世界を変える5G
ニュース
» 2020年07月28日 20時45分 公開

MediaTek、5G対応ミドルクラス向けプロセッサ「Dimensity 720」を発表

MediaTekは、7月28日にミドルレンジスマホ向け5Gプロセッサ「Dimensity 720」を発表。90Hzのリフレッシュレートや、画像処理エンジン「MiraVision」によるHDR10+をサポートする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MediaTekは、7月28日にミドルレンジスマホ向け5Gプロセッサ「Dimensity 720」を発表した。

MediaTek ミドルレンジスマホ向け5Gプロセッサ「Dimensity 720」を発表

 「Dimensity 720」には7nmプロセス技術を採用し、プロセッサには電力効率の高い5Gモデムを統合。90Hzのリフレッシュレートや画像処理エンジン「MiraVision」によるHDR10+をサポートし、最大6400万画素または2000万画素+1600万画素のデュアルカメラに対応するとともにAIカメラ拡張機能を提供する。また、音声起動(VoW)を統合して音声アシスタントの電力消費を最小化し、2マイクとノイズ抑制で騒音下でもユーザーの声を認識する。

 CPUはbigコアに2GHz駆動の「Cortex-A76」を2基、GPUは「Mali-G57 MC3」を搭載。高速LPDDR4Xメモリ、ユニバーサルフラッシュストレージ(UFS)2.2を備え、NSA/SA(ノンスタンドアロン/スタンドアロン)、5Gの2CC CA(2波のキャリアアグリゲーション)、VoNR(Voice over New Radio)、5G/4GのDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)もサポート。アジア、北米、欧州のサブ6GHz帯5Gネットワークにも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう