ニュース
» 2007年06月04日 15時00分 公開

今年もやりますっ!COMPUTEX TAIPEI 2007

熱気と湿気で盛り上がるTAIPEIの夏がくる。今年も新世代パーツと際物小物に注目のイベントだが、個人的にはあの娘たちが気になって気になって。

[長浜和也,ITmedia]

 COMPUTEX TAIPEI 2007が6月5日から6月9日までの5日間、台湾の台北市で行われる。会場は昨年と同じ、「台北国際会議中心」(Taipei International Convention Center)と「台北世界貿易中心」(Taipei World Trade Center)。

 すでに、AMDが将来のCPUブランドノートPCの次期プラットフォームの名称を公表したり、ASUSが日本でプレビュー説明会を行ったり、インテルが秋葉原で次期チップセットを搭載したマザーを一挙に展示したりと、COMPUTEX TAIPEI 2007に合わせて事前に情報を公開しているように、参加ベンダーは2007年に登場する次世代プラットフォームの製品展示に力を入れている模様(すでに店頭で購入できるものもあったりするが)。

ASUSの説明会やインテルのイベントですでに実物が登場しているIntel 3シリーズマザー。AMDもロードマップで示した次世代CPUや2007 International CESで発表した「DTX」プラットフォーム、噂されている次期チップセットに関連する具体的な動きを期待したいところだ

 また、すでに発表されている最新GPUシリーズの派生モデルやDDR3対応メモリ、なにかと話題のフラッシュメモリモジュールやSSD、はたまたPCケース、PC周辺機器、さらには光モノや水モノ、回りモノなどなど、さまざまな「小物」「際物」で、この夏から秋にかけて日本でも出荷されるかもしれないユニークな製品も、毎度のことながら期待したいところだ。

 PC USERでは、明日から本番を迎えるCOMPUTEX TAIPEI 2007の情報を、展示ブースを中心に連日紹介する。

そうはいったものの、個人的には「Ruby」の動向が気になってしょうがない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう