ニュース
» 2022年06月22日 06時00分 公開

ソニー、コンパクトなBluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー3機種を発売

ソニーは、Bluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー3機種を発売。2機種には広いリスニングエリアを実現する新技術「Line-Shape Diffuser」を搭載している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーは、7月8日にBluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカーのXシリーズ3モデルを発売する。予想実売価格は「SRS-XE300」が2万4000円前後、「SRS-XE200」が1万8000円前後、「SRS-XG300」が3万4000円前後。

ソニー SRS-XE300(ブラック、ライトグレー、ブルー)
ソニー SRS-XE200(ブラック、ライトグレー、ブルー、オレンジ)
ソニー SRS-XG300(ブラック、ライトグレー)

 本製品はスピーカー自体のサイズはそのままに振動板の面積を拡大し、低域を効果的に増強するパッシブラジエーターで高音質かつ大音圧を提供する独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。IP67の防水/防塵(じん)に対応し、2台接続でステレオ再生で音楽を楽しめる「Stereo Pair」や、最大100台が接続可能な「Party Connect」に対応する。

 SRS-XE300/SRS-XE200は線音源を作り出し、距離による音圧や音量の減衰を抑えて音を広く遠く届けられる新技術「Line-Shape Diffuser」を搭載。SRS-XG300にはトゥイーターとウーファーが独立したバイアンプ構成で低域と高域の分担を明確にできる「2Way Speaker System」も備える。

 SRS-XE200には持ち運びに便利なストラップが付属し、SRS-XG300は本体に格納式ハンドルを装備。連続最大再生時間は、SRS-XE300が約24時間、SRS-XE200は約16時間、SRS-XG300は約25時間。発売に先駆け、6月21日にソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神で展示を開始し、同日20時からソニーストアのスタイリストが製品を紹介するライブ配信も行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー