ニュース
» 2014年09月17日 16時12分 公開

アップデート前におさらい:「iOS 8」で何が変わる?――新機能をざっくりチェック (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Handoff:MacやiPadとの連携を強化

  • OS X Yosemiteを搭載したMacとの連携機能が強化され、「Handoff」機能が使えるようになる。Safari、Pages、Numbers、Keynote、マップ、メッセージ、リマインダー、カレンダー、連絡先などで表示内容や作業を共有できる。例えば、iPhoneで書きかけのメールの続きをMacで書く、iPadのSafariでアクセスしたページがiPhoneに表示する、といったことが可能になる。
  • iPhoneに着信があると、同じWi-Fiネットワークに接続している(iOS 8搭載の)iPadやMacでも電話に出られるようになる。
  • iPadやMacからもSMSやMMSを送受信できるようになる(10月に提供予定)。
  • 新機能の「Instant Hotspot」に対応し、iPhoneでテザリング開始の設定をすることなく、MacやiPadのWi-FiメニューからiPhoneに接続できるようになる。
photophoto iPhoneにかかってきた電話を、iPadやMacで受けられる(写真=左)。iPhone側でテザリング開始の設定をすることなく、iPadやMacでiPhoneに接続できる(写真=右)

Spotlight:検索できる内容が拡張

  • 入力した単語に関連するWikipediaの要約記事が検索画面に表示される。
  • ニュース、iTunes Store、App Store、iBooks Store、おすすめのWebサイト、Safariと連携してWebサイトの表示も可能に。
photo

アップデートをする前に……

  • アップデートに失敗して端末内のデータが失われてしまう可能性はゼロではないので、事前にiTunesやiCloudなどでバックアップを取っておこう。
  • 現在使っているアプリがiOS 8用に最適化されておらず、動作が不安定になる恐れもある。様子を見てからアップデートをするのも一考の価値がある。
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう