スマホカメラに1億画素も必要? Xiaomi「Mi Note 10」を使って分かったこと荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(4/4 ページ)

» 2019年12月22日 06時00分 公開
[荻窪圭ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 1億画素なんていらない、と普通思うじゃない。確かにいらない。まずいらない。でも1億画素あれば、いろんなことができる。4画素分のデータをまとめて1画素にすれば、1億800万が2700万画素に落ちるけど、よりクオリティーが高い写真を作れる。このセンサーのミソはそこだ。

 これ、高画質な2700万画素カメラ、と捉えるだけでも他のスマートフォンよりワンランク上の画質だ。これはよい。いろんなシーンで撮ってみよう。

Mi Note 10 とある古いホテル。明るくない室内なのだけど、この質感やディテール描写はよい!
Mi Note 10 ちゃんとAIが料理と認識してくれた喫茶店のミートソース。色も濃くていい感じにおいしそうだ
Mi Note 10 この角度でもちゃんと顔と認識してくれた。髪の毛のディテールは甘いけど、写りの安定感はなかなか

 面白い。もちろん背景をぼかすポートレートモードや、今のカメラには欠かせない夜景モードもある。

Mi Note 10 ポートレートモードではぼかし具合や美肌のかかり具合も調節できる
Mi Note 10 美肌のかかりかたもスムーズで非常によくできている。髪の毛周りもあまり不自然じゃないのがいい

 夜景モードは露出を変えながら連写することで、ダイナミックレンジを広く撮るというおなじみの仕様。見比べてみると、白トビするハイライト部がしっかり抑えられている。

Mi Note 10 夜景モードはもちろん搭載
Mi Note 10 夜景モードで撮った2700万画素の夜景
Mi Note 10 左が夜景モード。右が通常の写真モードでの撮影。ハイライト部の白トビが抑えられていることが分かる

 夜景モードは撮影後の処理にちょっと時間がかかるけど、その辺はハイエンドとミドルクラスの間の性能って感じだ。でも写りはいい。

 アウトカメラは1億画素で、通常の写真モードでも2700万画素の写真を撮れるという画素数番長であるわけだが、インカメラもすごい。

 インカメラは21mm相当の広角で何と3200万画素。こっちもハンパない画素数である。

Mi Note 10 自撮り中。自撮り時もポートレートモードを使える

 インカメラのポートレートモードで撮った写真がこちら。

Mi Note 10 インカメラも6560×4920ピクセルとでかい。

 ボケ具合も美肌のかかり具合もよい。

 考えてみたら、合計6つのカメラ全てで画素数が違うのか。面白いものである。

 何だかややこしいけど、スマートフォンで撮影してスマートフォンで見るってワークフローだと気にすることはないのか。で、メインカメラは高画質なので拡大して見たり、トリミングして一部を使ったりするのにもいい。

 マクロカメラくらいかな、画質で劣ると感じたのは。

思ったより億万カメラだった

 1億画素と聞いて「ああ、無理やりインパクトを出すために超高画素に振ってきたか」と一瞬思ったのだけど、いざ使ってみると、予想以上にちゃんと撮れてびっくりした次第。108Mモードを無理に使うより、通常の写真モードで2700万画素の画質を味わうのがよいかと思う。すごいイメージセンサーを作ったもんだ。

 元の画素数が多いからこそ出せる画質ってのもあるわけで、手頃な価格でめちゃすごいカメラの端末が欲しいと思ったら、多少動作が重いとこはあるにしろ、真っ先に手を出していいかと思う。けっこう撮っていて楽しかったし。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー