ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OJT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

On the Job Training

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

五輪開会式で注目のドローン、パイロット育成や活用の現状を聞く スカイエステート・青木達也社長
東京五輪開会式で、空中に大会エンブレムや巨大な地球の姿を形成し世界を驚かせたドローン。この新技術を活用した建物の外壁調査やパイロットの育成事業を手掛けるベンチャー企業、スカイエステートの青木達也社長に、パイロット育成やドローン活用の現状を聞く。(2021/9/10)

アクセルとブレーキを使い分ける:
“事業のブレーキ役”にならない、「ビジネスを推進する」法務とは?
一般的に、法務は “事業のブレーキ役” となる、保守的な人たちというイメージが強い。ところがある不動産系ベンチャーの法務担当者は、「それではビジネスが前に進まない」という。急成長するベンチャーにおける、法務の役割とは。(2021/7/29)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(3):
【第3回】「背中を見ろ」では今の若手は育たない〜建設業界が理解すべき人材育成のキーサクセスファクター〜
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第3回は、企業の持続的発展を支えるキーサクセスファクター(主要成功要因)となる、技術力を伝え、次の世代が吸収し、いち早く成長できる仕組みづくりの成功例を紹介する。(2021/7/27)

小寺信良のIT大作戦:
“FAX全廃議論”で再考する、ITリテラシーと信頼関係の問題
コロナ禍でテレワークを経験してからの世代に求められているITスキルと、それにまつわる問題を考えた。(2021/7/14)

マーケや情シスと議論:
カルビー流「“総務主体”ではない」オフィス作り 営業がリーダーを務めた理由
カルビーは丸の内オフィスのリニューアルのため、社内横断のプロジェクトチームを組織した。社内横断チームといっても、オフィスに関することなのでやはり中心は総務──と思いきや、リーダーを務めたのは営業の社員だった。マーケや情シスなど、さまざまな部署のメンバーと作り上げた意味とは?(2021/7/13)

職能型との違い:
ジョブ型人事で才能を開花 従来と異なる「ヒトの育て方」の成功ポイント
話題のジョブ型人事制度と、伝統的な日本型人材マネジメントである職能型人事制度の大きな違いは、ヒトの育て方だろう。ジョブ型の場合、ヒトの育て方の基本思想は「厳しい競争環境を通じてヒトを鍛えていく」ということだ。成功のポイントを解説する。(2021/7/5)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)

ヒトにお金を使わなくなった日本:
“人材が集まる”海外企業は、何にお金をかけているのか
リスキリングには一定の費用が必要になるが、企業のヒトへのお金のかけ方については日本企業と欧米企業で考え方に違いがある。日本企業は再点検を行う必要がありそうだ。(2021/6/25)

効率化もリモート化も一気に解決:
PR:困りごとをまるっと解決! 「リアルタイム音声認識」はコンタクトセンターをどう変える?
顧客体験の向上やリモート化など、課題が山積するコンタクトセンター。そんな中、活用したいのがビーウィズの「Omnia LINK」(オムニアリンク)だ。同サービスの大きな特徴が「リアルタイム音声認識」機能だが、具体的にコンタクトセンターをどう変革するのだろうか。(2021/6/10)

セミナー:
PR:製造業の現場教育を「動画マニュアル」で改善!成果を上げた上場企業の実例を交えて導入効果・活用方法を公開
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/5/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「グローイング・サイクル」を回すことで組織の全員が戦力になる
かつて日本マクドナルドの「ハンバーガー大学」で学長を務め、「ユニクロ大学」でも実績を残した有本均氏。現在はホスピタリティ&グローイング・ジャパン会長として、多くの企業の人財育成をサポートする。目指すのは「全員を戦力にする」こと。そのための方法について、一端を紹介してもらおう。(2021/5/13)

小寺信良のIT大作戦:
離職率と人の育て方の関係
ブラックな職場経験のある小寺信良さんが昨今の人材育成事情を考える。(2021/4/20)

DXに「リスキリング」で対応する “リスキリングする組織”へ転換する4つのステップ
大きな産業構造の転換が起こっている今こそ、人々を成長分野に移動させるための再教育が求められている。そのキーワードが、“リスキリング”だ。(2021/4/23)

新社会人へ:
上司を「まねる」ことが仕事なのか そんな時代は
昨年は、ちらほらとしかリクルート姿の学生くんたちを見ることがなく、今年入社する人たちは、ほぼオンラインでの面接をやり遂げた人たちなのだろう。大企業やIT関連の企業を中心に、すっかりテレワークが浸透している。自分のデスクがない新人ということもあるうる世代となりそうだ。(2021/3/31)

バーチャルTECHNO-FRONTIER:
豊田喜一郎氏の言葉が息づく豊田中央研究所、目指す「2つのE」とは
オンライン展示会「バーチャルTECHNO-FRONTIER2021冬」(2021年2月2〜12日)のオンライン基調講演に豊田中央研究所 代表取締役所長の菊池昇氏が登壇。「発明とイノベーションのジレンマ〜日本の研究に足りぬ2つのE」をテーマに、同研究所の役割と、日本の研究者の課題などを紹介した。本稿ではその内容を紹介する。(2021/3/30)

間違っていること:
人材不足を理由に、新規事業をストップしてはいけない
適切な人材がいないせいで新事業創出の取り組みが迷走したり頓挫したりすることはよくあること。それでも、人材不足を理由に取り組みそのものに消極的になるのは間違っている可能性が高い。(2021/3/28)

「会社への帰属意識の醸成や新生活への不安解消のため」:
「新入社員は定期的に出社」はテレワーク実施企業の8割以上 学情が調査結果を発表
学情が実施した「2021年4月入社の新入社員の勤務形態」に関する調査によると、テレワークを実施していても、「新入社員には定期的に出社の機会を設ける」とした企業が8割以上を占めた。(2021/3/15)

フォローが課題:
在宅勤務を導入している企業は、新入社員を出社させる? 人事担当者に聞いた結果は……
新入社員が会社にやってくる。リモートワークを実施している企業はどう対処するのか。定期的に出社させるのか、それとも……。(2021/3/13)

PR:省人化も技術伝承も一気に解決、製造現場で“本当に使える”AR
省人化や技術伝承といった課題に加え、withコロナ時代での働き方も問われている製造業。だがリモートではカバーできない“リアルありき”の作業も製造業には多い。最先端AR技術で理想的な現場作業を実現するのが、プレミアムアーツの「Aspace」(エースペース)だ。(2021/3/3)

人事施策のよくある誤解と失敗例(2):
「昇格機会は多い方がいい」「優秀な現場でOJT」──なぜ失敗? 良かれと思った人事施策の落し穴
あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。今回は、等級・役職に対する「昇給機会は多い方が良い」という誤解と、OJTに対する「優秀なプレイヤーの背中を見て学ぶのが良い」という誤解について、事例をもとに原因と対策をお伝えします。(2021/2/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
学びを最大化する TTPSマネジメントとは
新しいことに取り組む場合、まず巨人の肩に上って全体像を把握し、その次に自分自身のオリジナリティーを発揮して、さらに高い場所から物事を見られるようにする。(2021/2/18)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

人事施策のよくある誤解と失敗例:
フリーアドレス、業績連動評価、年俸制……良かれと思った施策が失敗した理由とは?
あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。今回は、フリーアドレス、業績連動評価、年俸制の3点について、よくある誤解とその原因、対策を事例を交えてお伝えします。(2021/1/29)

ジョブ型雇用導入のためのToDoリスト(1) ジョブの整理と職務記述書の作り方
近年、ジョブ型雇用が注目を浴びており、大手企業でも次々と導入を始めています。対比となるシステムが日本企業が長年採用してきたメンバーシップ型雇用です。本記事ではそれぞれの特徴を明確にし、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用に移行するときにどのようなステップを踏むべきかについて解説します。(2021/2/2)

人材系シンクタンク調査:
在宅勤務中の新入社員、課題トップは「同期とのコミュニケーション」
異例づくめのコロナ禍での働き方。特に在宅勤務に戸惑う新入社員も少なくない。彼らの悩みとは。(2020/12/25)

コロナ禍でオンライン化も進むが……:
なぜ、企業研修・セミナーは「つまらない」のか 大学のオンライン授業で得た気付き
「つまらない」と感じる人が意外と多いのが、企業研修やセミナーだ。コロナ禍を受けてオンラインで受ける機会が増えたが、面白いと思えるものは多くない。なぜ、つまらないのか。法政大学で講師を務め、オンライン授業も実施している筆者が解説する。(2020/12/24)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【中編】
老舗工具メーカーが「DX」推進に人材教育が必要だと考える訳
工具メーカーStanley Black & Deckerが抱える世界中の拠点では、最新技術を採用した工場もあれば、自動化が進んでいない工場もある。こうした中でDXを推進する同社が、従業員教育に注力する理由とは。(2020/12/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分で考えて動く社員が育つOJTマネジメント
大手企業から成長企業、経営者から新入社員まで、さまざまな業界、階層の人たちに対して「OJTマネジメント」のノウハウを提供し、その結果成果が出る対象を把握する事ができた。(2020/12/24)

リスクも多い、“コミュ力”採用:
もはや時代遅れ? 今こそ日本企業は“コミュ力”信仰から脱却すべきワケ
経団連が発表した教育界への提言が、波紋を呼んだ。経済界が教育界へ提言をする一方で、経済界も変わる必要が求められているといえる。その一丁目一番地は、“コミュ力”信仰かもしれない。(2020/12/23)

“VR松屋”でアルバイトの研修 仮想空間で調理、接客、トラブル対応など学ぶ
牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できるVRコンテンツが登場。松屋でのアルバイトスタッフの教育を効率化する狙い。受講者がVR空間で、牛丼などの調理やトラブル対応を体験できる。(2020/12/22)

研修や説明会、サービス紹介セミナーに:
「ウェビナー・Web会議」のシステム選定と活用のポイント
新型コロナウイルスの影響により、研修や説明会、サービス紹介セミナーなどをオンラインで実施する機会が増えた。用途に合わせたウェビナーとWeb会議のシステム選定方法や、それに伴うメリットとデメリットを整理して解説する。(2020/12/18)

結果を出すチームの習慣:
PR:ソニックガーデン倉貫義人社長に聞く リモートでソフトウェア開発チームを作るには
(2020/12/14)

人材開発部に聞く:
3カ月で出社は3回! 短期間で新人研修をオンライン化、ソニー生命の対応力
ソニー生命で採用・教育研修を担う人材開発部に、コロナ禍を受けた働き方への対応を聞いた。(2020/12/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
最高の結果を出すKPI実践ノート
KPI導入のどこを深く説明し、よりシャープにすると分かりやすく、さらに実践的になるのか。(2020/12/3)

連載・デジタル時代の人材マネジメント:
デジタル人材だけでは、DXは実現しない 必要不可欠「ブリッジパーソン」の育て方
デジタル人材だけを獲得してもDXは実現できない。パナソニック、コニカミノルタの事例を交えながら、必要不可欠な人材「ブリッジパーソン」の育て方を解説する。(2020/11/25)

複雑化する業務、深刻化する人手不足:
PR:新人が「即戦力」に? 人手不足とオペレーターの不安を解消する、ニューノーマル時代のコンタクトセンター向けAIソリューションとは
デジタルシフトによる業務の複雑化とともに、人手不足にも悩むコンタクトセンター。最近ではリモート化の機運も高まっており、対応すべき課題が山積している。そんな中で活用したい、業務効率化とともに新人教育にも効果を発揮する、AIを駆使したソリューションとは?(2020/11/18)

【特集】人材採用、育成のDX:
これは、2020年以降も続く挑戦だ――新卒採用と研修を完全にオンライン化した企業の気付き
2020年に大きな変化を余儀なくされた業務の一つが、新卒採用および新卒研修だ。全社テレワークを決めたことで、採用と研修を「全面オンライン化」した企業の担当者が、その方法やメリット、デメリット、今後の課題について率直に語った。今後の働き方の変化を見据える同社のより深い挑戦とは。(2020/10/28)

製造IT導入事例:
製鉄会社がMR技術を活用した教育訓練シミュレーターを導入
JFEスチールは、MR技術を活用した教育訓練シミュレーターを同社の西日本製鉄所へ導入した。訓練シミュレーターによってOJT前に訓練することで、従来よりも操業、安全リスクを低減でき、異常事態での判断や措置も迅速に行える。(2020/10/26)

データサイエンスのイベントレポート:
コロナ時代におけるデータサイエンティストの育成と、日常業務におけるメリット/デメリット
コロナ禍で日常業務や大学講義がオンライン&リモート化した人は多いだろう。そのメリットとデメリットは何か? デメリットを解消するために、どのような工夫をするとよいのか? データサイエンティスト人材の育成はコロナ禍でどういう状況なのか? データサイエンティスト協会主催Webセミナーにおけるパネルディスカッションの一部内容を紹介する。(2020/10/22)

【特集】人材採用、育成のDX:
「新常態」で企業格差が広がる――日本の採用、育成のDXはなぜ遅れてしまうのか 成長のヒントを探る
テレワークを中心に新しい働き方の模索が続く一方、人材の採用や育成をどう「新常態」に合わせるのか。企業や組織の人材コンサルタントは「日本企業のDXの遅れは、採用や育成の面でますます欧米との格差を広げている」と警鐘を鳴らす。それはなぜなのか。また、採用や育成を見直したい企業は、どこから手を付ければいいのか。(2020/10/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(134):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(13)デバッガとビルド構成のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第13回は、「デバッガの使用方法」と「ビルド構成に関するバグ」を取り上げます。(2020/10/19)

「IT調達制度そのものが問題」:
「なぜ日本政府が作るソフトウェアは使えないモノばかりなのか?」――中島聡氏が考える「日本社会のDX」の要件
エンジニア起業家の草分けでもある中島聡氏が、小泉進次郎氏など自民党の若手議員が集まる勉強会で「日本政府によるIT調達がなぜうまくいかないか」をプレゼンしたという。具体的にどのような内容だったのか、話を聞いた。(2020/10/9)

社員の健康管理も:
オフィスのソーシャルディスタンスを確保するには? ウィズコロナで活用進むHR Tech
ウィズコロナの世界、人事の領域ではいわゆるHR Techへの期待が高まっている。ソーシャルディスタンスの実現、社員の健康管理など、HR Techの導入はどのような効果をもたらすのか。(2020/9/14)

モチベーション維持の秘訣は「内製化」と「チャレンジ」:
内製化を進めて辿り着いた「フルリモートシステム開発」KDDI若手エンジニアチームの変革
自社の優秀なエンジニアが「調整役」に徹していいのか? ――KDDIは、パートナー企業と対等に開発を進める組織になるべく内製化を進めていた。その経験が、2020年に世界を襲った「コロナ禍」において、世界中のITエンジニアが直面した「テレワークによるコミュニケーションの低下」という課題においても生きたという。同社はどのように組織を変えていったのか。(2020/9/4)

勤怠管理をアップデートしよう:
PR:「監視」ではなく「見守る」――テレワークが当たり前になった今、求められる勤怠管理の在り方とは?
新型コロナウイルスの影響で、一気に広がったテレワーク。その一方で、問われているのが勤怠管理の在り方だ。始業・終業時間の打刻だけで、勤務時間中の働きぶりを管理できないという課題もある一方、「監視」まがいの手法も話題となった。さまざまな企業が新しい勤怠管理様式を模索している中で、管理する側/される側にストレスのない勤怠管理を簡単/低コストで導入できるツールが登場した。(2020/8/3)

新人が勝手に育つ「10秒会話と質問」:
第5回:リモート環境による仕事の丸投げが非効率なワケ
リモート環境下の指導者による「仕事の丸投げ」と新人による「丸投げの相談」の両側面からみた業務効率と新入社員の成長角度について伝える。(2020/7/15)

特集:開発者が足りない時代に開発力を上げるための企業戦略(1):
コロナ禍で企業はDXを避けられない状況に――生き残るための選択肢とは
経済産業省の「DXレポート」では、2025年にはIT人材が国内で約43万人不足し、企業に残されたレガシーシステムの老朽化によって膨大な経済的損失が生まれるという「2025年の崖」が大きな問題として挙がっている。このような時代に企業が生き残るためにすべきことは何か、開発者不足を補い、生産性を向上させるための具体的な施策とは何か、有識者の提言や先行企業の事例を基に現実解を探る特集。初回は、現在の課題と企業が生き残るための選択肢を整理する。(2020/6/30)

LiveWorx 20 Virtual:
DXを実現し成果を挙げる設計・生産部門、そのカギを握るPTCのテクノロジー
PTCは年次ユーザーカンファレンス「LiveWorx 20 Virtual」をオンライン上で開催した。本稿ではPTC製品を導入した製造業者のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取り組みを紹介した基調講演を取り上げ、その内容を抜粋してお届けする。(2020/6/25)

社員研修のプロが語る:
ウィズコロナ時代、新人研修はどう変化していくか オンラインの強みと弱み
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで新入社員研修を行う企業も少なくない。社員研修や人材教育を手掛ける企業「新規開拓」の朝倉千恵子社長が、オンライン研修の強みと弱みを解説する。(2020/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。