ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  N

「NHKオンデマンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHKオンデマンド」に関する情報が集まったページです。

NHK問題、なにが軸なのか
放送法の改正により、NHKテレビ放送の常時同時配信が認められた。これが意味するのは何か? 考えてみた。(2019/6/7)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

新井浩文の主演映画「善悪の屑」が公開中止に ネットでは「ただただ残念」など悲しみの声広がる
残念です……。(2019/2/8)

新井浩文逮捕に所属事務所「誠に遺憾」、謝罪コメントを発表 出演作品公開延期や中止など周囲への影響
強制性交の疑いで逮捕されたことを受けて。(2019/2/2)

「人工知能は、黒魔術の影響が強くなっている」――“最強将棋ソフト”Ponanza開発者が語る
「人工知能の分野では、だんだんと黒魔術の影響力が強くなってきています」――将棋ソフト「Ponanza」を開発した山本一成さんがNHKの番組「視点・論点」で語ったこんな話が注目を集めている。(2017/6/21)

Eテレで「かぞえてんぐ」最後の出演回が放送 ラストステージに山口百恵を思い出す人が続出
普通の天狗に戻ります……?(2017/3/28)

動画配信だけではない:
なぜフジテレビの「FOD」は急成長中なのか?
海外プレイヤーが参入するなど、競争が激化する日本の動画配信サービス市場。そうした中でフジテレビが運営する「FOD」が好調だ。その理由とは……。(2017/1/16)

やわスピ×ねとらぼ:
ドラマ「プリンセスメゾン」1話 沼越さん、マジでマンション買うつもりなの?
沼越さんのもっさり感が、はんぱなくもっさり。※追記あり(2016/10/26)

NHKが「見逃し配信」実験 11月から1万人限定で
NHKは、総合テレビとEテレの番組をネットで同時配信する実験と、放送終了直後から最長1週間試聴できる見逃し配信の実験を、11月〜12月に行う。(2016/10/7)

リオ五輪を“スーパー”な画質で観る方法
8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピック。地上波テレビで4Kや8Kの放送がないためか、いまひとつ盛り上がりに欠けているようですが、今はネットという伝送手段があるのです。(2016/7/10)

おすすめ番組をささやく「AQUOSココロビジョンプレーヤー」の気になるトコロ
シャープが4Kテレビの新製品とともに専用のネットワークプレーヤー「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を発表した。人が近づくとテレビの電源を入れ、見逃し配信などの情報を声で教えてくれるスマートなセットトップボックスだ。しかし気になるところも……。(2016/4/21)

ユーザー好みの番組をAIが提案 シャープの「ココロビジョンプレーヤー」が俺たちの嗜好に踏み込む
連動するVODサービス「COCORO VIDEO」も同時に開始。(2016/4/21)

SVOD市場の成長は横ばい:
スマホからのテレビ局系VODを利用している人が1年で約10倍に――ニールセン調べ
ニールセンによる日本のVOD利用状況(2015年11月時点調査)が発表された。テレビ局系VODではスマートフォンの利用者数が約10倍増、532万人となった(昨年比)。(2016/1/27)

よろしくお願いしまぁぁぁーすっ!! TwitterアカウントからはみだしたNHKの新しい広報サイト「NHK_PR」が始動
コンセプトは「@NHK_PR」たちの“おうち”。(2015/11/12)

シンプルなリモコン1つでテレビをインタラクティブに:
「Apple TV」はテレビを再発明できるのか――林信行がその魅力に迫る
アプリで機能を拡張できるtvOSを搭載し、Siriによる音声操作にも対応した新「Apple TV」。実際に試用する中で見えてきた新しい可能性を林信行が解説する。(2015/10/29)

NHK、朝ドラ「あさが来た」の初週6話を無料配信 期間限定で
NHKは朝ドラ「あさが来た」の第1週・6話分を、NHKオンデマンドで期間限定で無料配信する。(2015/9/17)

NHKスペシャル「映像の世紀」デジタルリマスター版放送決定 画質・音質ともにハイビジョンに
メインテーマ「パリは燃えているか」再び。(2015/8/23)

J:COM、NHKオンデマンドの4K画質コンテンツを配信スタート
VODサービス「J:COMオンデマンド」で「NHKオンデマンド」の4K画質コンテンツ9本の配信が始まる。見放題パックへの加入もしくはタイトルごとの購入で視聴できる。(2015/7/3)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
テロ対策に見るここがヘンだよ日本の感覚
海外のテロに日本人も巻き込まれる現代、国内では2020年に向けてテロ対策が急務だ。しかし、日本人が講じる対策と諸外国の対策を比べてみると、日本の対策はどこかズレている……。(2015/3/20)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

伝説のドキュメンタリー「映像の世紀」に新作か!? NHKの2015年編成計画に「新・映像の世紀」
おおおおおおお。(2015/1/22)

放送局も協力:
「追加料金は必要ありません」――初の4K対応商用VoD「ひかりTV 4K」が間もなくスタート
NTTぷららが「ひかりTV 4K」の商用サービスを開始する。コンテンツ面ではNHKや民放各社がサポート。テレビメーカーもこぞって対応を表明している。(2014/10/3)

NHKオンデマンド、初の黒字化
放送済み番組を有料ネット配信する「NHKオンデマンド」が08年のサービス開始以来初の黒字化。(2014/6/27)

J:COM、IP-VOD「みるプラス」で「NHKオンデマンド」を提供
ジュピターテレコム(J:COM)とジュピターエンタテインメントは、IP-VODサービス「milplus」(みるプラス)でNHKオンデマンドの提供を開始する。(2014/3/26)

2013 Access Top 100:
今年もいろいろありました 年間アクセスランキングTOP100、1位はまさかの「ハト人間」
気付けばもう2013年も終わり。相次いだ炎上事件の夏、秋には「iPhone 5s」祭、みんなで叫んだ「バルス!」まで、今年ITmedia ニュースでよく読まれた記事をどどんと100位まで紹介します。(2013/12/27)

モバイル端末でのダウンロード視聴も開始、ひかりTVがサービスを強化
NTTぷららが2013年下期の事業戦略説明会を開催し、今後展開するさまざまなサービスを紹介した。4Kトライアルのデモ映像も初公開。(2013/10/21)

広田稔のiPhoneで行け(21):
初心者必見! iPhone 5s/5cに入れたい定番無料アプリ25(前編)
App Storeには約90万本のアプリがそろっている。iPhone 5s/5cで初めてiPhoneの世界に飛び込んだ人へ向けて無料の定番アプリ25本を紹介しよう。(2013/10/7)

東芝、レグザ「Z7」および「J7」をハイブリッドキャスト対応へ
東芝は、“REGZA”(レグザ)の「Z7シリーズ」および「J7シリーズ」のファームウェアアップデートを実施し、NHKが9月2日にサービスを開始するハイブリッドキャストに対応すると発表した。(2013/8/21)

NHKがハイブリッドキャストを9月に開始、何ができるのか?
NHKは「NHK Hybridcast」(ハイブリッドキャスト)のサービスを、総合テレビで9月2日の午前11時から開始する。ただし、このときは「第一段階のサービス」だという。(2013/8/21)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
日本型スマートテレビ“Hybridcast”が実現すること、しないこと
スーパーハイビジョンと並び、今年の「技研公開」で注目を集めていたのが「Hybridcast」(ハイブリッドキャスト)。放送と通信が連携すると、けっこう面白いことができるようだ。(2013/6/6)

「T's TV レンタルビデオ」で「NHKオンデマンド」を配信開始
ブロードメディアは、クラウド型の有料動画配信サービス「T's TV レンタルビデオ」で「NHKオンデマンド」の提供を開始した。大河ドラマや連続テレビ小説も楽しめる。(2013/6/4)

「NHKオンデマンド」のAndroid向けアプリがリリース 記念の無料番組も配信
NHKオンデマンドがAndroid端末で楽しめる「NHKオンデマンドアプリ」がリリースされた。公式のAndroidアプリ誕生を記念した無料のミニ番組も配信する。(2013/6/3)

Weekly Access Top10:
朝が忙しいあなたに「5分であまちゃん」、オススメです
今週のアクセスランキング1位には2012年の記事が。タイトルを見たらその理由は明白でした。2位の朝ドラ「あまちゃん」の記事も多く読まれています。じぇじぇじぇ!(2013/5/27)

朝ドラ「あまちゃん」、4月のNHKオンデマンド視聴数トップ10を独占 「OPが良い」などさまざまな反響
NHKが、2013年4月分の「視聴者対応報告」を発表。連続テレビ小説「あまちゃん」がNHKオンデマンドの視聴数トップ10を独占。(2013/5/24)

NHKオンデマンド、モバイル向け動画配信サービス「ビデオマーケット」で配信スタート
NHKが提供するVODサービス「NHKオンデマンド」が、スマートフォン向け動画配信サービス「ビデオマーケット」での配信を開始した。(2013/3/28)

ネットを取り込んで進化できるか? 本格化しつつあるテレビ局のオンデマンド対応【デジ通】
テレビ局によるインターネットを使った番組や作品のオンデマンド対応が本格的になりつつある。(2013/3/21)

二足歩行ロボット:
ヒーロー系ロボット、キングカイザーがメディアミックス展開!?
モーションキャプチャ操縦に瓦割り、毎度ながら驚かせてくれるヒーロー系二足歩行ロボット、キングカイザーですが、今度はなんと日韓のテレビ番組に出演、ゲームとアニメにも登場していたんです!(2012/12/3)

偉大なエンターテイナー “ハッシー”こと橋本崇載8段のインタビューが大人気
ハッシー、マジやべぇ(2012/10/29)

モバイルワーク温故知新:
【最終回】時代は「ポストモバイル」、そして「ノマド」へ
HSPAによる高速データ通信の普及で、モバイルワークはもはや特別なものではなくなった。今回は通信インフラの発展がもたらしたポストモバイルとも言える現在の状況と、今後の展望についてみていこう。(2012/10/23)

あれから1年 NHKスペシャル「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」が再放送
今度こそ見逃すな!(2012/10/3)

NHKオンデマンドがiPhone/iPadからの視聴に対応
NHKオンデマンドがFlash Videoに加えHTTP Live Streamingに対応し、iOS端末から視聴できるようになる。(2012/2/15)

NHKオンデマンドの番組をiPhone、iPadで――4月から対応
見逃した番組をあとから視聴できる有料の動画配信サービス「NHKオンデマンド」が、4月からiPhone、iPadに対応する。(2012/2/15)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
融合は終わり。次に来るメディアは?
もう融合は終わり、場面は転換した。PC、スマホ、タブレット、サイネージ。テレビ以外のマルチデバイスが定着するだろう。地デジが整備され、メディア融合ネットワークが完成した。今の日本は、新しいステージでのサービス展開が必要なのではないだろうか。(2011/11/1)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(2):
融合オワタ
もう融合は終わったのだ。場面は転換したのだ。PC、スマホ、タブレット、サイネージ。テレビ以外のマルチ・デバイスが定着する。地デジが整備され、メディア融合ネットワークが完成した。新しいステージでのサービス展開が必要だ。(2011/10/27)

NHKオンデマンドで初のラジオドラマ配信 田村ゆかりさん出演「タイムスリップ」シリーズ
NHKオンデマンドで、NHK-FMのラジオドラマ「青春アドベンチャー」の配信が始まる。オーディオコンテンツの配信は初めて。(2011/8/26)

NHKの番組ネット同時配信、PCのみの視聴者からも受信料徴収を──調査会が答申
NHK受信料制度について検討してきた調査会が、NHKが基幹放送のネット同時配信を行う場合、テレビを設置せずにPCでのみ視聴するユーザーからも受信料負担を求めるのが望ましいと答申した。(2011/7/12)

「NHKオンデマンド」がモバイルSuica決済に対応
NHKオンデマンドで番組視聴料金の支払いにモバイルSuicaが利用できるようになる。(2010/12/15)

「NHK特集」などYouTubeで無料配信 「権利処理された映像を見る習慣を」
「NHK特集」などNHKの人気番組を配信するYouTubeに公式チャンネルをNHKエンタープライズがオープン。「NHKは見ないがYouTubeは見る」という層に、NHKの番組に親しんでもらう狙いだ。(2010/12/6)

NHKオンデマンドがFlash化
「NHKオンデマンド」のPC向けサービスがFlash Video方式に。Mac OSやFirefoxなどからでも見られるようになった。(2010/4/1)

ひとりで作るネットサービス:
データ蓄積=コミュニケーション!? 「テレビジン」で視聴率じゃない指標を――福田さん
元々部活動のWebサイトを作るような高校生だった福田さん。今では2ちゃんねるの書き込みから「笑い」を可視化する「テレビジン」をオープンした。「従来までの視聴率に代わる新しい指標が導き出せないか、いろいろ考えています」という福田さんに話を聞いた。(2010/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。