ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自粛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自粛」に関する情報が集まったページです。

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」
325から510へと推移。(2021/7/30)

拡大は3年ぶり:
ワタミ、中途採用を拡大し新たに100人採用へ 焼肉店の展開推進
外食大手のワタミが、2021年度の中途採用を拡大し、新たに100人を採用する方針を明らかにした。(2021/7/30)

物流・流通DX、事業化の動き パナや三菱商事系がAIでサプライチェーン効率化
 人工知能(AI)などの先端デジタル技術を使ってサプライチェーン(供給網)の課題を解決する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」サービスを事業化する動きが相次いでいる。パナソニックは物流・流通現場の作業状況の画像データをAIで分析し、生産性の向上を支援する事業を本格化する。三菱商事も、NTTと共同出資で新設したインダストリー・ワン(東京都千代田区)が今月から食品流通をAIなどで効率化するサービスの展開を始めた。(2021/7/30)

物流・流通DX、事業化の動き パナや三菱商事系がAIでサプライチェーン効率化
人工知能などの先端デジタル技術を使ってサプライチェーンの課題を解決する「デジタルトランスフォーメーション」サービスを事業化する動きが相次いでいる。(2021/7/30)

ステイホーム花火大会、さいたま市が実施へ 日時や場所は非公開
さいたま市は29日、市の誕生20周年を記念して無観客の「♯StayHome花火大会」を実施すると発表した。打ち上げの日時や場所は非公開。(2021/7/29)

有村昆と丸岡いずみが協議離婚を発表 “かけがえのない宝”の第1子は「協力して子育てにあたっていく所存」
理由は「お互いの生き方を見つめ直すため」としています。(2021/7/29)

不動産市況:
住宅リフォーム市場のトレンドを調査、2021年第1四半期の市場規模は1.5兆円
矢野経済研究所は、各種統計データと住宅リフォーム会社を対象に、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を2021年1〜3月に実施した。リサーチの結果によれば、2021年第1四半期(1〜3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆5074億円(速報値)で、前年同期比で12.4%増と推計した。(2021/7/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
花火商戦に“異変” 遊べる場所が減り続けていた「家庭用」が息を吹き返したワケ
コロナ禍で打ち上げ花火が苦戦している。一方、家庭用の手持ち花火などは好調だ。「SNS映えする」「近所迷惑にならない」といった現代風の工夫が支持されている。(2021/7/28)

増収企業は39社のみ:
2020年、全国の遊園地・テーマパークの半数が減収 収入高トップは?
東京データバンクが全国の遊園地・テーマパークの経営に関する調査を実施した。増収企業は39社のみで、減収企業の約3分1という結果に。軒並み減収に追い込まれる中で、収入高トップの企業はどこだったのだろうか?(2021/7/27)

「ただただ手続きだるいから」「元旦那と話して」 木下優樹菜さん、離婚後も“藤本姓”の理由を説明
木下さん「変える時がきたらいっぺんに変えりゃいいよね」(2021/7/27)

スピン経済の歩き方:
実施人口は16年で2倍! 「筋トレ」を日本の成長戦略の柱に置くべき理由
コロナ禍でさまざまな業界で消費の低迷が見られたが、外出自粛による運動不足解消のため、「筋トレ」需要が増している。なぜ市場が拡大しているのかというと……。(2021/7/27)

2020年度の実態調査:
社長・CEOの報酬水準、日米格差が13倍に 役員報酬が減った業種は?
デロイト トーマツ グループは、計5カ国の企業を対象に実施した「2020年度 社長・CEO報酬の実態調査」の結果を発表。報酬水準の日米格差は2019年度の12倍から13倍へと広がっていることが分かった。(2021/7/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
開会式当日に五輪色のないアキバ
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開会式を数時間後に控えた7月23日の日中。秋葉原電気街を回遊して見かけた“五輪色”は中央通りを通過するタクシーの外装だけだった。(2021/7/24)

「高層マンション」がランクイン:
東京23区で最も値上がり率が上昇した中古マンションは? 「駅近」より「快適性」重視の傾向も
マンションナビを運営するマンションリサーチ(東京都千代田区)は、2021年上半期の「東京23区中古マンションの値上がり率」を調査した。(2021/7/23)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本という組織、「無責任なトップ」のツケは誰に?
東京五輪が始まる。しかし、最初から開催直前まで問題だらけ。誰が責任者かも分からないような事態が続いている。日本という組織の問題点とは。そして、「無責任なトップ」のツケは誰に回ってくるのか──?(2021/7/23)

みちょぱ、心配された過去の“ガリガリ水着姿”に反応 「手あげてるから肋骨見えてるだけ」も体重3キロ減認める
池田さん「ご心配ありがとうございます」(2021/7/21)

水際対策を求める声:
「緊急事態」下の4連休、沖縄へ観光客戻る兆し
緊急事態宣言下の沖縄県で4連休を控える中、観光客が一定戻る兆しがある。航空関係者によると……。(2021/7/21)

トヨタのCM見送り、IOCなどに強い不信感
トヨタ自動車が、東京五輪に関するテレビCMの国内放映や、豊田章男社長ら関係者の開会式出席を見送る方針を表明したことについて、他のスポンサー企業からは影響の拡大を懸念する声が上がり始めている。既に開会式への役員の出席などで自粛の動きが出る中、同様の流れがテレビCMにも及べば、各社のプロモーション戦略にも大きく影響するからだ。(2021/7/21)

サービスに組み込めるキャンセル保険登場 コロナ禍を原因とするキャンセルも補償対象
Finatextと、あいおいニッセイ同和損害保険が出資するスマートプラス少額短期保険は7月19日、自社のサービスに組み込めるキャンセル保険の提供を開始した。(2021/7/19)

コロナ禍を受けサービス開始:
HIS、オンライン体験ツアー参加者が10万人を突破 支持されているコースは?
エイチ・アイ・エスが展開するオンライン体験ツアーの参加者が10万人を突破した。コロナ禍をきっかけにサービスを開始。料理教室や語学レッスンも提供している。(2021/7/19)

矢沢心&魔裟斗、夫婦で新型コロナウイルスワクチンを接種 「副反応は軽い筋肉痛程度でした」
笑顔で接種したことを報告しています。(2021/7/19)

疲弊した業界に追い打ち:
「補償がなければ経営維持はもうできない」観光業界、消えた夏の特需 
東京都に発令された4度目となる新型コロナウイルスの緊急事態宣言(8月22日まで)が、疲弊した観光業界に追い打ちをかけている。今年も消えた「夏の特需」。耐えかねた関係者らは国に強く補償を求めている。(2021/7/19)

福利厚生:
KADOKAWA、毎月2000円「サブスク手当」支給 映像やゲームなど対象
KADOKAWAが「サブスク手当」を導入。映像や音楽、ゲームなどのサブスクを1つ以上契約している従業員に、毎月2000円を支給する。(2021/7/17)

アウトドア人気高まる:
コロナ禍2年目の夏休み 過ごし方に変化は? 外出希望者は増加
アース製薬は、全国の小学生以下の子どもをもつ女性を対象に「21年親子の夏休みの過ごし方に関する調査」を実施した。(2021/7/17)

KADOKAWAが“サブスク手当”を導入 1つ以上契約している社員に毎月2000円を支給
従業員のクリエイティブな発想を支援。(2021/7/14)

ポケモンGOの沖縄イベント延期 「現在の状況を考慮」
22日から沖縄で開催予定だったポケモンGOの「そらとぶピカチュウプロジェクト」記念イベントが延期に。(2021/7/14)

100円ショップはコロナ特需:
キャンドゥ、20年12月〜21年5月の決算を発表 新しい生活様式に対応した商品開発を推進
キャンドゥが2021年11月期第2四半期(20年12月〜21年5月)の連結決算の決算を発表した。純利益は前年同期比13.2%増の4億7200万円だった。(2021/7/14)

KADOKAWAが「サブスク手当」導入、月2000円 映像や音楽など140サービスの利用者に支給
KADOKAWAは従業員に毎月2000円を支給する「サブスク手当」を導入した。従業員のサブスク契約を支援し、余暇の充実とクリエイティブな発想を生み出すことが目的という。(2021/7/13)

谷花音、アメリカでの語学留学から帰国 約半年ぶりに愛猫と再会「顔忘れられてなくて良かった」
2月初旬から留学していました。(2021/7/13)

金融機関への情報提供は撤回も:
4度目の緊急事態宣言、飲食店が恐れる“新たな制裁案”とは
東京都で12日、4回目の緊急事態宣言が発令されたが、酒類を提供する飲食店に対する休業要請に応じない飲食店への「制裁」が厳しさを増している。取引金融機関への情報提供こそ撤回されたものの……。(2021/7/12)

にしおかすみこ、1カ月の“置き換えダイエット”で5.6キロ減 シックスパックに割れた腹筋も披露「自分史上一番綺麗」
かっこよすぎる……!(2021/7/12)

駅弁グッズで家呑みでも旅気分 「ひっぱりだこ飯」のおちょこ
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは神戸の駅弁グッズ「ひっぱりだこのお猪口」です。(2021/7/10)

マイボイスコムが調査:
コロナ禍、衣服の購入方法に起きた変化とは
コロナ禍で衣服の購入方法にどんな変化があったのか。インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)が調査した。その結果は……。(2021/7/9)

納得できない:
「生活犠牲にしてオリンピックやるのか」緊急事態の延長、観光業界から驚きと不満
沖縄に出している緊急事態宣言について、政府は8月22日まで再延長する方針を固めた。このことに対し、観光業界や、飲食業界からは「納得できない」「国民の生活より東京五輪を優先している」などと憤る声が上がった。(2021/7/8)

新型Switchのちぐはぐな仕様、狙いは“巣ごもり携帯機”? 新機能を読み解く
任天堂が発表したNintendo Switchの新モデル。いくつかの新機能を搭載しているが、一見方向性がちぐはぐで、ヘビーユーザー・ライトユーザー双方にとって中途半端だ。このモデルが一体どんな需要を見込んだ製品なのか、新機能や発売日以降にリリースされるゲームから読み解く。(2021/7/7)

コロナ禍で退会者は1.4倍:
東急系のスポーツジム、オンライントレーニングを本格化 個人の健康を「チーム」でサポート
東急不動産グループの東急スポーツオアシスが、新しいオンライントレーニングサービス「weltag(ウェルタッグ)」を7月中旬から提供する。(2021/7/6)

1000人に聞いた:
キャンプを始める際の初期投資額は? アウトドアブームの実態調査
アウトドア活動が流行している。キャンプを始める際の初期投資額はどの程度なのか? 調査してみると……(2021/7/5)

産業動向:
建設業の給与動向「コロナの影響は前年度比0.7%の微減、給与額の上昇率は“飛びぬけて高い”」
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年6月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」のデータから、2020年度の建設業での給与動向を分析している。(2021/7/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

契約期間は5年短縮:
自動車保険は値下げするのに、火災保険料がどんどん値上げするワケ
損害保険料算出機構が、火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げると発表。22年1月から値上げされる見通し。(2021/7/2)

公式オンラインショップで100個限定:
串カツ田中、家で串カツが作れるフライヤーの販売を開始 7月1日から
串カツ田中が家庭用フライヤーを販売した。公式オンラインショップ限定で販売予定だという。実際の商品を見てみよう。(2021/7/1)

減収84社、増収10社:
上場外食企業の総売上、約9000億円減 増収した企業は?
コロナ禍の酒類提供禁止や時短営業など多くの制限をかけられた飲食店。帝国データバンクが発表した調査によると、2020年度の上場外食企業の総売り上げは19年度比約9000億円のマイナスとなったことが分かった。逆にコロナ禍で増収した企業もあるという。明暗を分けた要因は?(2021/7/1)

今日のリサーチ:
2021年上半期に売れたもの 「麦芽飲料」「プロテイン」「食玩」――インテージ調査
「健康」「セルフケア」関連が好調。2020年激増の衛生関連は姿を消しています。(2021/6/30)

TENGAロケット、無観客の打ち上げ決定に「さすが感染対策は万全」の声
TENGAとインターステラテクノロジズが「TENGAロケット」の機体を公表。同時に「大樹町内からロケットの打ち上げを直接観覧できる場所はない」と明らかにした。(2021/6/30)

東京ラーメンストリート、初の期間限定店舗「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」をオープン
東京駅一番街の東京ラーメンストリートに初の期間限定店舗「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」がオープン。期間は2021年7月15日〜23年8月31日を予定している。(2021/6/30)

22年2月期通期:
J.フロント、営業自粛が響き下方修正 純利益の予想を40億円→10億円に
J.フロントリテイリングが、2022年2月期通期の連結業績予想を下方修正。純利益は、従来予想の40億円から10億円に引き下げた。(2021/6/30)

抗ウイルス機能も付加:
青山商事、「部屋干し」のにおいを抑制するシャツ発売 「おうち時間」のストレス軽減目指す
青山商事が部屋干しが原因で発生するにおいを抑制する半袖シャツを発売する。背景には、「おうち時間」の増加がある。部屋干しのにおいに気になる顧客が増えていると分析した。(2021/6/30)

磯部孝のアパレル最前線:
アウトドアブーム再来 バブル崩壊後に起きた1次ブームとの違い、今のトレンドは?
現在はアウトドアブームだという声が聞こえてくる。実は、過去にもアウトドアブームが巻き起こっていたのをご存じだろうか。(2021/6/30)

相馬留美の「今そこにある商機」:
コワーキングサービスが無限増殖中 勝者になる条件は?
コワーキングサービス市場が伸びている。JLLの調査によると、東京都心5区のコワーキングオフィス市場が急拡大しているが、その背景に何があるのか。業者の数がたくさんある中で、勝者になるにはどんな条件が必要なのか。(2021/6/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。