ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!受験・進学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で受験・進学関連の質問をチェック

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東北新幹線運休で本領を発揮した快速列車たち 鉄道の“責任”と“誇り”が見える
2月13日の地震の影響で東北新幹線が一部運休。JR東日本はすぐに代替手段を準備した。引退間近の185系を臨時快速に使用するシーンも。悪天候の中で運行した「ひたち」では、受験生への配慮が話題になった。10年前の東日本大震災の時のように、責任感や誇りが見えた。(2021/2/19)

「あの受験生、マスクちゃんとしてる?」 “鼻マスク”な時事ネタ4コマ漫画が異次元のオチ
本当にどっちなんだ……。(2021/1/30)

受験生向けの(?)「暗記もできるフェイスシールド」が天才の発想 見た目の“圧”でライバルに差を付けろ
効果のほどは……。(2021/1/28)

鼻マスクは入店禁止:
「鼻出しマスク」に、どう対応すればいいのか 客商売で苦慮
新型コロナウイルスの感染予防のなか、鼻を覆わず口だけマスクをする「鼻出しマスク」が問題になっている。大学入学共通テストでは、鼻出しマスクを試験監督に再三注意された受験生が失格に。一方で……。(2021/1/26)

組織の日常のコミュニケーションで育む「書く力」:
求められる「要約力」 いかに短い言葉で人を動かすか
組織の日常で求められる書く力とは何か。また、それをどのように育むのか。メディアでの発信をはじめ、表現することの大事さを社員に常に説くサイバーエージェントの曽山哲人氏と、受験指導で生徒に読むこと・書くことの大切さを教え続ける河合塾講師の小池陽慈氏の対話によって明らかにしたい。(2021/1/19)

こんな学校最高すぎるだろ! 先生となった星野源、長谷川博己らが受験生にエール
応援メンバーが強すぎる。(2021/1/16)

偏差値:
大学運営や受験産業に影響大 日本の「難関」大学が減る理由
日本の「難関」大学は減っていると筆者は主張する。大学運営や受験産業にも大きな影響を与える事態だ。その理由とは?(2021/1/16)

面接中止、オンライン導入……首都圏の中学受験スタート
コロナ禍での中学受験がスタートした。面接の取りやめや筆記試験のオンライン化、出題範囲の変更など入試の様相は一変。感染リスクへの危惧から恒例の受験風景は様変わりを余儀なくされそうだ。(2021/1/14)

毎日放送で24人分の個人情報流出 前年度の採用受験者の情報を今年度の受験者に誤送信
毎日放送(MBS)は12月8日、メールの誤送信で24人分の個人情報が流出したと発表した。新卒採用の受験者に対し、誤って前年度の受験者情報を送信したという。(2020/12/9)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

出張や受験勉強での利用を想定:
東急リゾーツ&ステイ、宿泊とシェアオフィスが一体となったプラン提供開始
東急リゾーツ&ステイは「東急ステイ」宿泊時にシェアオフィス「Business-Airport(ビジネスエアポート)」を利用できるプランを発売した。ビジネス利用やワーケーション、資格や受験勉強での需要を見込む。(2020/11/16)

AWSで構築:
AIがカンニングや替え玉受験などオンライン試験の不正を検知、NTT東日本とイー・コミュニケーションズが共同開発
NTT東日本とイー・コミュニケーションズは、オンライン試験の不正監視サービス「Remote Testing AIアナリスト(仮称)」の事前予約受付を開始した。AIを活用してオンライン試験でのカンニングや替え玉受験を防止するという。(2020/10/7)

コロナ禍で受験に大異変 オンライン入試導入も不正懸念、志望者激減の学校も
新型コロナウイルスの影響で、中学や大学の受験に異変が生じている。感染防止のためオンライン入試の導入を検討する学校もあるが、不正の懸念が払拭できない。自宅から通える地元の学校や有名校に志願者が偏る恐れもある。(2020/10/6)

オンライン試験で“あやしい挙動”を検知するAI、NTT東が開発 替え玉受験やカンニング対策で
NTT東日本が、オンライン試験向けに、替え玉受験やカンニングなどの不正の疑いがある行為を検知する「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発した。(2020/10/5)

志望校選び不安にさせない 高校受験、オンラインで説明会も
新型コロナの影響で、受験生向けの大規模な高校進学説明会が中止となるなど、各地で受験戦線に影響が出ている。学校選択の助けになるよう、動画配信やWeb会議ツールによる通話などで学校を紹介する取り組みが広がっている。(2020/9/11)

【マジで方言じゃないと思ってた】広島県の受験生「さっきのテスト、みやすかったね!」→試験官(カンニングか……?)
東京の試験会場で話していたら、勘違いから別室に呼び出されたとか……。(2020/9/3)

受験生の兄が突然「もののけ姫」にドハマりした話に称賛集まる 「好きって強い」「ハマるのも才能やなぁ」
好きこそものの上手なれ。(2020/8/23)

「次回は受験できるといいな」「当選した人は頑張って」 抽選式になったTOEICで当落発表 Twitterには悲しみの声
抽選式になったTOEICの受験申し込み結果が発表されたことを受け、「TOEIC落選した」「次回は受験できるといいな」などの声がTwitterに投稿され、「TOEIC」「TOEIC落選」がトレンド入りした。(2020/8/17)

TOEIC、受験を抽選制に 当面継続 アクセス集中で苦肉の策
英語能力試験「TOEIC」受験の申し込み受付が当面の間、抽選制に。過去の受付で申し込みを正常に受理できない事態が続いたため。(2020/8/7)

TOEICの申し込みサイトにアクセス集中 受け付けを一時中止
TOEICの受験申し込みサイトが、アクセス集中により受け付けを一時中止している。7にも同様につながりにくい状態になったことから、Twitterでは「また申し込みができないのか」などの声が上がっている。(2020/8/5)

キャリアニュース:
2020年第2回G検定、前回から倍増し1万2552人が受験――合格率は68.96%
日本ディープラーニング協会が「2020年第2回 G検定」の結果を発表した。前回検定の約2倍で過去最多となる1万2552人が受験し、8656人が合格。合格率は68.96%だった。(2020/7/30)

CAEニュース:
CAEエンジニアのためのeラーニング教材に「熱流体編」を追加
サイバネットシステムは、CAEエンジニアのためのeラーニング教材「e-CAEユニバーシティ」の提供コンテンツに「熱流体編」を追加した。「計算力学技術者資格認定試験」の熱流体力学分野の受験学習やエンジニアの知識整理に役立つ。(2020/7/27)

「CCNA」改定のポイント【後編】
改定版「CCNA」に加わった新分野と変わらないネットワークの基礎知識は?
ネットワーク担当者の登竜門とも言えるCisco認定試験の「CCNA」の内容が改定された。受験者は具体的にどのような項目を新たに学習する必要があるのか。(2020/3/30)

IPA、情報処理技術者試験を中止 代替試験の有無、受験料払い戻し方法は未定
情報処理推進機構は、春の情報処理技術者試験などを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止が目的。代替試験の有無や払い戻し方法などは未定。(2020/3/25)

「CCNA」改定のポイント【前編】
新旧「CCNA」を比較 受験するなら知っておきたい学習すべき内容の違い
Cisco認定試験の一つである「CCNA」の新試験がスタートした。これまでの試験と何が違うのか、ガイドブックの著者の話を基に見ていこう。(2020/3/20)

カンニング行為検知AIをユーザーローカルが開発 試験中の映像から怪しい動作を見つけ出す
受験者の動作で不正行為を自動で検知します。(2020/2/18)

受験者をリアルタイム監視する「カンニング検知AI」 ユーザーローカル開発
ユーザーローカルは、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督を補助し、公正な試験を支援する狙い。(2020/2/18)

「あまりにもひどい」 聖マリアンナ医科大の入試不正を“受験の現場”はどう見るか
「女性差別はやむをえない」という声についても聞きました。(2020/1/27)

キンコン梶原、次女のせんちゃんが幼稚園受験に合格で“コサック”4人全員同じ幼稚園へ 受験を控えた保護者へ心得など語る
YouTubeで受験について詳しく話しています。(2020/1/24)

本物の「エレベーターボタン」が受験生の合格お守りキーホルダーに 「運気上昇」の上ボタンと「開運」のドア開くボタン
受験生を和ませるユーモアのあるアイテムです。(2020/1/20)

つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」
なんということだ……。(2020/1/14)

学費無料のエンジニア学校「42 Tokyo」、約1カ月続く入試をスタート 海外支部では「とてもつらい」との声
学費無料のITエンジニア養成学校「42 Tokyo」が、約1カ月間続く入学試験をスタート。時間を問わず会場に入退室でき、他の受験者と共同で問題を解く形式。「とてもつらいので、諦める人が多い」という。(2020/1/6)

349人の社員が対象:
内部通報が暴いた大和ハウス工業の重大な不備 施工管理技士の試験でずさんすぎる管理体制が明らかに
大和ハウス工業は、施工管理技士の技術検定試験で重大な不備があったと発表した。受験資格を満たしていないにもかかわらず合格した社員がいた。内部通報がきっかけで判明。(2019/12/19)

入試にスマホ持ち込みOK 東京女子学園中、データ読み解く力を試す
東京女子学園中学校が2020年の入学試験の算数で、スマートフォンの持ち込みを認める。受験者はスマホの検索機能や計算機能などを自由に使い、試験問題に回答する。(2019/12/3)

防げ「ミスマッチ」:
「出世確率」が分かる「全国統一テスト」受け付け開始 受講後には“通信簿”も
若手社員を対象とした「全国統一社会人テスト」が始まる。主催するのは社会人向けスクールなどを運営するマネジメントベース。テストに回答し、同僚や上司などに「360度評価」で採点してもらう形式。受験後に送られてくる通信簿では、出世確率なども分かるという。(2019/11/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「3年で30万人」は絵空事か 就職氷河期世代の雇用対策に欠けた、深刻な視点
兵庫県宝塚市が実施した、就職氷河期世代対象の正規職員採用では、1635人が受験して4人が合格した。政府はこの世代を「3年で30万人」正規雇用することを掲げるが、どうやってそんなにも多くの人を救えるのか。最大の問題は低収入による“リソースの欠損”だ。(2019/11/22)

キャリアニュース:
ディープラーニングのG検定2019 #2の結果発表――合格者3672人、合格率は71.4%
日本ディープラーニング協会が、ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #2」の結果を発表した。ディープラーニングを事業に生かすための知識を有しているかを検定するもので、受験者5143人のうち、3672人が合格した。(2019/7/25)

PCで受験する英検CBT、試験会場を全国47都道府県に拡大
日本英語検定協会はPCで受験する「英検CBT」「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場として「テストセンター」を47都道府県に設置すると発表した。(2019/5/16)

エッチなビデオが好きすぎる受験生のおかげでドリームズカムトゥルー 一見すると下品な漫画が謎の感動を呼ぶ
記事のタイトルに書けないほど下品な題名からは、想像もつかないようなハッピーエンド。(2019/4/18)

新元号に採用? 『古事記』と『日本書紀』、それぞれの共通点と相違点
受験知識だけではもったいない。(2019/3/27)

キャリアニュース:
ディープラーニングの技能認定試験──第2回は245名が合格、合格率は63.3%
日本ディープラーニング協会が、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能認定試験「E資格」の結果を発表。第2回試験は245名が合格した。受験者の年代は20代が最も多く、業種はソフトウェア業が最多で30.2%を占めた。(2019/3/14)

「この受験は宝になる」 ジャガー横田&木下医師の長男、難関中学の受験結果を生発表
大維志くんのふてぶてしさ好き。(2019/2/11)

なぜコインハイブ「だけ」が標的に 警察の強引な捜査、受験前に検挙された少年が語る法の未整備への不満
検挙された少年が当時の状況や「Coinhive事件」の問題点について語ってくれました。(2019/1/30)

成人年齢引き下げでも:
若者の7割が「20歳の成人式」を希望 18歳だと「受験に重なる」
成人年齢が2022年から18歳に引き下げられる。日本財団の調査では若者の7割が依然として20歳の成人式を希望。18歳時は受験などで楽しめないため。(2019/1/8)

受験生を試験会場に案内する「サクラサク ルートナビ」 キットカットがヤフーと協力
「道に迷うかも」「どの電車に乗れば早いの?」……そんな不安に寄り添います。(2018/12/12)

入試会場までルート案内 キットカット、受験生向け「ルートナビ」提供
ネスレは「キットカット」ブランドで、受験生を大学入試試験会場の正門まで案内するナビゲーションサービスを始めた。(2018/12/10)

禁スマホして勉強に集中したい受験生へ カロリーメイトによる勉強応援コンテンツ「禁スマホメイト」公開
禁スマホした時間に応じてオリジナル勉強応援グッズがもらえるキャンペーンも。(2018/12/3)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【後編】
東京大学の合格経験から見えた、教育にITを使うメリットと課題は?
ある現役教員がITを活用した受験勉強に挑戦し、見事、東京大学合格を果たした。その教員の話から、受験勉強や普段の学習にITを活用するメリットは何か、そこから教育はどう変わるべきかを探る。(2018/10/22)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

FAメルマガ 編集後記:
製造現場にも当てはまる「夏は最後のチャンス」という話
受験生の夏……だけではありません。(2018/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。