調査リポート
» 2018年01月11日 06時00分 公開

携帯電話の故障原因1位は「ディスプレイの破損」 4割が修理せず

オークネットは、1月10日に「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」の結果を発表。不具合1位は「ディスプレイ(ガラス部分)が割れた」で、約4割は修理をしていないことが分かった。

 オークネットが運営するオークネット総合研究所は、1月10日に「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」の結果を発表した。調査期間は2017年10月20日〜24日、調査方法はインターネット、対象は全国15歳以上の男女各300人(計600人)。

 使用している端末は、「スマートフォン」が88.3%、「タブレット」が16.7%、「格安スマートフォンが10.0%、フィーチャーフォン(ガラケー)」が7.3%。購入状況は「新品」が97.8%、「中古」が2.2%。

男性よりも女性の方が修理をしない

 過去2年間に破損・故障・不具合があったかどうかについては、69.0%が「なかった」と回答。「あった」と回答した割合は年代が上がるにつれて低くなり、使用頻度や使い方に差があるためと推測される。

Photo

 破損・故障・不具合の状況は「ディスプレイ(ガラス部分)が割れた」(30.7%)、「フリーズした」(26.3%)、「電池の減りが著しく早くなった」(21.0%)の他15〜18%前後のものが複数あり、多岐にわたる。年代別に見ると、10代〜30代は40代〜60代以上よりも「ディスプレイ(ガラス部分)が割れた」が高い傾向にあった。

Photo

 破損・故障・不具合の修理を「した」が 58.6%、「しなかった」が41.4%で、男女比で「(修理)しなかった」を見ると男性は36.8%、女性は45.5%となった。修理をしなかった主な理由は「修理しなくても使えそうだったから」(42.9%)、「新しいものに買い替えたから」(35.1%)、「修理に出すのが面倒だったから」(18.2%)、「修理費用が高額だったから」(16.9%)。

Photo
Photo

キャリアショップで修理が最多

 修理をした場所は「キャリアの正規販売店」(68.8%)が最も多く、「家電量販店」(10.1%)、「街の携帯販売店(キャリアの正規販売店ではないところ)」(6.4%)と大きな差が出た。その場所を選んだ理由を複数回答で聞いたところ「その端末を購入した店だったから」(44.0%)、「保証が使えたから」(43.1%)、「職場や家から近かったから」(18.4%)、「修理期間中、代替機を貸してくれたから」(12.8%)、「信頼できそうだったから」(10.1%)だった。

Photo

 修理費用は「0円(保証適用も含む)」が48.6%で、5000円以上かかった割合は23.9%。修理時間は36.6%は当日中に修理が終了し、具体的には「1時間未満」が15.6%、「1時間〜3時間未満」が12.8%、「3時間〜5時間未満」が7.3%、「5時間以上」が0.9%だった一方で、「1週間程度」は20.2%、「2〜3日」は18.4%だった。

Photo
Photo

 「キャリアの正規販売店」では当日中に修理が終了しているのは27.9%で、「2〜3日(18.7%)」や「1週間程度(25.3%)」が多い。「街の携帯販売店(キャリアの正規販売店ではないところ)」では71.4%、「街の携帯修理店(修理を専門にしているところ)」では100%が当日中に修理を終えている。

Photo

 修理の満足度は「満足」が82.6%、「不満足」が17.4%。満足の理由は「希望通りの修理をしてもらえたから」(60.0%)、「修理後、不具合が起きていないから」(31.1%)、「保証が使えたから」(22.2%)、「修理費用が安かったから」(16.7%)。不満足の理由は「修理に時間(期間)が思ったより長くかかったから」「完全に修理できていなかったから」「修理受付まで長時間待たされたから」がそれぞれ31.6%だった。

Photo
Photo

 修理店の種類について聞いたところ、最も認知度が高いのは「メーカーの正規修理店」(68.0%)で、「総務省の登録を取得している修理店」(11.2%)、「正規修理店でも登録修理店でもない修理店」(16.5%)と大きく差が開いた。「知っていたものはない」も29.5%となり、修理店の違いを意識していないユーザーも多い。

Photo

 携帯修理店があると便利だと思う場所を複数回答で聞いたところ1位は「コンビニ」(53.3%)、2位は「駅の構内」(41.5%)、3位は「デパート/ショッピングセンター」(41.3%)。年代別では10代〜30代は「駅の構内」の割合が高く、「コンビニ」「郵便局」「銀行」は年代が上がるにつれて高くなった。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月11日 更新
  1. ゲオの5478円激安コンデジを使ってみた 「渋くて素直」な仕上がりが楽しい? (2023年12月10日)
  2. ドコモが「パスキー」を導入してフィッシング被害報告が0件に パスワードレス認証の効果 (2023年12月09日)
  3. 「11万4480円」がいきなり「実質24円」に(転売ヤー対策込み) しかし年末にはNGに?/デザインには作り手の“思想”が見え隠れする(好みかどうかはさておき) (2023年12月09日)
  4. 外出時にスマホの「テザリング」をどうしても使いたくない理由 (2023年12月08日)
  5. IIJmio、mineo、NUROモバイル、イオンモバイルのキャンペーンまとめ【12月10日最新版】 最新スマホの特価セールや還元を見逃すな (2023年12月10日)
  6. ゲオが「Apple 認定整備済製品」取り扱い iPhone 13 miniやiPhone SE(第3世代)など (2023年12月08日)
  7. 新「楽天SPU」のお得度を検証 楽天モバイルを月額0円で利用するには? (2023年12月07日)
  8. Androidで「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、送受信不能に (2023年12月09日)
  9. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  10. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)

過去記事カレンダー