ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

石野純也のMobile Eye:
ユーザー数900万、加盟店70万を突破 PayPayが放つ次の一手とは?
「SoftBank World 2019」で同社グループのPayPay副社長の馬場一氏が最新戦略を語った。馬場氏によると、7月18日にPayPayは900万加入を達成。「間もなく1000万になる」と自信をのぞかせた。店舗とユーザーの接点を強化する機能を実装していくのが今後の目標だという。(2019/7/20)

携帯販売ランキング(7月8日〜7月14日):
「Xperia 1」が総合ランキングから再び姿消すも、XZ3やAceが好調
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」の6連勝。前回総合ランキング復帰の「Xperia 1 SO-03L」は再びトップ10外に後退。(2019/7/20)

SoftBank World 2019で基調講演:
「日本はAI後進国」 ソフトバンク孫氏が危機感を強調
ソフトバンクグループ会長兼社長、孫正義氏は2019年7月17日、東京都内で実施した企業向けイベント「SoftBank World 2019」の基調講演で登壇した。孫氏はAIによるイノベーションの展望に触れたうえで、「日本はAI後進国になった。手遅れではないが、1日も早く目を覚ましてキャッチアップしなければならない」と訴えていた。(2019/7/19)

「日本はAI後進国」「早く自覚してほしい」 ソフトバンク孫社長が憂慮
ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が「日本はAI後進国になってしまった」と発言。「投資したくても、日本ではAI関連ユニコーン企業がまだ生まれていない」と指摘する。(2019/7/18)

販売1位はドコモ「P-01H」、ソフトバンク「DIGNO ケータイ」は急伸――携帯市場の2019年6月中古ケータイランキング
携帯市場が2019年6月の中古ケータイ(フィーチャーフォン)の販売ランキングを発表。販売トップ10のうち8機種はNTTドコモ、2機種がソフトバンクのもので、auの機種は10位以内に入らなかった。(2019/7/18)

ソフトバンク、画像認識技術で子会社「日本コンピュータビジョン」設立 スマートオフィスなど開発
ソフトバンクが、画像認識技術の開発や関連サービスを提供する完全子会社、日本コンピュータビジョンを設立した。(2019/7/17)

シェアスクーター、今夏スタート ヘルメットも利用者同士でシェア ソフトバンク出資のOpenStreet
OpenStreetが今夏からシェアスクーターサービスを始める。(2019/7/17)

ソフトバンク、Snapdragon搭載13.3型ノート「Yoga C630」の取り扱いを告知 8月上旬以降
ソフトバンクは、Lenovo製のLTE対応13.3型ノートPC「Yoga C630」の取り扱いを発表した。(2019/7/17)

携帯販売ランキング(7月1日〜7月7日):
総合ランキングに「Xperia 1 SO-03L」が2週ぶりに復帰
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で5連勝。前回総合ランキングから消えたNTTドコモ「Xperia 1 SO-03L」が10位で再びランクイン。(2019/7/13)

SBペイメントサービスと連携:
サイトコア、キャッシュレス対応のEC機能「Sitecore Experience Commerce」を日本で本格展開
「Sitecore Experience Commerce(SXC)」が日本で本格展開。ソフトバンク子会社のSBペイメントサービスのオンライン決済サービスと連携する。(2019/7/12)

東京都港区に「スマートシティー」誕生 東急不動産とソフトバンクが共同構築
滞在者の最適な行動や安全を支援する街づくりとして、ロボティクスやモビリティ、AR、VR、5Gなどの先端技術を生かせるプラットフォームを構築する。(2019/7/10)

大ボラ精神:
時価総額「100兆、200兆に」 “孫節”が炸裂
世界中の有力なスタートアップ企業をかき集める“群戦略”をとるソフトバンクグループ。先月中旬、東京都内で開かれた株主総会で、孫正義会長兼社長は「大ボラを吹く」と豪語した。株主を前に、孫氏は今後の成長戦略をどう描いてみせたのか。(2019/7/10)

ソフトバンク、東京・竹芝地区をスマートシティー化へ センサーで不審者や混雑状況を検知
ソフトバンクが、東京都・竹芝地区の街づくりの一環で、同地区のスマートシティー化を推進すると発表。AI・IoT・ロボティクスといったテクノロジーを活用し、防犯や混雑緩和などにつなげるという。同地区の開発計画を手掛ける東急不動産と提携して準備を進め、2020年に開業する予定。(2019/7/9)

ソフトバンクと村田製作所:
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発
ソフトバンクと村田製作所は、ソフトバンクのIoT(モノのインターネット)プラットフォームに対応する小型のLPWA(Low Power Wide Area)通信モジュールを共同開発した。(2019/7/9)

携帯販売ランキング(6月24日〜6月30日):
発売3週目の「Xperia 1」、早くも総合ランキングトップ10から消える
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」が4連勝。NTTドコモ「Xperia 1 SO-03L」とau「Xperia 1 SOV40」は共に総合ランキングのトップ10外に後退。(2019/7/7)

ソフトバンクがイオン九州と商品配送の効率化に向けて協業 宅配業の抱える課題とは?
ソフトバンクがイオン九州とタッグを組み、商品配送におけるいわゆる「ラストワンマイル」の効率化を目指す協業を開始した。現状の「宅配」にはどのような課題があるのだろうか。そして、それをどのように解決していくのだろうか。(2019/7/5)

世界最小クラスの新型IoT向け通信モジュール ソフトバンクと村田製作所が開発
ソフトバンクと村田製作所がソフトバンクのIoTプラットフォームに対応した小型のLPWAの通信モジュールを共同開発し、9月以降に発売すると発表した。(2019/7/5)

ソフトバンクと村田製作所が世界最小クラスの通信モジュールを共同開発
ソフトバンクが12年ぶりに組み込み用モジュールをリリース。村田製作所との共同開発で、機器に組み込みやすくすべくコンパクト化が図られている。(2019/7/4)

KDDIとソフトバンク、5G基地局を相互利用 ネットワークの地方展開を加速
KDDIとソフトバンクは、5Gのネットワーク整備を進めるため、両社の基地局を相互利用する。基地局をシェアして、地方への展開を早める狙い。(2019/7/3)

KDDIとソフトバンク、基地局資産の相互利用で合意 5G基地局の早期整備に向けて
KDDIとソフトバンクが、両社が保有する基地局資産の相互利用に合意。地方部における5G(第5世代移動体通信システム)ネットワークの早期整備に向けて、共同施工管理会社の設立も視野に検討を進めるという。(2019/7/3)

ソフトバンク、約6.26型大画面スマホ「LG K50」を7月5日に発売 3500mAhバッテリー搭載
ソフトバンクが7月5日に「LG K50」を発売する。3500mAhバッテリーと約6.26型の大画面を搭載し、約1300万画素と約200万画素のデュアルカメラを備える。また、SoftBank SELECTIONから専用アクセサリー計3アイテムを発売する。(2019/7/2)

ソフトバンク、音楽フェスで5G体験イベント フジロック会場を再現したVR空間にアバターで入場、参加者同士で会話も
ソフトバンクはフジロックで一般客向けのプレ5Gサービスを提供すると発表した(2019/7/2)

ソフトバンクがフジロックで5Gプレサービスを提供 実験用の5Gスマホも稼働
ソフトバンクが、7月26日〜28日のフジロックで5Gのプレサービスを提供する。ライブ映像をVRヘッドセットで視聴できる他、会場の混雑状況を映像で把握できる。シャープとソニーモバイルの実験用5Gスマホも稼働するが、貸し出しは行わない。(2019/7/2)

モビリティサービス:
トヨタソフトバンクのMONETに自動車メーカー5社が出資、日野ホンダは増資も
MONET Technologiesは2019年6月28日、いすゞ自動車とスズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、マツダと資本業務提携を結んだと発表した。この5社は2019年8月までにMONETに出資し、2%の株式を取得する。また、日野自動車とホンダはMONETに追加出資し、出資比率を10%に引き上げる。(2019/7/1)

携帯販売ランキング(6月17日〜6月23日):
ドコモの「Xperia 1」は4位に上昇も、「iPhone 8」の壁は越えられず
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」で3連勝。iPhone 8(64GB)はキャリアは変わりながらも今回で80連勝に到達。(2019/6/29)

20代男性は約8人に1人が毎月速度制限にかかる 原因は「動画アプリ全般」「テザリング」――ソフトバンク調査
ソフトバンクが「スマートフォンの通信利用に関する実態調査」の結果を発表。スマホ利用者の約4割が速度制限を経験し、20代男性は約8人に1人がほぼ毎月速度制限となっている。速度制限になるユーザーがよく利用しているのは動画アプリ全般で、テザリングも使用頻度が高い傾向にあった。(2019/6/27)

情報化施工:
5Gを使って建設機械の自動運転と精細映像伝送を実現、大成建設とソフトバンク
大成建設とソフトバンクが、5Gを使った建設機械の自動運転と精細映像伝送を実証。遠隔操作と自動制御ができる建設機械システムと可搬型5G設備との連携で実現した。(2019/6/26)

ソフトバンク、エントリー向けスマホ「arrows U」6月28日に発売 税込価格は3万円台前半
ソフトバンクから久しぶりに登場するarrowsの発売日が決定。「Google アシスタント」を起動できる専用キーやシンプルホームなど、初心者でも扱いやすい機能を搭載している。(2019/6/25)

ソフトバンク宮内社長が株主総会で語った戦略 “通信障害での発言”を追及する声も
ソフトバンクが6月24日、第33回株主総会を開催。宮内謙社長兼CEOは、通信事業と非通信事業(新領域)の2軸で攻める戦略を語ったが、株主からは株価について厳しい質問も。2018年12月の通信障害に関する宮内氏のコメントを「不用意な発言」と批判する声も挙がった。(2019/6/25)

携帯販売ランキング(6月10日〜6月16日):
auとドコモの「Xperia 1」が発売即、総合トップ10入り
トップは前回と同じソフトバンク「iPhone 8(64GB)」。auの「Xperia 1 SOV40」が3位、ドコモの「Xperia 1 SO-03L」が6位に初登場。トップ10内のiPhone勢が6機種未満となるのは2018年9月10日週以来。(2019/6/23)

SprintとT-Mobile合併「承認を強く願う」 孫社長、投資戦略に影
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は19日、都内で開いた定時株主総会で、グループ傘下の米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSの合併計画について「上位勢と対等に戦える規模にするために(米当局から)承認が下りることを強く願っている」と述べた。だが、米自治体が差し止めるよう提訴するなど、合併承認に不透明感が生じており、SBGの戦略に影を落としている。(2019/6/20)

「03」などの固定電話番号が使えるTeams向け音声通話サービス「UniTalk」
Microsoft Teamsユーザー向けにマルチデバイス対応の音声通話サービスを月額800円で提供する。ソフトバンクの電話網に直接接続し、IP電話よりも高い通話品質を実現する。(2019/6/18)

ソフトバンクと日本マイクロソフトが提携、固定電話番号を使える通話サービス「UniTalk」提供
ソフトバンクと日本マイクロソフトは、6月17日に次世代コミュニケーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップ締結を発表。8月1日からソフトバンクが「Office 365」のコラボツール「Microsoft Teams」向け音声通話サービス「UniTalk」を日本で初めて提供する。(2019/6/17)

日本マイクロソフトとソフトバンク、「Teams」向け音声通話を提供へ 固定電話番号で発着信
日本マイクロソフトとソフトバンクが戦略的パートナーシップを締結。「Microsoft Teams」上で固定電話番号による音声通話が可能なサービス「UniTalk」を共同開発し、8月1日にリリースする。Teams向けの音声通話サービスは国内初。(2019/6/17)

ソフトバンク、ブラジルのフィットネス新興企業Gympassへの3億ドル投資をリード
ソフトバンクグループの“10兆円ファンド”「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、ブラジル発の企業向けサブスク制フィットネスサービスのGympassへの3億ドル投資をリードする。(2019/6/17)

ソフトバンク孫社長「日本復活のシナリオは、RPA+AIによる生産性向上」
米国トップシェアを誇るRPAツールのイベントにソフトバンクの孫正義社長が登壇。RPAとAIを掛け合わせた労働生産性の向上とは。(2019/6/14)

シニア・初心者向け:
ソフトバンクの「かんたん携帯10」が6月14日発売
ソフトバンクが6月14日にシャープ製の「かんたん携帯10(テン)」を発売。頻繁に連絡を取る相手を4件まで登録できる「楽ともボタン」や、サブディスプレイに「光るお知らせランプ」を搭載。通話中にレシーバーから自分の声が聞こえる「スムーズトーク」に対応し、相手の声がより聞き取りやすくなった。(2019/6/11)

ソフトバンクの「Xperia 1」6月14日発売 価格は税込で13万円台半ば
au、ドコモに続き、ソフトバンクの「Xperia 1」も発売日が決まった。ソフトバンク直営店とオンラインショップでの販売価格は13万6320円(税込)。購入者を対象とした「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」も実施する。(2019/6/11)

5G活用のトラック隊列走行、ソフトバンクが実証実験 車間距離を自動制御
ソフトバンクが5Gを活用し、高速道路を走るトラック同士が、車間距離を自動制御する実験を行った。(2019/6/11)

携帯2年契約の解約料が1000円に値下げ? 総務省「決まった事実はない」
ドコモ、au、ソフトバンクの2年契約プランの解約料を、9500円から1000円に値下げすると新聞各社が報じた。これは電気通信事業法の改正に基づくもの。実現したら、ユーザーは他キャリアやMVNOへ移行しやすくなるが、現時点では「決まったことはない」とのこと。(2019/6/10)

ソフトバンクと大成建設、可搬型5G設備を活用した建設機械との連携を実証
ソフトバンクと大成建設は可搬型5G基地局「おでかけ5G」を用い、大成建設が開発中の遠隔操作と自動制御が可能な建設機械システム「T-iROBOシリーズ」の稼働に成功。施工時に遠隔地からでも建設現場の状況をリアルタイムに確認し、建設機械の制御や安全監視などを行えるようになる。実証実験では基地局から直線距離100〜200mでの建設機械の稼働と映像の伝送を実現し、4Gに比べて映像の遅延時間が約10分の1以下になったと確認した。(2019/6/5)

誤差数センチ、ソフトバンクが法人向け測位サービスを提供
ソフトバンクは、GNSSから受信した信号を利用してRTKで測位するサービスの提供を2019年11月末に開始する。ソフトバンクの携帯電話が使える全国のエリアで利用でき、数センチの誤差で測位が可能。(2019/6/5)

GAFAの不動産テック版「ZORC」とは何か?
ユニコーン企業が続々誕生しているのが米不動産テック業界。GAFAになぞらえ、業界上位のZillow、Opendoor、Redfin、Compassを合わせて「ZORC」と呼ばれている。ZORCとは何か。そして、ソフトバンクを後ろ盾に日本上陸はあるのか?(2019/6/5)

ソフトバンク、1.4センチの精度で位置測位サービス
高精度の位置情報の測定は、モノのインターネット時代の到来で自動車や建設機械などを自動化するために不可欠で、注目が高まっている。(2019/6/4)

ソフトバンク、基地局を活用した誤差数センチの測位サービスを11月に開始
ソフトバンクは、11月末から法人向けに誤差数センチで測位が可能なサービスを提供開始。自社の基地局の設置場所を活用し、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3300カ所以上に設置する。提供開始に先駆け、ヤンマーアグリ、鹿島建設、SBドライブと連携し、各産業での実用化に向けた共同実証を7月から順次行う。(2019/6/3)

誤差数センチの衛星測位サービス、ドコモやソフトバンクが基地局活用し今秋から
NTTドコモ、ソフトバンクは、誤差数センチの高精度で測位可能なサービスを今秋から法人向けに提供する。(2019/6/3)

携帯販売ランキング(5月20日〜5月26日):
発売したばかりの「Galaxy S10/S10+」がauランキングに登場
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は6週目。発売されたばかりのau「Galaxy S10」「Galaxy S10+」がauランキングに入った。前回6位初登場のソフトバンク「Pixel 3a」は10位に後退している。(2019/6/1)

携帯販売ランキング(5月13日〜5月19日):
ソフトバンクの「Pixel 3a」がいきなり総合ランキングに登場
トップ3の「iPhone 8(64GB)」による独占は変わらないが、トップはドコモに。また発売されたばかりのソフトバンク「Pixel 3a」がいきなり6位に初登場。(2019/5/25)

ソフトバンク傘下の英ArmもHuaweiとの取引停止か──BBC報道
米連邦政府による中国Huaweiへの製品輸出規制を受け、ソフトバンク傘下の英半導体設計企業のArmがHuaweiとの取引を停止すると英BBCが報じた。Armの半導体設計には“米国原産技術が多く含まれるため”としている。(2019/5/23)

KDDIとソフトバンク、ファーウェイの新スマホを発売延期 ドコモも予約受付を停止【追記あり】
大手通信3キャリアが、Huawei製の新型スマートフォンの発売延期、予約停止を発表した。(2019/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。