ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!受験・進学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で受験・進学関連の質問をチェック

3分インタビュー:
東大合格者は毎年500人以上! 鉄緑会「公式ノート」が地味にスゴい
東大受験専門塾の看板を掲げる「鉄緑会」が、初の公式ノートを発売した。パッと見たところ「普通のノート」に感じるが、どのような工夫が施されているのか。開発に携わった、KADOKAWAの担当者に話を聞いたところ……。(2022/5/18)

早稲田大学を目指す小倉優子、育児&ハードな受験勉強で失敗「朝からぼけぼけ」 1週間にテストが“4回”も
小倉さんは3人の息子を子育て中。(2022/5/13)

基本情報技術者試験がいつでも受験できるように、年2回から変更 2023年4月スタート 出題範囲も変更
情報処理推進機構は、基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を通年試験化すると発表した。これまで年2回のみ実施していた試験を、受験者が都合の良い日時を選択して受験できるようになる。2023年4月から適用する。(2022/4/25)

学校選びのポイントも聞いた:
中学受験で支えになってくれた人 「塾の先生」「父」を抜いた1位は?
栄光は、この春中学受験をした受験生とその保護者に「受験生アンケート」を実施。受験を乗り越える上で精神的な支えになってくれた人1位は「母」という回答が7割を超えた。(2022/4/24)

地方受験生400人に調査:
オープンキャンパス、Web開催に「メリットある」9割に
入学試験のDXに取り組むサーティファイは、地方在住の受験生を対象に「オンラインオープンキャンパス」についての意識調査を実施した。その結果オンラインでの実施が一般化した場合、4割以上の受験生が「受験対象として考えていなかった大学を見るきっかけになる」と回答したことが分かった。(2022/4/20)

ITパスポート試験に7歳の小学1年生が合格、最年少記録を更新 12歳以下の合格者は累計61人に
情報処理推進機構は、2022年3月度に開催した国家資格「ITパスポート」の試験に、小学1年生の7歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年少記録である8歳を1年5カ月ぶりに更新したという。(2022/4/14)

528日間、作家に勉強を報告し続けた受験生が大学入試に合格するまで 「ラノベ化決定」「温かさ優しさに感動……」
やりとりに「ラノベ化しよう」とのコメントも。(2022/3/29)

第1回クリスタ検定、受け付けスタート ソフトの使い方や業界知識を測る
セルシスが第1回「CLIP STUDIO PAINTクリエイター検定」の受験受け付けを始めた。ソフトの活用法や業界知識などを問う試験で、「クリエイターとしての知見の向上を図ることができる」としている。(2022/3/22)

ジャガー横田の長男、“七度目の正直”で高校受験に合格 笑顔で結果報告の父に「ホント良かった」と祝福の声
よかった……。(2022/3/19)

木下博勝、6度目不合格“長男の受験校の選び方がおかしい”批判に言及 「プロの方の指導で、受験校を決めました」
「自身の偏差値以上を受けたのは一校だけ」だったそうです。(2022/3/18)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)

9割以上が「受験させて良かった」:
小・中学受験をさせる理由、2位は「よりよい教育を受けさせたい」 1位は?
小・中学校受験に関する調査を実施した。小・中学校受験を意識している親は約4割だった。受験経験者の約9割は「受験させて良かった」と回答している。(2022/3/19)

木下博勝、長男の高校受験巡って一部報道に反論 記事と異なり息子は“親の言うこと聞け!が無い“と証言
また、子どもの近況について「受験から解放された」とも。(2022/3/14)

業務が多忙:
「ブラック勤務が影響しているのではないか」 沖縄県の職員、上級職志願が20年間で半減
沖縄県職員の採用試験受験者が激減している。県人事委員会によると、大卒程度の「上級職」は過去最多だった2002年度の2707人をピークに19年度は1260人と半数以下に。(2022/3/12)

早大受験に挑む小倉優子、模試惨敗も仕事と育児の合間の勉強に不屈の意気込み 「残りわずか11ヶ月!!」「後悔しないように」
中学英語テストの残念な結果にもめげない心意気。(2022/3/8)

木下博勝、高校受験に挑む息子が入試3度目も不合格に 「親としては、いつも味方で、どんな時も応援する立場」
ずっと見守り続けている木下さん。(2022/3/4)

ジャガー横田の長男、2度不合格の“高校受験”を再スタート 「絶対大丈夫」「頑張れー!」とエール届く
がんばってほしい!(2022/2/24)

小倉優子、早稲田大学受験に応援メッセージ殺到 “3児のママ”の挑戦に「決意に感動」「子育てしながら尊敬です」
挑戦することがスゴい。(2022/2/22)

保護者に聞いた:
中学受験させる理由 2位は「個性にあった教育を受けさせたいから」、1位は?
POPERは、2021年度の中学受験直前の子どもを持つ保護者に、「21年度の中学受験実態調査」を行った。子どもに中学受験を受けさせようと思った理由の1位は「質の高い教育を受けさせたかったから」だった。(2022/2/6)

保護者500人に聞いた:
中学受験を検討した時期 2位は「小学3年生」、1位は?
増進会ホールディングスは、19年〜21年に私立(国立・公立)中高一貫校を受験した子どもの保護者に、「子どもの中学受験に関する調査」を行った。中学受験をする目的で最も多かったのは、「質の高い教育を受けさせたかったから」だった。(2022/2/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
学歴社会是正へ「入試移民」「進学実績公表」「学力特待生」厳禁、中国当局の本気度
先日の大学入試共通テストは津波、刺傷事件、カンニング、過去最低の平均点と、歴史に残る混乱ぶりだった。中国では過熱する受験戦争、学歴社会を抑えるため、21年7月に宿題と学習塾の規制、22年1月に大学入試の競争を抑制する規制が発表。今回は、中国の“不公平”な大学入試制度と、1月の規制の中身を紹介する。(2022/2/3)

不景気で理工系が人気:
私大志願者数ランク速報 3位早稲田大、2位明治大、1位は?
コロナ禍で2年目となる大学入試。受験関連の分析に定評のある「大学通信」の協力を得て、私立大の主要55校の出願状況速報(別表)を検証した。志願者を減らす大学が多い中、人気を集める大学や学部には、受験生の意識の変化が反映されているという。(2022/2/2)

電子機器進化に対策追いつかず 海外でも後絶たぬカンニング
大学入学共通テストの問題が流出した問題で、関与したとみられる受験生の女性はスマートフォンを上着の袖に隠して試験問題を撮影したと供述している。電子機器を使った試験中のカンニング行為は過去にも起きており、有効な対策がないのが現状だ。(2022/1/31)

元子役・谷花音、春から高校3年生に進級 「後悔したくないので頑張ります」と大学受験に向けた笑顔ショット
もう受験生になるのか……!(2022/1/26)

たんぽぽ白鳥、“保育士試験”合格を報告 マタニティ期間の勉強&受験に「素晴らしい快挙」「偉すぎです!」
白鳥さん「いつか誰かの役に立てたらいいなぁ」(2022/1/24)

【泣ける】試験の前後で見え方が変わる“受験生応援広告”のポスターが話題 行く道では応援、帰り道ではねぎらいの言葉が
特殊印刷により、行きでは「母のパワーを全部送ります!」だったポスターが、帰り道では「お風呂沸いてるから入りや」に。(2022/1/18)

高校の校則・内規をまとめたWebサイト「校則DB」登場 複数の学校の校則を全文検索して比較可能
受験生それぞれの価値観に合った高校選びが楽になるかも。(2022/1/8)

背景を考察:
日本は遅れてる!? 中学受験ドラマ『二月の勝者』をきっかけに考える、教育とビジネススキル
中学受験を扱った『二月の勝者〜絶対合格の教室〜』がドラマ化された。新しい時代に対応した問題を出す中学・高校が増えているという。教育の観点からこれからのビジネススキルを考察する。(2021/12/24)

ITパスポートに86歳が合格、最年長記録を更新 最年少との差は78歳差に
情報処理推進機構(IPA)は、2021年11月度に開催したITパスポート試験で、86歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年長記録は、2017年12月度の試験時に合格した83歳で、最年長合格者の記録を3歳更新した。(2021/12/14)

がんばれ受験生 「ゆめ」と「希望」のある乗車券「ゆめきぼ切符」相鉄が発売 恒例の縁起ものきっぷ
12月18日から。相鉄線の「ゆめが丘駅」と「希望ケ丘駅」へごぉぉ!(通販もOK)。(2021/12/13)

中高生の親が対象:
受験生の親の困りごと 「家ではあまり勉強していない」を抑えた1位は?
教育事業を展開するモチベーションアカデミアは「大学受験勉強に関するアンケート」を実施。受験生の親の困りごとを調査した。2位は「家ではあまり勉強していない」。1位は? また、子どもとのコミュニケーションにおける課題も調査した。(2021/12/1)

Innovative Tech:
面接官の顔をアバター化すると緊張しない? 顔面モニター「デジタルカメン」で検証
公立はこだて未来大学などの研究チームは、面接官の顔だけをアバターに置き換えてオフライン面接をした時に、受験者が感じる緊張度について考察した。(2021/11/25)

ナダル、娘の幼稚園受験合格「しーんじらんない!!」と喜び “パパの顔”した家族写真が「仕事モードとは違ういい表情」
浜辺美波さんも「おめでとうございます」と祝福。(2021/11/11)

oricon MEが調査:
満足度が高い「大学受験対策の予備校」ランキング 東海と近畿の1位は「河合塾」、首都圏1位は?
oricon MEが、満足度が高い大学受験対策の塾・予備校の地域別ランキングを発表した。その結果、「大学受験ステップ」(首都圏)、「河合塾」(近畿・東海)がそれぞれ1位を獲得した。(2021/11/2)

満足度が高い「高校受験対策の学習塾ランキング」 全9地域別でトップを獲得した塾は?
全国を北海道・東北・北関東・首都圏・甲信越/北陸・東海・近畿・中国/四国・九州/沖縄の9エリアに分け、調査を行った。(2021/11/2)

oricon MEが調査:
満足度の高い「中学受験 集団塾」ランキング 首都圏で「サピックス」を上回った1位は?
oricon MEは満足度の高い「小学生向け塾」ランキングを発表した。首都圏における「中学受験 集団塾」で総合1位になったのは?(2021/11/1)

コンピューティングと女子の関係【後編】
女子はなぜ、コンピュータ、数学、物理などの「STEM」科目を避けてしまうのか
英国GCE A Level試験では、女子のコンピューティング受験者数は増加傾向にある。ただし女子の間で、コンピューティングなどのSTEM科目を学ぶ動きは十分に広がっていない。その背景には何があるのか。(2021/10/31)

コンピューティングと女子の関係【中編】
女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”
2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。(2021/10/24)

中学生、高校生、4年生を除く高専生が対象:
paizaが2022年1月に「中高生向けプログラミング共通テスト」を実施
paizaは、全国の中高生向けプログラミング共通テスト「P共通テスト」を2022年1月に実施する。受験料は無料。2022年度から実施予定の科目「情報I」「情報II」を考慮した問題になっており、「大学共通テスト」の実力を測る目的にも使えるという。(2021/10/19)

目が覚めたら集中治療室 高3のころ、受験勉強とバイトの両立で2週間徹夜した“まさかの結果”
学校に行く→アルバイト→寝ないで勉強→学校に(以下ループ)。(2021/12/21)

女性×ITを英国GCSE受験者動向で考える【前編】
女子生徒が「コンピュータサイエンス」を敬遠の“謎” 英国卒業試験で受験者減
英国のGCSEで、選択受験科目であるコンピュータサイエンスの女子受験者が減少した。総受験者数は増加傾向にあるにもかかわらずだ。女子のみ受験者が減った理由は幾つかある。(2021/9/27)

IPA、ITパスポートなど13試験の受験料値上げ 5700円→7500円に 筆記は今秋、CBT方式は来春から
情報処理推進機構(IPA)が、ITパスポートなど12の試験から成る「情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士試験」の受験料を、5700円から7500円に値上げする。(2021/7/19)

大正大学がバーチャルキャンパス開設 狙いは受験生との交流 「キズナアイ」も“学長”に就任
大正大学が7月31日にバーチャルキャンパスを開設すると発表。PCやスマホから参加でき、高校生と学生が交流する場を目指す。キャンパスの学長には「キズナアイ」を起用した。(2021/7/7)

受験当日、初めて会った子を好きになった―― 受験も恋も応援したくなる甘酸っぱい漫画がキュンとなる
学業も恋も成就しますように。(2021/6/30)

クイズDEドラマ:
ドラマ「ドラゴン桜」東大受験とバドミントンの板挟み “親の呪縛”に捕らわれた岩崎に桜木が送った熱いメッセージ
自分で考えさせることの重要性。(2021/6/15)

「大学入試 うんこ英単語2000」発売 「うんこがもれそうなので結論(conclusion)を」など、全例文に「うんこ」入り
「うんこドリル」シリーズ初の大学受験用教材として、 「大学入試 うんこ英単語2000」が登場。すべての例文にうんこを使った。「うんこがもれそうなので結論(conclusion)を先に言ってもらえますか?」(2021/6/1)

クイズDEドラマ:
「ドラゴン桜」いよいよ受験勉強がスタート! 前作を思い出す“桜木節”に「胸が熱くなった」「グッサグッサくる」
「バカとブスこそ東大へ行け!」の名言も。(2021/5/10)

コロナで課題の「なりすまし受験」 AIで防止するWeb学力検査が登場
コロナ禍で企業の採用活動もオンラインにシフトしているが、オンラインならではの問題も生じている。基礎能力を測るために行う学力検査がそうだ。検査を知人や代行業者が代わりに受験する「なりすまし受験」が問題になりつつある。(2021/4/21)

TOEIC受験料が値上げ コロナ対策実施に伴うコスト上昇のため
一般受験料は6490円→7810円に。(2021/4/7)

美大の受験って何するの? 3浪した受験者が実体験つづった漫画『東京藝大ものがたり』で壮絶さを知る
知らない世界を垣間見られるエッセイ漫画です。(2021/3/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。