ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

Gartner Insights Pickup(211):
サイバーフィジカルシステムのセキュリティ戦略の策定
重要な資産への脅威が高まる中、企業はセキュリティプログラムを拡大し、サイバーフィジカルシステムをカバーする必要がある。(2021/6/11)

Snowflakeがマーケットプレースの機能拡充と顧客支援プログラムを発表
Snowflakeは、「Snowflakeデータマーケットプレース」に2つの新機能を追加する。併せて、データクラウドの機能拡充やパートナーネットワークプログラム「Powered by Snowflake」を開始する。(2021/6/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(143):
次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能に
これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。(2021/6/10)

「PayPayステップ」が7月にリニューアル PayPayモールの特典を統合
PayPayとヤフーは、決済サービス「PayPay」やヤフーグループのサービスを使うほどPayPayボーナスの付与率がアップするプログラム「PayPayステップ」をリニューアル。特典を統合し、達成状況も分かりやすく確認できるようになる。(2021/6/8)

PayPayステップ、7月からリニューアル PayPayとPayPayモール特典を統合
PayPayは7月から特典プログラム「PayPayステップ」をリニューアルする。2種類の特典を統合する。(2021/6/8)

自社にデジタルに強い“右腕”を サイボウズと船井総合研究所がDX人材育成プログラムを開始
サイボウズと船井総合研究所は、DX人材を育成する研修プログラム「3カ月集中デジタル人財育成研修『デジタル右腕』」を開始する。自社の経営課題を発見し、自社の課題に適したITツールを導入できる人材を育成する。(2021/6/8)

これはいいものだ ディズニーの短編制作支援プログラムから6作品が配信へ 
6月4日からDisney+で配信。どれも味がある。(2021/6/2)

「初音ミク」「鏡音リン・レン」など、個人によるYouTubeでの収益化OKに 規約に明記
クリプトン・フューチャー・メディアが、VOCALOIDなどの歌声合成ソフト用音源「初音ミク」などについて、個人による「YouTubeパートナープログラム」を使った収益化を認めると発表。これまで「ニコニコ動画」での収益化や同人活動での利用などは認めていたが、YouTubeについては明文化していなかった。(2021/6/1)

バグ検出やREST APIファジング、数学的証明、AI言語モデル:
バグのないコードを作るにはオープンソースツールが役立つ、Microsoft Researchが紹介
Microsoft Researchはバグのないコードの迅速な作成を支援する目的で取り組んでいる4つのオープンソースプロジェクトの概要を紹介した。並列プログラムのバグを検出したり、クラウド向けにREST APIのファジングを助けたりするプロジェクトだ。(2021/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
RDNA2ベースのノートPC向けGPU「Radeon RX 6000Mシリーズ」登場 搭載PCは順次登場
RDNA2アーキテクチャベースのモバイル(ノートPC)向けGPUが発表された。搭載製品は6月から順次登場する。ASUSなど4社からは、ノートPCの設計プログラム「AMD Advantage」に準拠するモデルも登場するという。(2021/6/1)

ドコモ、「Xperia 1 III/10 III」「AQUOS R6」などの価格を案内
ドコモが、オンラインショップでの夏モデルの価格を案内している。Xperia 1 IIIは15万4440円、AQUOS R6は11万5632円(いずれも税込み)。「スマホおかえしプログラム」を適用できる。(2021/5/31)

au、エントリースマホ「OPPO A54 5G」を6月4日に発売
KDDIは、6月4日に5G対応スマートフォンのエントリーモデル「OPPO A54 5G」を発売。価格は2万8765円(税込み)で、かえトクプログラム適用時の実質負担金は2万2885円(税込み)となる。(2021/5/31)

Amazon、従業員用瞑想ボックス「AmaZen」設置 「地球で最も安全な職場になる」目標の一環で
Amazon.comは、従業員がマインドフルネス動画を見ながら瞑想できる1人用ボックス「AmaZen」を設置すると発表した。フルフィルメントセンターの労働環境改善プログラム「WorkingWell」の一環だ。2021年にはこのプログラムのために3億ドル投資する。(2021/5/28)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)で追加された機能、削除された機能まとめ
2021年5月21日に2021年の上期(春)の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。既にWindows Updateのオプションの更新プログラムとして多くのPCに提供されているようだ。そこで、このMay 2021 Updateで追加された機能、削除された機能についてまとめてみた。(2021/5/27)

OSSは危険なのか【後編】
ほぼ確実に侵入可能? 正規プログラムを乗っ取る「スクワッティング」の脅威
OSSの正規のプログラムを乗っ取る攻撃方法「スクワッティング」をセキュリティ研究者が発見した。具体的な攻撃方法や危険性を解説する。(2021/5/27)

「Salesforce Loyalty Management」提供開始:
セールスフォースが業界別クラウドにロイヤルティープログラム運営ブランド向けツールを提供
セールスフォース・ドットコムは近年、業界別の課題解決に注力し、「Salesforce Industry Cloud」シリーズを展開している。その戦略の全容と最新ソリューションについて紹介する。(2021/5/26)

FAニュース:
現場の設備やマルチセンサーの情報を一元管理できるセミカスタムメイド製品
新東工業は、センサーデータや設備の状態をまとめて可視化し、制御できる「C-BOX」を発売する。活用が困難だったマルチベンダーの無線センサーのデータをプログラムなしでまとめ、製造現場の自動化、IoT化を促進する。(2021/5/26)

製造ITニュース:
顧客のロイヤリティーを一元的に把握できるセールスフォースの新サービス
セールスフォース・ドットコムは2021年5月20日、業界特化型CRMソリューション「Salesforce Industry 360」の新サービス「Loyalty Management」の発表会を開催した。サービスを利用することで、顧客に一貫性のあるロイヤリティープログラムを提供して、顧客満足度向上を目指せる。(2021/5/27)

「明太子」テーマのプログラミングコンテスト ふくやと「Springin'」がコラボ
iOS専用のプログラミングアプリ「Springin'」が明太子メーカー・ふくやとコラボ。「明太子」をテーマにしたプログラムを募集するコンテストを始めた。(2021/5/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(100):
「Windows 10 バージョン21H1」が正式リリース、Windows Updateによる機能更新プログラム配布をコントロールする2つの方法とは
Windows 10の最新バージョン「Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update)」がリリースされました。Windows Server Update Services(WSUS)などの配布管理ツールを導入していない中小企業を対象に、機能更新プログラムが意図せずインストールされてしまうことを防止する、現在のバージョンで利用可能な方法についてまとめます。WSUSを導入済みの場合については、別の機会に取り上げます。(2021/5/25)

COBOLとの付き合い方【後編】
“Visual COBOL”に期待か? “死んだ言語”「COBOL」復活の条件
さまざまな理由で古い「COBOL」プログラムを使い続ければならない組織は、COBOLとどう向き合っていけばよいのか。「COBOLそのものが変わればよい」という考え方もあるが、それは根本的な解決策になるのか。(2021/5/25)

顧客ロイヤルティプログラム開発支援サービス「Loyalty Management」を国内でもスタート、SFDC
セールスフォース・ドットコムは顧客ロイヤルティーマネジメント製品「Salesforce Loyalty Management」の国内展開をスタートさせた。国内ではアクセンチュアと電通デジタルが顧客向けロイヤルティープログラムのアドバイスやソリューションも併せて提供する。(2021/5/21)

COBOLとの付き合い方【中編】
COBOLをプライベートクラウドで動かしたくなる“これだけのメリット”と注意点
古い「COBOL」プログラムの移行先インフラとして「プライベートクラウド」を選ぶと、どのようなメリットが得られるのか。移行の際に注意すべきこととは。(2021/5/18)

プレミアムコンテンツ:
「Windows 10」の更新でフリーズを起こさない方法
「Windows 10」を利用する上で必須の要素であるとともに、悩みの種にもなりがちな更新プログラム。その適用作業とうまく付き合うには、更新プログラムの種類や安全な適用方法を知っておくことが大切だ。(2021/5/14)

CAEニュース:
CAEの解析結果を効率的に可視化するオプションプログラムの最新版
プロメテック・ソフトウェアは、CAEの解析結果を可視化するオプションプログラム「Visualization Option ver2.0」「Visualization Option for Unity ver2.0」を発表した。より高度な解析結果の可視化や評価に対応している。(2021/5/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
人間的な「チャットbot」が引き起こす重い問題とは?
「チャットbot」は機械学習を使ったプログラムによって人間に近い回答をすることも可能だ。ただし人間に近づくと、ある倫理的な問題を引き起こすようになる。その問題とは何か。チャットbot活用の“正解”とは。(2021/5/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(99):
刷新された「Windowsのリリースの正常性」サイトの歩き方
Microsoftは2021年2月に「Windowsリリース情報」サイトを刷新し、「Windowsのリリースの正常性」をトップに据えた新たなサイトに移行しました。Windows 10の毎月の品質更新プログラム(累積更新プログラム)や半期に一度の機能更新プログラムの最新情報は、このサイトから入手できます。(2021/5/13)

アプリのコードをカーネル内で安全に実行できる:
Microsoft、オープンソースプロジェクト「ebpf-for-windows」を発表
Microsoftは、「eBPF」を「Windows 10」と「Windows Server 2016」以降で動作させるためのオープンソースプロジェクト「ebpf-for-windows」を発表した。アプリケーションプログラムのコードをカーネル内で安全に実行できる。(2021/5/12)

法人向け「ドコモビジネスWi-Fi」、5月13日に提供開始
NTTドコモは、法人企業向け会員プログラム「ドコモビジネスプレミアクラブ」向けの無料公衆Wi-Fiサービス「ドコモビジネスWi-Fi」を5月13日から提供。全国の「d Wi-Fi」「docomo Wi-Fi」スポットで利用できる。(2021/5/11)

Weekly Memo:
「日本の若者を“負け組”にしたくない」 IBMと関学大、AI人材育成プログラムに込めた意欲と危機感の理由
関西学院大学が、日本IBMと共同開発した「AI活用人材育成プログラム」を外部にもオンラインで提供すると発表した。ポイントは文系、理系を問わず「AIを“活用する”人材」を育成することだ。関係者が語った内容や背景には、日本社会に対する危機感が現れていた。(2021/5/10)

COBOLとの付き合い方【前編】
「COBOL」プログラムが古くなっても動き続ける“切実な理由”
組織に古くからあるシステムで「COBOL」プログラムがいまだに稼働し続けていることは珍しくない。なぜそのような状況が生まれるのか。組織はなぜモダナイゼーションに踏み切れないのか。(2021/5/10)

今こそ福利厚生を見直すべきワケ:
PR:総務が活用したい、Amazonギフト券が登場 「社員の健康的な生活」「快適なテレワーク環境」づくりに貢献
日々忙しい総務の現場。コロナ禍をきっかけに、社員の健康的な生活や、テレワーク環境を整えるという大仕事も新たに加わった。そんな中で活用したいのが、Amazonが企業向け福利厚生プログラムとして展開する新商品だ。(2021/5/18)

製造ITニュース:
DX時代のサイバー脅威に備えて、「プラス・セキュリティ人材」育成プログラム
トレンドマイクロでは現在「プラス・セキュリティ人材」の育成プログラムを開発中だ。製造業各社が多様なDXプロジェクトを推進する中では、非セキュリティ専門職の人材も相応の職務に応じてサイバー脅威のリスクを体系的に学んでおくことが好ましい。(2021/5/6)

UQ mobileからauへの移行特典、割引額を3850円に増額
KDDIはUQ mobileからauへ移行し、対象の料金プランに加入すると翌月から12カ月間利用料金を割り引く「UQモバイル→au番号移行プログラム」の割引額を増額。4月28日から3850円(税込み)となる。(2021/4/27)

企業のクラウド移行、検討から実施までを支援:
AWSジャパン、無償でクラウド移行を包括支援する「ITトランスフォーメーションパッケージ」を発表
AWSジャパンは、クラウド移行を包括支援する「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」を発表した。評価、計画立案、移行フェーズに合わせたプログラムを提供し、企業のクラウド移行プロジェクトを支援する。(2021/4/23)

医療機器ニュース:
脳の健康状態を可視化する脳ドックプログラムを発売
フィリップス・ジャパンとCogSmartは事業提携し、脳ドック用プログラム「BrainSuite」の共同販売を開始した。脳の状態を可視化することで、早期段階からの認知症リスクの低減を目指す。(2021/4/22)

TechTarget発 世界のITニュース
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 Microsoftが定例外のパッチ公開
「Exchange Server」の脆弱性に対して、Microsoftは2021年3月2日にセキュリティ更新プログラムを公開し、公式のブログで脆弱性や関連する攻撃について報告した。(2021/4/20)

キッザニアに「リモートワーク体験」プログラムが初登場 リモート環境で映像クリエイターの仕事を体験
キッザニアもついにリモート導入。(2021/4/17)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(140):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(19)複雑怪奇な通信系プログラムのバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第19回は、複雑怪奇になりがちな通信系プログラムのバグを紹介します。(2021/4/15)

共通テスト新科目「情報」の出題内容 IPアドレスにプログラミング……重要度増すデータサイエンス
2025年の大学入学共通テストで「情報」が新科目として追加される。サンプル問題には、IPアドレスの読み方、比例代表選挙の議席数計算プログラム、サッカーの統計データを扱う問題などがあり、マークシート式で回答する。(2021/4/12)

JTBが三菱地所・JALらと業務提携 オーダーメイド型「ワーケーションプログラム」を発売
JTBは、オーダーメイド型「ワーケーション プログラム」の販売を開始した。(2021/4/2)

周知のため、2021年4月に一時的に停止する予定:
NICTが時刻配信をNTPに一元化、HTTP/HTTPSによる配信は「2022年3月31日」で終了
NICTは、インターネットを介した日本標準時の配信をNTPに一元化する。HTTPとHTTPSによる時刻配信は「2022年3月31日」で終了する。HTTP/HTTPSを利用して自ら時刻を配信したいというユーザーに向けて、時刻配信用プログラムのソースコードを開示する。(2021/4/2)

プロジェクト:
“慶應大予防医療センター”が虎ノ門・麻布台の超高層ビルに拡張移転、「街のウェルネス」を担う核に
慶應義塾大学病院予防医療センターが、虎ノ門・麻布台地区で開発が進む再開発事業のA街区メインタワーに移転することが決まった。予防医療センターを核に、スパ、フィットネスクラブ、レストランやフードマーケットといった施設や広場、菜園ともメンバーシッププログラムでつなぎ、外部施設や医療機関とも連携しながら、世界中で抱えている諸問題に対する1つの解として、再開発事業全体のコンセプトでもある真に豊かな「ウェルネス」を提示する。(2021/3/31)

保証切れのMacやiPhone/iPadの修理をより気軽かつ高品質に Appleが「Independent Repair Provider」を日本を含む世界に拡大
Appleが欧米で提供している「Independent Repair Provider(独立修理プロバイダ)」プログラムが、日本を含む全世界に拡大されることになった。保証切れのMac、iPhoneやiPadに限られるが、正規サービスプロバイダ以外でも純正部品を用いた修理を受けられるようになる。(2021/3/30)

「dポイント スーパー還元プログラム」が2021年7月9日に終了
NTTドコモは、2019年6月10日から実施していた「dポイント スーパー還元プログラム」を終了。エントリー受付・還元率アップ期限は7月9日、ポイント最終進呈日は8月31日となる。(2021/3/29)

感染症対策も実施:
パソナ、入社式を淡路島で実施 就労支援プログラムの対象者も参加
パソナは4月1日、淡路島で入社式を行う。新入社員だけでなく、コロナ禍における雇用創出と人材育成を目的とした「ギャップイヤープログラム」社員約20人も参加する。(2021/3/29)

コロナ禍で注目:
JTB、オーダーメイド型「ワーケーションプログラム」を発売
JTB、JAL、三菱地所、スノーピークの子会社が共同でワーケーション事業に取り組む。各社の強みを生かして、オーダーメイド型のプログラムを提供する。(2021/3/26)

東芝がSAPジャパンと戦略パートナーシッププログラムを締結 グループのDXを推進
SAPジャパンは、東芝と東芝デジタルソリューションズの計3社で戦略パートナーシッププログラムを締結した。「SAP S/4HANA」や「SAP Analytics Cloud」「SAP Ariba」などを東芝グループに導入し、東芝のDXを推進する。(2021/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。