Huawei、AI搭載5.09型ハイエンド端末「Honor Magic」を中国で発売へご主人認識機能付き

» 2016年12月17日 22時48分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 中国Huaweiは12月16日(現地時間)、「Honor」ブランドの最新ハイエンド端末「Honor Magic」を発表した。同日中国のオンラインショップで発売し、出荷は25日の見込み。価格は3699元(約6万3000円)。中国以外での販売については発表されていない。

 magic 1 Honor Magic

 デザインも目を引くが、顔認識センサーによるロック解除機能やAI(人工知能)によるアシスタント機能が特徴だ。

 「WiseScreen」機能で、端末を手に取り、画面(上にあるセンサー部分)を見つめるだけでロックを解除できる。また、顔認識機能「FaceCode」で、あらかじめ登録してある端末の所有者を認識した場合のみロック画面にプッシュ通知を表示する。

 magic 2 所有者が端末を手にしたときだけプッシュ通知を表示する「FaceCode」

 AIアシスタント機能「Honor Magic Live」は、例えばSNSで友達と映画の話をしていると最新人気映画の情報を表示したり、運転中かどうかを検知し、端末を運転モードに切り替えるようアラートを表示したりする。

 ハードウェアのスペックは、ディスプレイが5.09型(2560×1440ピクセル)のAMOLED、プロセッサは「Kirin 950」(2.3GHz/1.8GHz 8コア)、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。背面に1200万画素のデュアルカメラを搭載し、モノクロセンサーとRGBセンサーを組み合わせて撮影できる。インカメラは800万画素。バッテリーは2900mAhで、急速充電にも対応する。外部接続端子はUSB Type-Cをサポートする。なおイヤフォンジャックは搭載している。サイズは69.9(幅)×146.1(高さ)×7.8(奥行き)mm、重量は145gだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月04日 更新
  1. Pixel 8/Pixel 8 Pro、「スマホ用電子証明書搭載サービス」に対応 マイナンバーカードなしで公的個人認証サービスを利用可能に (2024年03月03日)
  2. ダイソー、税込み1100円の無線イヤフォンやモバイルバッテリーを一挙発表 ネットでは「大創産業が本気出した」と話題 (2024年03月03日)
  3. 今、スマートフォンのストレージが128GBですら厳しい理由 (2024年02月29日)
  4. KDDI高橋社長が語る「povoのオープン化」「ローソンとの提携」 他社との決定的な違いは? (2024年03月02日)
  5. スマホとアナログ時計のデザインが融合 「realme 12 Pro+」はカメラ強化でコスパも十分 (2024年03月03日)
  6. iPadの新製品は3月発表か iPad Airが2モデルになってラインアップの整理も? (2024年01月08日)
  7. 他社のは「なんちゃってOpen RAN」 楽天三木谷氏が語る「リアルOpen RANライセンシングプログラム」の狙い (2024年03月02日)
  8. 税込み550円で本当に「ハイレゾ」が聞ける? ダイソー「マイク付ハイレゾ対応イヤホン」がハイレゾ入門に最適かも (2024年03月02日)
  9. 日本通信、5分かけ放題を月額390円で提供 「キャンペーンなしでこのお値段です」と同社 (2024年03月01日)
  10. アンカー・ジャパン、掃除機を半額、充電器などを15〜30%オフにするセール 3月5日まで開催 (2024年03月03日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年