ニュース
» 2020年04月16日 17時40分 公開

APRESIA Systemsとオプテージ、ローカル5GのSA方式による共同実証実験に合意

APRESIA Systemsとオプテージが、スタンドアローン(SA)方式のローカル5Gに関する実証実験の実施に合意した。対応する機器の開発を経て、2020年度末から「オプテージビル」内に開設したラボなどで実験を開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 APRESIA Systemsとオプテージは4月16日、4.5GHz帯の電波を利用し、超高速・超低遅延・多数同時接続をフルスペックで利用できるスタンドアローン(SA)方式で「ローカル5G」の実証実験を実施することに合意した。対応する機器の開発を経て、2020年度末から「オプテージビル」に設置したラボなどで実験を開始する予定だ。

(※)スタンドアロン方式:LTE(4G)の中核設備に依存しない方式
(※)ローカル5G:建物内や敷地内といった、比較的狭い範囲をエリア化した閉域5Gネットワーク

APRESIA Systems/オプテージ 実証実験の概略図

 実証実験では、SA方式の電波伝搬試験や基地局間で発生する干渉の制御、5Gコア設備や基地局機能の最適な配置、多数同時接続への活用など複数の要求条件に応じて仮想的に分離したネットワークを構成するネットワークスライシングなどを確認する。実験で得られた知見を基に、両社の各サービスで連携を図り、機器の集約効果によって幅広い利用者に「安価で簡易なローカル5Gソリューション」を提供するとしている。

 APRESIAは、4.5GHz帯のSA方式に対応するネットワーク機器の検討と開発、実証実験における技術サポート、SA方式での商用化に向けた製品開発を行う。

 オプテージは、4.5GHz帯での電波伝搬試験および基地局間干渉の測定・対策検討、拠点間でのネットワークスライシングを実現するためのシステム構築と検証、同社のVPNサービスやクラウドサービスなどを用いたネットワーク設計・構築、実証実験場所の提供を担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう