ニュース
» 2009年05月15日 20時04分 公開

データ通信端末、“三つどもえ”の状態は続くのか?PHS&データ通信端末販売ランキング(5月4日〜5月10日)(2/2 ページ)

[山田祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

イー・モバ/ドコモ/ソフトバンクが争うトップ3

2009年5月4日〜5月10日
順位 先週順位 キャリア 製品名
1 1(→) イー・モバイル D12HW
2 2(→) NTTドコモ L-02A
3 3(→) ソフトバンクモバイル C01LC
4 4(→) イー・モバイル D23HW
5 5(→) イー・モバイル D12LC
6 6(→) イー・モバイル D11LC
7 7(→) ウィルコム NS001U
8 8(→) イー・モバイル D22HW
9 13(↑) NTTドコモ A2502 HIGH-SPEED
10 17(↑) イー・モバイル D02NE
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo C01LC

 データ通信端末のランキングでは、前回ソフトバンクモバイルの端末として初めて3位を獲得した「C01LC」が引き続きその座をキープした。1位はイー・モバイルの「D12HW」、2位はNTTドコモの「L-02A」がランクインし、異なる3キャリアがトップ3を争う構図になった。

 とはいえ、これまでの結果を見るかぎりでは、安定して人気を集め続けるイー・モバイルの首位は固い。イー・モバイルは4月契約者数で10万2800件の純増を記録しており、こうした増加ユーザーのほとんどが、データ通信端末を契約していると思われるからだ。

 4位にランクインしたのは、発売以来順調な売れ行きを見せている「D23HW」。上り最大5.8Mbpsの通信速度が特徴の同モデルだが、6月に発売されるNTTドコモの「L-05A」も“上り最大5.7Mbps”の高速なHSUPAサービスが特徴。6月以降、この2モデルの順位争いに注目だ。

 月額980円で2年間ネットが使い放題になるキャンペーンを実施したウィルコム端末は、「NS001U」が前回に引き続き7位を獲得した。しかし、「WS014IN」と「DD(WS002IN)」はトップ10圏外に落ちてしまった。キャンペーンを延長して引き続き販売の拡大を狙うウィルコムだが、再び複数機種がトップ10に姿を見せることになるのだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年