下のユーザーの月額料金を3カ月間割引
ソフトバンクが2019年シーズンの学割を12月21日から提供。適用可能な割引を最大限併用すると、「ウルトラギガモンスター+」や「ミニモンスター」の月額料金が契約翌月から3カ月間「0円」となる。(2018/12/4)

au「三太郎」新CMに神木隆之介 “高杉くんの先祖役”で金太郎と「生徒会長選挙」バトル
強すぎるコラボ。(2018/11/30)

割引フル適用で「月額0円」から――auの「学割」12月1日にスタート
au(KDDI・沖縄セルラー電話)が、12月1日から「学割」を開始する。併用できる割引をフル適用すると「月額0円」から使える「auゼロ学割」を始めとして、複数の割引プログラムを用意している。(2018/11/29)

UQ mobile、月額基本料金が最大5カ月無料の「ファミゼロ学割」開始 データ増量オプションも無料に
UQ mobileが2018年〜2019年シーズンの学割プログラムを開始。18歳以下のユーザーとその家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のいずれかを契約すると、月額基本料金が最大で3カ月(新中高生は5カ月)無料となる他、18歳以下のユーザーについては「増量オプション」の月額オプション料が次回の機種変更まで免除される。(2018/11/26)

12月に「ドコモの学割」開始 25歳以下は1年間月額1500円引き dポイント進呈も
ドコモが、25歳以下を対象とした「ドコモの学割」を12月に開始する。1年間毎月1500円を割り引く。dポイントをプレゼントするキャンペーンも。(2018/11/26)

デル、夏の終わりの1週間限定「夏のファイナルセール」を開催 8月27日まで
デルは、法人向けおよび個人向けの期間限定セール「夏のファイナルセール」の実施を発表した。(2018/8/21)

「Surface Go」と9.7型「iPad」の価格やスペックを徹底比較 それぞれ長所と短所は?
日本マイクロソフトが7月11日に発表した、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品「Surface Go」。10型と小型で価格も廉価。そうなると気になるのはiPadとの比較。それぞれの製品を比較して、長所や短所を見比べてみた。(2018/7/11)

LINE登録で牛丼やカレーが100円引き 吉野家が「学割」期間限定でスタート
期間限定のおいしいお話です。(2018/5/24)

なぜ契約初月の携帯料金は高くなるのか 気を付けておきたい2つのこと
「最大1カ月無料」「初回1カ月無料」「1カ月(31日間)無料」の違い、意識してますか?(2018/5/21)

デル、法人向け「在庫一掃大セール!」と個人向け「クリアランスセール」を開始
デルは、同社製PCを特価販売する2種のセールを開始する。(2018/5/15)

2018年春の「格安SIM」選び(前編):
「月額0円」「カウントフリー」に「キャッシュバック」――料金で「格安SIM」を選ぶなら?
大手キャリアから通信ネットワークを借り受けて提供されるMVNOサービス。その月額料金から「格安SIM」と呼ばれることも多いが、子細に見ると料金面での個性もさまざまだ。そこで、この記事では料金面の特徴からオススメのMVNOサービスを紹介していく。(2018/4/29)

前進なければ死あるのみ:
「ワイモバ」トップが熱弁 躍進の裏に“ウィルコムの教訓”あり
「Y!mobile」は、なぜ競争が激化する格安SIM市場で勝ち続けるのか。その背景には、前身ブランド「WILLCOM」の失敗で得た教訓が生きているという。ウィルコムで要職を歴任し、現在はワイモバのトップを務めるソフトバンク寺尾洋幸執行役員に話を聞いた。(2018/4/2)

神木隆之介(CV.子安武人)だと? CM「意識高すぎ!高杉くん」の銀魂「高杉晋助」バージョンが完成度高すぎィ!
インタビュー動画では、高杉晋助のまねをする神木さんの姿も。(2018/4/1)

学生向け「Amazon プライム」に月額プラン登場 月200円でプライム特典利用可能に   
Amazon.co.jpの学生向け有料会員サービス「Prime Student」に月額制のプランが加わった。月200円(税込)でAmazonプライムと同様の特典を利用できるようになる。(2018/3/23)

ドコモのiPhone 6が再び1位に、トップ10をiPhoneが独占 2018年2月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年2月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6が1カ月ぶりに1位を獲得し、上位10機種をiPhoneシリーズが独占する人気を見せつけた。(2018/3/2)

LINE MUSIC、月額1400円で6人まで聴ける「ファミリープラン」開始
LINEは、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」へ最大6人まで聴き放題になる「ファミリープラン」、10カ月分の料金で1年間聴き放題になる「年割プラン」を提供開始した。(2018/3/1)

支払い総額変化なし:
スマホプランは一律1000円引きに――Y!mobileが一部料金プラン・オプションサービスの料金を改定 6月利用分から
Y!mobileが料金プランとオプションサービスを6月から改定する。スマートフォン向けの「スマホプラン」では契約1〜2年目に適用される「スマホプラン割引」と3年目以降に適用される「長期利用割引」を廃止する代わりに、月額料金を一律1000円値下げする。(2018/2/28)

トーンモバイルが「春の学割」提供開始 基本料金が最大1年無料に
トーンモバイルは、2月1日から19歳以下の利用者を対象とした「春の学割」を提供開始。2台以上の契約で基本プランの月額料金が6カ月間無料になる「春の親子割」を併用すると、最大1年間無料となる。(2018/2/1)

au新料金プランが契約減を改善 好調MVNOが増収を後押し KDDI決算会見
KDDIは1月31日、2018年3月期 第3四半期の決算説明会を開催。田中現社長が決算のハイライトや今後の方針などについて語った。契約数の減少幅は改善し、MVNO収入が貢献してモバイル通信料は増収となった。(2018/2/1)

Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?
月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。(2018/1/29)

2018年の学割、スマホを安く持てるキャリアは? 大容量・小容量プランで比較
NTTドコモ、au、ソフトバンクの今回の学割について情報を整理し、できるだけ同じ条件の料金・サービス内容で契約した場合の差について解説していく。(2018/1/27)

iPhone対応、M&A検討:
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
ユーザーを大切にする姿勢を貫き、競争が激化するMVNO市場でシェア4位に位置するmineo。契約数は間もなく100万回線に達するというが、今後はどのような施策を展開していくのだろうか。(2018/1/19)

ソフトバンク「学割先生」は“学校の先生”も対象 狙いは
ソフトバンクが打ち出す「学割先生」は、学生など25歳以下だけでなく「学校の先生」も対象。その狙いは。(2018/1/15)

先生は何歳でもOK:
ソフトバンクが「学割」発表 「先生」も割引対象に
ソフトバンクが学割サービス「学割先生」の提供を始める。25歳以下のユーザーに加え、学校教員も割引対象とする点が特徴。「ウルトラギガモンスター」の割引などが受けられる。(2018/1/15)

ソフトバンク、新プラン「学割先生」提供 50GBが月額3980円から
ソフトバンクが、学生や教員を対象にした割引プラン「学割先生」の提供を始める。月間50GB使える「ウルトラギガモンスター」を、月額3980円から利用可能。(2018/1/15)

ソフトバンク学割、50GB月額3980円から 「先生」にも適用可
ソフトバンクは、25歳以下および「学校の先生」に向けたキャンペーン「学割先生」を発表した。1月17日から提供する。(2018/1/15)

なぜ「HUAWEI nova 2」を扱うのか 今後も中華スマホは増える?――au春モデル発表会 質疑応答
au春モデルの大きなトピックは、Huaweiのスマートフォンがラインアップに加わったこと。Huawei端末の中で「nova 2」を選んだ理由は? 今後もカスタマイズを抑えた海外端末は増えるのだろうか?(2018/1/10)

石野純也のMobile Eye:
大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは「勝ち組」「負け組」が明確に
2017年は大手キャリアにとって「逆襲の1年」だった。大手3社の解約率は大幅に下がり、MVNOへの流出は止まりつつある。その影響を受け、MVNOは成長が鈍化するところや、事業が破綻するところも出た。(2017/12/23)

家族全員にポイントプレゼントも:
「ドコモの学割」12月27日スタート 25歳以下の月額料金が1年間1500円引き
NTTドコモが2018年春商戦向けの「学割」を例年よりも早く発表。25歳以下のユーザーを対象に月額1500円の割り引きを最大1年間提供するほか、対象ユーザーのシェアグループ全員に「dポイント」を1人あたり3000ポイント付与する。(2017/12/19)

auが「ピタット学割」「フラット学割」をスタート 月額1480円から
auが「auピタットプラン」「auフラットプラン」の学割プログラムを発表した。25歳以下のユーザーとその家族が対象で、25歳以下のユーザーには「auスマートパスプレミアム」の学割も提供する。(2017/12/13)

石野純也のMobile Eye:
春商戦の先手を打ったY!mobile 楽天モバイルも“サブブランド化”で勢力拡大
2018年春商戦に向けて、Y!mobileが学割や新機種を発表するなど先手を打った。MVNOの対抗馬として注目したいのが楽天モバイル。プラスワンマーケティングのMVNO事業を買収したことで、さらに勢力を拡大している。(2017/12/10)

Y!mobile対抗か:
UQ mobileが「UQゼロ学割」をスタート 月額料金最大3カ月無料+次回機種変更までデータ容量2倍
UQ mobileが12月8日から「UQゼロ学割」を提供する。「月額料金最大3カ月間無料」「次回の機種変更までデータ容量が2倍」といった特典内容から、Y!mobileの「タダ学割」に対抗するキャンペーンであると思われる。(2017/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。