ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「監視社会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「監視社会」に関する情報が集まったページです。

モノづくり最前線レポート:
量子コンピュータとAI、先進技術における日本の最新動向と位置付け
日本最大級の産学官連携イベント「イノベーション・ジャパン2019」(2019年8月29〜30日、東京ビッグサイト青海展示棟)において、科学技術振興機構(JST)事業セミナーで、JST研究開発戦略センター(CRDS)がAI技術および量子コンピュータ技術の最新動向について紹介した。(2019/9/27)

監視システムもクラウド化でシンプルに:
PR:専門家がケースで解説、監視カメラをクラウド化するメリットと気を付けること
録画データの安全性や可用性に難がある、設備構築に工数がかかる、安全な通信を介してデータをアップロードしたい――監視カメラの課題をまとめて解決する方法とは。4つのケーススタディーでメリットを紹介する。(2019/8/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

監視システムもクラウド化でシンプルに
専門家がケースで解説、監視カメラをクラウド化するメリットと気を付けること
録画データの安全性や可用性に難がある、設備構築に工数がかかる、安全な通信を介してデータをアップロードしたい――監視カメラの課題をまとめて解決する方法とは。4つのケーススタディーでメリットを紹介する。(2019/7/31)

古市憲寿VS. ひろゆき(後編):
マイナンバーを嫌ってTポイントを喜ぶ、日本人が気付いていない思い込み
人々が互いに監視しあい評価しあう社会では、働き方や消費行動はどのように変わるのだろうか。AIによって選択させられる人間は幸福なのか。社会学者の古市憲寿氏と元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏に、AI時代の人間像について語ってもらった。(2019/4/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「隠すことは何もない」? ネットの“のぞき見”、鈍感さに潜む危険
タクシーの配車アプリなど、ネット上のプライバシー問題が注目されている。この問題について「隠すことは何もないから気にしない」という主張が根強くあるが、本当にそれでいいのか。自分の情報を“見られる”ことの本当の問題とは?(2019/3/28)

気鋭の起業家たちが語る「テクノロジーと経営」(前編):
DMM亀山会長がベンチャーブームに物申す「プレゼンがうまいだけの起業家が増えている」
DMM亀山敬司会長、ジーンクエストの高橋祥子社長、Gunosy の福島良典取締役 ファウンダー、セガサミーホールディングス里見治紀社長が、テクノロジーと経営について熱い議論を繰り広げた。(2019/1/16)

Weekly Memo:
三越伊勢丹、ユニ・チャームが年頭所感で示した「2019年のデジタル変革」
2019年は、企業にとって、デジタル変革への取り組みがますます重要になる。そこで、ITベンダーではなく、ユーザー企業あるいは団体の年頭所感から、その意思を探ってみたい。(2019/1/7)

プライバシー侵害の懸念も
iPhone XSでも採用 「顔認識」は利器か“凶器”か
顔認識技術がビジネスにもたらす可能性は幅広い。一方でプライバシーの侵害につながるのではないかという懸念もある。顔認識技術とどう向き合い、どう活用すべきなのか。(2018/9/24)

スピン経済の歩き方:
日本の親が子どもを「モノ」扱いしてしまう、根本的な理由
東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)が虐待の末に死亡した。痛ましい事件が起きた原因として、専門家からは「児童相談所と警察がきちんと連携していなかったからだ」「児相の人員が不足しているからだ」といった声が出ているが、筆者の窪田順生氏は違う見方をしている。それは……。(2018/6/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたの個人情報、Facebookにこれほど吸い上げられている
Facebookの個人情報が不正に集められて米大統領選に使われたことが指摘され、騒動となっている。しかし、無料で利用できるFacebookやGoogleが個人情報を利用してビジネスをしていることは驚くことではない。どのようなデータが吸い上げられているかというと……(2018/4/12)

CES 2018:
ロボットのポールダンサー、CES 2018で踊りまくる
CES 2018開催中のラスベガスのストリップクラブSapphire Las Vegasで、イベント期間中、ロボットのポールダンサーのショーが開かれている。(2018/1/11)

やしろあずきの調査―― 今の若者ってSNSをどう使ってるの? インタビューから見えた光と闇(女子高生編)
中高生のころにSNSがなくて本当によかった……。(2017/3/5)

24時間リアルタイムでパンダが見られる生配信サービスで「今日パンダ見て終わった」現象多発
1億総パンダ監視社会。(2017/3/3)

ディルバート(429):
1点確認があります(本当は3つ)
監視社会怖い怖い。サボりがばれると思うだけで肩身が狭くなりそうです。(2015/12/24)

窪田順生の時事日想:
「厳罰化」で解決できるのか 企業の秘密漏えい問題
「経済産業省が不正競争防止法を見直す」などと、日経新聞が報じた。企業の営業秘密を外国企業に漏らした者に対して罰則を強化するというものだが、厳罰化によって問題は解決するのだろうか。(2014/11/25)

Weekly Memo:
ウェアラブル端末の正体
ウェアラブル端末への注目度が高まっている。多様な用途への広がりが期待されているが、一方で利用者が監視される道具になることも認識しておく必要がありそうだ。(2013/12/2)

大量データ時代の分析インフラ構築法【前編】
ビッグデータ分析、Hadoop活用の意外な落とし穴
ビッグデータプロジェクトに取り組むIT担当者は、分析基盤の構築・運用では、仮想環境の一般的な運用管理アプローチが全く通用しないことを思い知らされることになるだろう。(2013/6/3)

監視社会化するアメリカに迫る ニコ生×「デモクラシー・ナウ!」
アメリカの独立系報道番組「デモクラシー・ナウ!」がニコニコ生放送にチャンネルを開設。オープン記念の第1弾生放送を配信する。テーマは監視社会化するアメリカ。配信は12月7日21時0分〜。(2012/12/6)

中国だけの話じゃない!? 監視社会へようこそ
「テロとの戦い」という名のもとで、監視社会に向けてさまざまな技術が導入されている。それは国民の安全、国家の安全のためと言われるが、実際は誰が、何を監視するためなのだろう。(2012/6/5)

いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
顔、指紋、虹彩、ふるまい、輪郭……。いったいどれが自分? そんな自分の“属性”ついて考える展覧会。佐藤雅彦氏が放つ、知とユーモアの新しいエンタテインメントへ。(2010/8/23)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
気軽にUstreamに出演しても大丈夫ですか?
犯罪を犯したときには中学校の卒業アルバムが報道され、就職活動ではTwitterの内容がチェックされることもある現代。動画検索技術が高まると、思わぬ波乱が巻き起こるかもしれない、とちきりんさんは語ります。(2010/6/7)

ジャーナリスト斎藤貴男氏が、メディアを斬る:
貧すれば鈍する前に、『毎日新聞』に見習うべきこと
購読部数や広告の減少などを背景に、多くのメディアは苦しんでいる。新聞社は記者の給与カットや人員の削減、出版社は雑誌の休刊などが相次いでいるが、どのようにすればメディアは生き残ることができるのだろうか。(2009/12/8)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『出現する未来』――スティーブ・ジョブズのように内なる声を聞くには
ピーター・センゲらが、150人強の科学者・起業家にインタビューした『出現する未来』。自らの意識変化を整理していて、これを読めばスティーブ・ジョブズのように内なる声を聞けるようになるかもしれない。(2009/8/14)

Amazon CEO、「消えたKindle電子書籍」問題で謝罪
ユーザーのKindleからジョージ・オーウェルの作品が消えた件で、AmazonのベゾスCEOは、権利の問題で電子書籍を削除したと説明し、謝罪した。(2009/7/27)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『21世紀の歴史』――パクス・アメリカーナ後に押し寄せる“三つの波”
サルコジ政権でフランス変革のための政策提言をしているジャック・アタリ。彼の著書『21世紀の歴史』で予想している“三つの波”とは何か。(2009/7/24)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
男のファッションは生きざま
スーツと寝間着の中間、ビジネスカジュアルの服を持っていないことに気付いた私。その背景には、男性社会特有の“ファッション無監視社会”があったのだ。(2008/11/27)

街頭カメラサービスを“反発なく”立ち上げるには――BWAユビキタスネット研
街頭カメラを利用したサービスは、利便性とプライバシーのバランスが難しいことから、導入には細心の注意が必要になる。次世代PHS基地局を利用した街頭カメラの全国ネットワーク構築を目指すBWAユビキタスネットワーク研究会が、その課題と成功事例について説明した。(2008/10/15)

“タブーなき議論”でプライバシー問題をクリアしたカメラネットワークを構築――BWAユビキタスネットワーク研究会
ウィルコムが主体となった「BWAユビキタスネットワーク研究会」の第1回総会が開催され、設立意図や活動内容が明らかになった。これまでにない新サービスの実現に向け、プライバシーなどさまざまな課題に取り組む。(2008/7/28)

小寺信良の現象試考:
「撮影」の暴力化について考える
ネットとIT技術の進歩で、撮影と付随する情報伝達が一般化して久しいが、そこにまだ秩序やルールはない。その実現には、ネットにもTPOを意識させるデザインを持ち込む必要がある。(2008/7/22)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(11)〜ソーシャルとライフログの交差点を目指す
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。米国で大学生を中心に急成長し、会員数5200万人以上を誇るSNS「Facebook」が狙う、ソーシャルメディアとライフログの融合とそれに基づくレコメンデーションについて2回に渡り考察します。(2007/11/26)

ネットは国家の情報統制に対抗する力をもたらすか:
『1984年』の監視社会から読み解く情報発信の自由度
インターネットの利用を制限し、小説さながらの監視社会を作り出している国家がある。その実態はどのようなものなのか。(2007/11/23)

ITmediaエンタープライズ Weekly Access Top10:
企業は従業員を信頼しなくなったのか?
企業が従業員を監視する動きが顕著に見られるようになってきました。それって信頼関係が足りてないんじゃないですか……。(2007/8/4)

5年後の秋葉原を歩く 第7回:
「5年後にようやくアキバは変わり始める」――千代田区議会議員が語る秋葉原の未来
さまざまな立場でアキバに関わる人に話を聞く当連載。第7回は、秋葉原に生まれ育った千代田区議会議員・小林たかや氏にアキバの将来像を聞いた。(2007/7/18)

オルタナブログ通信:
監視社会とネット利用の変化
IP電話が使えない! IT社会では単純なことが大障害を生むことがある。地球温暖化、監視社会、トラバスパム…こういった事象をオルタナブロガーはどう見るか。ITの今をオルタナティブ・ブログは発信する。(2007/5/18)

IT変革力【第27回】
なぜ社員は社内ブログやSNSの流行を受け入れるのか?
近頃、企業で浸透し始めた社内ブログや社内SNSは、社員同士のコミュニケーションに変化をもたらしています。では一体、どのような点がこれまでの情報共有の形と違っているのでしょうか。そして、今後この社内ブログや社内SNSはどのように活用していけばよいのでしょうか。(2006/11/28)

日本の治安はこの2〜3年で「悪くなった」約9割
野村総研のアンケート調査によると、回答者の約9割が日本の治安はこの2〜3年で悪くなったと考えており、特にサイバー犯罪が増えたと感じている人が多い。(2005/5/13)

SFC Open Research Forum 2004特別対論
PR:熊坂×井庭「0番目の対論」
今年のSFC Open Research Forum 2004は、「21世紀をつくる対論12」をテーマに、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの論客が、21世紀が抱える12の世界の問題を提起し、争点を明確にし、それを乗り越えるための政策論を展開する。(2004/11/1)

Wal-Mart、プライバシーめぐる「RFID規制は不要」
RFIDを推進するWal-Mart Storesは、製品のケースやパレットにRFIDを取り付ける計画を継続する一方、個々の製品へのタグ付けは10年先のことになると説明した。企業側でRFID技術の検証作業を進めているため、国家による法規制は必要ないと訴えている。(IDG)(2004/7/15)

RFIDは“ビッグブラザー”を実現する?
バーコードに代わる商品管理用インフラとして注目が集まる「RFID」。CeBIT 2004で、ドイツの市民団体と技術ベンダーがRFID技術についての議論を交わした。(2004/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。