ニュース
» 2019年11月07日 18時17分 公開

楽天モバイル、基地局は「当初よりも前倒し」で進行 年内に3000局が稼働予定

楽天の2019年度第3四半期の決算説明会で、楽天モバイルのMNOサービスの現状が明らかになった。2019年12月末までに、3000局が電波を発射予定とのこと。現在は試験サービスを提供中だが、三木谷浩史社長は「技術的な検証を終えてから、できるだけ早急に商用化したい」と述べた。

[田中聡,ITmedia]

 楽天が11月7日に開催した、2019年度第3四半期の決算説明会で、楽天モバイルが10月に開始したMNOサービスの進捗(しんちょく)が明らかになった。

楽天モバイル MNO事業について説明する三木谷浩史社長

 総務省から指導を受けるほど、基地局の開設に遅れが見られていたが、タレック・アミンCTOは「基地局の開設は、数カ月の間に大きな進捗が見られた」と話す。2019年12月末までに3000局が電波を発射予定で、2020年3月までに3432局を開設するという目標に向けて着実に遂行しているとした。ちなみに2019年12月末までに、4500局は契約締結予定、6500局は口頭内諾を受ける予定だという。楽天の三木谷浩史社長は「当初よりも前倒しで完了する手応えは得ている」と話す。なお現時点の基地局開設数は公表していない。

楽天モバイル 2019年内に3000局が電波を発射する予定

 5000人限定の試験サービス「無料サポータープログラム」の開通率は、10月17日の82%から、11月4日には98.3%まで向上した。同プログラムのユーザーからは「つながらない、圏外の場所がある」との声が挙がっているが、三木谷氏は「路面上でいうと、ほぼつながる状況。後は地下を改善する必要はある。(基地局は)日々、多ければ60〜70局建っているので、使っていただいて不自由がないレベルまで近づきつつある」と話し、通信品質は日々向上していることを強調する。

楽天モバイル MNO無料サポータープログラムの開通率

 三木谷氏の使用感だと、8〜9月はつながらないところが多かったが、現在は「つながらない所はほぼない」という。「ネットワークのクオリティーについては、いいものができている」と自信を見せる。なお、無料サポータープログラムのユーザーは、平均で1日約1GBのデータ通信を行っているという。無料で使い放題ということもあり、ヘビーに使う人が多いことも分かった。

 MNOの本サービスは、無料サポータープログラムでネットワークの安定稼働が確認でき次第、提供するとされてきたが、時期は未定。三木谷氏は、基地局とカバレッジがある一定水準を超え、技術的な検証を終えてから「できるだけ早急に商用化したい」と述べた。

 東名阪以外の地域ではKDDIのローミングを活用しているが、自前の基地局開設を前倒しで進めることで、2028年までの設備投資額である6000億円は、抑えられる見通しだという。

 ドコモから回線を借りるMVNOも同時に展開していることから、ドコモから批判を受けているが、三木谷氏は「MVNOは法律の範囲内でバランス良くやっていきたい。順次、MNOにシフトできればと思っている」と述べるにとどめた。

 モバイル事業の業績は、MVNO事業の伸びに比例して売り上げは伸びているが、MNO事業への投資がかさんだ結果、営業利益は約145億円の赤字に。ただ「リターンは大きなものが見込める」と三木谷氏は期待を寄せた。

楽天モバイル モバイル事業の業績
楽天モバイル 楽天モバイルの店舗数は2019年10月時点で584に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう