ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユネスコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユネスコ」に関する情報が集まったページです。

アイヌ語伝承にAI活用 音声を自動で文字起こし 京大
京都大学が、アイヌ語をAIに学習させ、音声を自動的に認識したり合成したりするシステムを開発したと発表した。アイヌ語の保存や記録、研究に役立てる。(2020/10/15)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
「Remind」「Canvas Student」「ClassDojo」など コロナ禍で活用が盛んな米国教育アプリ
世界的な新型コロナ感染拡大によるロックダウンと休校は、子どもたちの行動にも大きな影響をもたらしています。オンライン教育が進化する米国では、学校と家庭をスクールコミュニティーアプリがつないでいます。(2020/8/28)

シスコが中小企業向けサービスを拡大 新ブランド「Cisco Designed」の狙いとは?
シスコが新たな中小企業向けブランドを発表した。従来国内のみで展開していた中小向けブランドを拡充し、グローバルで展開する。テレワークやオンライン会議などのたニーズに加え、セキュリティやネットワークなども含む提供内容と、その狙いとは。(2020/7/1)

コロナで祭りのない夏 推定損失1兆8000億円の試算も
 新型コロナウイルス感染拡大への懸念から、日本の夏を彩る各地の祭りが相次いで中止に追い込まれている。多くの人々が一堂に集まる祭りの性質上、「密」を避けることは不可能。夏祭りは各地域にとって重要な観光資源であり、経済的損失は1兆8000億円に膨らむと推定する専門家もいる。(2020/6/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
オンライン教育「周回遅れ」の日本 “コロナ休校”で広がる、埋められない空白
新型コロナウイルスの影響で休校が続く各国では、オンライン教育の提供が進んでいる。PCやルーターなどを無償提供して環境を整え、通常通りの時間割でオンライン授業を実施している国もある。日本も「教育の空白」を広げないための方向性を示すことが必要だ。(2020/4/16)

フェリシモの「麺タオル」がタオルなのにおいしそう! メニューは「豚骨ラーメン」「天ぷらそば」「きつねうどん」の3種類
食欲が増しそうなタオル。(2020/3/22)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

イスラエルに学ぶビジネス:
デザートを先に食べるイスラエル人に学ぶスピード経営
それなりの肩書のある(権限のありそうな)日本企業幹部が海外ベンチャー企業を訪問し、その独自技術や強みの説明に興味を持ったとしても、その場で提携やPOC(Proof of Concept、日本的にはトライアル)へ進むことを意思決定する人はほぼいない。大半が「持ち帰って検討する」という反応を示すことは、シリコンバレーだけではなく、イスラエルでもよく聞かれる「日本あるある」である。(2019/12/25)

月刊乗り鉄話題(2019年11月版):
ローカル線を救う夢の乗りもの……!! きっと興味が沸く、いちばん分かりやすい「DMV」のお話【写真62枚】
DMVって何だ? 面白いぞー。(2019/11/19)

青森県が土偶推し 国宝「合掌土偶」のメモ帳が、お値段たったの1万円
国宝だからね。(2019/10/10)

Twitter、国営メディアの広告掲載を全面禁止 香港デモ問題で
Twitterが、香港デモに関する中国国営メディアの偏った広告を掲載したと批判されたことを受け、世界の国営メディアによる広告を全面禁止にするポリシー変更を発表した。(2019/8/20)

仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」世界文化遺産へ登録決定
イコモスが世界遺産に登録するよう勧告したことを発表していた。(2019/7/6)

日本全国の河川を見守り、増水や氾濫状況をリアルタイムで予測 三井共同建設コンサルタントら3社が開発
三井共同建設コンサルタントと京都大学防災研究所、NECの3社は、全国の河川を対象とした、リアルタイムに増水や氾濫状況を予測するシステムを開発した。現在は1時間先を予測でき、NECのベクトル型スーパーコンピュータへの実装が完了すると6時間先までリアルタイム予測できる見込み。(2019/7/1)

「AIと倫理は経営課題」弁護士が警鐘 「日本企業はもっと真剣に取り組むべき」
「AIと倫理について考えることは、企業の経営課題である」――AIに詳しい三部弁護士の見解は。(2019/5/20)

仁徳天皇陵含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産へ ユネスコ諮問機関が勧告
(2019/5/14)

国際CIO学会公開講演会:
世界トップレベルのAI社会原則を策定した日本――課題は低いテクノロジーの活用レベル
今後の日本の成長戦略には、AIやブロックチェーンなどの最先端テクノロジーの活用が不可欠。さらに、米国、中国との関係をいかに構築するかが重要になる。(2019/5/13)

仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 現地からTwitterに写真や動画が続々投稿される 日本でもトレンド入り
フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生している。ネット上には現地の状況が多く寄せられている。(2019/4/16)

「通勤電車の反対方向に乗る夢」を叶えよう――自転車と一緒に! 超絶面白い「輪行」のコツを伝授しちゃうよ
どこへでも行ける。(2019/3/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「なまはげ」居酒屋にお客が殺到! 秋田県内に“存在しない空間”の魅力とは
秋田県の郷土料理と「なまはげ」と触れ合える居酒屋にお客が殺到している。その再現度の高さから秋田県人以外も魅了している。大ヒットの秘密とは?(2019/2/5)

「40ページの本は存在しない」ってどういう意味? 意外と知らない「本」の定義
では、40ページの紙の束は何なのか?(2019/1/3)

秋田のナマハゲや沖縄のパーントゥ 日本の来訪神行事8件、ユネスコ無形文化遺産に登録決定
民族仮面クラスタ「うおおおおおおおお」(2018/11/29)

「うめきた2期」が注目:
18年版「働きたい街」ランキング関西編 2位は京都「街並みきれい」 1位は……
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアがビジネスパーソンを対象に働きたい街について調査した結果、2位は「京都」で332点だった。1位は……(2018/11/6)

正倉院の宝物が塗り絵になった『正倉院のぬり絵・なぞり絵』発売 瑠璃坏や八角鏡などを掲載
大人のぬりえブームもここまできました。(2018/11/1)

「たった35分で」「3454メートルの絶景」ヤバイ! ヨーロッパ最高地点の鉄道駅「ユングフラウヨッホ」へ行ってみた
スイスの名物急勾配鉄道「ユングフラウ鉄道」、すごかったです!【絶景写真40枚】(2018/11/2)

【マンガ】これが資料作成の恐ろしさ……! “ちょっとした書き間違い”から登録抹消された元・世界遺産 ドイツ・ドレスデン
わずか5年間で……。(2018/10/14)

和菓子デザインの華やかな切手が登場 自分で作る「切手の豆本」がコレクター心をくすぐる
めっちゃかわいい。(2018/8/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
近鉄のフリーゲージトレインは「第2の名阪特急」になる?
長崎新幹線のフリーゲージトレイン(軌間可変列車)採用は消えたが、近鉄が開発に積極的な姿勢を見せている。新幹線でなくても、この技術は役に立つ。なぜかというと……(2018/6/15)

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産へ ユネスコ諮問機関が勧告
ユネスコの諮問機関「イコモス」が「記載が適当」と勧告。(2018/5/4)

特許申請で日本抜く:
中国が「技術革新大国」の座に王手、知財権で米国猛追
中国はR&D投資や高度教育制度の拡大によって知的財産権の所有で急速に米国を追い上げ、世界一の技術革新大国の座を奪う勢いを見せている。(2018/4/18)

第4次産業革命基礎解説:
乗るしかない、この第4次産業革命というビッグウエーブに
本稿では、第4次産業革命という言葉の持つ意味、第4次産業革命を推し進める「デジタライゼーション」と「デジタルツイン」、第4次産業革命で重要な役割を果たす世代、そして第4次産業革命において日本の持つ可能性などについて解説する。(2018/4/13)

MR×文化財の可能性:
風神雷神図屏風を「HoloLens」で鑑賞――まるでアトラクションのような体験に驚いた
HoloLensを使って、日本の国宝である「風神雷神図屏風」の新たな鑑賞体験を――。そんなイベントが京都で開催されている。記者も実際に体験してみたが、従来の鑑賞とは全く異なる、1つの“アトラクション”のような感覚を味わった。(2018/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
サンフランシスコ「慰安婦像」の背景に、何があったのか
サンフランシスコで「慰安婦像」が設置された。この事態を受け、大阪市はサンフランシスコとの姉妹都市を解消すると発表したが、設置した関係者と議論することはできなかったのか。(2017/11/30)

群馬県の石碑群「上野三碑」、ユネスコ「世界の記憶」に登録決定 古代日本のグローバルな文化交流などを伝える
約1300年前の人々の暮らしが分かる歴史的な資料。(2017/10/31)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
神話の地から最先端の発信を――ITしまね開業支援事業(島根県)
「次世代の地方創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを地方の地域性を交えながら紹介する連載がスタート。第1回は島根県が推進する「ITしまね開業支援事業」をお届けする。(2017/10/27)

やっぱ米だよね お腹が空きそうな「太巻き」や「おむすび」の切手 日本郵便から登場
枠外にはタコさんウインナーが特別出演。(2017/8/26)

博多祇園山笠で「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が駆け抜けた ハリウッド映画モチーフで山笠制作は史上初の試み
クライマックスの追い山が行われた。(2017/7/15)

福岡県の「宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産に
めでたい!(2017/7/9)

子どもを外遊びに誘うSNS――親も納得、祖父母も夢中 自然を理解して良いことづくめなニュージーランドの取り組み
(2017/7/7)

地球って美しい! ドローンで撮った世界の絶景写真集 6月20日発売
大自然から街並みまで。(2017/6/17)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

博多の街を駆け巡るカイロ・レン 伝統行事「博多祇園山笠」に「スター・ウォーズ」のキャラクター山笠が登場
ドロイドたちにレイの姿も。(2017/6/2)

京都祇園祭が史上初のクラウドファンディング、1日で目標金額を達成!
安全確保や保険など、年々増加する費用が負担になり「このままだと資金難で開催できなくなるかもしれない」としています。(2017/5/9)

Google Earthに世界巡りが捗る新機能 テーマに沿って各地を紹介してくれる「Voyager」など
ランダムな目的地に移動する「I'm feeling lucky」も楽しそう。(2017/4/19)

自然エネルギー:
100℃以下の温泉水で地熱発電、温泉の町がCO2フリーの電力を地産地消
火山地帯の北海道・洞爺湖町で地熱発電が始まった。温泉組合と町が事業者になって、100℃以下の温泉水を利用できるバイナリー方式の発電設備を稼働させた。CO2を排出しない電力を生み出して、周辺のホテルや旅館まで温泉水を配湯する。環境を重視する温泉町の魅力で観光客を増やす狙いだ。(2017/3/15)

BIM/CAD:
世界遺産「薬師寺」の食堂復興、設計施工一貫BIMで実現
竹中工務店は「薬師寺」の食堂(じきどう)復興事業にBIMを活用した。宮大工の伝統的な技法と現代技術である鉄骨造をBIMで融合し、木造寺院建築の優美な曲面屋根も再現した。BIMの導入はプロジェクト関係者の意思疎通や工期短縮にも役立ったという。(2017/3/9)

来週話題になるハナシ:
なぜ米国は「美食のW杯」で優勝できたのか
「美食のW杯」があることをご存じだろうか。2年に1度、料理人にとって最も栄誉のある「コンクール」が開催されていて、これまで北欧諸国の優勝が目立つ。そんな中で、2017年に優勝したのは「米国」。ジャンクフードのイメージが強い米国が、なぜ優勝を手にできたのか。(2017/2/24)

勢い増すユングフラウヨッホ:
スイス老舗観光スポットの集客が好調な理由
スイスは山岳観光が昔から盛んだ。中でもユングフラウヨッホは100年超の歴史があり、多くの人々が訪れる観光名所となっている。特に近年は国外からの訪問者数を勢いよく伸ばしている。その背景を現地で探った。(2017/2/11)

「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録決定 冨樫義博地元の「新庄まつり」など33件
ほか「高山祭の屋台行事」や「長浜曳山祭の曳山行事」など。(2016/12/1)

ミュージカル「刀剣乱舞」厳島神社奉納公演の公式レポートが到着! 写真盛りだくさんでお届け
写真集の発売&アンコール配信も決定!(2016/11/14)

新庄市の広報誌に羽海野チカさん書き下ろし 「3月のライオン」キャラが新庄まつりを楽しむ姿
新庄市ゆかりの漫画家によるイラスト応援リレー企画も完結。(2016/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。