ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学割」に関する情報が集まったページです。

なぜドコモの「U15はじめてスマホ割」“のみ”が中止に? 総務省に確認した
NTTドコモが7月1日からの提供を予定していた「U15はじめてスマホ割」が急きょ中止に追い込まれた。その理由は「電気通信事業法に抵触するため」とのことだが、何がまずかったのか。総務省は「新規契約のみ」を条件としていることを問題視した。(2020/7/2)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
あぁ懐かしの「いい旅チャレンジ20000km」 令和のデジタル環境で国鉄時代の濃いアナログゲームやってみた
「あの頃」にマジ参戦していた達人の皆さんをお呼びして、いざ! ……ホントにできるのか?(2020/6/24)

月額700円(税別):
定額動画配信「Disney+」が6月11日に日本上陸 「Disney DELUXE」ユーザーは追加料金なしで利用可
米Disneyが欧米とインドで提供している定額動画配信サービスが、日本でも利用可能となる。日本ではNTTドコモとの協業で提供され、「Disney DELUXE」を契約しているユーザーは追加料金なしでこのサービスを利用できる。【追記】(2020/5/28)

Googleさん:
Google PlayからYouTube Musicへの移行、気になる点をGoogleに聞いてみた
年内終了の「Google Play Music」から「YouTube Music」への移行で気になる点をGoogleの中の人に質問しました。月額780円の人はどうなるの? 無料の人が使える機能は?など。(2020/5/17)

携帯3社、新型コロナで若者向け支援 将来の中心顧客を“青田買い”
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社は、4月から25歳以下のユーザーを対象のデータ通信量の一部無償化を行っている。3社の負担は小さくないが、即座に支援を始めたのは、将来の中心顧客となる若者を青田買いする狙いも背景にある。(2020/5/8)

新型コロナウイルスによるテレワークや遠隔学習で増える「データ通信」 大手キャリアの容量制限と通信支援措置まとめ
新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点で「テレワーク」や「遠隔学習」をする機会が増えています。その通信でスマートフォンで乗り切ろうとしている人もいると思いますが、「データ通信制限」を意識しなければなりません。この記事では、大手キャリアのデータ通信制限条件とその回復方法、25歳以下のユーザーを対象とするデータ通信に関する支援措置をまとめました。(2020/4/10)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがオンライン授業支援 25歳以下のデータ追加購入を無償化、年齢制限に批判も
学習の機会、どうやって保つ?(2020/4/3)

「大切なのはレビューを読む事ではなく自分で経験する事」 インタビューで見えたMattが愛される理由
スキンケアの第一歩は「まず自分の肌の状態を皮膚科医に相談すること」。(2020/3/28)

Perfume、山口一郎、平手友梨奈ら豪華ゲストが退任直前のとーやま校長をねぎらう! 「SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭」動画生配信で大盛況
超豪華ゲストと生徒からのあたたかい言葉にとーやま校長も涙。(2020/3/23)

「au 5G」は3月26日開始 月額料金は「4G LTE+1000円」 Netflix、YouTube、Apple Musicのバンドルプランも
auの5Gサービスが3月26に始まる。月額料金は、基本的に現行の4G LTE向けプランに1000円をプラスする形となっているが、Netflixパックに「YouTube Premium」や「Apple Music」もバンドルした新プランも後日登場する。【更新】(2020/3/23)

ドコモの「5G」商用サービスは3月25日から 月額7650円で当面は無制限
NTTドコモの「5G」が3月25日にスタート。料金プランは現行プランをベースとした専用プランとなっており、「5Gギガホ」ではキャンペーンで当面「国内容量無制限」とする。(2020/3/18)

“裸写真”流出にスカート盗撮も――中高生のスマホトラブル、解決の糸口はどこにあるのか
中高生のスマホトラブルが後を絶たない。解決の糸口はどこにあるのか。携帯事情に詳しく、学生向けのスマホ講演会なども行うフリーライター・モバイルプリンスが考える。(2020/3/3)

橋本環奈&浜辺美波、高校の“卒業アルバム”動画がエモすぎる 「こんな青春時代を過ごしたかった」「リアルに涙溢れた」
ドコモの学割をアピールする動画。(2020/2/22)

「UQ mobile」と「Y!mobile」どちらを選ぶ? 違いを整理する(2020年春版)
大手キャリアのサブブランドとして「UQ mobile」と「Y!mobile」のどちらを選ぶべきか、悩んでいる人も多いだろう。料金、データ容量、学割を中心に比較する。データを繰り越したければUQ mobile、通話をよくする人はY!mobileがオススメだ。(2020/2/15)

好調「LINEモバイル」は改正法の影響なし 新料金プランで“安さ”のニーズに応える
大手キャリアの値下げや法改正が行われる中でも、堅調にユーザー数を伸ばすLINEモバイル。そんな中で同社は料金プランを刷新する。今村隼人副社長が、LINEモバイルの現況と今後の戦略を語った。(2020/2/11)

改正法によって解約率が低下 “シニアとキッズ”にアプローチして差別化を図るイオンモバイル
イオンモバイルは2月6日、独自のフィルタリングサービスや60歳以上限定の音声通話プランなどを発表し、親子スマホ勉強会を開催した。改正法により、端末のキャッシュバックが減った影響で、イオンモバイルの解約率は下がっているという。シニア向けの料金プランやキッズ向けのフィルタリングサービスで差別化を図っていく。(2020/2/10)

Apple、最大で1万8000円分のApple Storeギフトカードがもらえる学生向けキャンペーンを開始
Appleは、学生または教職員を対象とした「新学期を始めよう」キャンペーンを開始した。(2020/2/7)

イオンモバイル、60歳以上限定で月額980円の新プラン発表 「業界最安級」うたうキャンペーンも
イオンモバイルが、専用ブラウザ不要でフィルタリングができる「イオンモバイルセキュリティPlus」を発表。60歳以上を対象にした「やさしいプランmini.」も発表。「3年学割」や「4周年キャンペーン」も実施する。(2020/2/6)

端末単体で容量無制限の「auデータMAXプランPro」が1500円値下げ テザリング時などのデータ容量も増量
auのデータ無制限プランが値下げした上で、無制限対象外通信の月間容量制限を緩和する。既存ユーザーも含めて、2月1日から適用される。(2020/1/17)

「auの学割」、15歳以下の「新auピタットプランN」ユーザーも対象に
KDDIは、2020年1月10日から15歳以下のユーザー向けにを「auの学割」の割引対象料金プランに追加。利用料金を最大12カ月間1000円割引し、データ容量を1GB増量する。(2019/12/18)

ソフトバンクが12月6日から「SoftBank学割」を実施 「ウルトラギガモンスター+」などの基本プランが6カ月無料
ソフトバンクは、12月6日から2020年シーズンの学割キャンペーンを開始。対象ユーザーが「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」を契約すると、基本プラン(音声)の月額980円(税別)が6カ月間無料になることを始め、複数の特典を用意している。(2019/12/2)

PR:花咲爺さんと似すぎだろ! au「三太郎」シリーズ新CMに新キャラ「桃爺」登場
新キャラのクセが強い(褒め言葉)。(2019/12/2)

「auの学割」改定 MAXプランは対象期間が1年間、月額2400円引きに
KDDIは「auの学割」で「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプランPro」の割引内容を変更。割引期間を「最大6カ月間」から「最大1年間」に、割引額を「月額1400円」から「月額2400円」に変更する。(2019/11/28)

UQ mobileの「UQ学割」が13カ月の割引に延長、データ増量キャンペーンも
UQ mobileは、提供中の「UQ学割」で一部プランの割引期間を延長。対象となる学生は割引期間が6カ月から13カ月に延長となる。「au ID」を登録して「スマホプラン」を契約したユーザーのデータ容量を13カ月間増量するキャンペーンも行う。(2019/11/28)

「ギガライト」もキャンペーンで対象に:
ドコモの「ギガホ」を契約すると「Amazonプライム」が1年間無料 12月から
NTTドコモが、Amazonと連携してAmazonプライムを1年間無料提供する取り組みを始める。新料金プラン「ギガホ」ユーザーが対象だが、当面の間は「ギガライト」契約者もキャンペーンで対象となる。【更新】(2019/11/26)

月額1000円×13カ月割り引きの「ワイモバ学割」開始 「データ増量無料キャンペーン2」も
ソフトバンクが、Y!mobileユーザー向けの学割「ワイモバ学割」を2019年11月29日から実施する。5〜18歳のユーザーやその家族の月額料金を1000円×13カ月間割り引く。データ増量オプションの月額500円を13カ月間無料とするキャンペーンも実施する。(2019/11/25)

UQ mobile、18歳以下と家族の料金を6カ月割り引く「UQ学割」開始
UQ mobileは、11月15日から「UQ学割」を提供開始。18歳以下とその家族の月額基本料金を、6カ月間最大1000円割り引く。(2019/11/13)

12月に「ドコモの学割」開始 25歳以下の月額料金を1年間最大1500円引き
NTTドコモは、25歳以下のユーザーを対象とした「ドコモの学割」を実施する。「ギガホ」か「ギガライト」を契約すると、月額最大1500円を1年間割り引く。申し込み受け付け期間は2019年12月1日から2020年5月31日まで。(2019/11/12)

下期の競争は落ち着く? 楽天モバイルとどう付き合う?――KDDI高橋社長一問一答(2019年第2四半期決算編)
KDDIが2019年度第2四半期の決算を発表した。第1四半期で減益となったものの、第2四半期では増収に転じたため、通期の業績予想は据え置いた。この記事では、報道関係者向け決算説明会での高橋誠社長との主なやりとりを紹介する。(2019/11/1)

11月1日に「auの学割」開始 大容量プランで最大1400円を6カ月間割り引き
KDDIが、25歳以下のユーザーを対象とした新たな学割サービス「auの学割」を11月1日から提供する。月額500円〜1400円を、6カ月間割り引く。対象プランは大容量プランが中心。(2019/10/30)

イオンモバイルがシニア向けサービス&スマホを提供 ターゲット特化で大手キャリアに対抗
イオンモバイルが、9月6日からスマホ初心者のシニアを対象とした「やさしいスマホサービス」を提供する。月額300円の電話サポートが無料になる他、オリジナルの「やさしいスマホ」も発売する。イオンモバイルがシニアに特化したサービスを提供する理由は?(2019/9/3)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの分離プラン向け「家族割引」を比較 “家族の定義”にも違いあり
家族や同居している人同士で同じキャリアの新料金プランを契約すると、月額料金の割引を受けられる。「家族」に該当するグループの中で、対象プランの回線数に応じて割引額が決まる。一方、割引対象となる「家族」の定義はキャリアによって異なる。(2019/8/21)

沖縄県は別条件:
auの「Galaxy Note9」が5万4000円引き(税込) 「au購入サポート」適用で
KDDIが「Galaxy Note9 SCV40」の端末代金の割引を増額し、より購入しやすくなった。ただし、購入月から12カ月以内に割引の適用条件を満たさなくなった場合は、残月数に応じた「解除料」が請求されるので注意しよう。沖縄セルラー電話も、KDDIとは一部異なる条件で割引販売を実施中だ。(2019/8/9)

「家族割プラス」「制限時速度アップ」「原則容量無制限」――auの新プランの特徴を再チェック
auが「ピタットプラン」を見直し、フラットプランに「7GB+SNS放題」なメニューを追加。さらには「原則容量無制限」なプランも新規投入することになった。新プランの特徴を簡単に解説していく。(2019/5/14)

auが新料金プラン発表 5G時代を見据えた「原則無制限プラン」も
auが新料金プランを発表。「ピタットプラン」の内容を改訂した他、「フラットプラン」に「7GB+特定SNSフリー」の選択肢を導入し、5G時代を見据えた「原則データ無制限」なプランも用意する。これらの新プランでは家族割(複数回線割引)も導入される。【追記】(2019/5/13)

ソフトバンク、ケータイからスマホへの移行で端末代1万800円引きのキャンペーン
ソフトバンクは、3月1日に「スマホスタート割」を提供開始。各種フィーチャーフォンからスマートフォンへ機種変更またはMNP時に「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」へ加入すると機種代金が1万800円割引となる。終了時期は未定で、学割放題との同時加入はできない。(2019/2/25)

販売チャネル、キャンペーンも強化:
LINEモバイル、au回線を提供へ 3キャリア対応と“料金の分かりやすさ”で攻める
LINEモバイルが今夏までにau(KDDI)回線の提供を始めると発表。既にNTTドコモ回線とソフトバンク回線には対応済みで、大手キャリア3社を網羅する。複雑な条件を廃したキャンペーンなども提供し、ユーザー増を目指す。(2019/2/20)

平成最後の“カオスMV”爆誕 アパ社長、青山テルマ、アントニオ猪木らのダンスユニットという悪魔的発想
大変なことになっています。(2019/2/15)

「混雑してないから遊び放題」 志摩スペイン村の自虐サイト話題に 広報「自虐のつもりはなかった(笑)」
映り込む人がいないからインスタ映えもしやすい――三重県志摩市のテーマパークのキャンペーンが「振り切っている」と話題に。(2019/2/14)

Mobile Weekly Top10:
料金プラン改定を見越して? ドコモがオンラインショップで“攻勢”/PayPayキャンペーン第2弾
NTTドコモが、自社のオンラインショップにおいて価格攻勢を仕掛けています。期限が5月31日までということを鑑みると、単に「学割」需要をあてこんだキャンペーンというだけではないような気もして……。(2019/2/12)

石野純也のMobile Eye:
ドコモの値下げでauとソフトバンクはどう動く? 3社の決算会見で語られたこと
3社とも決算の数字だけを見ると好調と総括できるが、来期には官邸の意向を受けた“料金値下げ”が待ち構えている。仕掛けたのはドコモだが、KDDIやソフトバンクもこれに追随する方針。決算説明会で見えてきた3社の現状と今後の見通しをまとめた。(2019/2/9)

イオンモバイルが「3年学割」提供 50万回線突破で次は「100万回線」を目指す
イオンモバイルが「3年学割」を2月15日から提供する。3〜9GBのプランでデータ容量1GBを増量する。契約数は50万を突破した。今後は新たな属性のユーザー増を狙う。(2019/2/6)

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年学割を比較 大容量、小容量プランで安いのは?
携帯電話キャリア各社から、毎年恒例の「学割」が提供中。今回はドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の学割の内容を比較。大容量プランと小容量プランで計算してみた。(2019/1/30)

2019年の学割、Y!mobileとUQ mobileはどちらがお得?
2019年も学割シーズンが到来した。3キャリアはもちろんだが、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも学割を実施している。結論から言うと、UQ mobileの方がお得だと感じた。(2019/1/27)

石野純也のMobile Eye:
UQが“WiMAX 2+と格安SIMのセット割”に踏み込んだ理由 野坂章雄社長が語る
UQコミュニケーションズが、UQ mobileとWiMAX 2+対応Wi-Fiルーターのセット割「ギガMAX月割」を開始する。UQコミュニケーションズの野坂章雄社長は、金額ではなく「割引があることが重要」だと話す。ユーザー層も変わってきているという。(2019/1/26)

Y!mobile、UQ mobile、BIGLOBEモバイルの「iPhone 7」はどれがお得?
Y!mobile(ソフトバンク)、UQ mobile、BIGLOBEモバイルが「iPhone 7」を発売した。3社のiPhone 7はどれがお得なのか? iPhone 7の特徴をおさらいしつつ見ていこう。(2019/1/26)

au「三太郎シリーズ」に中川大志、細杉くんの先祖役で細かすぎる副会長に 謎ポーズで「0.000円改革です!」
アドリブも見せたようで。(2019/1/14)

「うまい・安い・早い」頼みから脱却:
「値上げはしない」苦境の吉野家が挑む“初めてのマーケティング”
コスト高にあえぐ吉野家が“初めてのマーケティング”に挑戦。新型店舗で女性客を取り込み多彩なクーポンも発行。今後は単価を高くするメニュー提案も。(2018/12/20)

家族の機種変更も対象に――auが2019年シーズンの「学割」を一部改定 機種変更キャンペーンも開始
12月1日から始まったauの2019年シーズンの「学割」。今日(12月18日)から、キャンペーン内容を一部改定し、家族の機種変更も対象とすることになった。12月1日から17日までに新しい条件を満たしたユーザーについても、さかのぼってキャンペーンを適用する。(2018/12/18)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。