ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「歓送迎会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歓送迎会」に関する情報が集まったページです。

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

新木優子「モトカレマニア」4話、クズでしかなくなったマコチ(高良健吾)衝撃の堕ちっぷりを検証する
「クズじゃないですか」「違うの!」元カレをかばうモトカレマニアたち。(2019/11/14)

組織の生産性を上げる「楽しさ」の作り方:
人が辞めていく“ブラックな職場”をどう変える? サイボウズの実例に見る「制度の選択肢を増やすこと」の効用
かつて4人に1人が辞めていく会社だったサイボウズは、その高い離職率をどう改善したのか。(2019/11/5)

「探偵!ナイトスクープ」2代目局長・西田敏行の送別会に間寛平やカンニング竹山ら 3代目秘書・松尾依里佳も感謝をコメント
「探偵!ナイトスクープ」西田局長ラスト出演回は11月22日放送。(2019/10/26)

こだわりいっぱいのコラボ「天気の子カフェ」東京・大阪で開催 陽菜さんのチャーハンを内覧会で食べてきた
あっねぎねぎ、ねーぎー!(2019/10/7)

「魔法科高校の劣等生」第2期「来訪者編」2020年テレビアニメ化決定 さすがはお兄様です
劇場版から3年を経て帰ってくる。(2019/10/6)

“静止力”で地方の名士になる!?:
ホリエモン的“多動力”の逆張りで生きよう えらいてんちょうの“ショボい”キャリア論
ホリエモンなどが提唱する“多動な生き方”が脚光を浴びている。しかし著者はその限界や、多くの人には非現実的な点に着目。むしろ逆の“静止力”を伸ばすべきと説く。(2019/8/16)

PR:飲み会のとき気になっても言えないのが、「○○○のニオイ」。
(2019/8/9)

専門家のイロメガネ:
副業解禁の盲点 経験者が直面した「社外活動と退職は裏切り」という現実
終身雇用が終わりを告げるとともに、副業や兼業を容認する動きが目立ってきています。企業はそのための制度を整えていますが、副業や兼業に対する同僚の見方というソフト面は、まだ遅れています。実例と共に、副業解禁の見えない壁を確認していきましょう。(2019/6/27)

葬儀業界のプロに聞く「最期に後悔のない別れ方」ができる家族の共通点
生きているうちに、考えておくべきこと。(2019/6/16)

「大学1年生の恋愛」の生々しい質感が刺さる 青春ガールズラブ漫画『付き合ってあげてもいいかな』のリアル
18歳の生々しいエネルギー。【1話試し読みあり】(2019/6/7)

宇垣美里アナ送別会にTBS女子アナが集結し反響 「美人さんばかり」「素敵すぎます!!」
すごいめんつ。(2019/4/29)

マネできるかっ! 新歓あるある「一発芸の強要」対策漫画が壮絶すぎて何の参考にもならない
パワハラ、ダメ、絶対。(2019/4/12)

中には逆効果の取り組みも:
「中途入社者の定着率が低い」企業は37% 効果的な対策は?
エン・ジャパンの調査によれば、中途入社者が定着せず採用活動に悩む企業が多いという。効果的な対策はあるのか。(2019/4/2)

「僕も死ぬまでロックンロールします」 内田裕也に訃報にミッキー・カーチス、布袋寅泰ら“日本ロック界”から追悼の声
綾小路翔さん「新元号には興味なかったんだろうな」。(2019/3/18)

「いつかまた会える日まで」 鈴木貴之を見送る山田裕貴、前田公輝、一ノ瀬ワタルの“鬼邪高メンバー”4ショットが胸熱
「HiGH&LOW」シリーズで共演していた4人。(2019/3/4)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
退職時にこそ猛烈に仕事をすべき2つの理由
転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。どういうことかというと……。(2019/2/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
長野、内海――。功労者2人を“引き算”した、巨人・原監督の大誤算
まさかの結末になった。巨人のベテラン、長野久義外野手と内海哲也投手が離脱した。FAのプロテクトリストから外れたわけだが、この事態にネット上では大騒ぎに。救世主として期待された原監督の発言も、火に油を注ぐことになって……。(2019/1/10)

グルメサイト頼み、変える:
ワタミが“ビッグデータ集客”に挑む深い理由
ワタミがビッグデータを活用した集客実験を開始した。予約システムのIT化を図りデータを集積。グルメサイトばかりに依存しない販促を模索。(2018/12/21)

「今日生理なんだけど大丈夫?」の答えで“2人の関係”がわかる? 『アフロ田中』のすごい診断方法
あなたは何が“正解”だと思いますか?(2018/12/14)

両親を失った女の子と新しい“ママ”の物語 漫画『あたらしい家族ができました。』に「暖かくて感動」「泣いた」の声
少し不思議で、温かい共同生活。(2018/11/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
SNSでニヤニヤしてしまう、「転身ポエム」を分析してみた
SNS上で「転身ポエム」をよく見かける。就職、転勤、転職などのタイミングで、その「想い」が劇的につづられているのだ。この転身ポエム……よーく読むと、その人の過去がいろいろ透けて見えてきて、とても味わい深いのだ。(2018/10/26)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
どん底に追い込まれたから大逆転がある――日清食品 執行役員 CIOグループ情報責任者 喜多羅滋夫氏
P&G、フィリップモリスジャパンなど、外資系企業の日本法人のシステム部門を経て、日清食品でCIOを務める喜多羅滋夫氏。華やかな経歴を持ちながら、実は「紆余曲折あっての人生」だったという喜多羅氏が語るITエンジニアの成長の糧となる挑戦やキャリア形成のコツとは。(2018/9/7)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中京テレビの「2次会強要禁止」、“飲み会も仕事のうち”は変わるのか
上司による2次会参加の強要禁止、社長の一言を廃止――。中京テレビが発表した働き方改革が話題になっている。一見、生産性とは関係なさそうだが、これまでの「当たり前」を問い直すという、本当の働き方改革につながる。なぜなら……。(2018/7/27)

キャンプしながら働く:
スノーピークの社員がテントの中で会議する意味
新潟にある約5万坪のキャンプ場に本社オフィスを併設するスノーピーク。テントの中、あるいは焚き火を囲んでミーティングを行うような同社の働き方が今注目されていて、既に取り入れている企業も出てきているのだ。(2018/6/29)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさ
キュアマシェリとキュアアムール……今年のプリキュアは何もかもが……すごい……尊い……。(2018/6/21)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(19):
人工知能が絶対にできないこと――AI研究の難問「フレーム問題」を考える
「データがあれば人工知能は正しい判断をしてくれる」。そう思う人は多いですが、一方で人工知能ができないこと、苦手とすることもあるのです。今回は、人工知能を扱う上で重要な難問である「フレーム問題」についてお話しします。(2018/5/24)

しるこサンド・カニチップ・おにぎりせんべい 東海地方出身者が関東では売ってないとなげくお菓子の漫画が反響呼ぶ
しるこサンドとおにぎりせんべいは、他の地域にも広まってきていますが、それでも手軽に手に入るわけではないようで……。(2018/5/16)

「梅宮辰夫のお面」がファミマのプリントサービスに登場し度肝を抜く ロバート秋山ごっこが捗るな
Tシャツの裏地に仕込もう。(2018/5/10)

終電を検索したユーザーにタクシーや宿泊施設などの広告を配信:
スマホアプリ版「駅すぱあと」、終電ターゲティング広告を提供開始
ヴァル研究所は、iPhone、Androidアプリ版「駅すぱあと」において、終電検索をしたユーザーを対象に広告配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を開始した。(2018/4/11)

「ホントにイケ麺いいスープ!」 カップヌードルの食事を2次元ホストがコールで盛り上げてくれる謎動画公開
声優は諏訪部順一、花江夏樹、増田俊樹と謎に豪華。(2018/4/3)

スピン経済の歩き方:
「定期的な異動が生産性を落としている」説は本当か
新年度がスタートした。新たな部署に配属されて、「うまくやっていけるかな」と不安を感じている人も多いのでは。4月に「定期人事異動」を導入しいている企業は多いが、このシステムは本当に効率的なのか。ひょっとしたら生産性を落としているかもしれない。(2018/4/3)

PR:「完全かけ放題まではいらない」人に朗報 契約キャリア以外のかけ放題も選べる時代に
春の新生活や歓送迎会シーズンは電話連絡の機会が多く、高い通話料が気になって電話をかけること自体がストレスになることも。でも、完全かけ放題は高いから利用したくない……。そんな人にオススメなのが、「OCNでんわキャリアフリー」だ。(2018/3/28)

PR:非常識! 歓迎会で「こいつナメてるな?」と思われる新社会人の特徴8パターン #ぐるなび歓迎会・送別会
社会の厳しい部分をお教えします。(2018/3/8)

で、ぼくらはいつ自動運転車に乗れるんですか? 研究歴20年、金沢大学 菅沼准教授に聞く
夢の乗り物「完全自動運転車」に一般の人々が乗れるようになるのはいつ? 約20年研究を続けている金沢大学の菅沼直樹准教授に、ペーパードライバーの記者が直撃した。(2018/2/2)

福田昭のデバイス通信(125) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(1):
ISSCC(国際固体回路会議)とは何か
毎年2月に開催される、半導体チップの回路技術とシステム技術に関する国際学会「ISSCC(国際固体回路会議)」。えり抜きの論文が発表される重要なイベントだ。今回から始まる本シリーズでは、開催を2カ月後に控えたISSCCについて、概要と注目論文を紹介する。(2017/12/13)

男性も1割が被害に:
働く女性の4割「セクハラされた」経験あり
働く女性の4割がセクハラをされた経験がある――ビッグローブ調べ。(2017/12/7)

福田昭のデバイス通信(117) 12月開催予定のIEDM 2017をプレビュー(1):
IEDM 2017の全体スケジュールと基調講演
ことしも「IEDM」の季節がやってきた。最先端電子デバイスの研究開発に関する国際学会「IEDM 2017」が、12月に米国で開催される。本シリーズでは、概要と注目の技術講演を紹介していく。(2017/11/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「目隠しレストラン」が人気なのか
目隠しをして、肉が香ばしく焼ける音をヘッドフォンで聞きながら熟成肉を楽しむ「旬熟成 GINZA GRILL」が人気を集めているという。(2017/8/9)

手軽さが売り:
「家で食べる」もあり 広がる“宅配型”社食
本格的な社食を設置しなくても、“宅配型”の社食サービスを利用するという方法もある。食堂やカフェとは違う、多様な使い方とは……。(2017/6/15)

今年も「冷やしTENGA」の季節到来 発売を記念して「GO GO TENGIRLS」が自宅にTENGAを届けてくれるキャンペーンも
どんな感じなのか、編集長に受け取ってもらいました。(2017/6/7)

テレビカメラに向けてサインして! スマホでスター選手の気分が味わえる「エアーサインキット」
(2017/6/3)

「一切イジメ受けてない」 紺野あさ美、テレ東退社で仲間たちへの感謝を伝える
「紺野、今から踊るってよ」がまた見たい。(2017/6/2)

PR:里山で生まれた「新しい働き方」――郡上八幡のシェアオフィス「HUB GUJO」が目指すもの
(2017/5/12)

常見陽平のサラリーマン研究所:
なぜ社長は自分を棚に上げて「スゴい人になれ!」と叫ぶのか
4月は何かと社長のスピーチが話題となる季節。このスピーチが味わい深いのは、自分のことを棚にあげて「スゴイ人になれ!」と叫んでいることである。(2017/4/14)

お花見シーズン到来! “できる幹事”になるための便利アイテム5選
(2017/3/27)

アップルPickUp!:
歓送迎会で喜ばれる! 春の出会いと別れがよりエモくなる方法
ひと味違うメッセージを演出。(2017/3/23)

終電時刻をワンタッチでチェック 乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」に「酔っ払いモード」追加
終電を逃したときのイラストがなんともせつない。(2017/3/23)

牛角から“肉ブーケ”登場 入学や卒業を美しい肉の花で祝おう
見た目はちゃんとブーケ。(2017/3/3)

待望の大規模アップデート! 金銀ポケモンに花束を【みんなのポケGO写真】
新しい冒険の始まり。(2017/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。