ニュース
» 2020年04月03日 16時02分 公開

NTTコムが“テレワーク用PC”の取り扱いを開始 モバイル通信やセキュリティ対策も提供

NTTコミュニケーションズは、4月3日に企業向けVPN「Arcstar Universal Oneモバイル」の対応端末としてテレワーク用PCを提供開始。セキュリティ対策を採用し、モバイル通信やセキュリティの設定が不要ですぐにテレワークを始められる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、4月3日に企業向けVPN「Arcstar Universal Oneモバイル」の対応端末としてテレワーク用PCを提供開始した。

NTTcom 「Arcstar Universal Oneモバイル」の対応端末としてテレワーク用PCを提供開始

 Arcstar Universal Oneモバイルはインターネットを経由せず、携帯電話網からVPNに直接接続するセキュアなモバイル通信サービス。ノートPCからは対応するWi-FiルーターやUSB端末(ドングル)を介し、テレワーク用の通信サービスとして利用されている。

 今回提供するテレワークPCには、Arcstar Universal One モバイルのSIMカードがあらかじめセットされており、どこでもセキュアなVPN接続が可能。SIMの差し替えによる不正なアクセスを防ぐIMEI認証、紛失時のデータ漏えいを防ぐため端末の指紋認証やMicrosoft「BitLocker」の暗号化とTPM2.0機能を組み合わせたセキュリティ対策を採用している。また、マルウェア対策ソフトとしてMicrosoftの「Windows Defender」もインストールされている。

 モバイル通信の接続設定、マルウェア対策ソフトの設定などが完了した状態で届けるため、開封して約10分でテレワークを開始可能としている。

 初期費用は「Arcstar Universal Oneモバイル」のネットワーク工事費が3000円(税別、以下同)、端末代は14万4800円の「NEC VersaPro UltraLite タイプVB」、または16万8000円の「VAIO Pro PA(2 in 1パソコン)」を選択できる。月額利用料金は「Arcstar Universal Oneモバイル」通信費(SMS対応)の「ECO 500MBコース」が620円から。通信容量に応じた多数のコースを用意しており、別途「Arcstar Universal One」の契約と利用料金が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう