ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「楽天」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スマホ料金プランの選び方:
“0円廃止の楽天モバイル”を使い続けるべきか、乗り換えるべきか 1GB以下〜無制限で検証
長らく無料で使ってきた楽天モバイルのプランが、有料化されてしまった。これまで1GB以下なら無料だったが、2022年7月1日に自動的に「Rakuten UN-LIMIT VII」プランに移行となり、3GBまで1078円(税込み)の料金になる。キャンペーンの適用で、2022年10月末までの最大4カ月間は、1GB以下なら実質無料で利用できるが、その後をどうするか考えてみた。(2022/8/17)

MVNOに聞く:
楽天モバイルの影響で日本通信も好調 「290円プラン」と「ドコモ音声相互接続」の狙いを聞く
安価なデータ通信料と音声通話定額を組み合わせた日本通信SIMが伸びており、日本通信は2021年度に黒字化を達成。低容量から中容量のニーズをつかんだ後、2月には、月額290円(税込み、以下同)という超低価格の「合理的シンプル290プラン」を投入した。このシンプル290プランも、楽天モバイルの“0円プラン廃止”を受け、契約者が大幅に増加しているという。(2022/8/16)

房野麻子の「モバイルチェック」:
0円廃止で契約数22万減少の楽天モバイル 「我々にとって優良なユーザーに変えていく」
楽天グループが楽天モバイルの契約者数は減少した。携帯電話事業に本格参入して以降、契約者数が減少するのは初めてだ。(2022/8/15)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI、ソフトバンク、IIJが新規契約純増数好調――ゼロ円値上げを発表した楽天モバイルの受け皿か
KDDI、ソフトバンクとインターネットイニシアティブ(IIJ)が相次いで2022年度第1四半期決算を発表した。各社共に新規契約が好調な傾向にあるようだが、7月から「月額0円から」の料金プランを廃止した楽天モバイルからの“受け皿”になっている可能性がありそうである。(2022/8/14)

石野純也のMobile Eye:
「0円」で集めたユーザーを手放した楽天モバイル プラン改定の功罪を読み解く
0円からスタートする「Rakuten UN-LIMIT VI」の廃止により、楽天モバイルからユーザーが大量に流出していることが明らかになった。解約数は新規加入者数を大きく上回っており、四半期ごとの契約者数は、MVNOも合わせると22万の純減だが、楽天モバイルにとっては、これは必ずしも悪い話ではない。料金を毎月払うユーザーの比率が高まり、経営状況が大きく改善するからだ。(2022/8/13)

0円廃止で収益改善に向かう楽天モバイル 2023年中に人口カバー率99%を目指す
楽天モバイルの「0円ユーザー」の解約が増加したものの有料ユーザーは純増している。三木谷浩史会長兼社長は、完全有料化となる11月以降は利益がさらに改善すると自信を見せた。有料ユーザーに関しては「30%ぐらい伸びている」という。(2022/8/11)

楽天モバイル、契約数22万件減 “0円プラン”廃止で 三木谷社長「血を入れ替えられた」
楽天はモバイル事業について、契約数が546万件になったと発表した。5月の決算発表時は568万件としていたので、約22万件減ったことになる。月額料金0円から使えるプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止した影響という。(2022/8/10)

最も意識している経済圏は楽天、総合満足度はPayPayがトップ MMDの調査より
MMD研究所が「2022年7月経済圏のサービス利用に関する調査」の結果を発表。最も意識している経済圏は「楽天経済圏」、総合満足度トップは「PayPay経済圏」で、意識する理由は「ポイントが貯まる機会が多い」となった。(2022/8/11)

楽天モバイル、0円廃止の影響で22万減 三木谷氏「解約しているのは0円ユーザーが中心」
楽天モバイルは、2022年6月末時点のMNOとMVNOを合計した契約数(暫定値)を546万と公表した。内訳はMNOが477万、MVNOが69万となっている。同年第1四半期の契約数と比べて22万減となった。(2022/8/10)

『金色のガッシュ!! 2』第1巻が紙版・電子版ともに9月16日に発売決定 原画展も同日開催のガッシュ祭りだ!
コミックスはAmazon・楽天で予約受付中です。(2022/8/9)

楽天ペイ、セブン銀行ATMチャージ開始記念キャンペーン 1000万ポイント山分け&最大全額還元
楽天ペイメントと楽天Edyは、8月8日〜9月8日に「楽天ペイアプリ セブン銀行ATMチャージ開始記念ダブルチャンスキャンペーン!」を開催。1000万ポイントの山分けやセブン-イレブンでの利用で最大全額ポイント還元を行う。(2022/8/8)

熾烈な価格競争:
海外で値上げしているのに、アマゾンプライムなぜ日本で安い?
米インターネット通販大手のアマゾンは、欧州各国で配送料などが無料になる「アマゾンプライム」の会費を値上げすると発表した。一方、日本では欧米諸国の半額以下に据え置かれている。専門家は、「楽天市場」や「ヨドバシ・ドット・コム」など国内勢との熾烈な価格競争が背景にあると指摘する。(2022/8/7)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【8月7日最新版】 オンラインでの割引が充実
8月になり、日中はとても外に出る気になれない猛暑日が目立ってきた。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/8/7)

新宿区、キャッシュレス決済利用で最大25%ポイント還元 9月1日〜30日開催
新宿区は、9月1日〜30日に「がんばろう!新宿応援キャンペーン キャッシュレスで最大25%戻ってくる」を開催。対象は「au PAY」「d払い」「PayPay」「楽天ペイ」で、付与上限は1決済事業者あたり期間中計5000円相当。(2022/8/5)

楽天モバイル0円廃止の影響でIIJmioも好調 音声eSIMは「ドコモと協議している」と勝社長
インターネットイニシアティブの2022年度第1四半期の業績は増収増益と好調。個人向け「IIJmio」は楽天モバイルが0円廃止を発表した影響で、3.6万回線の純増となった。KDDI通信障害の影響でサブ回線需要が増し、eSIMが特に好調のようだ。(2022/8/5)

楽天モバイル、対象iPhoneを1万円引きに 楽天市場店で購入+店頭受け取りで
楽天モバイルは8月5日、「店頭受取限定!楽天モバイル公式 楽天市場店 対象iPhone製品10,000円引き」と題したキャンペーンを始めた。本キャンペーンでは、楽天モバイル公式 楽天市場店で対象のiPhoneを購入し店頭で受け取ると、対象のiPhoneが1万円引きになる。同社が実施中の各キャンペーンと併せて本キャンペーンを利用することも可能だ。(2022/8/5)

フリマで“ポイント還元” ラクマ、出品者が「楽天キャッシュ」還元できる新機能
「楽天ラクマ」に、出品者が購入者に対して、電子マネー「楽天キャッシュ」を進呈できる販売促進機能「スーパー還元」が実装。(2022/8/3)

楽天証券、投信積立設定額1000億円に ポイント引き下げ影響は「非常に軽微」
楽天証券は8月2日、投資信託の月額積立設定額が1000億円に達したことを明らかにした。6月末時点で969億円に達しており、前年同期末比で61.2%増。設定人数も261万人(同59.0%増)となっており、順調に拡大した。(2022/8/2)

総務省、携帯4社に代理店の“業務適正化”求める 新規獲得だけでなくユーザー満足度なども評価指標に
総務省は、携帯4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)と全国携帯電話販売代理店協会に対し、販売代理店の業務適正化に向けた指導の改めての実施を要請した。(2022/8/1)

楽天Edy、最大2万円分を還元するマイナポイント第2弾を実施
楽天ペイメントと楽天Edyは、総務省が実施する「マイナポイント第2弾」に参加。健康保険証の利用申込と公金受取口座の登録を行うと、各7500円相当のEdyを付与する。(2022/7/29)

楽天ペイ、クレカ主要6ブランドの「タッチ決済」に今秋対応へ
楽天ペイメントが決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」について、2022年秋頃よりクレジットカード主要6ブランドのタッチ決済に対応すると発表した。(2022/7/29)

楽天モバイル、7月29日に「AQUOS sense6s」発売 3万9800円
楽天モバイルは、7月29日から「AQUOS sense6s」を発売。楽天モバイル公式サイト、楽天モバイル公式 楽天市場店、楽天モバイルショップで取り扱い、価格は3万9800円(税込み)。(2022/7/28)

「Figma」日本語版が公開 デザインコラボツール大手 ヤフー、LINE、楽天などがすでに導入
米Figmaが、デザインコラボレーションツール「Figma」の日本語版を提供開始した。デザイナーだけでなく、エンジニア、マーケター、コピーライターなどが参加して一緒にデザインを作り上げる、チームでのデザイン制作を支援する。(2022/7/27)

楽天ポイント発行3兆超え 年間5300億、発行加速の理由
ポイントプログラムの雄である楽天ポイントの発行額が加速している。楽天グループは7月19日、楽天ポイントの累計発行ポイント数が3兆ポイントを超えたと発表した。(2022/7/27)

「楽天キャッシュ」のメリットとは? 「楽天Edy」「楽天ポイント」との違いを読み解く
楽天の決済サービスには、楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュ、楽天ポイントと複数のサービスが存在している。中でも歴史の長い楽天キャッシュは、オンライン型の電子マネーとして、楽天ペイなどでチャージをして支払える。楽天Edyと楽天キャッシュどちらもチャージして決済に使えるが、明確にターゲットが違うという。(2022/7/27)

楽天キャッシュ、セブン銀行ATMで現金チャージが可能に
オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」が、7月25日に「楽天ペイ」アプリを通じてセブン銀行ATMでの現金チャージが可能となった。8月には本機能の導入キャンペーンも実施する予定。(2022/7/26)

ペットフレンドリールームも:
熊本・阿蘇に1日5組限定の「楽天ヴィラ」開業 特徴は?
楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYは、熊本県阿蘇郡に1日5組限定の宿泊施設「Rakuten STAY VILLA 阿蘇黒川」をオープンする。予約開始は7月22日、宿泊受け入れは7月28日。(2022/7/25)

エレビスタ調べ:
クレカ1カ月の利用額はいくら? 持っているカードは「楽天カード」がトップ
Webマーケティング事業を運営するエレビスタ(東京都中央区)が、クレジットカードを毎月必ず利用する1000人を対象に、カードの利用状況に関する調査を実施した。(2022/7/25)

HYDEが愛した金子國義、『不思議の国のアリス』挿絵のNFTが発売 楽天の狙いは?
楽天グループは、金子國義画伯が描いた『不思議の国のアリス』の挿絵を使用したNFT「金子國義『不思議の国のアリス』シリーズ」を、同社が運営するNFTマーケットプレイスと、販売プラットフォーム「Rakuten NFT」で7月23日より取り扱う。販売開始日は、金子画伯の誕生日に合わせた。(2022/7/23)

また逸材出てきた! 台湾チア「楽天ガールズ」熊霓に心弾ませる声が続出
台湾チアはいいぞ。(2022/7/23)

楽天モバイル、対象iPhoneが最大1万2000円引きのキャンペーン 4キャリアで最安に
楽天モバイルは、7月22日に「iPhone対象製品特価」キャンペーンを開始。「Rakuten UN-LIMIT VII」と対象iPhoneのセット、または対象iPhone単体購入時に最大1万2000円割引する。(2022/7/22)

楽天モバイルが「リモート契約ショップ」を順次展開 オンラインで店員に相談
楽天モバイルが7月22日、新しい形態の店舗として「リモート契約ショップ」を順次展開する。ユーザーはブース内でオンラインでの接客を受けられる。店員に気軽に相談したいというニーズに応えるべく、リアル店舗の少ない地方を中心に順次展開していく。(2022/7/22)

楽天ペイ、楽天カードの「あとから分割払い」が利用可能に
楽天ペイメントのスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、楽天カードの「あとから分割払い」を利用可能となった。ショッピング1回払いの利用分をオンラインで希望の回数の分割払いに変更できる。(2022/7/21)

スマホで個人間送金、31.6%が「経験あり」、利用サービスはPayPayが最多 MMDの調査より
MMD研究所が「給与デジタル払いと個人間送金に関する調査」の結果を発表。個人間送金の利用経験は31.6%で、メインで利用するサービス上位は「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」となった。(2022/7/21)

楽天モバイル、「Rakuten UN-LIMIT VII」新規申込で最大8000ポイント還元
楽天モバイルは、7月20日に「Rakuten UN-LIMIT VII」を新規で申し込んだユーザーへ5000ポイント還元キャンペーンを開始。申込特典と合わせると、最大8000ポイントが還元される。(2022/7/20)

楽天ペイ実店舗の決済端末、 Visa、Mastercard、JCB、American Expressなどの「タッチ決済」に対応へ
楽天ペイメントは7月19日、楽天ペイの実店舗に設置された決済端末が、クレジットカード主要6ブランドのタッチ決済に2022年秋頃から対応すると発表した。タッチ決済では、現金の受け渡しが不要となるだけでなく、従来のクレジットカード決済時に必要だったカードの受け渡し、カードリーダーへの挿入や暗証番号の入力も不要となる。対応ブランドが公開された。(2022/7/19)

「楽天ポイント」の累計発行数が3兆を突破 「各サービスの利用が活発」と“楽天経済圏”拡大をアピール
楽天グループは「楽天ポイント」の累計発行数が3兆ポイントを突破したと発表した。21年8月の2.5兆ポイント突破から約11カ月で5000億ポイントを発行したとし、「楽天エコシステム(経済圏)」の拡大をアピールしている。(2022/7/19)

楽天ポイントの累計発行数が3兆ポイントを突破 特別キャンペーンを実施予定
楽天グループは7月19日、ポイントプログラム「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が、7月15日に3兆ポイントを突破したと発表した。2002年11月のサービス提供開始から2022年で20年を迎える。楽天グループは近日中に3兆突破に関連する特別キャンペーンを実施する予定だ。(2022/7/19)

楽天モバイル「0円廃止」の影響は:
格安SIMの利用人気ランキング 3位はワイモバイル、2位と1位は?
ドミニオンは、22年7月に直近で格安SIMを利用していた・利用しているユーザーを対象に、「格安SIMの利用状況・満足度」に関するアンケート調査を行った。利用している格安SIMで最も多かったのは「楽天モバイル」だった。(2022/7/19)

楽天ポイントカード&楽天ペイ、抽選で最大1万ポイントが当たるキャンペーン
楽天ポイントカードと楽天ペイ(アプリ決済)が、対象店舗で買い物をすると抽選で最大1万ポイントが当たる「キャッシュレスGOGOフェス」を12月まで開催。第1弾は7月15日〜8月31日で、以降毎月行う。(2022/7/14)

楽天G、レアル・マドリード所属の中井卓大選手とマネジメント契約 スポーツ事業を強化
楽天グループはサッカー・スペイン1部リーグの強豪レアル・マドリードの下部組織に所属する中井卓大選手とマネジメント契約を締結したと発表した。自社のアスリート支援事業「Rakuten Sports」の事業拡大を図る。(2022/7/13)

SBI証券 vs 楽天証券、クレカ積立と投信で火花 戦いは第2ステージへ
楽天証券がクレカ積立のサービスを縮小し、新たに電子マネー「楽天キャッシュ」決済にかじを切る中、遅れてスタートした競合各社は、ここぞとばかりに攻勢を強めている。SBI証券が2021年6月30日にスタートしたクレカ積立は、1年で31万ユーザーが利用。積立設定金額は113億円に達した。(2022/7/13)

楽天、eスポーツに参入 イベント初開催 チケット販売など既存事業とのシナジー見込む
楽天グループが、同社初のeスポーツイベントを7月23日に開催する。公式サイトや公式YouTubeチャンネルで無料配信する予定。2回目以降の開催も検討中で、チケット販売サービスなど、楽天の既存事業を組み合わせたビジネス展開につなげる方針。(2022/7/12)

楽天証券の楠社長、「国内で最大の口座数を持つネット証券会社」とアピール
楽天証券は7月9日、投資家向けのオンラインセミナーを開いた。登壇した楠雄治社長は「6月に800万口座を超え、国内で最大の口座数を持つネット証券会社」になったとアピールした。(2022/7/9)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【7月9日最新版】 XperiaやGalaxyをお得にゲット
全国的に平年より早い梅雨明けで、暑い日が続く7月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/7/9)

スマートウォッチ「Xiaomi Smart Band 7」、6990円で7月15日発売
Xiaomiはスマートウォッチ「Xiaomi Smart Band 7」を7月15日に発売する。価格は6990円(税込み、以下同)で、Amazonや楽天市場、家電量販店などが販売する。早割キャンペーンとして、7月8日から14日までに予約すると、6490円で購入できる。(2022/7/8)

すかいらーくグループ、宅配サービスに楽天ポイントを導入 10倍キャンペーンも
すかいらーくグループは、宅配/テイクアウト/通販のオンライン注文に「楽天ポイント(オンライン)」を導入。楽天IDと連携すれば楽天ポイントがたまり、付与率が10倍になる記念キャンペーンも開催する。(2022/7/7)

楽天Edy、キャッシュカードからのチャージが可能に 多機能チャージ機で
楽天Edyは、多機能チャージ機で銀行や信用金庫などのJ-Debit対応金融機関の銀行口座から直接チャージできる機能を追加。7月中旬から順次利用可能になる。(2022/7/7)

投信積立、楽天キャッシュなら0.5%還元が継続可能な、そのカラクリ
楽天証券が新たに開始する楽天キャッシュ決済による積立は、なぜ0.5%を還元できるのか。将来はこちらも採算が合わなくなったという理由で、還元率が減る可能性があるのだろうか。クレカ積立の事業モデルをもとに、ここについて考えてみよう。(2022/7/6)

楽天モバイル、「Xperia 10 IV」を7月8日に発売 5000ポイント還元も
楽天モバイルは、7月8日に5G対応スマホ「Xperia 10 IV」を5万9800円(税込み)で発売。楽天モバイルの公式サイトと楽天モバイルショップで購入し、応募した全員へ楽天ポイントを5000ポイント還元する。(2022/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。