ニュース
» 2006年09月01日 19時26分 公開

携帯販売ランキング(8月21日〜8月27日):嵐の前触れ? 静かな携帯販売ランキング

新端末を一挙に12機種も発表したKDDI。そしてドコモの新モデル「FOMA 903i」シリーズの噂も聞こえはじめるなど、そろそろ嵐が起こる予感もしてきた。今回の携帯販売ランキングはどのような結果となっただろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモauボーダフォン
1(1)N702iD(1)W41CA(1)705SH SLIMIA
2(2)SH902i(2)W42K(2)905SH
3(6)SH902iS(4)W44T(3)904SH
4(4)P902i(5)A5521K(4)V604SH
5(5)N902i(6)ウォークマンケータイW42S(5)803T
6(3)FOMAらくらくホンII(F881iES)(7)W33SA II(6)V502T
7(7)D902i(3)W43T(10)705T
8(8)P902iS(8)A5517T(7)904T
9(9)D902iS(9)W41S(9)V403SH
10(10)N902iS(11)W42H(11)804SH

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

出足の悪さがちょっと心配!? 「702ix」シリーズ

Photo

 今回のドコモの販売ランキングは、取り立てて大きな変動は見られなかった。

 1位は、8週連続の首位を獲得し、もはや“定位置”となったスリム・スクエア・シンプルな「N702iD」。続いて「SH902i」、「SH902iS」とシャープ製端末2機種がランクインした。

 そろそろ903iシリーズ登場の噂も聞こえてくる時期になってきたが、現行902iSシリーズも「SH902iS」が3位、「P902iS」が8位、「D902iS」が9位、「N902iS」が10位に入り、継続した人気を保っている。特に初登場時から人気のあったSH902iS(2006年5月第4週のランキング参照)は(N702iDに王座を奪われている形となってはいるが)、最近じわじわと順位を上げている。

 さて次回のランキングには、8月25日発売の「N702iS」(写真)、31日発売の「P702iD」と「N902iX HIGH-SPEED」、そして9月1日発売の「FOMAらくらくホンIII」と新たに発売された端末が4機種も入ってくる。

 揃って2万円台半ば(新規価格)となる702xシリーズ。某量販店の携帯売り場店員によると「その価格のせいか、出足はそれほどよくはありません……」と話していたのが少々心配だが、これら4機種が次回以降、どれだけ健闘するかに注目したい。


嵐の前触れ? 静かなauランキング

Photo

 auの販売ランキングも、今回はそれほど強い風は吹かず、大きな変動はなかった。

 大きく順位を下げたのは前回の3位から7位になった「W43T」。「W42K」、「A5521K」、「W33SA II」、「W42H」など、現行の夏モデルも新規価格で1円で販売する機種が出はじめたためか、4月発売の春モデルである本機(こちらも1円で販売されている)は価格メリットが薄れ、ほかの1円夏モデルに抜かれてしまった格好だ。

 さてKDDIは他キャリアに先んじて、8月28日に2006年秋冬モデルを総計12機種も投入すると発表した。9月より順次発売(詳細は未発表)していくとのことなので、今後はこれらが大きくランキングを賑わしてくれることだろう。

 なお、現在ITmedia +D Mobileの各ページ右列で募集している人気投票「+D QUICK POLL」では、FeliCa+光+着せ替え+2.7インチ液晶が特徴のソニー・エリクソン・モバイル製「W43S」への人気が頭一つ出ている。次いでワンセグ+回転2軸液晶搭載の日立製「W43H」、厚さ15.3ミリと極薄ボディの京セラ製「W44K」への投票が多く集まっている。

 今回KDDIが発表した新モデルには、Bluetooth搭載モデルがなくなっている。「W41T」や「W44T」などにBluetoothを搭載していた東芝のハイエンド端末「W47T」や「DRAPE」にも搭載されていない。しかしトヨタ車向け端末として、同社純正のBluetooth対応ナビゲーションシステムに接続できるW44Tのカスタマイズモデル「TiMO」(写真)が発売される。販売はトヨタ販売店のショップ「PiPit」のみで行われるためこの販売ランキングには反映されないが、どのくらい反響があるのかは興味があるところだ。


終了宣告されたPDC端末の行方は

Photo

 ボーダフォン端末は、スリム&上質の「705SH SLIMIA」、AQUOSケータイ「905SH」、VGA液晶「904SH」のトップ3が相変わらず強い。

 そのほか、PDC端末となる320万画素カメラ+アナログテレビ搭載の「V604SH」(写真)が6位から4位に、ストライプ柄デザインが特徴の「V403SH」が10位から9位にランクアップしたのに注目したい。

 ボーダフォン(10月1日よりソフトバンクモバイルに社名を変更)は、10月24日より開始する番号ポータビリティ転入利用時の手数料を無料にすると発表したが、転入は3Gのみとなり、PDCには契約できない形態となる。また、2007年度末(2008年3月末)をもってPDCの新規受け付けを終了すると告知した。今後は経営資源を3Gに集中する考えだ。

 今回のランキング、そして先日集計した2006年上半期の販売ランキングで複数のPDC端末が上位に入ったことからも予想できるように、最近PDC端末を購入したユーザーも多い。同社は、新規受け付け終了後も機種変更や故障修理などのアフターサービスも含めたPDCサービスは継続して行い、サービス自体の終了時期も未定としているが、このことが今後、PCD端末の売れ行きにどう影響してくるか見守ることにしたい。



新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう