ニュース
» 2007年06月06日 11時30分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2007:Hall 2で気になる次期ハイエンドマザーの「対応メモリ」と「PCI Express x16スロット」 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

未発表のAMD RD790マザーはPCI Express x16スロットの数に注目

 AMD(ATI)の次世代チップセットの最上位モデルになると予想されている「AMD RD790」(すでに一部のベンダーでは“790X”の名称を使っている)も未発表ながら各マザーボードベンダーで製品が展示されている。

 AMD RD790はHyperTransport 3.0、PCI Express 2.0といった次世代規格を導入しただけでなく、グラフィックスカード用のPCI Express x16スロットを4本までサポートするのが特徴(ただし、利用するレーン数は公にされていない)で、ブースでもPCI Express x16カードを4枚組み込んだ構成で展示しているケースが見られた。

「ATI790X」(AMD RD790)チップセットを搭載したK9A2 PlatinumはHyperTransport 3.0をサポートし、PCI Express x16のスロットを4本実装する
こちらはAMD RD790Xマザーではないが、同じように4本のPCI Express x16スロットを持つ「P6N Diamond」にNX8600GTS Diamond Plusを2枚とNX 8500GTを2枚の、都合4枚のグラフィックスカードが組み込まれているシステム。ただし、このケースでは2枚のNX8600GTS Diamond PlusだけがNVIDIA SLIを構築している。NX8600GTS Diamond PlusはHDCPに対応したHDMIインタフェースに対応したGeForce 8600GTS搭載グラフィックスカードだ

ASUSのAMD RX780+SB600搭載マザー「M3A」はAM2+CPUに対応しHyperTransport3.0をサポート。PCI Express x16は1本実装している
同じくASUSのAMD RD780+SB600搭載マザー「M3A-MVP」は、AM2+CPUに対応しHyperTransport3.0をサポート、さらにPCI Express x16スロットを2本持ちCrossFireも構築できる(利用できるレーンは8本×2)

GIGA-BYTEのAMD RD790+SB600マザー「GA-M790-DQ6」はPCI Express x16スロットを4本実装するが、すべて隣り合う場所に設置されているため、グラフィックスカードを4枚組み込もうとした場合は1スロット厚のクーラーユニットを採用した製品しか導入できない。また、その場合でも熱対策に留意しなければならないだろう
JetwayのブースにはNVIDIAの統合型チップセット「MCP73」を搭載した「N73GTM」が展示されていた。内蔵グラフィックスコアはGeForce 7050。気になるのが説明にあったスペックで、「DDR2-67 をデュアルチャネルでサポートする」とある

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう