ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「亀井静香」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「亀井静香」に関する情報が集まったページです。

「アベノミクスは絵空事」亀井静香が政権を斬る
安部総理の近い立場にいた人物による、第2次安倍内閣ぶった切りを紹介(2014/12/2)

ICHIROYAのブログ:
できる上司を持ったことがない君へ
この上司の下で働くのはつらい……。たとえそう思っても、残念ながら上司を選ぶことはできない。まだ尊敬できる上司に巡りあってない人に、“できる上司はどこがすごいのか”を紹介しよう。(2014/4/14)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/7)

亀井静香さんが政治の裏側を語る ニコ生「飯田泰之のトーキング・ヘッズ」
ニコニコ生放送と論壇誌「Voice」のコラボ企画「ニコ生×Voice 飯田泰之のトーキング・ヘッズ」。亀井静香さんが出演し、政治の裏側を大いに語る。配信は8月20日18時0分〜。(2012/8/18)

亀井静香氏の講演をライブ配信 「日本の司法を正す会」5周年記念
「日本の司法を正す会」による5周年記念イベントをライブ配信する。衆議院議員の亀井静香氏が記念講演するほか、亀井氏や作家の宮崎学氏らが出演するシンポジウムを届ける。配信は7月12日17時30分〜。(2012/7/12)

【IFRS】政治主導の行方は
松下金融相、「国際会計基準、必要な対応をしていきたい」
松下金融相はIFRSについて「EUと日本では違いがあると聞いている」として、不動産の時価評価を例に挙げた。(2012/6/5)

藤田正美の時事日想:
今、民主党がやるべきことは何か
12月9日に閉会した臨時国会。法案38本のうち13本が成立したにすぎず、成立率34%は民主党政権になって最低である。TPP交渉への参加問題、消費税増税問題、社会保障の改革問題など、懸案が山積しているが、民主党がまずやるべきことは何なのだろうか。(2011/12/12)

誠 Weekly Access Top10(2011年9月3日〜9月9日):
2000年以降、「資質を問われて」辞める閣僚が急増している
野田内閣が発足して早々、放射能に関する発言が問題視されて鉢呂吉雄経済産業大臣が辞任することとなった。過去のデータを調べてみると、不祥事や問題発言が原因で辞めた閣僚は2000年以降急増しているようだ。(2011/9/16)

誠 Weekly Access Top10(2010年6月12日〜6月18日):
閣僚の去り際の言葉
しばしば、「人は去り際に本性が現れるもの」と言われる。そこで、鳩山内閣の閣僚の退任会見が各省Webサイトで公開されていたので、閣僚の本性を見極めるために読んでみた。(2010/6/24)

藤田正美の時事日想:
普天間問題から財政再建まで――菅政権が抱える課題とは
菅直人内閣が成立してから1週間。内閣支持率は急回復し、民主党への支持率も大きく回復した。しかし、今後やるべき課題を見てみると、前政権が残した普天間問題に加え、9月の民主党代表選、そして財政再建と難題が山積み。菅政権は乗り切れるのだろうか。(2010/6/14)

堀江貴文に聞く【採用編】:
「新卒採用」はしない――安易なリストラはしたくないから
社員の採用で重視していたことは「新卒採用」をしないこと。即戦力でもない人間に、卒業の1年前から内定を出すことはリスキー。最悪リストラを宣告せざるを得なくなることもあるからです。(2010/6/3)

堀江貴文に聞く【iPad、iPhone、Twitter編】:
秘かに期待、iPad――iPhoneでできないこと
iPhoneでは、メールの送受信やTwitter、ブログリーダーの使用がほとんど。電話機能は使っておらず、ドコモのケータイと2台持ちです。おサイフケータイの機能がないのも痛い。iPadが出たらソフトウェアキーボードを表示して、文字入力もやりやすくなるようなので、PCを持ち歩かなくてよくなるのではないかと秘かに期待しています。(2010/5/28)

堀江貴文に聞く【ベンチャー編】:
マネーゲームに勝つことよりもやりたいこと
多くのベンチャー企業が経営に苦労しているようですが、まず“商売選び”ができていないんだと思います。「少ない資本で立ち上げられて、利益率の高い商売をやりなさい」というのが僕の提言。僕自身はマネーゲームに勝つことよりも、未知なる分野に挑戦して、世界を一変させるようなムーブメントをつくり上げるプロセスに注力したいですね。(2010/5/21)

堀江貴文に聞く【就職編】:
「ビジネスで成功する=正社員」ではない
日本ではまだ、正社員であれば安心だ、という幻想が根強いと思います。しかし、終身雇用・年功序列という構造が崩れた今、正社員も派遣やフリーターも、大きな差はありません。そもそも、今の時代に「会社」という仕組みに依存して就職する必要があるのでしょうか。(2010/5/19)

堀江貴文に聞く【社内人脈編】:
友人と会社をつくるのは止めた方がいい
会社は出会いと別れがあるし、社内で意見が対立することも往々にしてあります。仕事だから妥協はしたくないし、金の問題だからこじれるとややこしい。例えば体育会系の会社だと「仲間であり、社員であれ」という関係性を求めることがありますが、僕はそれは違うと思う。もっと言えば、それは気持ちが悪いとすら思います。(2010/5/18)

堀江貴文に聞く【行動編】:
最先端技術を使う習慣があれば「先見」なんてなくても成功する
携帯電話を使わないと意地になっていた人がいますが、携帯電話の普及が加速度的に進んだために、公衆電話はどんどん撤去されています。すると意地になってた人も否応なしに使わざるを得なくなる。使ってみて初めて便利さに気付くわけですが、「だったら初めから使ってみればよかったのに」と思ってしまいます。(2010/5/14)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
ホリエモンの天敵は?
スタンスがはっきりしない、上から目線、アポなしで来る、強引――。ホリエモンこと堀江貴文さんはこんな人が苦手のようです。(2010/4/26)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
2ちゃんのひろゆきとは馬が合う、三木谷さんとはお互い遠慮
2ちゃんねるのひろゆき。彼とは馬が合います。知識や考えていることのレベルが似ていて、議論がよく噛み合います。一方、三木谷さんはそんなに会っていません。何度かお会いしていますが、顔を合わせて一言交わすくらいで、二人で会食したことはまだありません。(2010/4/23)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
孫正義より面白い? 同業の経済人でホリエモンが一番面白かった人とは
堀江貴文さんが、人生の節目節目であってきた人物――メディア王ルパート・マードックや村上ファンド・村上世彰氏などなど。今回登場するのは、彼がこれまで出会った同業の経済人で、一番面白かった人です。(2010/4/22)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
当時の僕に会おうと思うなんて、メディア王のアンテナは大したもの
「人生のステージが変わるごとに、人間関係も常にリセットしてきました」という堀江貴文さん。そんな彼が、人生の節目節目であってきた人物を語ります。(2010/4/21)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
メールを無視せざるを得ない気持ち、女性の「キモいよ」と一緒
人生のステージが変わるごとに、人間関係も常にリセットしてきましたが、メールやケータイの普及によって、過去の人間関係が思わぬ時に復活するケースも増えてきたと思います。その一方、興味のない相手のかわし方は難しくなって来たかもしれません。(2010/4/20)

「行政主導の記者会見開放はメディアの危機」――フリー記者たちがアピール
雑誌やフリーの記者、大学教授など70人が呼び掛け人となっている「記者会見・記者室の完全開放を求める会」は4月19日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見を開き、新聞社や通信社、テレビ局計231社に記者会見や記者室の開放を求めるアピール文を送付したと発表した。呼び掛け人たちが会見で主張した内容を詳しくお伝えする。(2010/4/20)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
信頼していたビジネスパートナーに裏切られたら
元ライブドア社長の堀江さんが答える連載「堀江貴文に聞く」。今回は、会社の同僚やビジネスパートナーについての回答です。(2010/4/19)

堀江貴文に聞く【人脈編】:
人脈作りのノウハウ? 僕にはありません
新連載「堀江貴文に聞く」。元ライブドア社長の堀江貴文さんがどのようにビジネスを考えているか、社会を考えているかの“答え”を明らかにしていきます。まずは人脈編から。(2010/4/16)

相場英雄の時事日想:
滅びゆく記者クラブは、本当に“悪”なのか
官公庁や企業を継続的に取材する記者が、その拠点として共同の窓口を設けている記者クラブ。昨夏の政権交代以降、一部の官庁でクラブ員以外の参加が認められるようになっているが、その影響はどこまで及ぶのだろうか。今回の時事日想は、開放後のことについて触れてみたい。(2010/4/8)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
危機感
郵貯、簡保の限度額が引き上げられる。すでに巨額のマネーを集めているにもかかわらず、なぜさらに拡大を目指すのか。(2010/4/7)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
“パワーシニア”の国、ニッポン
シニアが早期引退を望み、優秀なら若い人でも経営の第一線で活躍する欧米の労働社会。一方、日本で経営の第一線に立っているのはシニアばかりだ、とちきりんさんは主張します。日本ではなぜシニアが強いのでしょうか。(2010/4/5)

このまま“暗いトンネル”の世界へ……2010年版のヤミ金事情
改正貸金業法による規制強化で、貸金業界が混乱している。このまま総量規制と上限金利の引き下げが導入されれば、新たな“借金難民”が増え、その受け皿としてヤミ金が増えるかもしれない。(2010/2/19)

(ほぼ)完全収録:
「Twitterは公式の発言なんですか?」――原口総務相記者会見
原口一博総務相は1月22日夕、総務省会見室で閣議後の記者会見を開催した。地方交付税の配分方針などについて原口大臣が報告した後の質疑応答では、検察報道やクロスオーナーシップ、Twitter上での原口大臣の発言などについての質問が投げかけられた。その内容を詳しくお伝えする。(2010/1/23)

誠トレンド格付2009:
激安商品、政権交代、雑誌の休刊ラッシュ――2009年、日本はこう変わった(Business Media 誠編)
2009年もいよいよ大詰め。今年の年末企画は「誠トレンド格付け」。Business Media 誠編集部が今年話題になったものや出来事をランキング形式で評価してみました。(2009/12/29)

藤田正美の時事日想:
得票率2%以下の党が言う、「連立だから対等である」の詭弁
政権交代はしたものの「鳩山政権が苦戦している」と感じている人も多いはず。最も大きな原因は国民新党の亀井大臣に振り回されているためで、もしこのままの状態が続けば鳩山政権に失望する有権者が増えていくかもしれない。(2009/12/14)

誠 Weekly Access Top10(2009年11月21日〜11月27日):
亀井大臣「アイティメディアって何ですか?」――金融庁の“第2”記者会見に行ってきた
金融庁の記者クラブが雑誌やフリーの記者などに門戸を開いていないことから、亀井静香大臣が開くことにした第2記者会見。筆者も11月27日の会見に参加してみることにした。(2009/12/2)

改正貸金業法をめぐり、貸金業者側と消費者側が対立
改正貸金業法の見直しに関する検討会議が、金融庁で始まった。上限金利の引き下げや総量規制を盛り込んだ法律について、貸金業者側と消費者側の意見は真っ向から対立した。(2009/12/1)

上杉隆×窪田順生「ここまでしゃべっていいですか」:
週刊誌が記者クラブを批判しない理由(2)
行政や経済団体などが発表する情報を、いわば独占的に入手することができる記者クラブ。ほとんどの週刊誌は記者クラブに加盟していないが、なぜかこの問題を取り上げようとしない。その理由は……?(2009/11/20)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
鳩山政権の大きなリスク
驚いた人も多かっただろう。日本郵政の社長人事をめぐり憶測は絶えない。果たして郵政改革はどこに向かうのか。(2009/10/28)

ニコ動で中継する大臣会見の質問募集
ニコ生で中継している岡田外相と亀井郵政・金融担当相の記者会見で、ニコ動ユーザーから募集した質問を、両大臣にぶつける。(2009/10/27)

藤田正美の時事日想:
日本郵政の人事は渡りではないのか? 問われる民主党の説明責任
日本郵政の西川善文社長の後任として、斉藤次郎元大蔵省事務次官が起用された。しかしこれは、「官僚依存からの脱却」を掲げ、天下りの全面禁止を主張してきた、従来の民主党の主張とは反する人事。この点を民主党政権はどのように説明するのだろうか。(2009/10/26)

亀井金融相の“もう1つの会見”、ニコ生でライブ配信
ニコニコ生放送で、亀井静香郵政・金融担当相が主催した“もう1つの会見”をライブ配信した。(2009/10/13)

藤田正美の時事日想:
鳩山政権の“アキレス腱”はどうなる
中小企業の借り入れについて「現代版徳政令」の導入を訴えている亀井大臣。3年間ほどの金利支払い、元金返済を猶予したらいいという持論だが、あまりにも愚策ではなかろうか。もし亀井大臣が徳政令にこだわり続けるのなら、鳩山首相は彼を更迭すべきかもしれない。(2009/9/28)

3分LifeHacking:
選挙の前に読んでおきたい本&目を通しておきたいWebサイト
もうすぐ衆院選。期日前投票制度を利用してもう投票しちゃったという人もいるかもしれないが、日曜日当日の投票の人はまだ少し時間がある。どうせ投票するなら、ちょっと考えて投票するのもいいかもしれない。(2009/8/27)

ライブドア堀江社長、衆院選出馬 広島6区で
堀江社長の衆院選出馬が決まった。国民新党の亀井静香氏と同じ選挙区から無所属で立候補する。(2005/8/19)

「国民新党」Webサイト開設
(2005/8/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。