ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マイレージ/ポイント制度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

全国の丸亀製麺で「dポイント」が利用可能に 6月30日までポイント3倍キャンペーン
全国の丸亀製麺の店舗で、6月8日から「dポイント」が利用可能になる。6月30日までdポイントカードなどを利用すると通常の3倍ポイントを、期間限定メニュー「鬼おろし肉ぶっかけ」を注文するともれなく50ポイントを進呈する。(2021/6/7)

楽天ペイ、「瞬間チャージ」新規設定で最大1万ポイントが当たるキャンペーン
スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」の「ポイントカード」の画面から初めて「ポイント払い 瞬間チャージ」のチャージ額を設定すると、抽選で最大1万ポイントが当たるキャンペーンを開催。期間は7月31日まで。(2021/4/20)

楽天ポイントカードが全国すかいらーくグループに対応 ガストでポイント最大5倍キャンペーンも
すかいらーくが運営する「ガスト」「バーミヤン」など約2700店舗で、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」が3月22日から順次利用可能に。ガストではポイント最大5倍キャンペーンを実施する。(2021/3/15)

SBI証券、eMAXIS Slimなどの投信マイレージ付与率引き上げ SBI取り分を投資家に還元
SBI証券は4月1日から、eMAXIS Slimシリーズや楽天・バンガードファンドなど、26本の低コストファンドについて、「投信マイレージ」の付与率を引き上げる。投信マイレージは、対象の投信保有金額に応じてTポイントが貯まるサービス。SBI証券は、これにより、信託報酬のうちSBI証券に支払われる手数料と同率程度を顧客に還元するという。(2021/3/15)

3枚以上所有する人が多い:
クレカを選ぶ際、重視する点は? 「ポイントサービスの充実度」を抑えて1位になったのは……
リサーチ会社のマイボイスコムが「クレジットカードの利用」に関する調査結果を発表した。クレカの所有枚数や選定時の基準などが明らかになった。(2021/2/16)

d払い+dポイントカードの提示で20%還元キャンペーン 3月31日まで
NTTドコモは、2月16日から「いつでも二重ドリ d払い+20%還元キャンペーン」を開催。エントリーの上でdポイントカードを提示し、d払いを利用すると利用金額の20%をdポイント(期間・用途限定)で付与する。(2021/2/9)

三井住友カード、完全番号レスに進化 年会費無料、コンビニ常時5%還元も
三井住友カードは2月1日から、「三井住友カード」を変更し、表面だけでなく裏面にもカード番号を記載しない完全番号レスのクレジットカードを提供する。また、ポイントプログラムVポイントでは、Visaのタッチ決済やiD決済での使用を可能にする。(2021/2/1)

楽天が調査:
拡大するポイントサービス市場 消費者の利用実態は?
楽天が「2021年 ポイントに関する調査」の結果を発表した。現在利用しているポイントや貯めているポイントは何種類あるのか? 有効期限のあるポイントを失効させたことのある人の割合も明らかに。(2021/1/27)

業界動向:
大成建設、建設現場での環境負荷低減活動を定量評価するシステム
大成建設は、建設現場における環境負荷低減活動の取り組みを定量的に評価するシステム「TAISEI Sustainable Actionポイントシステム」を構築し、建設現場で運用を開始した。環境目標の達成を目指していくという。(2021/1/25)

三菱UFJ銀行、未利用口座に管理料 併せてPontaポイントサービスも新設
三菱UFJ銀行は、2021年7月1日以降に開設した口座について、2年以上未利用の普通預金口座を対象に「未利用口座管理料」を徴収すると発表した。金額は年間1320円(税込)。また、利用に応じてPontaポイントが貯まるポイントサービスを提供する。(2021/1/22)

d払い、マツモトキヨシで20%還元キャンペーン 初回ユーザーなら最大70%還元に
NTTドコモは、マツモトキヨシでdポイントカードを提示して「d払い(コード決済)」を利用すると通常のポイントに加えてdポイントを20%還元するキャンペーンを開催。期間は1月20日から2月15日まで。(2021/1/19)

d払い、ファミリーマートで最大20%還元キャンペーン
NTTドコモは、ファミリーマート利用時にdポイントカードを提示してd払い(コード決済)で支払ったユーザーへ通常のポイントに加えてdポイントを最大20%還元するキャンペーンを開催。期間は1月12日〜2月1日。(2021/1/8)

PR:キャッシュレス決済で「ポイント強者」が誕生!? これからのポイントカードはアプリを活用する時代へ
お得な貯め方&上手な使い方を紹介します。(提供:株式会社Tポイント・ジャパン)(2020/12/15)

残高不足時にオートチャージしてポイントカードのみで支払い 「楽天ペイ」アプリに新機能
楽天ペイは、新サービス「ポイント払い 瞬間チャージ」を開始。「楽天ポイントカード」機能で決済する際、ポイント残高が不足していてもスムーズに支払いが行える。(2020/11/30)

dポイント5周年、会員数7800万人超 キャンペーンも実施
NTTドコモのdポイントが12月1日に5周年を迎える。dポイントはドコモの回線契約を持ったユーザー向けのポイントプログラムとしてスタートし、その後ドコモユーザー以外でも利用できるよう、拡大してきた。(2020/11/18)

2021年春から:
JR東日本、時差通勤や「同区間月10回乗車」でポイント還元 通勤の多様化に対応
JR東日本は、通勤スタイルの多様化に対応した「Suica」の新しいポイントサービスを2021年春に開始する。時差通勤や、同一運賃区間の月10回以上利用によってポイントを還元。新しい通勤のニーズに応じたサービスを展開する。(2020/11/10)

楽天ポイントカードとマクドナルドが「ポテトの日」コラボ、11倍のポイントや無料クーポンが当たる
11月11日〜12月1日に「マクドナルド×楽天ポイントカード 11/11はポテトの日!コラボキャンペーン」が開催。11人中1人に通常の11倍の「楽天ポイント」が当たる他、エントリーでもれなく「マックフライポテト(S)」の無料クーポンを進呈する。(2020/11/9)

d払い、ローソンで最大20%還元キャンペーン 11月3日〜16日
NTTドコモは、ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100でdポイントカードを提示し、支払いに「d払い(コード決済)」を利用したユーザーへdポイントを最大20%還元するキャンペーンを開催する。期間は11月3日〜16日。(2020/11/2)

新型コロナの影響:
「冬のボーナスは支給されない・分からない」過去最高の46.4%
今年の冬のボーナスは、どのくらい支給されるのだろうか。共通ポイントサービス「Ponta」を利用している人に聞いたところ……。(2020/10/30)

Androidおサイフケータイの「楽天Edy」がGoogle Playの都度決済で利用可能に ポイントも付与(要設定)
Androidおサイフケータイの「楽天Edy」が、Google Playのアプリやコンテンツの都度決済に対応した。事前に設定したポイントプログラムのポイントをためることも可能で、「楽天ポイント」を登録すれば決済200円ごとに1ポイントが付与される。(2020/10/29)

複数店舗の利用で最大50%ポイント還元 「d払いお買物ラリー」が10月31日まで開催
NTTドコモは、10月1日〜31日に「d払いお買物ラリー」を開催。全国の対象dポイント加盟店かつd払い加盟店で、街の店舗では「dポイントカード」の提示、ネットストアでは「dアカウント」を連携し、条件を満たすと還元率が最大50%になる。(2020/10/1)

楽天ポイント、累計発行2兆ポイント突破
楽天は9月24日、ポイントプログラムサービス「楽天ポイント」の発行額が累計で2兆円を突破したと発表した。2019年は年間3200億ポイント以上を発行した。(2020/9/24)

楽天ポイントで100人に50%還元、マイナポイント登録で当選確率が50倍に
共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で、楽天グループのキャッシュレス決済を「マイナポイント」で登録すると当選確率が50倍となる50%ポイントバックキャンペーンを開催。期間は9月4日から12月31日まで。(2020/9/4)

人気のポイントサービス1位は「楽天ポイント」 話題の「ポイ活」経験者はどのようにポイントを貯めている?
「普段の買い物をしながらコツコツ」が秘訣のようです。(2020/8/30)

ドコモ、法人向けに共通認証IDや公衆Wi-Fiを提供 200円ごとにたまるポイントサービスも
NTTドコモは、新たな法人向けサービスとして共通認証ID「ビジネスdアカウント」、新たな会員プログラム「ドコモビジネスメンバーズ」を順次提供。さらに、会員が無料で利用できる公衆Wi-Fiサービスも提供する。(2020/8/17)

ポイントや決済サービスの利用者が多い携帯キャリアは? MM総研が調査
MM総研は、8月7日に2020年6月末時点のポイント/決済サービスの携帯キャリア別利用状況の調査結果を発表。ポイントサービス、クレジットカード、ECサイトのクロスユース率は楽天モバイルがトップで、QRコード決済ではソフトバンクが大幅に増加した。(2020/8/7)

auポイントプログラムが期間限定特典を追加 au PAY残高をau PAY カードでチャージすると最大3%をポイント還元
auポイントプログラムのステージ特典として、8月3日から期間限定で「au PAY カードによるau PAY 残高チャージでのPontaポイント還元」が追加される。au PAY カードまたはauかんたん決済(au PAY カード払い)でau PAY 残高にチャージをすると、ステージに応じて最大3%のPontaポイントが還元される。(2020/7/14)

共通ポイントの携帯事業者カラー明確に dポイントとPontaの相互交換が終了
複数の店舗やサービスで利用できる、いわゆる共通ポイントサービスにおいて、国内携帯電話事業者ごとの色分けが明確になってきた。dポイントとPontaポイントは、9月30日をもって相互の交換を終了する。(2020/7/1)

ゆうちょPay、9月にポイントサービス機能を提供 新規&マイナポイント登録で最大2000ポイント付与
ゆうちょ銀行は、7月1日から「ゆうちょPayポイントプレゼントキャンペーン」を実施。新規申込者、マイナポイントのキャッシュレス決済サービスとして「ゆうちょPay」を選んだユーザーへ最大2000ポイントをプレゼントする。(2020/6/26)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済とポイントプログラム/iPhone SE(第2世代)の中身は?
スマホ決済のキャンペーンに関する記事やポイント還元に関する記事が相変わらず人気です。そこで気がかりなのが、間もなく「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了することです。(2020/6/8)

au PAYに統合された「Ponta」を使ってみた Apple Payなら還元率と利便性が向上
「au WALLETポイント」と「Ponta」のポイントサービスが統合される。今後はau PAYでPontaを利用することになるが、その統合方法やメリットを解説する。(2020/6/4)

石野純也のMobile Eye:
auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か
5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。その詳細を見ていこう。(2020/5/23)

auのポイントが「Pontaポイント」に変更、クレカも強化 ユーザーのメリットは?
KDDIが、5月21日からポイントサービスを「au WALLET ポイント」から「Pontaポイント」に変更する。au PAYやau PAY カードの決済でPontaポイントをためたり、たまったPontaポイントをau PAY残高にチャージしたりできる。クレジットカードの「au PAY カード」も機能強化する。(2020/5/21)

auのポイント、きょうからPontaに ローソン利用で最大11%還元も
KDDIは、同社のポイントサービスで付与するポイントを「au WALLETポイント」からロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイント「Pontaポイント」へ切り替えた。PontaポイントとKDDIのモバイル決済サービス「au PAY」の両方に対応する店舗で買い物をするとPontaポイントが二重にたまる。(2020/5/21)

ビックカメラとソフマップ、4月22日から「Ponta」に対応
ビックカメラとソフマップは、4月22日から共通ポイントサービス「Ponta」に対応。ビックカメラでは100円(税込)で5Pontaポイント、ソフマップは200円(税込み)で1ポイントがたまる。(2020/4/21)

吉野家で「楽天ポイントカード」が利用可能に 並盛1杯分相当の387ポイントが抽選で当たる
吉野家は、4月15日から共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」に対応。これを記念し、抽選で100人に1人牛丼並盛1杯分相当の387ポイントが当たるキャンペーンを実施する。(2020/4/15)

「ほっともっと」公式アプリ登場 注文から決済まで可能
持ち帰り弁当の「Hotto Motto」を展開するプレナスは、4月1日に「ほっともっと」公式アプリをリリース。アプリから弁当の注文ができ、決済やポイントサービスにも対応する。(2020/4/1)

「ポンタ」のヘソの秘密に迫る位置情報ゲーム「ポンタフレンズ」、事前登録開始
共通ポイントサービス「Ponta」のキャラクターが位置情報ゲームに。2020年夏に配信予定。公式サイトで事前登録を受け付けている。(2020/3/26)

auのポイントプログラム、3月3日からステージ制へ
KDDIは3月3日からポイントプログラムを改定し、新たにステージ制を開始。「料金プラン」と「ステージもしくは契約年数」に応じたポイント数を付与する他、ステージに応じたポイントが「au PAY マーケット」の買い物で還元される。(2020/2/28)

KDDI、3月3日からポイントプログラムを4段階のステージ制に サービス利用状況に応じて昇格、上位は特典が豪華に
KDDIが3月3日にプログラムを改定。4段階のステージ制に移行する。auサービスを多く使うとステージが上がり、上位になるとポイントの付与率などが上昇する。(2020/2/28)

利用しているポイントサービスは? 昨年の調査結果と比べ
ネットエイジアは「日本人のポイント活用に関する調査」を実施し、その結果を公表した。20〜40代の男女に、利用しているポイントサービスを聞いたところ……。(2020/2/28)

ファミリーマートで楽天ポイント10倍キャンペーン 2月25日から
2月25日から「ファミリーマートで楽天ポイント10倍キャンペーン」が開催。「楽天ポイントカード」「楽天ポイントカード」アプリ、「楽天ポイントカード連携したファミペイ」を提示すると、通常の10倍「楽天ポイント」が付与される。(2020/2/18)

楽天の「ポイント運用」サービス 利用者100万人突破
楽天と楽天証券は2月5日、楽天のポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を利用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が100万人を突破したと発表した。(2020/2/5)

ドコモとメルカリが提携する狙いとは? 背後に「ヤフーとLINE」「KDDIとローソン」の脅威
NTTドコモ、メルカリ、メルペイが業務提携を正式発表。5月に会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、以降はキャッシュレス決済とポイントサービスの分野で協業する。その狙いと背景とは?(2020/2/4)

ドコモとメルカリ、ポイント事業で業務提携か メルカリは「協議している」と説明
NTTドコモとメルカリがポイントサービスなどで業務提携する方針を固めたと、日本経済新聞電子版が2月3日に報じた。両社はそれぞれ「当社が発表したものではない」とのコメントを発表。メルカリは「協議していることは事実」としている。(2020/2/3)

「ドコモとメルカリが業務提携」の報道 メルカリ「協議していることは事実」
日経新聞が、NTTドコモとメルカリがポイントサービスや加盟店開拓で業務提携すると報道。2社がこれに対してコメントを発表。メルカリによると、ドコモも含めた事業者と協議していることは事実だという。(2020/2/3)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(12月編):auが「Pontaポイント」に合流へ/スマホに1.08億画素カメラは必要?
キャッシュレスでは先行していたものの、ポイントプログラムではある意味で遅れを取っていた「au WALLET」。それを挽回すべくKDDIが下した選択は、「Pontaポイント」への合流でした。(2020/1/6)

KDDIとローソンが提携 「au WALLET ポイント」は「Pontaポイント」に、1億人超の会員基盤が誕生
KDDIとローソンが資本業務提携契約を発表。2020年5月以降に両社のポイントサービスを「Ponta」に統一する考えを明らかにした。オンラインとオフラインを融合した「次世代型コンビニ」向けのサービス開発にも取り組む。(2019/12/16)

ユーザーの興味と関心を知る:
東大がSNSを使った顧客分析の新手法を発表 あるブランドを好む人は他にどんなブランドを好むか?
東大がSNSを使った顧客分析の新手法を発表。クレジットカードやポイントカードの売り上げを分析するより高い精度があるという。どのような概要なのか。(2019/12/16)

ファミリーマートでdポイント最大20%還元 ファミペイ連携で
NTTドコモは、ファミリーマートで買い物をしたユーザーに総額10億円分のdポイントを還元するキャンペーンを実施。dポイントカードを連携したファミペイを提示して支払うと20%のdポイントを還元する他、おむすび購入でも50ポイントを進呈する。(2019/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。