ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SyncMaster」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SyncMaster」に関する情報が集まったページです。

日本サムスン、PCoIP対応の液晶一体型ゼロクライアント
日本サムスンは、11月24日にPCoIPをサポートする液晶一体型ゼロクライアント「SyncMaster NC190」「SyncMaster NC240」を発表した。(2010/11/24)

光デジタル出力付き:
サムスン、27型ワイドのフルHD液晶ディスプレイ「SyncMaster P2770H」
日本サムスンはフルHD/27型ワイド液晶ディスプレイの新モデルを発売する。価格は3万9800円。(2009/11/12)

サムスン、高コントラスト表示対応の24型ワイド液晶「SyncMaster P2450H」など3製品
日本サムスンは、フルHD解像度対応の24型ワイド/23型ワイド/21.5型ワイド液晶ディスプレイ計3モデルを発売する。(2009/9/25)

サムスン、16:9比パネル採用のHDMI搭載24型ワイド液晶「SyncMaster 2494HM」
日本サムスンは、1920×1080ドット表示に対応した24型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2494HM」を発売する。(2009/5/21)

サムスン、シャープなデザイン筐体を採用した20/23型ワイド液晶2製品
日本サムスンは、新デザイン筐体を導入した20/23型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster P2050G」「同 P2350G」を発表した。(2009/5/20)

日本サムスン、実売4万円前後のフルHD対応23.6型ワイド液晶
日本サムスンは1920×1080ドット表示の23.6型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2494HS」を12月中旬に発売する。HDMIも搭載し、実売価格は4万円前後の見込み。(2008/11/21)

実売3万5000円:
日本サムスン、1920×1200ドット表示の22型ワイド液晶を発売
日本サムスンは、1920×1200ドット表示に対応した22型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster T220P」を11月末に発売する。(2008/11/19)

サムスン、16:9のワイド液晶ディスプレイを23型から15.6型まで5機種発表
日本サムスンは、1920×1080ドット対応23型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2333SW」など計5機種を発表した。(2008/11/13)

サムスン、コントラスト比2万:1の24インチワイド液晶「SyncMaster 2443BW」
日本サムスンは、ダイナミックコントラスト比2万:1を実現した24インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2443BW」を発表した。(2008/8/20)

サムスン、ダイナミックコントラスト比2万:1を実現する25.5インチワイド液晶など4製品
日本サムスンは、WUXGA対応25.5インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster T260」など計4製品を発表した。(2008/6/3)

日本サムスン、スタンド付き32インチワイド液晶を10万円以下で発売
日本サムスンは、キャリアブルスタンド付き32インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 320PX(SLS)」など2製品を発表した。(2008/5/22)

Adobe RGB比123%の広色域:
“超Adobe RGB”液晶ディスプレイは“超高画質”なのか?――「SyncMaster XL24」
Adobe RGB比で123%という広大な色域とハードウェアキャリブレーションによってワンランク上の表示環境を提供する「SyncMaster XL24」の実力に迫る。(2008/5/1)

最大コントラスト比8000:1:
日本サムスン、24インチワイド液晶「SyncMaster 245B Plus」を発表
日本サムスンの「SyncMaster 245B Plus」は、1920×1200ドット表示対応の24インチワイド液晶ディスプレイだ。(2008/4/16)

サムスン、スタイリッシュデザイン採用の22インチワイド液晶ディスプレイなど2モデル
日本サムスンは、インテリア性を重視した20インチ/22インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2053BW」「SyncMaster 2253BW」を発表した。(2008/3/12)

3色LED光源でAdobe RGB比123%:
“超Adobe RGB”をうたう広色域液晶とは?――日本サムスン「SyncMaster XL」発表
日本サムスンの「SyncMaster XL20 Plus」「同 XL24」「同 XL30」は、LEDバックライトの採用により、Adobe RGB比で119〜123%の広色域に対応。ハードウェアキャリブレーション機能も備えている。(2008/2/19)

サムスン、オフィス向けのスピーカー内蔵17/19インチ液晶計2モデル
日本サムスンは、法人向けモデルとなる17インチ/19インチ液晶ディスプレイ計2モデル「SyncMaster 743BM」「同 943BM」を発表した。(2008/2/12)

3分LifeHackingマルチディスプレイSpecial:
PR:マルチディスプレイを“共有”する――「SyncMaster 940UX」ならできるこんなこと
Excelの横長な表をはじめとして、画面外にはみ出すほどのファイルを編集するのに便利なマルチディスプレイ。「欲しいけど、それほど頻繁に使わないし」とお悩みな方は、グループで簡単に共有できる液晶ディスプレイはいかがだろうか――。(2008/2/12)

仕事耕具マルチディスプレイSpecial:
PR:総務が考える生産性――USB接続の「SyncMaster 940UX」を選択するワケ
手軽に42%もの生産性向上をもたらす方法。それがマルチディスプレイだ。とはいえ、マルチディスプレイは、ディスプレイを買って、グラフィックスカードをアップグレードする必要がある。金額的な面だけでなく、技術的な懸念からチャレンジできなかった人もいるだろう。これらの問題を払拭するのが、日本サムスンの「SyncMaster 940UX」なのである。(2008/1/22)

シンマス物産のマルチディスプレイ物語:
PR:USBでマルチディスプレイ!? ロースペックPCでも生産性を向上できる「SyncMaster 940UX」
報告書を作成するために、Excelのシートをスクロールさせ、画面を行ったり来たり。新しいPCでも導入して生産性を上げたいけど、経理の答えは「新規購入は認めない」。シンマス物産の陣内博史はどういう手段で生産性を向上させたのか――。(2007/12/25)

サムスン、アス比固定表示対応の3系統入力24インチワイド液晶「SyncMaster 245T」
日本サムスンは、HDMI入力など多彩な映像入力を備える24インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 245T」を発表した。(2007/11/30)

日本サムスン、200万画素Webカメラ内蔵の22インチワイド液晶「SyncMaster 225UW」など2モデル
日本サムスンは、200万画素Webカメラとマイクを内蔵するWSXGA+表示対応22インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 225UW」、およびHDCP対応の19インチワイド液晶「SyncMaster 931BW」の2製品を発表した。(2007/10/17)

日本サムスン、マルチディスプレイを簡単に構築できるUSB外付け型19インチ液晶「SyncMaster 940UX」
日本サムスンは、アナログ/デジタル入力のほかUSB接続による映像出力もサポートする19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 940UX」を発表した。(2007/10/5)

サムスン、「SyncMaster XL20」を用いたデジ一眼ユーザー向けのRAWデータ現像セミナーを実施
日本サムスンは、同社製Adobe RGB対応液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」とRAW現像ソフト「SILKYPIX」を用いたセミナーを開催する。(2007/10/4)

日本サムスン、iFデザインアワード受賞のWSXGA+対応22インチワイド液晶
日本サムスンは、ドイツにて開催された「iF Design Award 2007」を受賞したラウンドフォルムデザイン採用のWSXGA+表示対応22インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 2232GW-R」を発売する。(2007/9/25)

サムスン、WUXGA表示対応の27インチワイド液晶「SyncMaster 275T」――コンポーネント入力も装備
日本サムスンは、WUXGA表示をサポートする27インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 275T」を発売する。(2007/6/8)

PR:HDMIと“秘密のスピーカー”搭載で幅広い用途に対応――22型ワイド液晶モニタ「SyncMaster 225MS-R」
サムスンの「SyncMaster 225MS-R」は純然たる液晶モニタでありながら、22型のワイド画面、HDMI端子、そして、スピーカーまで内蔵。優秀な本体デザインも含め、パーソナルテレビとも十分に渡り合える内容だ。(2007/4/27)

日本サムスン、ダイナミックコントラスト2000:1を実現した19インチ液晶
日本サムスンは、映像に応じコントラスト感を向上させる“ダイナミックコントラスト”によりコントラスト比2000:1を実現した19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 932B Plus-R」を発売する。(2007/4/18)

日本サムスン、法人向けの19/20インチワイド液晶2モデルを発売
日本サムスンは、WXGA+対応19インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 940NW-R」およびWSXGA+対応20インチモデル「SyncMaster 206BW-R」の2製品を発表した。(2007/4/17)

PR:Adobe RGB対応20.1インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」の実力
日本サムスンから、カラーマネジメント対応液晶ディスプレイの常識を打ち破る「SyncMaster XL20」が登場した。sRGBより広いAdobe RGBの色域をカバーし、ハードウェアキャリブレーション機能を標準装備していながら、実売16万円以下と求めやすい価格を実現した話題の製品だ。早速、その実力に迫ってみたい。(2007/4/9)

日本サムスン、HDMI搭載の22インチワイド液晶「SyncMaster 225MS-R」
日本サムスンは、HDMIなど豊富な入力端子を装備する22インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 225MS-R」を発表した。(2007/4/3)

PR:正確な色再現を実現するハードウェアキャリブレーション(後編)
日本サムスンの「SyncMaster XL20」は、実売16万円前後で購入できるAdobe RGB対応の液晶ディスプレイとして注目を集めている。価格を抑えていながら、専用のハードウェアキャリブレーションツールや遮光フードが付属しているのも魅力だ。今回は、SyncMaster XL20が持つ付加機能を紹介、プロカメラマンの永山昌克氏によるインプレッションもお届けする。(2007/4/2)

Adobe RGB対応20.1インチ液晶が16万円前後――日本サムスン「SyncMaster XL20」が予約開始
日本サムスンは3月27日、発売を延期していたAdobe RGB対応20.1インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」の予約を開始した。出荷は4月下旬以降。(2007/3/28)

PR:正確な色再現を実現するハードウェアキャリブレーション(前編)
日本サムスンの「SyncMaster XL20」は、同社初となるAdobe RGB対応の液晶ディスプレイだ。専用のハードウェアキャリブレーションツールと遮光フードが付属したパッケージで、実売16万円前後という低価格を実現している。ここでは、SyncMaster XL20のキャリブレーション機能を紹介しよう。(2007/3/23)

サムスン、WQXGA対応の30インチワイド液晶ディスプレイ
日本サムスンは、2560×1600ドット表示対応の30インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 305T」を発表した。(2007/3/16)

日本サムスン、法人向けのスピーカー内蔵17インチ液晶発売
日本サムスンは、本体下部にスピーカーを搭載した17インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster713BM Plus (IV)」を発表した。法人チャンネルを通じ発売される。(2007/3/8)

日本サムスン、HDCP対応の22インチワイド液晶「SyncMaster 225BW-R」
日本サムスンは、WSXGA+表示に対応する22インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 225BW-R」を発表した。HDCP対応のDVI端子を搭載する。(2007/1/25)

日本サムスン、法人向け19インチ液晶「SyncMaster 940N」発表
日本サムスンは、法人向けモデルとなるSXGA表示対応の19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 940N」を発売する。(2007/1/9)

PR:個性的なスタイルにプレミアムモデルの高性能――サムスン19型液晶モニタ「SyncMaster 971P-R」
サムスンの新液晶モニタ新「971P-R」は、トリプルヒンジによる多彩な調整機構や自社製PVA液晶パネルによる表示品質といったプレミアムモデル「SyncMaster 970P-R」の特徴を受け継ぎつつ、アシンメトリーという新境地を切り開いている。(2006/12/14)

日本サムスン、Adobe RGBをサポートするLEDバックライト採用20.1インチ液晶
日本サムスンは、LEDバックライト液晶の採用によりAdobe RGBの色空間に対応する20.1インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster XL20」を発表した。ハイエンド向け機能を搭載しつつ、実売価格16万円前後の低価格を実現している。(2006/9/29)

サムスン、コントラスト1000:1の法人向け17/19インチ液晶
日本サムスンは、法人向けモデルとなる17インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 740BX」および19インチモデル「SyncMaster 940BX」を発売する。(2006/9/25)

PR:1080i入力もOKのHDCP対応ワイド19型液晶ディスプレイ――サムスン「SyncMaster 940MG-R」
リビングのテレビはほとんどワイド化しているが、PCデスクトップは? サムスンの液晶ディスプレイ「SyncMaster 940MG-R」は、1440×900解像度のワイド19型画面を採用し、HDCP対応DVI-D端子、コンポーネントなどを装備した、デスクトップエンタテインメント構築に最適な製品だ。(2006/8/31)

サムスン、非対称トリプルヒンジスタンド採用の19インチ液晶「SyncMaster971P-R」
日本サムスンは、SXGA表示対応の19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster971P-R」を発売する。非対称型のトリプルヒンジスタンドを採用、自由度の高い設置が可能となっている。(2006/8/22)

サムスン、中間域応答速度8ms/WSXGA+表示対応の21インチワイド液晶
日本サムスンは、中間域応答速度8msに対応し、S-Video入力など各種入力端子を備える21インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 215TW-R」を発売した。価格は9万4800円。(2006/6/22)

サムスン、中間域応答速度2msの17インチ/19インチ液晶ディスプレイ
日本サムスンは、中間階調域の応答速度2msを実現するSXGA表示対応の17インチ/19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 740BF-R」「同 940BF-R」を発売する。(2006/6/15)

サムスン、HDCP対応19インチワイド液晶
日本サムスンは、WXGA+表示に対応する19インチワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 940MG-R」を発売した。TV機能を装備し、PIP/PBP表示も行える。価格は7万9800円。(2006/6/8)

PR:20.1型UXGAで作業も快適、ビデオ入力の使い道はあなた次第――「SyncMaster 204Ts-R」
サムスンの「SyncMaster 204Ts-R」は、1600×1200表示が可能な20.1型非反射コーティング液晶パネルを採用し、オートピボット機能も備えた、DTPなどのクリエイティブ作業に最適な製品だ。さらに、S/コンポジット映像入力端子も搭載し、さまざまな用途に対応する。(2006/1/10)

PR:快適PC作業だけでなくTV観賞もお任せ――24型WUXGA液晶モニタ「SyncMaster 242MP-R」
ワイド24型の大画面PCモニタ「SyncMaster 242MP-R」は、1920×1200という高解像度により、快適なPC作業環境を提供してくれる。さらにD4入力対応テレビ機能を搭載し、ステレオスピーカーも装備するなど、マルチメディア性能も満載だ。(2005/11/4)

PR:仕事も趣味も“スマート”にこなすデュアルヒンジ・ディスプレイ――サムスン「SyncMaster 750B-R」
17型SXGA液晶ディスプレイ「SyncMaster 750B-R」は、3万9800円というコストパフォーマンスに優れた価格設定が魅力。しかしそれだけにとどまらず、同社デュアルヒンジ・デザイン初の電源内蔵型で省スペース性を向上させ、“見た目も機能もスマート”な製品に仕上がっている。(2005/10/18)

PR:トリプルヒンジ&自動ピポットの19型プレミアム液晶モニタ「SyncMaster 970P-R」
サムスンの液晶モニタ新製品「SyncMaster 970P-R」は、トリプルヒンジ採用で、チルト/スイーベル/高さの全てで調整幅が非常に広く、さらにピボット機構付きという意欲作。表示性能も非常に高く“プレミアム液晶モニタ”と呼ぶにふさわしい。(2005/9/29)

サムスン、トリプルヒンジ&自動ピポットの19インチ液晶
日本サムスンが、トリプルヒンジやオートピポットを備えた19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 970P-R」を発表。サムスンダイレクト専用モデルで8万9800円。(2005/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。