ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ユニリーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユニリーバ」に関する情報が集まったページです。

PR:企業のサステナビリティ対応、95%が「不十分」 オラクルが示すESG投資の重要性
(2022/5/19)

ブロックチェーンで来歴をリアルタイム追跡、ユニリーバがパーム油サプライチェーンにGreenTokenを試験導入
ユニリーバは、「GreenToken by SAPソリューション」をパイロット導入した。世界的なパーム油サプライチェーンのトレーサビリティーと透明性の向上を図る。(2022/4/6)

Marketing DIve:
ウクライナ戦争で有名ブランドが直面した空前絶後の試練
ロシアとの関係を断ってほしいという消費者の要望は明らかだが、従業員を支援したり一般の人々のために重要な製品を提供したりしたいと考える企業は、道徳的なジレンマに陥っている。(2022/4/6)

金融の新しいトレンド:
無視できなくなった「ESG投資」 AIで「有望な企業」の見極めが加速?
テクノロジーの活用による進化が進む金融業界。そこに今、新たな可能性が生まれようとしている。それはAI(人工知能)を活用し、より社会にとって価値のある企業に投資を行おうというものだ。キーワードとなるのが「ESG投資」である。(2022/3/22)

マクドが露営業停止 冷戦終結「象徴」去る スタバ、コカ・コーラも
【ワシントン=塩原永久】米ファストフード大手マクドナルドは8日、約850店を持つロシアで全店舗の営業を一時停止すると発表した。同社のロシア進出は冷戦終結の象徴とされたが、ウクライナ侵略に抗議する世界的な動きに「加わる」(同社首脳)としている。コーヒーチェーン大手のスターバックスや、飲料大手コカ・コーラなども同日、事業停止を決めた。(2022/3/9)

Supply Chain Dive:
アジャイルサプライチェーンとは何か 深刻な半導体不足にDellも投資
直販モデルによって、注文から在庫引き当て、出荷までを可視化しているDellがもう一段高度なサプライチェーン管理を目指すという。カギはアジャイルサプライチェーンの実現だ。製品設計を含む全体の最適化を進める。(2022/2/4)

社員のウェルビーイングと企業の成長は両立するか:
ユニリーバが「サステナブルな働き方」で目指すもの【後編】
他社に先駆けて新しい働き方である「WAA」を導入したユニリーバでは、ワーケーションや副業の他、副業人材の受け入れも実施する。こうした先進的な人事制度導入を通じて同社が目指す企業像とは。(2022/1/14)

社員のウェルビーイングと企業の成長は両立するか:
ユニリーバが「サステナブルな働き方」で目指すもの【前編】
コロナ禍以前に画一的な働き方から脱したユニリーバが取り組む「新しい働き方」とは何か。同社が目指す企業像と、社員の働き方との関係を探る。(2022/1/12)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(後編):
「“面接”という呼び名から、変えていけたら」──人事・採用のキーマンたちが見据える未来
企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。(2021/12/23)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【前編】:
これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティングの第一人者として知られるトライバルメディアハウス代表の池田紀行氏が「ナラティブ」を語り尽くす。(2021/8/5)

根強いアジアの「美白信仰」:
「美白」や「はだいろ」が消える 日本は世界の動きについていけるのか
花王が「美白」表現を取りやめると報じられた。この動きは多様性に配慮したもので国内企業では初めて。しかし世界ではより一歩進んだ動きがみられると筆者は指摘する。(2021/5/31)

テレワーク・オールウェイズ2021:
「ワーケーションで生産性が上がる」のはなぜ? ユニリーバの成功例
コロナ禍で注目され始めた「ワーケーション」。実際に、制度として取り入れている企業ではどのような変化が見られたのだろうか。ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスの島田由香氏が事例を紹介する。(2021/5/25)

コロナ禍でPR業界に起きた変化とは? 最新の注目事例を解説
「PR EDGE」より、前月注目を集めたPR事例をランキング形式で紹介。(2021/3/31)

ITmedia人事部長・ミコダが行く:ユニリーバ【後編】:
「どこでも働ける」から「在宅中心」に──自由な働き方を追求するユニリーバはどう変わった? 見直したのは“オフィスの役割”
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、2016年に人事制度「WAA」(Work from Anywhere and Anytime)を制定し、働く場所と時間を社員が選べる新しい働き方を取り入れた。しかし、コロナ禍では「どこでも働ける」環境が失われ、在宅勤務中心に変更した。自由な働き方を追求するユニリーバの働き方はどう変わっていくのだろうか。(2021/2/16)

ITmedia人事部長・ミコダが行く:ユニリーバ【前編】:
ユニリーバ流「人事制度はこう作る!」 自由な働き方「WAA」が成功した5つの秘訣と導入の極意とは
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、2016年に人事制度「WAA」(Work from Anywhere and Anytime)を制定し、働く場所と時間を社員が選べる新しい働き方を取り入れた。制度の導入を先導した島田由香さん(取締役人事総務本部長)に、アイティメディアの人事部長・三小田(ミコダ)がインタビューを行い、人事制度の導入の秘訣を聞いた。(2021/2/12)

ITmedia人事部長・ミコダが行く:ユニリーバ【中編】:
「一部の人だけテレワークは不公平」の声にどう対応した? ユニリーバの自由な働き方「WAA」が浸透した背景を探る
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、2016年に人事制度「WAA」(Work from Anywhere and Anytime)を制定し、働く場所と時間を社員が選べる新しい働き方を取り入れた。しかし、工場やお客さま相談室など、一部の従業員は制度の対象外だった。「不公平」という声も上がる中で、どのように制度は浸透していったのか。島田由香さん(取締役人事総務本部長)に聞いた。(2021/2/15)

「Amazonギフト券3000円分」が50名様に当たる! 新メルマガ「総務・人事通信」創刊キャンペーン
ITmedia ビジネスオンラインの新設メルマガ「総務・人事通信」の創刊を記念して、新規登録キャンペーンを行います! 抽選で50名様に「Amazonギフト券3000円分」が当たるチャンス!(2021/1/19)

毎月のオンライン説明会に1000人殺到──新卒採用の“完全オンライン化”で、ユニリーバが心掛けたこと
コロナの感染拡大が懸念され始めた2020年2月、迅速に採用活動を“完全オンライン化”することを決めた、ユニリーバ・ジャパン。短期間で実践できた背景には、どんなノウハウがあったのか。(2021/1/6)

製造マネジメント インタビュー:
トヨタも採用するSCMツールのキナクシス、国内2カ所にデータセンターを開設し攻勢
カナダのキナクシスが提供する、SCM/S&OP(セールス&オペレーションプランニング)ツール「RapidResponse」が、トヨタ自動車や日産自動車をはじめ国内企業への採用を広げている。2018年には国内2カ所にデータセンターを開設するなどしており、さらに事業展開を拡大していく構えだ。(2020/12/24)

越境EC成功の鍵はライブコマース:
訪日インバウンド需要が“蒸発”したコロナ後、中国の消費者の心をつかむには?
中国最大手のECコンテンツマーケティング支援企業であるMoli Mediaが日本市場に進出。同社の強みと中国向け越境ECの可能性についてキーパーソンが語った。(2020/7/22)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避などの視点から宣伝・広報活動が制限されたり、そもそもビジネス事態がストップしてしまっていたりすることさえある。コロナ禍における情報発信はいかにあるべきか。(2020/7/10)

Facebookの広告ボイコット代表がザッカーバーグCEOと会談「非常に失望した」
FacebookのザッカーバーグCEOやサンドバーグCOOが、プラットフォーム上のヘイト行為対策強化を求めて広告をボイコットしている抗議団体「Stop Hate for Profit」の代表と会談した。抗議団体の代表は会談の成果はほとんどなかったとして運動継続を発表した。(2020/7/8)

ベンダーのロードマップは3年先まで把握済み:
JTが構築してきたベンダーとの”いい関係”、パラダイムシフトを乗り越えるIT活用とは
ニューノーマル時代の到来と共に、世界中で産業構造が変わろうとしている。そのような中、「たばこ離れ」という文化レベルのパラダイムシフトを乗り越えてきたJTは、ITをどのように生かしているのか。同社でデジタル変革を主導する、CIO グローバルオフィス担当部長の引地久之氏に話しを聞いた。(2020/7/8)

ホンダやスタバ、コカ・コーラも──Facebookのヘイト放置抗議運動広まる
Facebookがヘイトスピーチを削除しないことに抗議する「Stop Hate For Profit」運動に、ホンダの米子会社もさんかを表明した。この運動は、7月いっぱいFacebookへの広告掲載を停止するというもの。VerizonやCoca-Colaも参加している。これとは別にStarbuckはSNSすべてでの広告掲載を停止すると発表した。(2020/6/29)

FacebookのザッカーバーグCEO、「政府高官の投稿にもラベルを付ける」と方針変更
トランプ米大統領の問題投稿を放置したことで批判されているFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが金曜の午後、「ニュース性のある問題投稿にはラベルを付ける」と発表した。また、VerizonやUnileverなどが差別投稿放置に反対してボイコットする中、「差別広告を禁止する」とも語った。(2020/6/27)

Uber、ドライバーと乗客にマスク着用を義務付け 違反者はペナルティなしのキャンセル対象に
Uberが、ドライバー、Uberイーツの配送パートナー、ライダー(乗客)それぞれにマスクの着用を義務付ける(日本での実施時期は不明)。5月18日からマスク非着用のドライバーはサービスにアクセスできなくなる。(2020/5/14)

視点:
パーパス駆動型経営は“Nice to Have”ではない 〜求心力経営と遠心力経営をつなぐ不動点〜
企業は何のために存在するのか? 社会より自社の持続可能性を優先する企業は、市場から退場を迫られている。(2020/3/23)

モノづくり最前線レポート:
資生堂が国内工場を新設する理由、高級ブランドは「人とロボットの共存」で生産
「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」の特別講演に、資生堂 生産部長の大前勝己氏が登壇。「グローバル生産体制における自働化技術課題」をテーマに、資生堂のビジネスの変革と、それに対応する生産体制構築の中で顕在化した課題と解決に向けた取り組みについて紹介した。(2020/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
小泉大臣も注目すべき「男性の育休」の意外な効果 ダヴが広げる“支援の輪”とは
小泉進次郎環境大臣が育児休暇を取得すると表明し、話題になっている。実は、米国においても男性は育休を取得しにくい状況だ。それを変えようと「ダヴ」と著名起業家が啓発活動を行っている。育休制度の充実は、夫婦だけでなく子ども、企業にも良い効果がある。(2020/1/23)

スマートファクトリー:
世界で最も先進的な工場として日本から初認定、日立大みか事業所など3工場
世界経済フォーラムは、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(灯台=指針)」として新たに18工場を認定。今回は、日本関連で初めて、日立製作所の大みか事業所、GEヘルスケア・ジャパンの日野工場、三井海洋開発の海洋施設(ブラジル・リオデジャネイロ)の3工場が認定された。(2020/1/14)

食品産業とブロックチェーン【前編】
ブロックチェーンを使ったフードサプライチェーン管理の「理想と現実」
フードサプライチェーン管理のためにブロックチェーンを使用する事例が登場している。しかしデータ収集にまつわる幾つかの問題があり、実現は容易ではないと専門家は指摘する。(2019/12/20)

Unileverが実践
GoogleのAIが指南する最先端デジタルマーケティング 「キスの仕方」動画も
「Google Cloud Vision API」「Google Natural Language API」などの「Google Cloud」サービスを使用することで、Unileverはソーシャルメディアで個人向けにカスタマイズした革新的なマーケティングキャンペーンを展開している。(2019/10/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「セクシー大臣」を騒ぎ立てる“ジジイの壁” 失われる日本の競争力
小泉進次郎環境相の「セクシー」発言が話題になったが、そんなことを言っている場合ではない。かつてリーダー的立場だった「地球温暖化対策」で、日本は世界から取り残されている。“前例主義”から抜け出さないと、日本の競争力はどんどん失われていく。(2019/9/27)

【対談】留目真伸氏×本田哲也氏(後編):
変化の時代のチームの形は「映画スタジオ」 新規事業作りに必要な“名脇役”とは
新産業の創出に取り組む留目真伸氏と、PRの専門家として活躍する本田哲也氏が「変化の時代のチーム作り」について語る対談後編。柔軟な組織やチームで課題を解決するために、企業や個人はどんなことができるのか。(2019/9/4)

【対談】留目真伸氏×本田哲也氏(前編):
変化の時代に日本企業が対応できないのはなぜか 製造業の成功がもたらした“落とし穴”
社会の状況がめまぐるしく変化する中、いかに非効率的な働き方を変え、生産性を高めるかが企業にとって大きな課題となっている。そんな中、仕事を進める上で重要な「組織」や「チーム」をどう変えていくべきなのかを、数々の大企業を経て現在は新産業の創出に取り組む留目真伸氏と、PRの専門家として活躍する本田哲也氏について語ってもらった。(2019/9/2)

ソフトバンク、ブラジルのフィットネス新興企業Gympassへの3億ドル投資をリード
ソフトバンクグループの“10兆円ファンド”「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、ブラジル発の企業向けサブスク制フィットネスサービスのGympassへの3億ドル投資をリードする。(2019/6/17)

CXが拡張するD2Cの可能性(後編):
D2Cが切り開いた市場に大企業が参入、どうする?
ベースフード代表取締役社長の橋本 舜氏、Minimal -Bean to Bar Chocolate-代表の山下貴嗣氏、ウツワ代表取締役のハヤカワ五味氏がD2Cの可能性を語った。(2019/5/7)

スタバもマックも:
ストロー廃止はもう古い 昔ながらの「牛乳配達」モデルが注目されている
プラスチック製ストローを廃止しようという動きが話題になった。世界中でストロー廃止の動きが注目されているが、いま米国発の新たなプラスチックゴミ対策が話題になっている。どんな対策かというと……。(2019/2/22)

ローソン×リプトンコラボ第2弾が来た! 3種のドライフルーツ入りホットティー「グッドインティー」
甘い優しさのマンダリンオレンジアレンジティー。(2019/2/19)

詰め替え容器でドリンクやシャンプーを宅配するLoop、P&Gなど大手参加で今春スタート
コーラやシャンプー、おむつなど、多様な製品を専用詰め替え容器で宅配するサービス「Loop」が5月にニューヨークとパリでスタートする。P&Gやハーゲンダッツなど大手25社が参加する。東京でも2020年に開始する計画だ。(2019/1/29)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
「人事から世界変える」  ユニリーバの女性取締役が本気で目指す“一億総ワクワク社会”
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/9/11)

Salesforce Marketing Cloudをさらに強化:
Salesforce.comがDatoramaを買収へ
Salesforce.comはクラウド型分析プラットフォームを提供するDatoramaを買収することについて、最終合意に至ったと発表した。(2018/7/18)

視点:
新興国における破壊的イノベーション
経済成長や安い労働力を背景とした従来型新興国ビジネスから、未来構想型の新興国ビジネスへシフトしていくべきである。(2018/4/16)

企業の隠蔽体質の改善にもつながる:
PR:仮想通貨だけではない!ブロックチェーンで信頼が担保された新たな経済圏を構築するための3つの勘所
ブロックチェーンの本質的な価値は、取引の信頼性を担保できることであり、「競合との協業」を実現するような、経済の仕組み自体をも変えてしまう可能性があることだ。本稿では、ブロックチェーンにおける「開発」「ガバナンス」「運用」の課題について、解決に向けた勘所と求められる技術要件を明らかにする。(2018/3/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「経営」と「人事」に距離がある企業は成長が難しい理由
「HRテック」――近年このキーワードを耳にする機会が増えている。人材関連分野は、「人がやる仕事」という一般的なイメージとは異なり、AIなどの新しいテクノロジーとの親和性が高い。各企業が人事のデジタル化を急ぐ背景や、導入の課題などについて考察した。(2017/11/20)

米ユニリーバ「ダヴ」のCMが炎上し謝罪、動画削除 黒人女性が着替えると白人女性に変身
「映像を見て気分を害されたり、失礼だと感じたりした方には、大変申し訳なく思います」としています。(2017/10/10)

山口義宏が聞く「ブランデッドムービーの現在」(後編):
別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏氏による異色対談。後編では、ブランデッドムービーを作る上での課題とこれからの展望を語る。(2017/9/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIは優秀な人材を採用できるのか
企業の採用業務にAIを活用する動きが進んでいる。AIが採用後の結果まで自己学習するようになれば、今後は「採用の基準」もAIが作るようになるかもしれない。(2017/7/13)

AIなど活用し:
ユニリーバ、大学1年生も対象の通年新卒採用を導入
ユニリーバ・ジャパンがAIなどを活用した通年新卒採用制度を導入。大学1年生も就職活動に参加でき、「過去よりも未来の能力を重視」するという。(2017/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。