ニュース
» 2018年11月06日 17時25分 公開

ソフトバンクの「Xperia XZ3」が11月9日に発売 「AQUOS R2」新色も

ソフトバンクは、有機ELディスプレイを搭載したソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ3」を11月9日に発売。SoftBank SELECTIONブランドから対応アクセサリーも販売する。併せて「AQUOS R2」の新色「ブルーシルバー」「ピンクゴールド」も追加する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、11月9日にソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ3」を発売する。価格は11万9040円(税込)。

PhotoPhoto ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ3」

 本製品は、Xperiaシリーズ初となる3D曲面の有機ELディスプレイを採用しており、有機ELテレビ「BRAVIA」で培った高画質技術を活用。側面をダブルタップして専用メニューを呼び出す「サイドセンス」も備えている。横向きに構えるだけで起動できる「スマートカメラ起動」、自撮り向け機能「ポートレートセルフィーモード」も利用可能で、高音質で迫力のある音を楽しめるフロントステレオスピーカーや独自のオーディオ伝送技術「LDAC」に対応する。

 OSはAndroid 9、プロセッサはSnapdragon 845、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、バッテリー容量は3200mA、アウトカメラは約1920万画素、インカメラは約1320万画素。カラーバリエーションはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色。

 発売に合わせて、SoftBank SELECTION 取扱店(一部店舗を除く)とSoftBank SELECTION オンラインショップで対応アクセサリーを発売。牛本革を使用したフリップケース「RILEGA Leather Flip」やスタンド機能を搭載した「RILEGA Stand Flip」、ハード素材とソフト素材を組み合わせた「ハイブリッドケース」、画面全体を守る「3Dフルカバー保護ガラス」「3Dフルカバー高透明保護フィルム」の7アイテムを提供する。SoftBank SELECTION オンラインショップでは11月6日から予約受付を行う。

Photo
「Xperia XZ3」の主な仕様
機種名 Xperia XZ3
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 9 Pie
プロセッサ Snapdragon 845(2.8GHz 4コア+1.7GHz 4コア)
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6型QHD+ 有機EL
解像度 1440×2880ピクセル
バッテリー容量 3200mAh
連続通話時間 FDD-LTE:約2110分、W-CDMA:約1890分、GSM:約780分
連続待受時間 FDD-LTE:約560時間、AXGP:約535時間、W-CDMA:約585時間、GSM:約535時間
アウトカメラ 有効約1920万画素CMOS
インカメラ 有効約1320万画素CMOS
ボディーカラー ブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッド
サイズ 約73(幅)×158(高さ)×9.9(奥行き)mm
重量 約193g

 また、11月9日にシャープ製「AQUOS R2」へ新色を追加。新たに「ブルーシルバー」「ピンクゴールド」の2色が加わる。価格は9万3210円(税込)。これに合わせ、11月9日から12月31日までに購入し、2019年1月7日までに専用ページから応募したユーザー全員へTポイント5000ポイントをプレゼントする「SoftBank AQUOS R2 Tポイント5000ポイントプレゼントキャンペーン」を実施する。

PhotoPhoto 「AQUOS R2」の新色「ブルーシルバー」「ピンクゴールド」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう