犬の気持ちが分かる「バウリンガル for iPhone」配信開始――「バウイッター」も搭載App Town ソーシャルネットワーキング

» 2010年11月11日 16時10分 公開
[富永ジュン,ITmedia]

 インデックス・ホールディングスは11月11日、犬語翻訳機「バウリンガル」のiPhoneアプリ「バウリンガル for iPhone」の提供を開始した。価格は600円だが、現在はリリース記念キャンペーン価格の450円で販売している。

 バウリンガルは、犬と飼い主のコミュニケーションをより楽しくする玩具として2002年にタカラトミーが発売し、国内外で約30万台を出荷したヒット商品。そのiPhone版「バウリンガル for iPhone」では、犬の鳴き声をリアルタイムで声紋分析し、犬の気持ちを「楽しい」「悲しい」などの6種類の感情に分類して人間の言葉で表す「ボイス翻訳」機能を再現。さらに、翻訳結果を土佐弁風や関西弁風、オス言葉、メス言葉で表示する機能、翻訳した愛犬のメッセージをTwitterに投稿し、飼い主からの返信をつけられる「バウイッター機能」が追加されている。

PhotoPhotoPhoto 犬の気持ちを人間の言葉で教えてくれる「バウリンガル for iPhone」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  5. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  6. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  7. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  8. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年