ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セブン&アイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セブン&アイ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

プロジェクト:
すすきのに昼のにぎわいを――すすきの駅前で複合施設開発の工事着工
東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデンが、北海道札幌市中央区のススキノラフィラ跡地における「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」新築工事の着工を発表した。大型複合施設を建設により、昼間の賑わいを創出する。(2021/8/13)

11月開業予定:
セブン&アイ、大阪府松原市に大型複合施設「セブンパーク天美」を開業
セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)は、大阪府松原市に「セブンパーク天美」を開業する。約6万7000平方メートルの敷地内に、約200の店舗やフードコート、イベント会場などがそろう大型複合施設だ。(2021/8/5)

売り場を見直し:
セブン&アイHD、純利益3倍 コロナで“小商圏化”、売れ筋が変わった?
セブン&アイHDによると、国内コンビニ事業ではコロナ禍で小商圏化が加速。売り場や品ぞろえを見直すなど対応を急ぐ。(2021/7/8)

大幅増収の予想:
セブン&アイ、スピードウェイ買収は「千載一遇のチャンス」 強気の井阪社長、背景に“米国特有のコンビニ事情”
7月1日、セブン&アイHDが2022年2月期通期の連結業績予想を発表した。前期比3.7%増の3800億円を見込んでいる。セブン&アイHDの勝算とは?(2021/7/3)

第4位の大株主:
“物言う株主”に株式を大量保有されたセブン&アイHD どうなる?
「物言う株主」として知られる米投資会社バリューアクト・キャピタルは12日、流通大手セブン&アイ・ホールディングス(HD)株式の3800万株以上を保有していると発表した。(2021/5/13)

東京や大阪は時短を継続:
イトーヨーカ堂が5月12日以降の方針を発表 愛知、神奈川、埼玉、千葉、北海道の店舗で新たに時短営業
緊急事態宣言が延長され、対象地域が拡大する。まん延防止等重点措置の対象地域も同様だ。5月12日以降、イトーヨーカ堂はどう対応するのか。(2021/5/11)

見た目がそっくり:
「アイス」や「1万円」プレゼントで個人情報を狙う? セブン&アイ、Instagramの偽装アカウントに注意喚起 
セブン&アイ・ホールディングスが公式を名乗るInstagramの偽装アカウントが確認できたと発表した。同社は該当アカウントをフォローしたり、提示されるアドレスにアクセスしたりしないよう呼び掛けている。(2021/3/5)

実証実験:
デニーズ、「テレワーク専用スペース」の提供開始 ファミレスで仕事するのは「申し訳ない」と思う人に向けて
デニーズは一部店舗でテレワーク専用スペースを提供する実証実験を開始する。顧客の声を受けて対象店舗を拡大する方針。テレワークの普及が背景にある。(2021/2/8)

【実食レビュー】ファミレスにいちごの季節がやってきた! 「デニーズ」「ココス」「ロイヤルホスト」のパフェを食べ比べてみました
3店舗の個性が光るパフェを食べてみました。(2021/1/15)

密を避ける:
イトーヨーカ堂やイオンモール、福袋の販売を前倒し 館内に神社も
イトーヨーカ堂やイオンモールは福袋を正月前に販売する。店頭での密を避けるため、さまざまな施策を打ち出す。(2020/12/23)

デニーズ×ゴディバが初コラボ! チョコレートサンデー&ミニパルフェ&パンケーキがゴージャス
11月10日発売!(2020/11/6)

自動的にボーナスが付与される「PayPayクーポン」、11月17日以降に提供開始
PayPayは、11月17日以降に「PayPayクーポン(決済総額型)」を提供開始。アプリ上でクーポンを取得した後、対象店舗の支払いにキャッシュレス決済「PayPay」を利用すると自動的にPayPayボーナスの付与される。対象店舗は松屋、コジマ、デニーズなど。(2020/11/6)

温かさ感じるマスクも:
イトーヨーカドー、400種類をそろえる「マスクの森」を全店に展開
イトーヨーカ堂は、最大400種類以上のマスクと関連グッズを集めた売り場「マスクの森」を全国134店舗で展開する。日常使いできる商品からファッション性の高い商品まで、幅広い用途に対応するマスクを取りそろえる。(2020/10/20)

オリジナルメニューも:
「客席のないデニーズ」新宿にオープン 宅配・持ち帰り需要増に商機
セブン&アイ・フードシステムズは、デリバリー、テークアウトに特化した「デニーズ 新宿御苑店」を開店。客席のない店舗はデニーズとして初の試みとなる。営業時間は午前11時〜午後11時。デリバリーは同店から4キロメートル圏内に対応する。(2020/10/12)

月額料金9万9800円:
飲食店の配膳ロボット、ソフトバンクロボティクスが開発 デニーズで接客改善
ソフトバンクロボティクスは9月28日、飲食店向けに配膳・運搬用ロボット「Servi」(サービィ)を発表した。飲食店での配膳や下げ膳を行い、コロナ禍での非接触対応のニーズに応え、従業員の負担を減らす。2021年1月から、月額料金9万9800円(3年レンタルプラン)で提供する。(2020/9/28)

イトーヨーカドーがAI発注システム導入 作業時間を3割削減
イトーヨーカ堂がAIを活用した商品発注システムを全国132店舗で導入。データを基に最適な販売予測数を担当者に提案し、発注作業にかけていた時間を減らす。(2020/9/2)

フルボトルワイン:
セブン&アイが最上級ブランドのワイン3種を発売 増加する「宅飲み」需要に対応
セブン&アイが最上級ブランド「セブンプレミアム ゴールド」にワイン3種を追加する。新型コロナの影響で「宅飲み」需要が増えたことに対応する。ハレの日には上質なワインのニーズも高まっていると分析する。(2020/6/22)

ニコニコエール弁当:
ココイチが300円弁当の販売期間を延長 餃子の王将やデニーズでも応援企画を続行
ココイチが子どもがいる家庭向けの食事支援策を延長。「ニコニコエール弁当」(税込300円)を5月7日から販売している。同様の動きは餃子の王将やデニーズでも。(2020/5/11)

デニーズと幸楽苑がPayPay決済に対応 4月の20%還元の対象に
デニーズと幸楽苑がPayPay決済に対応。両チェーンがモバイル決済を導入するのは初。いずれの店舗も、4月に実施する20%還元キャンペーンの対象となる。(2020/3/18)

データ対応力の磨き方:
セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめた「Tableau Blueprint」について。(2019/12/5)

デニーズ×ハローキティコラボがスタート! 焼き立てアップルパイを試食してきた
チーズフェアも同日スタート。(2019/11/21)

森永卓郎が解説〜過去最高益のなかでセブン&アイが大リストラする本当の理由
「物を買いに出かけなくなった」。(2019/11/14)

セブン-イレブン、1000店舗を閉店・移転へ リストラ断行でイトーヨーカドー、そごう・西武も閉店加速
セブン&アイが事業構造改革を断行します。(2019/10/10)

セブン、「7iD」のパスワード再設定した人に“おわびクーポン”配布 おにぎり・パンなど1品無料に
セブン&アイが、「7iD」のパスワードを再設定したユーザーに、セブン‐イレブンの商品が1つ無料になるクーポンを配布すると発表。対象商品は税別182円以下のおにぎり・パン・フランクなど。7月30日〜11月30日にパスワード変更したユーザーにメールで配信する。(2019/9/19)

増えすぎ! 「エースコック わかめラーメン」のスゴイヤツがセブン&アイで限定販売 わかめ7倍、コーン11倍に増量
わかめー!(2019/9/11)

不正ログイン続出の「7pay」、わずか3カ月で終了 セブン&アイHDが謝罪、再挑戦も示唆
7月1日にスタートしたモバイル決済サービス「7pay」が9月30日で終了する。3カ月での幕引きは異例だ。原因はサービス開始直後から相次いだ不正ログインだ。セブン&ワイHDは被害者に謝罪する一方で、キャッシュレス事業への再挑戦も示唆している。(2019/8/1)

7pay終了へ 記者会見の一問一答まとめ
セブン&アイ・ホールディングスが8月1日に開いた、モバイル決済サービス「7pay」終了の会見内容を一問一答形式でまとめた。(2019/8/1)

7pay、9月末でサービス終了 セブン&アイHDが正式発表【記者会見のライブ映像あり】
セブン&アイ・ホールディングスは、不正ログインの被害が相次いだモバイル決済サービス「7pay」を9月末で終了する。(2019/8/1)

7iDのパスワード再設定で「残高消えた」報告相次ぐ セブン&アイは不具合を否定、ユーザーの誤解か
「7iD」のパスワード一斉リセットに伴ってパスワードを再設定したユーザーの一部から「アカウントの残高が消えた」「再設定のメールが届かない」と報告があるが、セブン&アイ・ホールディングスはシステム障害ではないと説明している。(2019/7/31)

セブン-イレブンアプリ関係者を名乗る不審電話 セブン&アイが注意喚起
セブン&アイは、「セブン-イレブンアプリ」の関係者を名乗る不審な電話に対する注意喚起を発表した。顧客の個人情報(氏名や生年月日)を不正に入手するのが目的とみられる。不審な電話を受けた場合は、「決して応じず問い合わせ窓口へ相談してほしい」と注意を呼びかけている。(2019/7/16)

セブン&アイ、外部IDによるアプリへのログインを一時停止
TwitterやGoogleのIDでログインできる機能を停止しています。(2019/7/12)

デニーズに桃デザートが登場! 今年も魅惑の桃パフェ&桃スイーツがやってくる
もうこんな季節ですね……(じゅるり)(2019/7/8)

セブン&アイ、バーコード決済「7pay」を7月導入
セブン&アイ・ホールディングスが、モバイル決済サービス「7pay」を7月から提供。200円の買い物につき、1ポイントのnanacoポイントを付与する。(2019/4/4)

セブン&アイ、「nanaco」ポイント付与率を半減 1%→0.5%に
「7pay」でもポイントを付与する形に刷新。(2019/4/4)

セブン&アイ、USJ、江崎グリコ、西武鉄道の例:
ヤフーの集めるデータを活用すると、一般企業は何ができそうか
ヤフー検索をはじめとしたデータが活用できると、一般企業にとってどんないいことがあるのだろうか。セブン&アイ・ホールディングス、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、江崎グリコ、西武鉄道が行った実証実験の内容をお伝えする。(2019/2/21)

「nanaco」なくしてもすぐには止められない? 「チャージ残高は翌日以降、オートチャージは即時停止」
「nanacoカードを落としたため、コールセンターに連絡したが、止められるのは翌日になると言われ、当日中に悪用されてしまった」――こんな投稿がTwitter注目を集めた。カードを紛失した場合どうなるか、セブン&アイに聞いた。(2019/2/4)

ハローキティがデニーズとコラボ! 45周年を迎え、一緒にいちごフェアを楽しむキティとデニャーズがかわいい
ストロベリーフェアと一緒に楽しみたい。(2019/1/15)

デニーズの「苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー」がグレードアップ! 2019年の苺デザートに期待が高まる
おいしい、という言葉ではまったく足りない。(2019/1/10)

バレンタインチョコはVRショップでお買い物――セブン&アイ、限定ショップ「VALENTINE PARADISE VR」をオープン
セブン&アイ・ホールディングスは、2019年1月10日から2月10日まで、バレンタイン商品約400種をそろえる限定ショップ「VALENTINE PARADISE VR」を開設。「AIチャットキャラクター」が自然な対話で接客し、商品をフリックするだけで購入できるなど、直感的で臨場感のある買い物体験を提供する。(2019/1/10)

デニーズに期間限定で洋なしデザートが登場! 国産ラ・フランスを使ったサンデーがゴージャス
梨好きにはたまらない……!(2018/10/23)

デニーズ、食事後レジに並ばず帰れる「デジタル注文決済」 平日ランチタイムの混雑を解消へ
スマートフォンで注文や決済が行える「デジタル注文決済サービス」を、ファミリーレストラン「デニーズ」の新宿中央公園店が導入した。(2018/9/18)

デニーズ、「デジタル注文決済サービス」を新宿中央公園店でスタート 注文も会計もスマホで完結
デジタルメニューから注文すると同時に、オンラインで決済されます。(2018/9/12)

気になる商品、動画から直接購入 セブン&アイの通販サイト「オムニ7」で
セブン&アイ・ホールディングスが「フリックショッピング対応動画」を通販サイト「オムニ7」で公開。動画再生中に欲しい商品を見つけたらフリック操作で選択すると、オムニ7の商品ページに移動して購入できる。(2018/8/6)

デニーズの桃デザートの満足感が半端ない! 丸ごと1個を使った「桃氷」など7種が登場
「めっちゃ桃食べた〜!」ってなる。(2018/7/11)

セブン‐イレブンアプリと連動:
セブン&アイ、新会社「セブン・ペイ」でスマホ決済参入 来春開始へ
セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行が6月14日付で、共同出資により新会社「セブン・ペイ」を設立した。(2018/6/22)

イトーヨーカドー、シェアサイクルの駐輪場を設置 ソフトバンク系列「HELLO CYCLING」と協業
シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を運営するOpenStreetが、イトーヨーカ堂などと協業。イトーヨーカドー店舗の敷地内にシェアサイクル用の駐輪場を設置する。(2018/6/21)

セブン&アイ、異業種とビッグデータ共有 ANA、ドコモなど参加
セブン&アイ・ホールディングスが、ANAホールディングス、NTTドコモなどと、ビッグデータを共有し、活用する取り組みを始める。(2018/6/1)

梅雨どきだから「アメーズ」 デニーズ、雨の日限定メニューを6月12日から提供
7月31日までの雨天日のみ、限定メニューの提供を示すPOPが掲示されます。(2018/5/31)

スーパー事業でも協力:
セブン&アイ、小田急と提携 駅売店をセブンに転換へ
 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月8日、小田急電鉄と業務提携することで基本合意したと発表した。小田急子会社が展開するスーパーにセブンのプライベートブランド(PB)商品の導入を検討するほか、駅構内売店のセブン-イレブンへの転換を進める。(2018/3/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
セブンの「時差通勤制度」に見る、働き方改革の“限界”
セブン&アイ・ホールディングスが時差通勤制度を導入する。評価すべき取り組みだが、一方で、一律の時間枠で社員を拘束する点においては、何も変わっていないと解釈することもできる。同社の取り組みが現実的なものであるが故に、多様な働き方を実現することの難しさが浮き彫りになっている。(2018/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。