ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「化粧品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コスメティック→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコスメティック関連の質問をチェック
「化粧品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ファミマはなぜ「レトロ路線」へ? 背景に「韓国コスメ出遅れ」の可能性
ファミリーマートは7月9日、「喫茶ファミマ」と題して6商品を発売した。セブン-イレブンやローソンと比較すると、若者向け戦略の違いが浮かび上がる。(2024/7/16)

キラキラした「コフレ」:
「文具×コスメ」でどうなった? キングジムの“シール”が人気の理由
キングジムが展開する文房具ブランド「COFFRET(コフレ)」が好調だ。コスメパレットを再現したデコレーションシールで、20〜50代の幅広い女性から人気を得ているという。どのように誕生し、なぜ人気を得ているのか。(2024/7/16)

ドレッサーの最適解! コスメ好きの夢が詰まった最高の洗面所に「これは憧れる」「羨ましい!」
引き出しの中もすてき。(2024/7/11)

「狂気感じる」 “モルカー”の顔をメイクで再現した結果…… 衝撃の仕上がりに「これはしんどいw」「世に出しちゃいけない」
ネタ企画ですが、コスメもちゃんと紹介しています。(2024/7/14)

コーセー、南アルプス工場向けに山梨県から再生可能エネ調達へ
化粧品大手のコーセーは14日、令和8年上期操業開始予定の化粧品工場「南アルプス工場」向けに、再生可能エネルギーの供給を受けることで山梨県と合意した。(2024/6/17)

「スケキヨかな?」 白コスメだけでメイクしたら…… “儚げ”通り越して存在消失! 衝撃の仕上がりに「笑った」「訳わからなくて好き」
たまに何もかも忘れて笑わせてくれる動画を公開。(2024/6/16)

西武池袋本店、2025年夏に本格リニューアル ブランド品・コスメ・デパ地下を強化
そごう・西武(東京都豊島区)は6月10日、西武池袋本店の改装計画について詳細を発表した。2025年1月から段階的に開業し、同年夏にグランドオープンを予定する。(2024/6/11)

ズボラさん必見! “塗りやすい日焼け止め13選”をコスメガチ勢が伝授 ストレスフリーなUV対策アイテムに「ありがたい……!」
これはめちゃくちゃありがたい!(2024/6/13)

売れ筋コスメの「国産回帰」が顕著に 今も韓国メークが流行っているのに、なぜ?
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は、「上半期新作ベストコスメ」を発表した。長引く物価高を背景に、人気コスメにある変化が起こっているという。(2024/6/7)

「わんだふるぷりきゅあ!」“肉弾戦なし”でも売上好調 新変身アイテムは「キッズコスメ」で展開
わんぷりの「肉弾戦を描かない作風」は、売り上げに影響があったのでしょうか?(2024/5/30)

まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと
エレコムから、ていねいにケアされたネイルのようなPC周辺機器が登場した。シリーズ名は「ILMF」。スペックにこだわることなく、見た目でこだわったアイテム群だ。全7アイテムを試す機会を得たので紹介する。(2024/5/28)

資生堂の美容部員がインフルエンサー化 華やかな投稿に隠れたSNS戦略とは
美容部員と聞くと、百貨店やコスメショップの店頭に立ち、一対一で顧客の話を聞きながら接客するというイメージを持つ人も多いだろう。その一方で、資生堂インタラクティブビューティー(東京都中央区)には、デジタルでの活動に特化した美容部員が約40人在籍している。その背景について、同社に話を聞いた。(2024/5/26)

整理収納アドバイザー、本気の断捨離ビフォーアフターが痛快! スカッとするゴミの量に「潔くてすごく気持ち良かった」「捨てる基準が参考に」
服や靴、化粧品などを手放す。(2024/5/24)

アイシャドウ迷子に朗報! コスメガチ勢が選んだ「誰にでも似合う“超無難”アイパレット5選」がマジで助かる
アイシャドウに迷う人々に届け……!(2024/5/16)

緊急購買から「目的買い」へ:
ローソンの「韓国コスメ」がバカ売れ 7カ月で200万個も売れた「4つ」の秘密
ローソンが2023年3月末に発売した新化粧品ブランド「&nd by rom&nd(アンド バイ ロムアンド)」が、Z世代に売れている。人気の秘密を取材したところ……。(2024/5/7)

令和コスメで「2000年代ギャルメイク」を徹底再現したら…… エモすぎる仕上がりに「そのまますぎてびっくり」「まさに平成ギャル」と驚きの声
当時のメイクを思い出す……!(2024/4/25)

今日のリサーチ:
ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパンはジェンダーレス消費の実態をメンズコスメ市場の動向から検証しました。(2024/4/19)

メンズコスメ市場、男性の「カラーリップ」売上が前年比2割増に
カタリナマーケティングジャパンは、「メンズコスメ」の展開に注目し消費行動の実態をまとめた。男性の「カラーリップ」の伸長率が前年比19%増、ファンデーションは15%増と大きく伸長していることが分かった。(2024/4/18)

ドンキで男性向け美容家電“爆売れ” マンダム参入の決め手は?
化粧品メーカーのマンダムが、メンズスタイリングに特化した美容家電ブランドを立ち上げた。ドン・キホーテが特に男性向け美容家電に期待している理由とは?(2024/4/3)

コスメブランド「コフレドール」12月末にブランド廃止 6月から順次生産終了へ
(2024/4/1)

「古代遺跡から発掘された?」 ボロボロになった化粧品が汚いを超えて遺物みたいと注目集める
博物館にありそう。(2024/3/30)

Marketing Dive:
エスティ ローダーのマーケティングコストの9割は「デジタル」 クリエイターとの賢い付き合い方とは?
化粧品会社Estee Lauderの「eTail Palm Springs」におけるプレゼンテーションのテーマはブランド試算とマーケティングミックスモデリング(MMM)への取り組みだった。(2024/3/22)

お面に“中国コスメ”でガチメイクに挑戦したら……! 派手なのに自然に見える顔面に「キレイだ」「めっちゃ上手」
オリエンタルな発色がすてき。(2024/3/17)

メイクの“ガチ勢”が日本と韓国で人気コスメを比較! 顔半分ずつの再現に「やっぱ違うんだ」「違いに納得した」
日本と韓国の人気コスメの違いや特徴が分かっておもしろい!(2024/3/22)

KATE「リップモンスター」総選挙を実施 限定色を投票数と販売実績でランキング化、上位は再販へ
カネボウ化粧品が展開するグローバルメイクアップブランド「KATE(ケイト)」は、口紅「リップモンスター」において昨年発売した限定コレクションの総選挙を開催。KATE公式Xでの投票結果と昨年の販売実績から上位を決定した。(2024/3/13)

「メイク面倒だし苦手」な人向けの“超時短メイク”! 役立つプチプラ情報に「ありがたい!」「助かる」と反響
使用するコスメはすべてプチプラ。(2024/3/12)

400万表示の「桜にまつわる日本語のアイシャドウ」にうっとり 美しく儚い“妄想コスメ”へ「製品化して欲しい」「日本人に絶対刺さる」の声
製品化したら全色欲しい……!(2024/3/11)

帰って来た“平成時代の青春コスメ”、期間限定でスプレータイプ登場 「肌水 スキンローション スプレー」3月6日発売
2022年に新生「HADASUI」としてリバイバル。(2024/3/9)

Marketing Dive:
α世代の間でアンチエイジング化粧品が大人気 困ったブームにあのブランドが動いた
Doveの「#TheFaceof10」キャンペーンは、10代あるいはそれ以下の子がアンチエイジング化粧品に群がるという憂慮すべきトレンドに対処しようとするものだ。この取り組みは「自信を鼓舞する」というDoveのポジショニングを強化する可能性がある。(2024/3/8)

Marketing Dive:
Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマーケティング活用に参入した。ガイド付き瞑想やインタラクティブな「ペイントバイナンバー」ゲームなどのリラックスできるアクティビティーでユーザーの癒しを促す。(2024/3/5)

「広告費0」なのになぜ? 12年前発売のヘアミルクが爆売れ、オルビス社長に聞く戦略
12年前発売のヘアミルクが爆売れし、2023年のベストコスメに選ばれた。「広告費0」「リニューアルも一切なし」を貫いてきたのになぜ? オルビス社長に戦略を聞いた。(2024/3/1)

美容系YouTuber「コスメヲタちゃんねるサラ」が登録者数100万人突破! 解説動画やユニークな動画で人気
「目標にしていた登録数なので達成できて凄く嬉しいです!」とコメント。(2024/2/28)

美容業界における新たな顧客体験の創出を目指す:
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携 「@cosme」外のプラットフォームとの連携推進へ
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携の契約を締結。SNSを活用した新サービスの開発などにより、化粧品業界のさらなる活性化に貢献することを目指す。(2024/2/15)

日本企業の“米国買い”が活発化 鉄、住宅、化粧品……縮む日本から成長市場に布石
日本製鉄や積水ハウスが米国企業の巨額買収に動くなど、日本企業の対米投資が拡大している。(2024/2/13)

なぜ似たコスメを大量に購入するのか → 皆納得の投稿「我らはコスメでデッキ組んでコンボ決めてる」で相互理解が激烈に進む歴史的偉業がなされる
ブルベデッキに環境トップチークと鉄板リップが今シーズンのぶっ壊れです。(2024/1/31)

信頼性・安心感が高い化粧品企業 3位「カネボウ化粧品」、2位「花王」、1位は?
信頼性・安心感が高い化粧品関連企業はどこか。企画開発や独自性が高いと感じる企業とともに、マイボイスコムが調査した。(2024/1/31)

本物の化粧品でイラストにメイクをした結果…… はっとするような変身ぶりに「お見事」「美しい」
お化粧ってすごい。(2023/12/19)

製造マネジメントニュース:
微粉体の世界市場は2027年までに12.5%増、EVや3Dプリンタの材料がけん引
富士キメラ総研は、3Dプリンタ用金属パウダーや化粧品用マイクロビーズ代替パウダーなど微粉体の世界市場の動向を調査し、「2023年 微粉体市場の現状と将来展望」を発表した。(2023/12/11)

「大谷売れ」はなぜ抜きんでているのか 1万円超えの高級美容液が突如ブレークした理由
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。結果を見ると、あるブランドが多数を占めていることが分かる。コーセーが展開する「コスメデコルテ」だ。(2023/12/8)

物価高なのになぜ? 1万円超えの「諭吉コスメ」が売れ続けるワケ
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。3月にマスク着用が任意となり、人々のメークに対する意欲が回復する一方で、物価高により家計が圧迫されるなど、化粧品業界にとっては、追い風と向かい風の両方が吹く1年となった。(2023/12/8)

メイクの“ガチ勢”が20代・40代の人気コスメを比較! 顔半分ずつでの再現に「違いが出てる!」「わかりやすい」の声
トム・フォードのアイシャドウがすごく気になる。(2023/12/5)

メンズメイク、始めたきっかけは「コロナ禍」? コスメ購入の決め手に男女差も
「メンズメイク」について、人々はどのような印象を持っているのか、ネオマーケティング(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/11/27)

「これやってほしい」「全ての店に欲しい!」 タイのコスメ売り場にある“接客いらん/ほしいカゴ”が話題
とくに販売員にノルマがある店にはあるといいですね。(2023/10/22)

「イエベブルべ問題」を一発解決? 人気コスメの“斬新すぎるキャッチコピー”にSNS騒然「誤植かと思った」
その手があったか。(2023/10/19)

柚子モチーフがかわいいプーさんグッズ「YUZU POOH」10月20日から順次発売 生活雑貨からコスメまでラインアップ
柚子に抱きついているピグレットもいいな……。(2023/10/17)

微量の不純物添加で性能を最大化:
次世代蓄電池の負極材料に「酸化チタン」を適用
鳥取大学の研究グループは、化粧品などに用いられている「酸化チタン」を改良すれば、次世代蓄電池の負極材料に適用できることを確認した。(2023/10/17)

責任者に聞く日本戦略:
仏ロレアルはなぜ「化粧品の王者」でいられるのか? マスカラ「スカイハイ」爆売れの深層
仏ロレアルは、実に36の化粧品ブランドを抱える世界最大の化粧品会社だ。日本で2022年9月に発売したマスカラ「スカイハイ」が好調だ。年間1位を記録した理由を消費者製品部門プレジデントに聞いた。(2023/9/27)

今日のリサーチ:
化粧品の情報収集実態 信頼できる情報源は「サンプル」、購入の決め手は「口コミ」がトップ
「@cosme」を運営するアイスタイルが実施した化粧品の情報収集実態調査の結果です。(2023/9/25)

Marketing Dive:
エスティ ローダーが挑む“TikTok売れ”に置いて行かれないためのAI活用術
美容コスメ大手Estee Lauder(エスティ ローダー)はGoogle Cloudと連携し、AIを活用したマーケティングを加速させている。狙いは何か。(2023/9/22)

メイクの“ガチ勢”が目隠しコスメ当てクイズに挑戦したら…… 驚異的な結果に「凄すぎる」「へ、変態だ!!」
なぜ分かるんだ……。(2023/9/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。