連載
» 2019年10月26日 08時00分 公開

石野純也のMobile Eye:ソフトバンク秋冬モデルの戦略を解説 ハイエンドが多く、ミッドレンジが少ない理由は? (1/3)

ソフトバンクは秋冬モデルで、他社も導入している「Xperia 5」「AQUOS zero2」「AQUOS sense3 plus」に加え、2画面端末になる「LG G8X ThinQ」をそろえた。これらに加え、同社が強烈にプッシュしているのが「Pixel 4」「Pixel 4 XL」だ。秋冬商戦に対する同社の戦略を聞いた。

[石野純也,ITmedia]

 ソフトバンクは10月17日、秋冬モデルの5機種を発表した。内訳はスマートフォンが4機種、子ども向けのキッズフォンが1機種。スマートフォンは、他社も導入している「Xperia 5」や「AQUOS zero2」「AQUOS sense3 plus」に加え、ディスプレイ付きケースを装着することで2画面端末になる「LG G8X ThinQ」(以下、G8X ThinQ)をラインアップに加えた。G8X ThinQは、このケース付きで発売される。

ソフトバンク ソフトバンクの秋冬モデル。Androidスマートフォン4機種に加え、Googleの「Pixel 4」「Pixel 4 XL」を導入する

 これらに加え、同社が強烈にプッシュしているのが、Google製の「Pixel 4」「Pixel 4 XL」だ。2モデルの発売日である24日には、CMに出演するV6の岡田准一さんや、お笑い芸人のアンタッチャブルの山崎弘也さんを招き、カウントダウンイベントまで開催。店頭でも大々的にPixelを打ち出している。

ソフトバンク Pixel 4、4 XLの発売日には、CMに出演する岡田准一さんや山崎弘也さんが駆け付け、カウントダウンを実施した

 では、ソフトバンクはどのような考えでこのようなラインアップをそろえたのか。秋冬商戦を迎える同社の戦略を解説する。

独占提供になり、他社にない“顔”として猛プッシュするPixel 4、4 XL

 発売日にイベントを開くなど、ソフトバンクが販売に注力しているのがGoogleのPixel 4、4 XLだ。本連載でも触れたように、同モデルはGoogleの目指す「アンビエントコンピューティング」を具現化するために生まれた端末。ハードウェア、ソフトウェア、AIの3つを融合させることで、今までのスマートフォンにはない新機能を実現した。星空の撮影や、劣化の少ない8倍ズームを実現したカメラは、その象徴的な機能だ。

ソフトバンク Pixel 4、4 XLは、ハードとソフト、AIの連携がさらに進化。夜景モードや超解像ズームの性能が大きく上った
ソフトバンク 暗所でもノイズの少ない、明るい写真が撮れる
ソフトバンク 劣化の少ない超解像ズームは、8倍まで被写体に寄ることができる

 ソフトバンクは、先代の「Pixel 3」「Pixel 3 XL」からPixelシリーズを取り扱っており、Androidスマートフォンの中核に据えてきた。同社の代表取締役副社長執行役員兼COO、榛葉淳氏は「多くのユーザーからのご支持をいただき、大人気の端末だった」と1年間の実績を振り返る。

 実際、ソフトバンクのPixel 3、3 XLは発売当時から売れ行きも好調で、端末の販売ランキングでも上位に顔を出していた。あるGoogle関係者も、「グローバルで一番台数が出ている販路かもしれない」と口をそろえる。端末そのものの魅力はもちろん、各種広告を積極的に展開したことや、店頭で大々的にプッシュしていたことも、ヒットの理由といえる。さらにPixel 4、4 XLは、ドコモが取り扱いを見送った結果、ソフトバンクの独占提供となった。

ソフトバンク Pixelシリーズが好調だったことを語るソフトバンクの榛葉副社長

 先の榛葉氏は、「国内キャリアではソフトバンクのみ」と自信をのぞかせる。ソフトバンクのモバイル 事業推進本部 副本部長の郷司雅通氏は、「他社にないところは最大限出していきたい。Googleもプロモーションをやっていくので、一緒にシナジー効果を出せればと思っている」と語る。独占になったことで、ラインアップの“顔”として、2018年以上に販売を強化していく可能性もありそうだ。発売初日の滑り出しも、「Pixel 3aがあるので伸びない可能性もあったが、思っていた以上に手応えがあり順調」(同)だという。

ソフトバンク キャリアで取り扱うのはソフトバンクだけになり、同社の“顔”としての役割が高まった
ソフトバンク Pixel 4、4 XLの出足は好調だったと語る、ソフトバンクの郷司副本部長
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう