ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「Xserve」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Xserve」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CloseBox:
コンテナ埋め尽くすApple名機、譲ります ただし、全部持っていってね
コンテナ倉庫いっぱいに詰め込まれたMac。これを無料で譲るという人がいる。(2019/6/13)

週末アップルPickUp!:
「OS X El Capitan」で何ができるの? アップルが解説ページを公開
「ライブ変換」は賛否両論。(2015/10/5)

もう入れた?:
アップル、「Mountain Lion」が300万ダウンロードを達成
Mac OSの最新バージョン「OS X Mountain Lion」が4日で300万ダウンロードを突破した。フィル・シラー氏は「過去最高のリリース」とコメント。(2012/7/30)

Mac App Storeで提供開始:
アップル、最新Mac OS「OS X Mountain Lion」を発売
Mac App Storeで最新OS「Mountain Lion」のダウンロード販売が始まった。価格は1700円。(2012/7/25)

新CEOはiPadを進化させることができるか
ジョブズ氏亡き後のApple:アフター・ジョブズを占う
Appleは、同社復活の象徴であるジョブズ氏を失った。これはApple興隆の終わりを意味するのか、それともさらなる躍進の始まりなのか。(2011/11/4)

Apple・Unisysのパートナー契約に見る「企業市場本格参入」の可能性
Xserve終了後のAppleのエンタープライズ戦略とは
Appleはこれまでも企業市場に取り組んでこなかったわけではない。教育市場に強みを持つ同社がこれから企業顧客にどうアプローチするのか、その思惑は最近のSI契約の活発化に見え隠れする。(2011/1/11)

Apple、ラックサーバ「Xserve」の販売を終了へ
Appleは2002年に発売したラックサーバ「Xserve」の販売を終了する。代替としては「Mac pro」あるいは「Mac mini」を推奨している。(2010/11/8)

iMac製品担当者に聞く:
「不要なものがない、世界で最も優れたコンシューマー向けデスクトップPC」
アップルがクリスマス商戦向けに投入した新製品について、MacBook担当者に続き、デスクトップ製品担当者のグレッグ・スメルツァ氏に話を聞いた。(2009/11/4)

元麻布春男のWatchTower:
見えにくいSnow Leopardの明と暗
Mac OS Xの最新バージョンであるSnow Leopardがリリースされて約1カ月。改めて新OSのポイントを確認しよう。(2009/10/6)

Mac OS X Snow Leopard Up-to-Dateプログラムの価格が980円に決定
アップルが、9.95ドルとしていた「Mac OS X Snow Leopard Up-to-Dateプログラム」の日本での価格を発表した。(2009/6/16)

低価格戦略でOSアップデートを促進:
「Mac OS X Snow Leopard」はアップグレード価格29ドルで、9月に発売
アップルはMac用次期OS「Mac OS X Snow Leopard」を2009年9月に発売すると発表した。アップグレード価格は29ドルと低価格に設定されている。(2009/6/9)

新データセンター戦略も:
Sun、「Nehalem-EP」搭載サーバ披露へ
Sun Microsystemsは4月14日開催のイベントにおいて、IntelのXeon 5500番台搭載サーバを披露する。このイベントでは、新データセンター戦略「Open Network Systems」も発表される予定だ。(2009/4/13)

アップル、ラックマウントサーバ「Xserve」に“Nehalem”世代Xeon搭載の新モデル
アップルは、1Uラックマウントサーバ「Xserve」の新モデルを発表した。CPUとして“Nehalem”世代となるクアッドコアXeon×2を搭載。(2009/4/8)

Nehalem-EP+SSD:
Apple、Xeon 5500搭載Xserve発売
Appleが同社の1UラックサーバXserveシリーズでXeon 5500搭載モデルを発表した。価格は33万8800円から。(2009/4/8)

Kingston、Mac Pro/Xserve対応のDDR2 FB-DIMMメモリを発表
Kingston Technologyは5月2日、Mac ProおよびXserve向けとなるDDR2 FB-DIMMメモリを発表した。(2008/5/2)

Apple、SANファイルシステム「Xsan 2」をリリース
Mac OS X Leopard、Mac OS X Server Leopardだけでなく、サードパーティー製RAIDストレージにも対応するSANファイルシステム「Xsan 2」がリリースされた。(2008/2/20)

史上最速のMac:
45ナノの“標準8コア”Mac Proは、高い? 安い?
アップルは、先日受注を開始した最新Mac Proの説明会を開催した。アプリベンチで最大2倍の性能を叩き出すこの新モデル、実は安い?(2008/1/10)

Mac OS X Serverが動くParallels Server、公開βに
“Leopard”Serverが、仮想環境のゲストOSとして動作する。(2008/1/10)

まずはMac Proから:
アップルが「標準で8コア」のMac Pro新モデルを投入
アップルがプロシューマー向けデスクトップPC「Mac Pro」のラインアップを一新、即日受注を開始した。(2008/1/9)

Mac OS X Leopardから可能に
Apple、Leopard Serverの仮想化を許可
Leopard Serverでは、1台のApple Xserve上で複数のライセンスコピーのLeopard Serverを実行できる。ただし、仮想化プロバイダーのソフトウェアが同プラットフォームをサポートすることが条件だ。(2007/11/21)

EU独禁法訴訟のMS敗北、Appleに大きな恩恵も
Mac OS X ServerのWindowsとの相互運用機能が向上する見通しだ。(2007/9/19)

予告通り発表:
「Parallels Server」は「Xserve」の救世主になるか!?
WWDCが開催されているサンフランシスコで、Parallelsのラドルフ氏がサーバ版Parallelsの存在を明らかにした。インタビューとともに現地からの動画デモをお届けする。(2007/6/14)

Appleに特許侵害訴訟
AMDを特許侵害で訴えたOptiが、同様の特許訴訟をAppleに対しても起こした。(2007/1/19)

WWDC 2006レポート:
あくまでハイエンドのMacを目指した「Mac Pro」と「Xserve」
基調講演、Leopardに続くWWDC 2006レポートの第3弾は、最強のMacこと「Mac Pro」と「Xserve」を見ていく。(2006/8/16)

WWDC 2006レポート:
それは秘密です!?――次世代Mac OS X “Leopard”の新機能に迫る
WWDC 2006でついに姿を見せた次世代Mac OS XのLeopard(開発コード名)。その全容は“TOP SECRET”としながらも、いくつかの新機能が公開された。(2006/8/10)

WWDC 2006レポート:
最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場――次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開
8月7日(現地時間)に開催されたWWDC 2006において、スティーブ・ジョブズCEOはXeon 5100番台搭載のクワッドコアMac ProやXserve、次期Mac OS XのLeopardを発表した。(2006/8/8)

「Mac Pro」「Xserve」がXeon搭載で登場――Intel Macラインアップ完成
「Woodcrest」を搭載したデスクトップマシンとサーバマシンが登場し、AppleのPowerPCからIntelへの移行は7カ月で完了した。(2006/8/8)

Intel Mac対応VMware、WWDCで発表へ
Appleの開発者会議でVMwareのMac OS X対応仮想化ソフトが初めて披露されることになる。(2006/8/7)

Case Study
ニューヨーク近代美術館がSANを支持しない理由
高画質の美術データベースを稼働させているアップルのサーバやビジネス用のWindowsサーバが混在する環境にSANを導入することは、技術的にもコスト的にも困難であることが判明した。(2006/7/13)

Intel Macの最高峰「17インチMacBook Pro」を徹底検証――Windows機としての実力は?
「MacBook Pro」に17インチワイド液晶モデルが加わった。本機が現時点でのIntel Mac“最高峰”であることは間違いないが、ノートPC全体から見た実力はどうなのだろうか。その性能をさまざまな角度から検証した。(2006/5/16)

「iBook」は「MacBook」に?
噂通りIntelプロセッサを搭載した「MacBook」が登場するのなら、発売に最適なタイミングは急速に近づいていると専門家は指摘する。(2006/5/10)

Appleサーバが「Intel inside」になったら……
Appleはサーバ製品のIntelプロセッサ移行について何も口にしていない。Intelに移行したら、Xserveは「ありきたりのIntelサーバ」として扱われるようになるのだろうか?(2006/4/28)

Apple新製品発表会レポート――ジョブズ氏が「Apple流ホームエンターテイメント」をデモ
2月下旬に報道関係者の元に送られた「謎の招待状」が話題となった、米Apple Computerの新製品がいよいよ発表された。米カリフォルニア州クパチーノにある本社で2月28日(現地時間)に開催された発表会には、多くのプレス関係者が詰めかけ、同社CEOのスティーブ・ジョブズ氏の講演に耳を傾けた。(2006/3/2)

Xserve RAIDの縦置きエンクロージャ、フォーカルポイントが製品化
アップルのラックマウントRAIDサーバ。通常は横置きなものを、スペースの都合で縦置き可能なエンクロージャを製品化。(2005/11/22)

Apple、エンタープライズ市場で健闘
デジタルメディア業界など従来から強みとする分野のほか、Xserve RAIDで新たな市場を開拓。(IDG)(2005/9/29)

アップル、ラックマウント型ストレージ「Xserve RAID」を強化
アップルコンピュータは、企業向けラックマウント型ストレージシステム「Xserve RAID」の容量を強化した新製品を発表した。(2005/9/14)

IBMがAppleに反論――「PowerPCの消費電力に問題なし」
「PowerPCの消費電力問題がIntel乗り換えの理由」とするAppleのジョブズCEOに対し、「むしろAppleとIBMとの関係の性質が、Appleが採用できるIBMプロセッサのロードマップを制限していた」とIBM幹部は反論している。(2005/7/1)

IBMのBlueGene/L、世界最速スーパーコンピュータの座を維持
IBMのBlueGeneシステムが最速スーパーコンピュータランキングでワンツーフィニッシュ。3位にはSGIがランクインし、地球シミュレータは4位に後退した。(2005/6/22)

スーパーコンピュータ用Windows、β版公開さらに遅れる
当初2004年末に予定されていたスーパーコンピュータ用Windowsのリリースが来年上半期にずれ込むことが明らかになった。(IDG)(2005/4/6)

Oracle 10g for Mac OS Xでエンタープライズ市場に挑むオラクルとアップル
日本オラクルがOracle 10g for Apple Mac OS Xをいよいよ出荷する。価格性能比に優れたXserve G5サーバとOracle 10gのタッグが狙うのはエンタープライズ市場だ。(2005/2/10)

Macworld Expo/SF
スティーブ・ジョブズCEO基調講演詳報――Mac mini、iPod shuffleからiLife '05、iWorkまで
Macworld Expoでのスティーブ・ジョブズCEOによる基調講演の詳細を、写真とともにお届けする。(2005/1/12)

Apple、Xserveをアップグレード
Appleのラックマウントサーバ「Xserve」が2.3GHzのG5プロセッサにアップグレードされた。(2005/1/5)

Apple、発売延期されていたSANファイルシステム「Xsan」を出荷
(2005/1/5)

International Feel:
第24次スーパーコンピュータ大戦、その歴史を振り返る
スーパーコンピュータの性能競争、IBM、NEC、SGIの三つ巴の争いになったが、NECからトップの座を奪ったのは“予告”通りIBMだった。3社の激戦の跡を、ここで振り返ってみよう。(2004/11/10)

スーパーコンピュータ向けWindowsに「飛ばされた」Itanium
来年登場の高性能コンピューティング向けWindowsは、最初のリリースではItanium 2を飛ばし、x86-64プロセッサだけをサポートする。「量が売れない」ことがその理由だ。(IDG)(2004/11/9)

IBMのBlue Gene/L、正式に「世界最速」に
IBMのBlue Gene/Lは地球シミュレータを追い抜き、スーパーコンピュータTop500リストの首位に輝いた。2位にはSGIの「Columbia」がランクインした。(IDG)(2004/11/9)

スーパーコンピュータTop500は「2社の戦い」
IBMのBlue Gene/Lが最速を勝ち取ったTop500だが、リストを見ると、IBMとHPの一騎打ちとなっている。(IDG)(2004/11/9)

スーパーコンピュータTop500ランキング、Blue Geneが首位奪取
スーパーコンピュータの世界Top500ランキングが発表された。世界最速マシンはIBMのBlue Gene/Lとなり、地球シミュレータは3位に転落。(2004/11/9)

120ミリ角ファン×3個を搭載したTrusty Rack用リアファンパネル――ヤノ電器
ヤノ電器は、Trusty Rack用リアファンパネル「TRS-701」を11月11日に発売する。価格はオープンプライス。(2004/11/2)

「デュアルには多少劣るが拡張性は充分」――アップル、エントリーモデルのPower Mac G5を公開――
アップルコンピュータは10月22日、10月19日に発表したPower Mac G5などの製品発表会を行った。Power Mac G5シリーズには、1.8GHzのシングルプロセッサを搭載したエントリーモデルが追加された。(2004/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。