ニュース
» 2021年11月19日 13時30分 公開

ドコモオンラインショップ、個人の手続きは「モバイル回線+スマホ/タブレット」が原則必須に11月26日10時から

ドコモオンラインショップが、ドコモを契約している個人ユーザーの購入手続き時の認証方法を変更する。11月26日10時以降は、手続きを行う回線でインターネット接続をした上で、ネットワーク暗証番号を使って認証を行う必要がある。【追記】

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは11月26日10時から、「ドコモオンラインショップ」における手続きをする際に必要なログイン認証方法を一部変更する。これにより、新規契約やMNP契約を除き、個人ユーザーは手続きを行う回線を使ったアクセスが必須となる。

【追記:18時20分】本件について、NTTドコモ広報部に質問を行ったので、回答と合わせて追記しました。また、記事タイトルを分かりやすく改めました

ドコモオンラインショップ ドコモオンラインショップからの告知

仕様変更の概要

 従来、ドコモオンラインショップでは「dアカウント」でログインしてから購入手続きを進めるようになっている。一部の手続きではSMS(ショートメッセージ)を使った2段階認証が必須となるが、手続きに利用する端末やアクセス回線に特段の制限はなかった。

 今回の仕様変更により、ドコモ回線を契約している個人ユーザーが以下の手続きを行う場合は、手続きを行う回線によるインターネット接続(spモードまたはmopera U)と、「ネットワーク暗証番号」を使った認証が必須となる。

  • 機種変更
  • 契約変更
  • アクセサリーの購入

 他のインターネット回線で接続している場合は手続きが行えなくなる。Wi-Fi(無線LAN)接続中のスマートフォンやタブレットは、Wi-Fiをオフにしてモバイルデータ通信に切り替えてアクセスする必要があるので注意しよう。PCからの手続きも非対応となる

 仕様変更に伴い、spモードやmopera Uを契約していない回線は、オンラインショップでの機種変更や契約変更を行えなくなる。ドコモショップなどへの来店が必要となる。

 なお、法人名義の契約については、引き続きdアカウントによる認証に対応する。また、キャリアフリーの(ドコモ回線とのひも付けを行っていない)dアカウントでは、アクセスする回線を問わずアクセサリーを引き続き購入できる。

変更後 11月26日からの手続きに応じた認証方法

仕様変更はなぜ行われた? PCでの手続きは復活するのか?

 今回の仕様変更について、NTTドコモ広報部に質問を行った。その回答が寄せられたので、体裁を整えた上で掲載する。

―― 今回、新規契約以外の個人契約者の手続きについて、「モバイル回線で接続したスマホやタブレットからのアクセス」と「ネットワーク暗証番号での認証」を必須化するのはなぜですか。

ドコモ広報部 パスワードレス認証など、弊社ではdアカウントにおいてより高いレベルのセキュリティを実現できる認証方法を既に用意しています。しかし、全てのお客さまがそのような認証方法を設定しているわけではありません。そこで、全てのお客さまにおいて、一定レベル以上のセキュリティを担保するために、今回の仕様変更を行うことにしました。

―― 御社が先日販売を開始した「ThinkPad X1 Nano」のように、直接モバイル通信できるPCでも、スマホやタブレットを使った手続きが必須となるのでしょうか。

ドコモ広報部 そうなります。いったん、別のスマホやタブレットにSIMカードを差し替えていただき、そこからspモードかmopera U経由でオンラインショップにアクセスいただければ手続きは可能です。

―― 今後、PCからの手続き、あるいは契約回線以外からのアクセスによる手続きも再度行えるようになる可能性はあるのでしょうか。

ドコモ広報部 先ほども述べた通り、今回の措置は全てのお客さまにおいて一定レベル以上のセキュリティを担保するためのものです。ご指摘の手続き方法でも一定レベル以上のセキュリティを確保できる場合は再開する可能性はあります。ただし、現時点で決まっていることはありません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー