ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「学割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学割」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ソフトバンクの「スマホデビュープラン」、データ容量を3GBに増量 16〜22歳も対象に
ソフトバンクは、6月16日申し込み分から「スマホデビュープラン」を料金そのままにデータ容量を3GBへ増量。併せて、16〜22歳もスマホデビュープランへ加入できる「U22おトクキャンペーン」も実施する。(2021/6/10)

「povo」の注意点は? au「使い放題MAX」、UQ mobile「くりこしプラン」と比較
auのオンライン専用ブランド「povo」では、月額2728円で20GBのデータ通信を利用できる。auのメインブランドや、サブブランド「UQ mobile」とは何が違うのか? 利用できないサービスやサポートの違いなどを確認した。(2021/5/7)

「学割効くのかしら?」 34歳の高校生・スザンヌ、顔写真付きの“学生証”をウキウキで公開
勉強不安しかない。(2021/5/6)

5月24日まで中古iPhone 8が1円に ゲオがオンラインで「UQ学割締め切り迫る!お得にのりかえキャンペーン」を開催
ゲオが、5月24日までの期間限定で「UQ mobile」の音声SIM(MNP契約)と指定の中古iPhoneを同時購入すると、端末を大幅値引きするキャンペーンを開催する。キャンペーン名に「UQ学割」と付いているが、UQ学割の加入はなくても構わない。(2021/4/28)

大手キャリアの料金プランはどう選ぶといい? 「データ通信」の使い方から考えてみよう
大手キャリアがリリースするオンライン専用料金プラン(ブランド)に注目が集まっていますが、実は大容量プランや格安ブランドのプランも値下げされており、使い方次第ではオンライン専用料金プランよりも有利に使える可能性があります。楽天モバイルを含む4キャリアのプランは同選ぶべきなのか、「データ通信」の使い方から確認してみましょう。(2021/3/17)

「LINEMOでたモンキャンペーン」開催 LINEポイントやPayPayボーナスのプレゼントも
ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO」の申込受付開始を記念したキャンペーンを開催。通話オプション割引やLINEポイント&PayPayボーナスをプレゼントする。(2021/3/15)

ahamoはどんな人にオススメ? 「1人暮らし」から「家族での利用」までを検証
ドコモは3月26日から、月額2700円(税込み2970円)で通信量20GB、通話1回5分無料の新プラン「ahamo」を提供する。現在、家族でドコモを利用中の場合もファミリー割引などを維持したまま移行しやすいプランとなっている。この記事では、ahamoにすると既存のドコモのプランより安いのか、1人暮らしや家族での月額料金について検証した。(2021/3/14)

若手の注目俳優・奥平大兼が木曜劇場「レンアイ漫画家」出演へ 「期待に応えれるように」
デビュー作で日本アカデミー賞新人俳優賞などを次々受賞した奥平さん。(2021/3/12)

いくらでも魔法かけられたい! 深田恭子&多部未華子&永野芽郁、“魔女”姿で魔法学校の美人教師に
何分の何番線から乗れば入学できるの?(2021/3/1)

ソフトバンク、Xiaomiの5Gスマホ「Redmi Note 9T」を2月26日発売 MNPなら1円
ソフトバンクは、5G対応のXiaomi製スマートフォン「Redmi Note 9T」を2月26日に国内独占発売する。直営店やソフトバンクオンラインショップでの販売価格は1万9637円(税別)。(2021/2/18)

ソフトバンク、3月17日から「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」提供 「データ通信専用50GBプラン」も
ソフトバンクは、3月17日から4G/5G共通の料金プランとして「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」「データ通信専用50GBプラン」を提供する。(2021/2/18)

星野源、ドコモ新CMで橋本環奈&浜辺美波からいじられ「ものまねやめてー」 “カンナとミナミ”の制服姿も再び
カンナとミナミは相変わらず最高だぜ。(2021/2/15)

石野純也のMobile Eye:
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算を振り返る 非通信分野が収益回復のカギに
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度第3四半期決算が出そろった。コロナ禍で企業のデジタルシフトが進んだこともあり、非通信領域が各社とも好調だ。金融・決済関連のサービスも、順調に拡大している。ただし非通信分野の攻め方は3社3様だ。(2021/2/6)

「ahamo」は事前エントリーで100万突破 井伊社長は“ドコモの強み”を再認識
NTT持株とNTTドコモが合同で決算会見を開催。ドコモの第3四半期は減収増益となり、料金値下げによってさらに減収影響が出てきそうだが、井伊社長は非通信分野を強化する姿勢を改めて示した。新料金プラン「ahamo」は事前エントリーで100万を超える申し込みがあった。(2021/2/5)

Xiaomi、5G・FeliCa対応で2万円のスマホ「Redmi note 9T」 ソフトバンク独占
中国Xiaomiが、5Gスマートフォン「Redmi note 9T 5G」を日本で提供すると発表。Xiaomiのスマホで初めてFeliCaを搭載した。価格は1万9637円で、2月下旬からソフトバンクが独占販売する。(2021/2/2)

Xiaomiの5Gスマホ「Redmi Note 9T」がソフトバンクから登場 約2万円でFeliCa対応
Xiaomiが2月2日、ソフトバンク向けの5Gスマートフォン「Redmi Note 9T」を発表した。国内ではソフトバンクの独占販売となる。おサイフケータイに対応しながら、1万9637円(税別)という価格を実現した。(2021/2/2)

Y!mobileの新プラン「シンプルS/M/L」は2月18日から提供 「おうち割」「家族割引」の増額など条件変更も
Y!mobileが2020年12月に発表した新料金プランの提供開始日が2月18日に決定した。現行プランは提供を終了するが、同日から順次5G通信サービスへの対応を開始する。(2021/2/1)

約半額の値下げで完全分離プランに 石川社長が語る、J:COM MOBILE新プランの狙い
J:COM MOBILEの新料金プランは、5GBで1480円、10GBで1980円、20GBで2480円の4タイプ。新プラン導入の背景には、9割のユーザーが20GB以下のデータ通信を利用しているトレンドがある。採算が取れるギリギリでプランを設定したという。(2021/1/29)

月額2480円で20GB――「J:COM MOBILE」で新料金プラン 5GBと10GBも値下げ au認定中古iPhoneも投入
ジュピターテレコムが、MVNOサービス「J:COM MOBILE」向けの新料金プランを2月18日から提供する。1GBプランは月額980円で据え置きだが、5GBプランは月額2980円から1480円に、10GBプランは月額3980円から1980円に、20GBプランは月額4980円から2480円に値下げする。対応スマホとして、au認定の中古iPhoneや、Galaxy A21の販売も開始する。(2021/1/28)

幸楽苑が“食べ放題セット”を全国に拡大! “学割セット”もバージョンアップ
いっぱい食べたい。(2021/1/27)

東貴博、51歳にして駒大法学部に合格 「金持ちだけど、学割は使います」
東さん「約束もあって、いつか行きたいと思っていた」。(2021/1/26)

イメージ真逆! 寺田心が新CMでリーゼント&ヤンキー座り、突然の“ツッパリ”姿でもやっぱり心くん
もうすぐ中学生の心くん。(2021/1/20)

イオンモバイル、25歳以下が対象の「3年学割」開始 3年間1GBを増量
イオンモバイルは、25歳以下のユーザーが通常の料金プランより1GB増量で3年間利用できる「3年学割」を提供開始。申込受付は1月15日〜5月31日。(2021/1/14)

既存プランも5G対応:
Y!mobleが5G通信サービスを開始 2021年2月から 料金プランも刷新
Y!mobileが、2020年2月から5G通信サービスを対応する。それに合わせて4G LTEと5Gで共通の料金プランを設定するが、既存の「スマホベーシックプラン」ユーザーも同月から順次5Gに対応するという。(2020/12/22)

ドコモが大容量プランを600円〜1000円値下げ 「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」発表
NTTドコモは12月18日、新料金プラン「5Gギガホ プレミア」と「ギガホ プレミア」を発表。2021年4月から提供する。5Gギガホ プレミアは現行の5Gギガホから1000円、ギガホ プレミアは現行のギガホから600円値下げした。(2020/12/18)

ドコモの「ahamo(アハモ)」はどう? 料金の示し方はこれでいいの? ――KDDI東海林副社長との一問一答
KDDIが12月9日、新しい料金プランやサービスを発表した。この記事では、発表会での質疑応答のうち、特に興味深いやりとりをまとめる。(2020/12/9)

KDDI、「auワイド学割」の割引強化 22歳以下は無制限プランを月額900円から利用OK
KDDIが「auワイド学割」の特典を強化。22歳以下のユーザー限定で、「データMAX 5G」の割引幅を1000円から2560円に拡大する。他の割引を併用した場合の月額料金は900円になる。(2020/12/9)

「auワイド学割」拡充 22歳以下はさらにお得、Amazon プライムのセットプランも対象に
KDDIと沖縄セルラーは、12月11日から「auワイド学割」を拡充する。22歳以下はさらに割引額を増やす他、新料金プランの「データMAX 5G with Amazon プライム」「データMAX 5G Netflix パック(P)」「データMAX 5G ALL STAR パック(P)」も割引対象とする。(2020/12/9)

Mobile Weekly Top10:
大手キャリアのメインブランドを“値下げ”するのは正しい?/考えてみたいサポートの「対価」
11月20日の記者会見で、武田良太総務大臣が大手キャリアのメインブランドにおける値下げを事実上要求する発言をしました。格安ブランドやMVNOなど、すでに割安な携帯電話には選択肢があるはずなのに、なぜそれを選べるようにする施策を取ろうとしないのでしょうか……?(2020/11/27)

いいじゃない学ラン姿! 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が“UQ3兄弟”となってCM出演
撮影の最後には、深田さんの誕生日をサプライズでお祝いしたそうです。(2020/11/20)

18歳以下と家族の月額料金を最大12カ月間1000円引き UQ mobileが「UQ学割」の提供を開始
KDDIと沖縄セルラーが、11月20日から18歳以下のユーザーとその家族を対象とするUQ mobileの学割プログラムの提供を開始する。「スマホプランS(3GB)」の月額料金を最大8カ月間580円、「スマホプランR(10GB)」の月額料金を最大12カ月間1000円割り引かれる。(2020/11/17)

Y!mobileが11月11日から「ワイモバ学割」を提供 5〜18歳が対象で家族割引グループにも適用可
Y!mobile(ワイモバイル)を契約した5〜18歳が対象の「ワイモバ学割」が11月11日から始まる。対象者と、その家族の「スマホベーシックプランS/M/R」の月額基本使用料を1年間割引する。(2020/11/9)

ソフトバンクが「スマホデビュープラン」の割引を改定 契約から1年間は月額900円(税別)から利用可能に
ソフトバンクが、11月11日に「スマホデビュープラン」の割り引き内容の一部を改定する。データ量上限が1GBの場合は、契約から1年目は月額900円(税別)から利用できるようになる。合わせて、「SoftBank学割」の内容も一部見直し、スマホデビュープランのデータ容量を2倍とする。(2020/11/9)

22歳まで毎月最大1000円引きの「ドコモのロング学割」提供開始 「ハーティー割引」は内容を見直し
NTTドコモが新たな学割プログラムの提供を開始。2021年5月31日までに新規契約、または機種(契約)変更した22歳以下のユーザーは、22歳の誕生日を迎えるまで月額料金が毎月最大1000円引きとなる。障がい者を支援する「ハーティ割引」の改訂も行う。(2020/10/29)

オンラインショッピングで「学割」が使える?:
在学証明書や卒業見込み証明書をオンラインで提供 慶應義塾大学らが「次世代デジタルアイデンティティー基盤」の実証実験を開始
慶應義塾インフォメーションテクノロジーセンターと慶應義塾大学SFC研究所ブロックチェーン・ラボは次世代デジタルアイデンティティー基盤の実証実験を開始した。慶應義塾大学の学生を対象に在学証明書や卒業見込み証明書などをスマートフォンアプリで発行する。(2020/10/28)

全機種5G対応のiPhone 12シリーズ auで使うとどんなメリットが?――KDDI東海林副社長が解説
KDDIが「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」を開催、東海林崇副社長が登壇した。改めて、au 5GでiPhone 12シリーズを使うメリットをアピールした。(2020/10/23)

「SoftBank学割」が10月23日にスタート メリハリプランを半年間割り引き
ソフトバンクが、「ソフトバンク」ブランドにおける学割プログラムを発表した。2020年シーズンは、メリハリプランの月額料金を6カ月間割り引く。(2020/10/22)

auがiPhone 12に導入した秘策 4G周波数の転用は“なんちゃって5G”にあらず?
KDDIは、iPhone 12シリーズ向けに、5Gエリアで動画サービスを自動で高品質にする機能を設ける。これはauの無制限プランを利用しているユーザーが対象になる。端末側でプランを判定して、5Gエリアでは映像の品質を上げるという。(2020/10/16)

KDDI、データ無制限プランで「auワイド学割」 対象を29歳以下に拡大 5Gプランも対象
KDDIが、データ容量に上限のない料金プランを対象に、基本使用料を最大1600円×6カ月割り引く「auワイド学割」を始めた。これまで「auの学割」は対象年齢は25歳以下としていたが、29歳以下に拡大する。(2020/10/16)

「auワイド学割」を10月16日開始 29歳以下なら月額1000円か1600円×6カ月割引
KDDIと沖縄セルラーが、29歳以下のユーザーの月額料金を最大6カ月間割り引く「auワイド学割」を10月16日から提供する。auの学割は対象年齢を25歳以下だったが、今回は29歳以下に拡大する。5Gと4Gのプランどちらも対象となる。(2020/10/16)

焼肉+カレーのセットが衝撃の500円 焼肉ライク、学生向けの「学割ライク」を実施
学生さんを焼肉で応援!(2020/9/14)

PR:PCは便利なものだと感じてほしいから――娘にスタディパソコン「mouse E10」を勧めた結果
我が家の娘(小3)は、デジタルネイティブだ。物心ついた頃からデジタルの便利さや柔軟性に触れて育ってきた。けれど、手にしているのはタブレットだったりスマホだったり、あるいは友達の家でプレイしたゲームコントローラーだったりする。PCネイティブではない彼女の最初のマイPCには何が良いだろう? そう考えていたとき、PC USER編集部からマウスコンピューターのスタディパソコン「mouse E10」が届いた。(2020/9/9)

マウス、学習向け2in1タブレット「mouse E10」に学生・教職員向けの割引サービスを用意
マウスコンピューターは、学生・教職員向けの割引サービス「マウスの学割」を発表した。(2020/8/31)

楽天、学割の加入条件を緩和 社会人もOK 「楽天市場」などで特典
楽天が、ECサイト「楽天市場」などで使える特典を提供する会員サービスをリニューアル。加入条件や特典の内容を変更した。「より多くのお客様にサービスを利用してもらうため」という。(2020/8/17)

ドコモの「U15はじめてスマホ割」が“復活” FOMAからの契約変更なども対象に加えて7月22日から提供
総務省からの指摘を受けて提供を見合わせていたドコモの「U15はじめてスマホ割」が、一部の契約変更やプラン変更を対象に加えて復活する。ただし、その他の割引と重畳適用できないこともあるので注意しよう。(2020/7/17)

日本マイクロソフト、「Surface学生優待プログラム」のキャッシュバック対象年齢を大幅に拡大 3歳児から対象に
日本マイクロソフトは、Surface 各製品を割引で購入できる「Surface学生優待プログラム」の対象年齢拡大を発表した。(2020/7/15)

なぜドコモの「U15はじめてスマホ割」“のみ”が中止に? 総務省に確認した
NTTドコモが7月1日からの提供を予定していた「U15はじめてスマホ割」が急きょ中止に追い込まれた。その理由は「電気通信事業法に抵触するため」とのことだが、何がまずかったのか。総務省は「新規契約のみ」を条件としていることを問題視した。(2020/7/2)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
あぁ懐かしの「いい旅チャレンジ20000km」 令和のデジタル環境で国鉄時代の濃いアナログゲームやってみた
「あの頃」にマジ参戦していた達人の皆さんをお呼びして、いざ! ……ホントにできるのか?(2020/6/24)

月額700円(税別):
定額動画配信「Disney+」が6月11日に日本上陸 「Disney DELUXE」ユーザーは追加料金なしで利用可
米Disneyが欧米とインドで提供している定額動画配信サービスが、日本でも利用可能となる。日本ではNTTドコモとの協業で提供され、「Disney DELUXE」を契約しているユーザーは追加料金なしでこのサービスを利用できる。【追記】(2020/5/28)

Googleさん:
Google PlayからYouTube Musicへの移行、気になる点をGoogleに聞いてみた
年内終了の「Google Play Music」から「YouTube Music」への移行で気になる点をGoogleの中の人に質問しました。月額780円の人はどうなるの? 無料の人が使える機能は?など。(2020/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。