今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年06月06日 15時32分 公開

LINE Pay内からVisaの「デジタル決済対応カード」を発行可能に、スマホ決済にも対応

LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップ提携を発表した。「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード」を申込み・利用可能となり、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携してスマホ決済にも利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップの提携を発表。新たなフィンテックサービスを提供する。

Photo LINE PayとVisaが戦略的包括パートナーシップ提携を発表

 今後「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード(仮称)」の申込み・利用をはじめ、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携させて、スマートフォンからも決済できるようにする。

 ポイント還元などのロイヤリティプログラムや利用特典でも協業し、海外旅行時にVisaのネットワークでLINE Payでの支払いが可能となるような新機能も提供する予定だ。

 全世界約5400万のVisa加盟店では、店舗側がLINE Payの直接加盟店になっていなくてもLINE Payで決済できるようになる。決済通知や履歴もLINE Pay 内で確認でき、加盟店向けLINE Payサービスも提供する。

 ブロックチェーンを基盤としたB2Bや国際間決済、代替通貨取引を可能にする新しいサービスも開発。東京2020オリンピック競技大会に先駆け、独自のマーケティングキャンペーンやプロモーションにおけるパートナー契約を結ぶ。

 今回の提携は、これまでに発表した日本と台湾でのブランド提携カード「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」の取り組みに加え、協力範囲をさらに拡大したもの。LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)は、日本では2019年中に導入となる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう